桜(はな)三昧

桜吹雪の一日

原谷苑←こちらK

♪~今年の桜は、京都の原谷苑です~♪
 そんなところ有るの?
 
 京都の原谷に三代続く造園業の人の、5千坪の広大な所有地が有るのです。
 そこは、ベニ枝垂桜が咲く山という!京都でも桜の一番遅い所、ガイド誌にも載らないんです!

b0289649_2012164.jpg


当地の今年の桜は早かった。4月の初めに咲いた!散った!

原谷苑なので、こちらより一週間ずらして14日に設定しました。というのも私は昨年の4月18日に

行きました。その日は幸運(強運)にも桜のの一番(?)美しい時でした。

b0289649_13382882.jpg


はたして14日、ベニ枝垂桜は待っててくれてるのかな?

当日

京都南のICを降り近くで昼食をとりました。そこからタクシー11台に分乗してむかいます。

b0289649_1343302.jpg


タクシーは、ひと月以上も前から旅行社の人が予約しております。

壮観ですね!11台連なって走るのって!私は最後尾の車に乗ったのですが。

同じ車種の、同じ色の車が連なって走る様は!

b0289649_13435785.jpg


金閣寺の敷地に沿って、北の山に進みます。

狭い民家の間を抜けるようにして坂道をあがってゆきます。歩いて上がるのは酷な道!

帰りは楽だとは聞いてますが、往復チャーターしております。

b0289649_13443160.jpg


全員揃ったところで入園しました。少し坂道、30歩ほど歩いたところにさくらの園は開けました!

そこで・・・いきなり、ピンクのスクリーンが目の前にドッと飛び込んできたのです!

アッと驚く景色が、これでもかこれでもかと続きます!

b0289649_19525141.jpgb0289649_19531234.jpg










b0289649_1954896.jpg
b0289649_19534051.jpg











広い広い園内は、目を移すごとに景色が変わります。色とりどりの花園です!

b0289649_19591325.jpgb0289649_19594027.jpg










b0289649_200121.jpgb0289649_200445.jpg










たしかに昨年の満開の花に比べると、散り初めといった感がしました。

桜の木の下で、一杯の甘酒を頂きました!

朱い桟敷は、散り敷いた桜の花びらが絵模様のように散らばっています。

熱いあつい甘酒を、フーフーと吹きながらいただきました。

b0289649_20152159.jpg


私を見つけて友達が駆け寄ります。そしてまた一人と…!

ゆったりした時間が流れます。少しきつめの風の日で、桜吹雪は止まず舞い散ります!

贅沢なひと時が、笑い声の中、流れます~♪

b0289649_20181234.jpg


「原谷苑を見て死ね」といった、文豪がいるそうです(パンフレットに書いてありました)

私は渡辺淳一の小説で、かなり遠い日に識ったのですが。

「細雪」の小説が、チラッとよぎりました!

自分流
[PR]

# by kazumi1171713 | 2013-04-21 20:35 | Comments(16)

百花繚乱

迷ガイド

♪~さくら、待ってて、くれるかな~♪

みんな、口には出さんけど、心の中では、きっと不安だったかも?

計画を立てたのは2月の終わりころの事。桜の開花なんて読めないのよね^^;;
なんせ,この春の到来は、あたたかさあり、寒さの春の嵐ありで!、

いつもお願いする車は二階建ての真っ赤なバス、定員は42名です。
募集は有って無い様なもの(^0^)あっという間に満席。キャンセル待ちも数組有り!

行く先は仁和寺、原谷苑、しょうえん、ししゅう舘と!春の京都、最後の桜を飾る名所ばかり!

b0289649_20285926.jpg


「大丈夫、桜の花は満開で待っててくれてます!」

迷ガイド(私)は大見得を切ります。これまでお天気にも開花にも恵まれてきた大きな自信!
でも心中はハラハラドキドキ・・・も有りました。

14日の朝、快晴に恵まれ、しかもこの数日来の寒さからも脱出して暖かい日となりましたよ(^^♪)

平成17年の春から続けています。今回は17回目のツアーです。快晴はプレゼント!

b0289649_2034997.jpg


しょうざんで、バスからタクシーに乗り換え、民家の細い道を抜けて原谷まで。
約束通り、それは美しい5000坪の庭園を楽しむことが出来ました。

まずは、仁和寺からのご紹介です!

                         ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

仁和寺
御室(おむろ)にあるので「御室桜」!

八重桜なので、どこよりも少し遅れて咲き、京の桜の最後を飾るそうです。

b0289649_20485347.jpg


皇室とゆかりが深く格式の高い寺院で、御殿の内部は宮廷のような造りです。

右側、塀の向こうに見えるのは仁王門、徳川家光建立とのことです。↓

b0289649_20544615.jpg


ここの仁王門は、知恩院、南禅寺と並び、三大門と言われているそうです。

靴を履いたり脱いだりぃ~の、わたし苦手なんです。

b0289649_2111392.jpg


順路と書かれた回廊を歩きます。

b0289649_2055562.jpg


回廊を回ると、いきなり美しい庭園が飛び込んできました。

五重塔がバランスよく、重厚な景色となって、ため息の出そうな眺めでした。

b0289649_20555751.jpg


広い縁に腰かけて・・・しばし、見つめていました!

「スゴイね」
肩越しにカタコトで声かけられました。外国人の女の人です。「凄いね」と私!

b0289649_2164034.jpg


この市松模様の模様の砂は、どこからどこまですべての庭園をつないでいるのです。

♪~ふぅ~む~♪

b0289649_2164651.jpgb0289649_2172993.jpg











どうやって、描くのかなぁ~?

このお庭、一週間に一回引くのかな?でも、どのような方法で?

b0289649_2125191.jpg


帰ってからも、このことが気になるアタシです^^;;

さて、桜の花ですが、満開の花は「散り初め」と言いましょうか、盛り過ぎでした。


御所を出て、御室桜を見に行きました。

b0289649_21344781.jpg


花と言えばさくらでしょうか!
上ばかり見ないで下も楽しみました。美しい花びらのじゅうたんです!

 
       散る桜 のこる桜も 散る桜       良寛様
       死に支度 致せ致せと 桜哉       一茶


b0289649_21361726.jpg


敷かれた木道の上を歩きます。見ごろの桜を求めて、大勢の人出です!

携帯カメラで撮るわか者たち。最近はカメラの性能がいいと聞いています~♪

b0289649_21375967.jpg


ピピピ~♪ 小鳥さんが啼きます!
先日の震度4の地震の時、どこかでピピピと小鳥さんの鳴き声がした気がした。

あとから・・・あれは携帯に一斉なった音だったと、聞かされたけど!あなたじゃ、ないの^^♪

b0289649_21384845.jpg


きいろい桜もあったって! 車内で口々に聞かされましたが!

これは、緑の御衣黄です。上手く撮れなくって^^;;

b0289649_21463535.jpg


実は、去年もここへ参りました。
八重桜の絨毯の上に乗ったような五重塔、美しかったです。今年も見ることが出来るなんて!
それにしても一年という、月日の速さかな!

忙しくしてます。なかなか、ここに座れなくて^^;; ボチボチと~♪           つづく

若さ
[PR]

# by kazumi1171713 | 2013-04-17 10:32 | Comments(26)

行きつ戻りつの春

やれ 情けなや!

広い座敷に通された。「座れるかな?」

ちゃんと、綺麗に、座れた!

アレッ!座れるんだ!わたし、正座が出来るんだ。頭の中 瞬時に一杯かけ巡った!あれこれ~♪

昨日、しっかり頑張った体操がよかったんだ!いや・・・ 歩いたからかも?

それにしても10年ぶりに正座が出来るなんてみたい!!! 嬉しいな!これからもしっかり歩かねば!

 

    そこで、目が覚めました!

b0289649_10172723.jpg


なんで、こんな夢みたんだろう?そうなんだ!

先日、友人の息子さんが亡くなられました。早速お悔みに訪ねました。

日本家屋のその広い和室は椅子が有りません(そういう事じゃないのよね)

正座のできない私は、膝をつき最期の別れをしたのです。

沢山の人たちの見守る中での、なんという失礼、不作法なことでしょう^^;;

その時の事が情けなくて、それであんな夢を見たのかもしれません。


b0289649_10232717.jpg



寒いねぇ~!


買い物の帰り、公園を横切った。突風に吹き飛ばされそうになった!

白い可憐な花がみんな、風に背を向けユラユラと!強い子たち!ガンバレ!

b0289649_10316100.jpg


春って、行きつ戻りつ。はっきりしてよ!!!!

14日の日曜日、お花見ツアーです!そのお買い物の帰りなんです。

桜の花は待っててくれてるでしょうか!京都なんですよ!

「散りそめ」って言葉好きです!でも「盛りすぎ」って^^;; 身につまされすぎ(泣)

b0289649_1040762.jpg


♪~おかえり~♪

帰ったら、ことりさんが出迎えてくれました。

今日は寒いね!みかん切るから・・・ちょっと待っててね^^♪

外食
[PR]

# by kazumi1171713 | 2013-04-12 11:16 | Comments(12)

春のあらし

あぁ~~~ぁ~!

花散らしの雨

ガタガタ・ゴトゴト ピープー!

階下では、音はおろか、雨でさえ、気が付かなかったのに!
二階の部屋にこもったアタシに、雨風の音が仲間入り^^;;

報道で、週末の風雨を知らされてはいましたが。
「あぁ~ぁ!お花見は来週だから良かったけど!花が散ってしまうなぁ・・・・・」

いつの間にか、寝入ってましたZZZ。

b0289649_13504328.jpg


日曜日の朝、雨は上がっていました。
窓の下を流れる川を見下ろしました。さくらの花びらが流れていきます。

b0289649_13522120.jpg


「花筏(はないかだ)」
そういってたっけ!川岸の菜の花が揺れて、はなびらさんたちを歓迎

「お次は、アタシの出番よ」
ハナミズキの花も、ゆっくり、拳を開き加減になってきましたよ!

b0289649_13553380.jpg



                       ★★★   ★★★   ★★★

年に2~3回は、つくしを食べる。

そもそもは、ビールの当てに出したいのが本音。

「ほぉ~!土筆を食べるのは初めてじゃ」とか、「今年になって、まだ食べてなかったよ」とか
お客様の笑顔の反応を見るのが、まるで手品の種明かしをする気分で嬉しいアタシ^^♪

驚いたことに、これまで食べたことのない人がけっこういますよ!
皆さんは、毎年土筆を口にしますか。
私は、採りに行かなくても、この数年、誰かから届くようになりました。

b0289649_20131232.jpg


だから、毎年、この時期は土筆の袴を取って、右手の親指と人差し指が黒くなります。

先日も、第1号が時期を外し、かなり遅れて届きました。
みなさん、喜ぶ私の顔が見たいのでしょう!わずかでもこうして届けてくれるんです!

でもね!袴を取ったら・・・ほんのちょっぴりになってしまうのよ^^;;

b0289649_20161298.jpg


            去年、お花見に行ったところで、沢山のつくし見つけました!
            今年もあるかなぁ~?行ってみようっと!


午前中は、録り置きの映画をみてゴロゴロが多い私。
でも、つくし欲しさに出かけました。まぁまぁ、採れました(ニッコリ^^♪)

b0289649_20242853.jpg


洗って!
思いのほか、シャキッとします!

b0289649_20244385.jpg

 
茹でます。サッと水切り。

b0289649_20252316.jpg


このまま、ラッキョ酢につけるもよし、から揚げして砂糖をまぶしておやつにしてもよし。
我が家の味付け。いつも卵とじ、見た目よりは5倍、美味しいよ^^♪

b0289649_20254229.jpg


やっぱり、自分で採ったつくしは、いっちゃん美味しいね!
ハイ!親指は黒くなっています(笑)うふふ~♪

出番待ち
[PR]

# by kazumi1171713 | 2013-04-07 14:06 | Comments(22)

親思う 子に勝る親心

さくら咲く

今年のさくらさん、どうなってんでしょう?
咲きだしてからの、その早い事。いくらなんでも、予定が狂っちゃいませんか^^;

休みの日は雨!
予定を切り替えて、映画三昧。「オズ」と「フライト」を見ました。
オズは3Dで、色彩の美しい世界へ入り込み、十分に楽しめました。
私に向かって飛んでくる小鳥や、指し出された腕なんか・・・ドッキリ、ハラハラで!

b0289649_182172.jpg


フライトは
マイアミ発アトランタ行きの飛行機が急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し、
多くの乗客の命を救う。
それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。
マスコミがウィトカーの偉業を称え、彼は一躍、時の人となる。
ところが、ある疑惑が浮上する。
彼の血液中からアルコールが検出されたのです。・・・・はたして?

b0289649_18213561.jpg


主人公の心理描写は観るものに重ねて、試されて進行しているようでした。

                        ★~~~~~~~~~~~~~★

そのあとは、お風呂です。
雨の降る露天風呂!チョッピリ冷たいけど、ジワッと心地よいです^^♪

この数日間バタバタしてました。
友人の息子さんが若くして亡くなりました。52歳だったのです。
仕事に追われ、毎日深夜に及ぶ過酷な勤務状態のようでした。医者に掛かり
血液のがんと分かってから1年半の闘病生活でした。思ってもいなかった結果となりました!

精神的にがっくりくる数日間になりました。夫を亡くされた妻の気持ちも多少は分かるつもりです
でも、今はかけがえのない我が子を亡くした母の気持ちがもっとわかる年(年齢)になりました。

b0289649_18264213.jpg


今から20年も以上前の事です。
平成元年、1月に姉は肝臓がんで亡くなりました。49歳でした、
それから ふた月後
平成元年 3月に母は心筋梗塞(72歳)であっけなく去っていきました。わずか二月後に後を追うなんて!

母の雑記帳(俳句)を読みました。そして知りました。その中に娘に先立たれた悲しみがありました。

あの時は(25年前の若き私には)分からなかったが!
今の私には、あの母の悲しみが分かります。分かるようです。子供に死なれるなんて!

お友達の気持ちが痛いようにわかります。悲しいな!

b0289649_1827261.jpg


少し熱めのお湯に浸かりました!

この数日間の疲れが一気に解けてゆくようです!
   ♪~明日は晴れたら さくらをとりにくぞぉ~♪ (^0^)
[PR]

# by kazumi1171713 | 2013-04-04 11:54 | Comments(16)