仏さまの腕の中

96歳だって!

   どうしよったん?心配しとったんよ!
       (どう、してたの? 心配してたのよ!)

   倅から「ジーンズ詐欺」に遭った日、従姉妹に電話した。思い切って・・・の相手なんです。
   
   私の父親の弟の娘、三つ違いの従姉妹なんです。墓所からクルマで30分くらいの近くに住んでいます
   お互い嫁ぎ他県に住んでは居ますが成長するまで仲良く育ちました。
   叔父夫婦は理由有って離婚しました。従姉妹(久美といいます)は二人姉妹の姉、しっかりさん!
   母子家庭を支え、気が付けば年上の私より・・・お姉さんしてました。


b0289649_2044579.jpg


   
   二年ほど前、入院した私。たまたま、帰省中の妹(久美の妹・神戸在住)が私に逢いたい~とのことで
   連絡が有りました。外出先と嘘をつき従姉妹姉妹のお見舞いを断りました。
   入院は内緒の私、懸命に断ったけど、きつい口調だったかもしれません。

   対応の気まずさもあって今日の日まで電話一つ掛けないで負い目を感じつつ反省有り・・・の私。
   「オレオレ」の倅をだしに久美宅に寄ることにしました。

   「お墓掃除ののかえりなんよ。今からいっていい?」たった一言言っただけなのに・・・
 
   返ってきた言葉、それは私の事労う思いやりのある言葉。どう、しょったって?
   いきなり涙声になっていた私。「それが~~っ~と・・・」声が嗚咽に変わった。
   倅親娘(おやこ)と一緒のクルマの中、ガマンすると泣き声が嗚咽になった。こんなこと初めて!
   エッ・エッと3~4回続いたけど。それで納まった。予期しない事だった。

   涙めっ!甘える所を、場所を知ってるのか? 鬼のかく乱なり!
   しかし、倅に見られることは困る、困ったヨ。(今から考えると何気に・・・母の事被ったのかなぁ!)いい歳して。


b0289649_2105987.jpg


 
   久美は表に出て私の事待っててくれた。何年ぶりかの訪問になった。俄かに叔母の事が気になりました。
   結婚を機に久美の家で、母親は同居しています。親娘は言いたい放題でもう何十年も生活してるんです。

   元気なのかな?施設のお世話に~?いくつになったのかしら・・・あれこれ奥の部屋までの長い事!
  
   炬燵に足を突っ込んで、ニコニコ笑顔で待っててくれた叔母が居た。元気そうだった。しっかりした記憶
   「この11月には96歳になるんよ!瀬戸内寂聴さんと同じ年!」 そこで私から質問。
   ♪~私はmarri,兄弟の名前、上から順に言って見て~♪ すると読むようにコロコロと・・・正解!
 
   しばらく、思い出話も尽きぬが予定も有ったりして切り上げることに。ソファから立ち上がる時よろめいて
   それを利用して叔母の懐の中に。「ハグしてお別れ」と飛び込んだ。ホッコリと温かいぬくもりが有った。
   「お前をこうして抱いて守りをしとったよ。」覚えはないけど、可愛がって呉れてたんじゃ!ギュッとしがみつく


b0289649_22191389.jpg



   叔母の笑顔はにこやかで、可愛くって、いつまでもこうしていたかった。仏さまの様なやすらぎ!
   
   クルマの所まで、大急ぎで帰ってきた。倅が「見てみて!」と指さす先に、玄関先までいざってきた叔母が居た
   歩けないのに後追いしてまで送ってくれるなんて!叔母さん。アリガト!ありがとうね!
[PR]

by kazumi1171713 | 2018-05-24 22:50 | Comments(14)

Commented by mamarinn30 at 2018-05-25 10:25
いいお話じゃね、涙がこぼれたよ。
marriさんの思いが、久美さん、おばさんに通じたんよ。
よかったねーーーー。

96歳でしっかりのおばちゃんにあやかりたい。
Commented by akera_s at 2018-05-25 12:39
ウルウルと胸に来るお話に感動しました。
おばさんのように深い心を持つ人間になるには
まだまだ勉強しなくてはと思いました。
Commented by Hsrolayqq at 2018-05-25 14:30
こんにちわ
しっかりしています 我が家とは大違いです。
心が暖かい話です。
Commented by mittyan-buhibuhi at 2018-05-25 20:36
マリさん、お母ちゃんに会えたような気がして、
ハグして、お母ちゃんの匂いをかぐ、そんな感じじゃないですかね〜(о´∀`о)

なんだか、私まで、ホロホロです。。。
Commented by agsmatters05 at 2018-05-26 05:52
深い深いドラマですね。
行き合えてよかったですね。
「すべのもの(こと)に時あり」だわ。

それにしても、「オレオレ」はちょっと・・・
だって最初に「寄っていこ」と、言い出しっぺは、
かあさんだったんじゃないの?
Commented by marri at 2018-05-26 07:53 x
mamarinnさん
コメントありがとう。
掲載するときはいつも悩んでしまいます。こんな話題で・・・?
貴女のひと言で、まぁ~良かったとするかって!父の弟の不始末で
いとこ母娘は近所で懸命に生きてきました。久美の婚家先の理解で叔母の生活も人並みに。こうして時折訪ねていましたが、復活!嬉しい訪問でした。
Commented by marri at 2018-05-26 07:57 x
akeraさん
ありがとう。なんだかじわっと嬉しくなるようなお言葉!
気まずく思っていたのは私の方、久美はいつもと変わらず迎えてくれました。孫は自慢の私の隠し玉。
耳が少し遠いこと以外はしっかりした記憶力で私の幼いころの話できる唯一の人かも!
元気だしてまた会いに行きたいなぁ~!
Commented by marri at 2018-05-26 08:03 x
hsrolayqqさん
そんなことないよ!貴女は立派な介護をその良心的な真心で毎日まいにち耐えることの多い中で頑張っているんよ!
久美も言いたいこと喚き散らす実母の口と闘っている様子、見えてくるような幼児還りの生活
久しぶりの訪問で頭が下がりしっかり励まして帰ってきたのよ。どこの家も入ってみなくっちゃぁ?
Commented by marri at 2018-05-26 08:10 x
小夏さん
ギョッ!
そうだったんか!そこ 行くか? そうかもしれない。
母とはこのような優しさで接しられた事、いちどもないなぁ~?愛情不足の「中子の要らん子」ひねくれ娘のわたし。
でも、懐かしいふる里言葉で心うるうるのこころ放浪者には涙ものだったのね。
こうして文章に載せると、可愛い自分の居る事、役者してるよ?
Commented by marri at 2018-05-26 08:17 x
ミチさん
お久しぶり!なんだか、また会ってゆっくり話し合いたいね。忙しい帰国だったので、チョッピリひいちゃった。
倅は自分の夢の叶ったジーンズの所為で母のキボーを一つ・・・かな!
まぁ、こんな機会をつかったけど、叔母への訪問をためらう事もありました。もう、こっそり家族葬儀済ませて一年~、なんて聞かされそうな年齢だから!
老いると幼児化するのね。その一つ一つが可愛くって!70年前の二人で言葉あそびしてきました。あぁ~、良かった!
Commented by 8chantomei at 2018-05-26 19:28
お母さんと被ったのですね。
素敵なお話です。
行ってよかったですね。
叔母様もmarriさんに思いがけずあえて、うれしかったことでしょう。
本当に、よいことをなさいましたね。
Commented by yokkosan3 at 2018-06-08 13:44
ご無沙汰しました。
叔母さんの元気な笑顔にあえて昔に戻ったでしょう・・
それにしても96歳でお元気で迎えて頂けたなんてどんなにかお互いに嬉しかったことでしょうね。
本当に会えてよかったですね。

アロエ我が家も同じような状態、花の数も少なくなって小さな次の代に入れ替わりました。
Commented by marri at 2018-07-03 16:25 x
8channtomeiさん
パソコン故障ー電話ーNTTー故障係ー電信柱で半日工事

そういう事が有って。横着病も手伝って。お返事が遅れたこと、ごめんなさいね!
また、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。
Commented by marri at 2018-07-03 16:29 x
yokkosannさん
長い事休んでしまいました。お返事遅く成ってごめんなさい。
貴女のメールには背中ドスンと押されたようです。
また、ぼつぼつ始めます。仲良くしてくださいね!