<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

遠出

  ファミリー旅行

   「どこか近い所、行っておいで」
   私の司令塔Aが、お盆休みの過ごし方の背中押し。

   ★~9日(木)から13日(月)まで。3人で帰ります。息子は遅れそうです。
    パパだけ17日まで、一人で残ります~★
   ほんの2~3日前、ラインが来た。賭けは負けだ!

   お盆休みは帰ってくるの? 会えば呪文のように唱える。電話したら~と、ラインをすすめるAとB
   絶対帰ってくるよ・・・と威張る。倅一人だけで帰るよとは私。果ては賭けに出るAとB(私の意地から)

   菅井きんさんのように車イスに乗ってステーキを食べに出る・・・92歳で!凄い!すごいがな!
   貴女も車イス押してもらい・・・どこか? 全員そろう事ってないよと、大きな後押し。宿は無いかな?
   大慌てでホテルを当たるが土曜日のお盆、狙いのドタキャン狙いもパー。


b0289649_118276.jpg



   着いたのは木曜日(9日)の深夜最終便。次の日休みを取って1日早めの孫息子も帰ってきた。
   これっきゃない。4人とひとり(口だけ参加の婆)食器棚の整理。2時間くらいかかったかな!バンザイ!

   いつもながらの前置きの長さ。
   こうして一家五人は、高知県安芸市の「モネの庭」へ出かけました。


b0289649_2275411.jpg




   倉敷の実家へ墓参り。5人そろっての墓参りは孫息子が社会人になってからは機会もなくって。
   暑い日々の中、その日(11日)は、曇り空、心が洗われるようにサッパリ!高知の室戸岬まで行くド!

   4人は、婆の気まぐれプランに、いつもの事…てな反応!お盆の土曜日の四国行・高知行き、混んでるかも?


b0289649_17231097.jpg


   瀬戸大橋ー香川(瀬戸内沿いを西へ)ー川之江GK(愛媛)-徳島ー高知(室戸岬手前)片道250キロ位
   でも、まぁ・・・ 四国4県跨ぐって事かなぁ~♪


b0289649_1712362.jpg



   徳島県は山の中。妖精の住む里とかいって誰でも、降りて深呼吸したくな山深い所を車は走る。


b0289649_17122855.jpg



   さすがお盆、一部混んでいました。一回だけ渋滞でトンネル内で止まったときは嫌だったなぁ~。


b0289649_17125648.jpg


   高速を降りると南国市、坂本竜馬空港を右手に、津波避難所の建物を海沿いに走ります。太平洋です

b0289649_17241820.jpg


   モネの庭を訪れるのは15年ぶりかな。すっかり変わっていました。広く美しくなっていました。

b0289649_17264057.jpg


   孫息子に車いすを押してもらい、息子夫婦と高校生の孫娘の後ろを進みます。

b0289649_17283881.jpg


   花の庭 水の庭 光の庭 モネが地中海を作品をテーマに描いた庭。数々の作品を掲げていました。

b0289649_17293965.jpg


   花々の咲き乱れる坂道を、押し手の緩やかな孫に託しての撮影。老いの手は力もなく震えます。至福なり!

b0289649_1730255.jpg


   午後には青い睡蓮の花蕾みます。日本で咲かせたモネが憧れた花なんですよ!・・・と案内の女性から

b0289649_17305320.jpg


   自然の森の中程で引き返しました。展望台の在る高台は押し手にはきついね。

b0289649_11484238.jpg


   楽しい時間はあっという間に飛んでいきますね。
   涼しい部屋であの日の写真、何度も見返しては・・・ニンマリ~♪~♪~♪

[PR]

by kazumi1171713 | 2018-08-29 11:49 | Comments(14)

三度目の嫁入り

 合縁奇縁

   「で・・・、どこへ嫁ったん?」

    ★~それがまぁ、渡りに舟で。~いいところが在ったのよ。
    今度は大切にして、もらえるなぁ~!

   ある日の私と運送業のK(友人)さんとの会話です。ナンの話ってか?まぁ、聞いてくださいね。


b0289649_14552365.jpg



   10年程前
   隣の人が引っ越していきました。その時
   少し大きめの水屋(食器棚)を持て余し気味で。分けていただきました。

   いい所に。お嫁入りしたね。大切にして貰いよ   奥さんはそういって喜んでくれました。
   家具ってそんなもんですよね。縁あってその家に納まり、家族に愛されて。

   そういうわけで、好きな食器をどんどん増やして、バカバカ使って重宝しました。
   それなのに・・・ここ数年は持て余し気味で(勝手なアタシ。置きたい家具が増えたのです。

   私って勝手なもんです。小さな食器棚一つで不自由しなくなった今、大きな方が要らなくなったのです。
   この水屋を処分するしかないって。片付けを考えていました。


b0289649_15145969.jpg



 
   こんな時いつもKさんに貰っていただいてました。若い家族は子が成長したり孫が増えたりと!
   ニコニコ顔で受けとって助かってました。でも、食器棚は二つもいらないかも?

   欲しかったのよ~★
   そういってお互いの都合のつくお盆に引き渡す計画を立てました。

   お助けマンを何人か決めてその日を待っていたところ。お盆帰省の息子ファミリーが4人全員そろったのです。
   「ソレッ!」とばかりに掛け声掛けて・・・たすかるわぁ~。早いのはやくないの?  

   

b0289649_20504712.jpg



   Kさんは助手を連れて、小型トラックで受け取りに来ました。トントントンと、あっという間のお片付け。
   若いもんの手際の良さを改めて知りました。とっても羨ましかった!

   キッチンが広くなりました。
   寂しい気持ちも有りますが、Kさんの所で良くして頂いているんだ・、思う一方で・・・でも・・・
   いいえ、今回に限り、ほかの手が伸びてきたような気がしました。

   そこで、こちらから決めつけて言ったのです(ここで最初の会話に戻ります)

   どこか、行先在った?何処へお嫁入りしたの?

   「あの日一人暮らしのおばあちゃん(友達)から今日会いたいって・・・電話有って。今忙しいの。
   こうこうで。。。トラックで移動中!



b0289649_15203921.jpg



   「無理言っていいかな?私にその大きな食器棚若手欲しい。積んだまま来てよ」

   そういわれたので、あげました。食器もすべて渡したらとっても喜んだわ
   大きいのが欲しかったのよ。助かるわ・・・それは喜んでくれたの。
   「良かった、そのおばあちゃんにありがとうって!そして貴女に感謝します」感謝感激!

   というわけで
   豪雨の被害に遭って何もかも流されてしまった倉敷市真備町のおばあちゃん家に納まったそうです。
   とっても嬉しくなりました。ハイ!三度の嫁入りしたのは私の水屋だったのです。


   先日真備町を通りました。蛍の住む美しい小田川は元の姿で流れていましたが。決壊した土手には青いシートが
   コンビニもスーパーも建物だけで空っぽの空ろな姿で炎天下に建っていました。沢山の廃棄物が有りました。
   この空の下、どこかで、おばあちゃんに可愛がってもらっていることがとっても信じられないけど嬉しかった。
[PR]

by kazumi1171713 | 2018-08-22 22:01 | Comments(12)

風景一変

  明るいなぁ~!

  
    寝るだけに二階へ帰る私。いつも、十時前後。
    この3週間ほど、部屋に入るなり、その明るい部屋に驚かされます。

   慣れて無いナァ~!
   窓からの光は邪魔するほどの事もなく、柔かい温かみを持っています。

   パチンコ屋さん
   私の中では、この言葉が浸透しています。大きな大きなパチンコ屋さんの灯りだったのです。
   ひと月近くなろうとしているのに・・・今夜も忘れて(?)いたのです。

b0289649_1159753.jpg



   その場所には銀行が建っていた。四囲の土地を一つに有し、数年空き地になっていました。
   二号線沿いなのに結構広い土地は・・・学校が建設されても遜色ない広さ。

   工事を始めると、あれよあれよという間に七階建ての建物に。
   縁のない遊技場なのに気になることしきり。

   そして・・・三週間前から営業を始めましたヨ!気になることは交差点の角地(かどち)
   クルマはどこから入るのかなぁ~?あんなに造って満車になるのかなぁ~~!

   ウチから北東に当たるこの沿線は、ヤマダ、ニトリ、ユニクロ・・・多くのお店が並んでいます。
   2キロ以内に有名な量販店が多くの人々を呼び、週末ともなると車は大渋滞になります。


b0289649_1059412.jpg



   夕暮れの交差点です。東の我が家からなので、夕陽がビルの背中を押しているよう。
   交差点内はひっきりなしに車の行列。動いてるなぁ、頑張ってるな!



                      ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★
  
似たような話

   mamarinnさんのブログ
   アラッ!私と同じようなおはなしだこと。私も万年筆には思い入れが多いです。
   引き出しからb出してきて、撮りました。次々に、思い出が重なります。



b0289649_1041954.jpg



   今から35年も前の古ぅ~いお話しです。

   「2000円も、したんで!」
   そういって倅が差し出したのは一本の万年筆。可愛いカラーの万年筆でした。
   
   高校生になって、アルバイトに行くようになって・・・母にプレゼントが出来たのです。
   私は書くことが好きで、何かとしょっちゅう万年筆を握っていたようです。ボールペンや鉛筆より上手に見える文字

   年末の寒い夜中、遅くまでフライドチキンの店で働いている倅を迎えに行った日、半袖のユニホームに身を包み
   北風ピープーの中半そで姿でごみを捨てに出てきた・・・のを見ました。頑張ってるな!


b0289649_1031775.jpg


 

   うぬぼれペン・・・・とでも言いましょうか!白い便箋に美しいインクあとを残します。
   文字が太くなりました。それでも重宝しています。使うたびに深夜の店のゴミ箱が重なります。
   いまはもう、文字を書くことも無く、思い出の品物になっています。

   
   
[PR]

by kazumi1171713 | 2018-08-07 10:41 | Comments(16)