梅の実のなる頃

  五月晴れ

   「19:31 駅に着く。迎え頼む」
   連休スタートの28日(4月)倅からラインに入った「お言葉」 ウレ忙しい!

   私の身の上にはゴールデンウイークなる言葉はない。倅が帰ってくる・・・とかも?
   10日間もある休暇、どうやら前半を母にあてたらしい。

   とりあえず、その時刻までに駅へ直行。自分の予定は即、取り消し。その素早い事!
   こういう場合、行動は早い。時刻より30分も早めについた。

   「今、岡山を出た」ラインに連絡有り!便利な時代に生きてる事に感謝。
   迎えの車が路上(駐車場)を埋めて。順次主を乗せては去っていく。

   今回の様に一人帰省は有りがたい!遠慮なくこき使える。待ち遠しいナ。
   憧れのNIGHTさま。お帰りなさい。
   

b0289649_1184536.jpg


  伸び放題になった樹の枝落しってか、高い所を切り落してもらう。
   あっこじゃ、ここじゃと杖を振り上げて命令す・・・あぁ~、なんと気持ちのいいことよ。私のNIGHTよ!
   
   「沢山の梅の実じゃな!採りにきたげるよ」
   一瞬、助かるな・・・とは思うけど、来月の話、毎月そんな甘えは許されることも無く。

   いつもは、父娘で来るか家族全員とかの帰省だが。一人帰省は珍しい。独身時代を思い出す。
   50歳近い、大柄の息子を、顎で使う!
   
   何でも聞いてくれる、やってくれる、直してくれる・・・。言い易い分だけ、何倍も嬉しい!

   日頃考えていた事ども、年老いて不自由な力無しの母はしっかり甘えて助けて貰いました。
   こうして一人だけを送り出してくれたお嫁ちゃんに感謝しました。



b0289649_19171237.jpg



   楽しい時間はあっという間、4泊五日の締めくくりは、母の定期検診。
   込み入った説明も、医師から聞き取り、私の不安感を小さくしてくれる。

   この温かい時間は長くは続かない。別れが近づくと訳もなくイラついてくる。
   言葉も態度も優しくなってくるように思えたが?母も倅も言わぬが思いはひとつ!

   目いっぱいギリギリまで過ごして、際まで出来ることはこなして。
   「ばいばい!」

   「キチンとした挨拶も出来ずに新幹線に乗りました。身体大切に」
   届いたラインの文字は・・・読みにくく呆けていましたよ。

  と言うわけで、長い事ブログから離れてました。ボツボツ始めます。
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-05-04 21:25 | Comments(18)

ふぅ~ぅ!

  カープー巨人戦

   手が止まる。
   テレビに視線が飛ぶ!

   ふぅ~~~ぅ・ぅ!
   今夜は巨人戦。一位と二位の攻防戦とか。それが又シーソーゲーム。


b0289649_20413542.jpg



   球場は、まっかっか!
   7回裏の攻撃前、赤い風船飛ばし・・・・これはみなくっちゃぁ!

   PCを前に、テレビに釘づけ。テレビの方が多いか?
   きっと、ナイターの方が先に、終わるだろう!しかし、チャンスだよ!

b0289649_20522027.jpg



   前回(↓)のフジの花が好評だったので、続いての掲載です。
   ここは、和気(岡山県)の「和気(わけ)藤公園」なんです。日本全国の藤の花を見ることが出来ます。
     (アッ、野球中継終り。どうしよう?~~~こっち続けまっす)

b0289649_2053072.jpg


   今年、今の花状況は「咲き始め」です。連休の頃は見ごろでしょうか!
   いい加減な情報ですが、ここでたのしんでください。(なまいきです)

b0289649_21114197.jpg


   藤井ー井戸の近くに住んでいたんでしょうか。
   藤川ーフジの花の咲く側を川が流れていたんだ?

   この国は、大昔からフジの花は愛されていたのでしょうね。
   苗字に「藤」の文字の付く人多いです?

b0289649_21122966.jpg


   これまで、私は文章に係わりなく写真を掲載してきました。
   余り写真に触れることなく来たように思います。ところが今回のフジの花は・・・

   皆さん、やっぱり、藤の花好きなんだ!

   そこで
   今回も、掲載しました。変わり映えしないけど見て下さったら幸いです。


b0289649_21142477.jpg


   気もそぞろ。カープですよ!
   今日はここまでにして。今から試合聞きます(テレビ中継終わってるので)
   尻切れトンボで・・・すんません(ペコリ)

  追記
   7対6だったかな!1点差で競り勝ちました。お騒がせしました。
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-04-26 21:29 | Comments(12)

フジの花の咲くころ

 先輩

     ♪~受かったんよ~♪

     うわぁ~!良かったね。これから3年間、また乗れるね。

     ♪~そうよ!でもこれが最後。次回は85才じゃから~♪

   軽く会話が弾んでいるが、その内容は大「したもんだね」なんです。  
    私の尊敬する人生の達人、Yさんんが最後の更新、自動車免許証を貰った日の会話なんです。

   82歳の今年、自身ではこれが最後と決めた免許証を貰った喜びの声!

b0289649_20152760.jpg


   75歳を超えると3種の手順を通さなければ、簡単には免許証貰えないんです
   Yさんは今年82歳になります。毎日現役で働いています。彼女の話によると
   
   誕生日の5か月前に、県の運転免許センターから案内の便りが届きます。
   「認知機能検査連絡書」といいます。

   ① 認知機能検査を最寄りの自動車教習所に予約、受ける。
      (後日、検査結果の通知書と、高齢者講習の案内が送付される)

   ② 高齢者講習を予約、受ける。

   ③ 免許更新 高齢者講習終了証明書が必要(① ②の修了者のみ)

b0289649_2039916.jpg


   Yさんは美容関係の仕事、現役で今も続けています。もう60年にもなるんですよ。
   頭の回転も速く、行動力も若いもんには負けてない、私の憧れのひとなんです。

   年老いてもYさんみたいに、シャキッと若々しく元気でいたい・・・とお手本にして見守ってきた私。
   「3年後は、私も85歳、免許証は返上したい!でも、この3年間は乗るよ。ここへこれるよ!」

   最近、来られなくなった人もチラホラ、こんな嬉しい会話は私の気持ちを奮い立たせてくれます。
   わたし・・・85歳まで、乗れるかなぁ~?(これは無理な話)
   
b0289649_1073940.jpg



                      ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★

 Kちゃん

   彼女も今年80歳を迎えます。もう、40年からのお付き合いの人です。
   ここ数日俯いて、うぅ~~~ん!
   2~3回は、聞きます。深くため息をついては・・・またまた、うぅ~~ん!

   「Kちゃん。どうしたん?」
   それが・・・いくら考えてもアタシ、80歳になるんよ。八十だなんて!もうもう、ビックリ!
  
   「当たり前じゃが。79歳の次は80.きまってるがな?」
   80よ!信じられんわ。この私がそんな歳じゃなんて?いつの間に?どうして?

   その時、私も共通の思いをしていた過去があった、有った!~事を思い出した。
   ある日・ふと自分の年齢に驚いて、何度も首をかしげていたことが。
   当時ある事件が起こり、そのことが解決できたのは実に10年もかかった。落ち着いて・・・ふと・・・
   我に返って、自分の年齢にきずかされて、自分自身に驚かされた事が有りました。

b0289649_1041618.jpg


   そういえば
   Kちゃんは、5年前に息子さんを、そして一昨年には大切なご主人に逝かれて。
   どちらも掛けがえのない大切なお二人を見送ったばかりなんです。

   そんな彼女がこのところ 私の顔を見れば落ち着くとか言って、そこに掛けるとフゥーってため息。
   一人で彷徨う視線を飛ばしては無口になったりします。

   なんだか、私には、チョッピリだけど・・・わかるような気がして???

   そして・・・解りました!
   昨日、4月21日は彼女の誕生日だったんです。落ち着いて一人になると
   私が80才にもなるんよねぇ~! とちょっぴり感動の面持ちだったんですね。

   彼女の気持ちの中では、おふたりの死を乗り越えて前へ進むという頑張りの方が重たくなっていたんだ!
   「この私が、いつの間にか、八十にもなるなんて!」って。

b0289649_108684.jpg


   年年歳歳 花は同じでも、見上げる私たちの思いは・・・
   美しい花を見上げながら、私のいく道を、ふと思いました。

b0289649_10311510.jpg

[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-04-22 10:42 | Comments(20)

宿命と運命

 生き方

   賑やかに会話が弾んでいる。ここは、行きつけの診療所の待合室。
   ぱたんと週刊誌を閉じた。名前を呼ばれました。

   二時間近くも掛かります。
   月に一回だけど、覚悟の通院です。患者さんで溢れ返ってている我がセンセ!

   ここで読む、女性週刊誌は私の大切な情報源。とってもためになります。
   ただ、悪い事には、右から左へ・・・。忘れてしまいます。

b0289649_18404043.jpg


   特に、瀬戸内寂聴さんの説法は必ず読ませてもらいます。年齢からくるのかなぁ~?
   「ウン・ウン」って 共通するものが有って、頷きながら読んでいます。

   人は生まれた時に宿命を背負って誕生します。これは、本人には決してどうにもならない生命です。
   どこの国の、どういった人の元に、成長していく過程の中で逆らえない定めを歩みます。うんうん!

   でも
   運命は切り拓くことが出来る。努力して頑張れば不幸も幸いに替えれることが出来る。
   運命と宿命との違いを説いていました。ウンウン!

b0289649_18412230.jpg


   映画 ライオンには副題が有って~25年目のただいま~ だったかな!
   この運命の切り替えの出来た生き方をした 5歳の少年迷子の人生がしっかり現れていました。

   兄に連れられて行った駅で眠ってしまいます。その貨物列車は四日間ノンストップで1600キロ走ります。
   終着駅に着いた5歳の少年は、同じインドの国なのに言葉が通じなく、都会の孤児になってしまいます。
   人さらい、親切めいた誘拐犯からの手も、脱走して難を逃れます。そして・・・無事福祉の施設の元へ。

b0289649_19314133.jpg


   新聞の尋ね人に掲載しても出身地の県名はおろか、自分の名前、シングルママの名前も(母は文盲)言えず
   ただ、家族からよばれていた自分の名前 「サル-」だけしか語れない子供!

   オーストラリアの里親に引き取られて、タスマニアに渡ります。恵まれた生活をして
   大学生になりました。ある日友人宅で見かけた、揚げ菓子(インド製)から、5歳当時の記憶が蘇り・・・

   養母との軋轢もあって、簡単な路ではなかったけど旅だった駅が判明。その時25歳(2012年)になっていました。
   グーグル・アースを駆使しての探索、今の世に生きる青年ならではの快挙かも!


 
b0289649_19532368.jpg


   ラスト10分程、私が駅から自宅までの家路をたどって・・・主人公してました。
   25年後の家は家畜小屋に。母は、兄は、妹は・・・
   村の長に導かれて、25年ぶりのただいま!母も妹もゲンキでした。ただ、あんなに会いたかった兄は
   あの日、線路を歩いていて、列車にひかれ、亡くなっていました。

   少年の名前はサル-でなくって、「シェル」と言う事でした。シェルはライオンと言う意味でした!
      (このお話は実話です。画面には本人の当時の映像が流れていました)

                       答      タイトル名 ライオンは少年の名前でした。  

   椿の花が散りました。雨に打たれて綺麗です。立派です。草の褥に抱かれて!
   「生き方は死にかた」 といいます。
   その人の生きてきた人生は、最後の瞬間にまで現れるという事でしょうか!
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-04-15 20:46 | Comments(20)

宿命

映画・ライオン

     いくら望んでも、思う所には、生まれることはできない。

     しかし、伴侶は、自分で選ぶことが出来る。

   どこで読んだか、聞いたか覚えてないが、夫婦仲、子育ての愚痴になるとこの言葉を使う私
   演歌の文句にもある。 ♪~浸かった、産湯で、人生決まる~♪

   そりゃそうだ!アタシだって、お金持ちの家の別嬪さんに生まれていたら・・・どやろ!
   平和な日本の、かた田舎に生まれたことで充分に感謝しているが。

   中東の様に危険にさらされもせず、トランプ氏のお国でも無し。充分に感謝しています。
   とにかく、どこの、誰の所も、決して希望通りには誕生はしないのだ。

b0289649_2034148.jpg


   どうしてこんなお話になったかというと。
   休みに映画を見てきました。アカデミー賞にノミネートされてたとか?ライオン!

   5歳の子供が、偶然乗り合わせた貨車で1600キロのカルカッタまで4日間の移動。
   その彼が、家族恋しさに25年後にオーストラリアの養育家庭からの帰宅という物語。

   なんで、ライオンっていうのか?一生懸命観ましたが答は無し。
   最後のサイゴにたった一行の文字で答えが見えた。これはナイショ!

b0289649_20585770.jpg


 あらすじ

   インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、
   そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過

   ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも本当の自分の家を捜そうと決意。
   わずかな記憶を手掛かりに、Google Earth を駆使して捜索すると……。

b0289649_21175139.jpg


   5年の月日が流れて・・・
   5歳の時の記憶と、googleからの情報で、彼・サルーは家族の元へ。母は、兄は、家は?

   3~4年前にニュースで報じられた実話に基づいてのお話です。
   インドの広大なる荒野の自然美、オーストラリア・タスマニアの美しい海の風景!

b0289649_21353432.jpg


   さて!
   いったい、ライオンと言う題名は・・・・どこから!次回にて(すんません)
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-04-13 21:37 | Comments(14)