手掛かりは ひとつ!

 東北なまりの「カメダ」

   もう、3~40年前にもなるかなぁ~!

   大好きな松本清張の「砂の器」という映画を見ました。
   ハンセン病の父親に手をひかれ、6歳の息子が迫害の中放浪の旅するすがた。
   芥川也寸志のオーケストラの音楽がいつまでたっても忘れられない。

   事件は東京・鎌田の駅で、田舎出の老人が殺されたこと、犯人らしき人は若い男性?

   被害者と容疑者が直前に話してた会話の中味は、ズーズー弁での「カメダはどうなんか?」
   そういった会話だった。

   刑事たちは地図から秋田県の亀田まで飛びますが、何ひとつ手がかりなしで引き揚げます。

   退職直前の老刑事の執念の捜査で島根県の「亀嵩」と言う地方で東北弁が常用語とされてる事に行きつきます


b0289649_15321239.jpg


   行ってきました!
   一人運転で、飛び出した目的地は、砂の器で舞台となった亀嵩です。

   車に乗ると人が変わる・・・っていう言葉、アレッ、私の為にあるような言葉。握ってしまうと
   知っても、知らなくっても道は一つ。これまでの荒い運転、ハンディの身体忘れている?

   今年は紅葉って言葉忘れていました。
   この時期は紅葉だったんだ。しかも県北に向いている窓外は次々に秋景色。良い事!

b0289649_15324166.jpg


   亀嵩の町はずれ、湯野神社の隣に碑は有りました。何年来の夢でしょう!
   この地で、あの好演の加藤嘉さんが演じて呉れたんだわと大喜びの私。

   ここに立つまでに何年経ったのでしょう!
   来てよかった。あの映画シーンをダブらせて、老人はノソノソ歩いたのだ!

   いま、この亀嵩は「亀嵩温泉」と多々良の郷近くで、年間多くの人々の訪れる観光地となっています。


b0289649_15331682.jpg



   花より団子
   早速温泉へと!所が、ところがその道中の紅葉が余りに美しくて。颯爽と降り立ち・・・・
   とはいかないが、降りてはパチリ、またまた降りて(その時間のかかる事。これが一人旅の妙味!

b0289649_1559129.jpg



   赤い木々に、気後れしたような、黄葉の樹も美しかった。

   ここから140キロの道のりを、陽の明るいうちに我が家に着くとすれば、3時には出なくちゃ?
   遅めの昼食を頂き、3時前まで亀嵩温泉に浸かる。こんなこと久しぶり。最近のお出かけは温泉抜き。

   時間通り3時過ぎには帰途に就いた。帰りは県道をひた走り。クルマは少なくってマイロード!
   黄葉も綺麗だったよ!みんな、お化粧して待っててくれたのね。又来るね。バイバイ1

b0289649_2029494.jpg


   曲がりくねった川沿いの道で、正面に赤い塗料を流したような岩壁を見つけた。

   人工的な、ペンキではなくって、自然現象の様なものにみえた。

   降りて行って、写真を撮った。分からないけど掲載します。

b0289649_1605970.jpg


   次の夜、たまたま見かけた隠岐の島の番組で、岩肌に真っ赤なすじが放映されていた。

   ここは、火山のマグマの現象とか・・・言ってたけど。この写真程中途半端なく真っ赤だった。

   この年になっても、家路を急ぐのも忘れて(ではなく)物好きのbabaしてます。急がなくっちゃぁ!

b0289649_1612247.jpg


   もう二か所ほど寄ったけど。この話は又にします。機会が有ったらお喋りしたい。

   黄葉も美しかったけど、今回はススキを沢山観ました。考えてみると珍しいことの様な。
   何かしら幼いころの郷愁が漂ってくるような、それが何かしら?

b0289649_1613923.jpg


   一人で乗ってても、心が忙しないワタシ。ひとり言ブツブツ!

   てなわけで6時前に帰宅でした。なんだか自信が湧きました。心配してくれてる人たちに報告しなくちゃぁ!
   事故も無く帰れたこと、良かったデス。あぁ~、疲れたよ!
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-11-11 20:43 | Comments(18)

挑戦

 遠出

   トンネルをひとつ、抜けるたびに 彩濃くなっていく。

   今年の紅葉は・・・・さっぱり?

   そんなことを聞いていたので、諦めていたのに!来て良かった。 ♪~ヤッホー~♪


b0289649_18284672.jpg



   「暖かい日がつづき、今年の大山は、遅れるし、余り綺麗じゃないよ!」

   そういわれて。

   休みの日、県北に向かって、どこかへ行こうと決めた。ひとり旅(マイカー・ドライブ)


b0289649_18327100.jpg



   たしかに、余り・・・綺麗じゃない様な。でも、ヤッパリ北は秋色が濃い!ヤッター!

   こうしてハンドル握るの、久しぶりなんです。しかも、遠出!

    (一年ぶり位かな?お墓参りは往復120キロ程なんで遠距離(私の内では)に入らない)

b0289649_1829227.jpg


   やまなみ街道(尾道ー松江間)をひたすら、中国山地の懐深く進めていく。

   やっぱり、大山(鳥取)も、こんな紅葉なのかなぁ~?余り、冴えないなぁ。ショック!

   地道に降りて走る。県道の山道はガラガラ。ワンマン・ロード!ハンドルも軽やか!

b0289649_20552123.jpg



   分水嶺は標高727mに位置する 三井野原スキー場

   この橋は県境を越えてすぐにつづく大橋。いつもの癖、名前忘れ?

   緑と赤のコントラストは、今日のコントラストにも似ていて、綺麗!


b0289649_20554737.jpg


   こうして

   高速を降りると、一気に美しい景色に出会える。

   一人だと、どこにでも、好きなところに留めて、ノロノロ動作でも好き放題。てへへ!


b0289649_2056332.jpg


   最近、私は保護者の元で、チョー過保護な恩恵に浴している。
   病院の付添から送迎、健康管理、薬の確認と。

   ご意見番「A」は、何事にも博識家。一人行動はチャンと管理のもとにある。

   私より6~7歳年下なのに、しっかり見守ってくれている。
   この休みの行動は、Aに内緒で飛び出した。

b0289649_20563372.jpg


   なんとまぁ~!
   しっかり運転出来るじゃん。遠い所、長い時間、思っていたより出来るなぁ~!

   明日、会ったら、今日のわがまま一人行動言えそう。私って元気ジャン。
   それが
   道の駅、トイレ、レストラン・・・どこまで行ってもエバる自分の眼先にご意見番の顔が。

   これじゃぁ、高い塀の中から逃げ出した脱獄者!
   半分この冒険は反省が伴う。我儘なこの性格を反省する。でも、この景色が見たかったんだもん!

b0289649_20565825.jpg


   片道140キロm 明るいうちに帰らなくっちゃぁ!

   3時過ぎには、帰途についてなくっちゃぁ。あぁ~~~ん!綺麗なところいっぱいなのに!

b0289649_216216.jpg


   この日の話
   また、続いて掲載しますね。大したこと無い話ですが。

   それより、今日 Aさんに昨日のこと聞かれ、報告しました。

   「往復280キロねぇ!凄いじゃ!頑張ったね。スゴイね!よく行ったね」って
   何度も何度も頷きながら褒めてくれた。私の冒険談        つ・づ・く
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-11-08 21:52 | Comments(14)

燃えるよに

 出番を待ってます

   BSテレビで、美しい山の頂から見る、紅葉の映像を見た。

   なんていう山だったのか? はて! 思い出せ・・・って言われても無理・ムリ!
   北アルプスの~? どこだっけ?

   最近はカメラを下げての、外出も無く。この、テレビ映像からの横撮りが多い!
   こんなこと、してはいけないのかなぁ~?


b0289649_20213027.jpg



   「今年の紅葉は、どこに連れてってくれるの?」
     ♪~そうさなぁ~♪

   いつも鷹揚に、勿体つけて応えてきましたが、4年前の伊吹山、六甲・有馬温泉旅行を最後にストップ
   今の私は、連れてってもらう立場になっちゃって。

   テレビで、良いとこどりの画面で充分に満足しています.でも、どこか行きたいなぁ~★

   このころになると思い出す人が居ます。
   彼女は私と正反対の性格。皆が不思議がる程、陰と陽の二人でした。

   倅と彼女の長女が同じクラスで、小学生のPTA絡みの長いお付き合いでした。
   だれとも、何処へも出かける様子も無い彼女と、安近短な場にで都合をつけて出かけました。


b0289649_17204971.jpg



   二人きりで何度か、春の桜、秋の紅葉を楽しみました。
   どちらかと言うと、お喋りは私の一方通行で彼女は物静かに笑顔で応えるだけ。

   そんな彼女が大きな病を得て、月に一回くらいしか寄らなくなりました。そのころ
   「今月も、何も無かったから寄れました 嬉しそうにそういってました。

   そうなんだ。何も無くて良かったね。~と、いつも何気なく、ふぅ~ん程度の返事を数回!
   ことの重大さを知ろうとしない、浅い人間の私でした。

   
b0289649_1815183.jpg



   「母が亡くなりました」
   彼女の娘さんから連絡を頂いたのは、菊の花の咲くころ。結構長い間伏せていたとか!

   聞いてても、何一つ彼女にしてやれないくせに、辛かった、悪かった、申し訳ない事で。
   「今月も、良かったヨ」と言った日々、なんも判ってあげられなかった鈍い私

   なんという、粗末なお付き合いを重ねてきたんだろう。
   今の私には、少しだけでも分かるような気がします。10年も前の恥ずかしいお話です。


b0289649_17214118.jpg



   貴女が亡くなって、もう、何度目の紅葉を迎えたのかしら。
   菊の花も、チャンと出番を待っているのに!

   秋って、物思いに耽ってしまいますね。ごめんね。私の魂(こころ)の中に眠る友よ!!!
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-11-02 18:39 | Comments(18)

愛の宅配便

 となり組

   夕方6時過ぎ、携帯のベルが鳴った!

   「〇〇ちゃん、ご飯食べた?」

   来た! 今夜のゴチソーだワイ! 早口で大急ぎで答える。 ♪~これからよぉ~♪

   ト・ト・となり・・・ 隣の、隣の、その隣のKちゃんのこと「トトとなりのKちゃんっ」て呼ぶ私!

   「炊き込みご飯作ったの!持っていくね。ぬくぬくよ」 ゴックン!

   トトとなりのKちゃんから、時々こうして夕食が届く。彼女も2人暮らしなので作り過ぎると届く。

b0289649_21352074.jpg


   こんなスリムな、ほんの少し~って、晩御飯

   持った手が熱くなるような、炊き立てホッカホカ。暖かい隣人!

   向こう三軒両隣って言葉が有るけど。
   生まれ育った岡山では、「同じ部落の人」と言ってました。

   結婚して10年間過ごした呉の街では 「隣保(りんぽ)班」 隣保の人と呼ばれた。

b0289649_21425493.jpg


   今ここでは、町内会の人で、ほとんどの地域で呼ばれているような!

   温かい人たちに囲まれ、ほかほかの夕方のご飯まで届く。嬉しいナ!
   一人暮らしの私には、なんだかんだと届くことが多い。

   お皿に盛ると、こんなに、どっさりの大盛りになった。この頃はこの半分も有れば十分。
   とと隣のKちゃん、ごちそうさん!

   愛の宅配便!美味しかったよ!また、届きますように~♪
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-10-31 21:49 | Comments(16)

これも 秋

  お知らせ

   「寒いね!」

   「暑いね!」

   こんな10月ってのも・・・ 有るのね! 毎日タイヘン!

   薄着に成ったり、厚手の上着を引っ張り出したりと~★


b0289649_10204393.jpg



   ちょっと、留守にします。お休みします! ごめんなさいね!
[PR]

# by kazumi1171713 | 2017-10-16 10:22 | Comments(17)