<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

南紀12景・2

年齢じゃない

  「いくつに見えるかな?」
  おじいちゃんはニコニコしながら私に聞いた。年齢の話は苦手じゃなあ?
  
  見た目は80代の半ばくらいか? 「80歳前後かな」とチョッピリおまけの返事。
  「来年90歳、89歳じゃよ!ヒャッハ・ハ・ハ」 ドヒャの私。

b0289649_8584148.jpg


  この旅で私は前から2列目の席。私の前にはおじいちゃんが二人。どちらも高齢者。
  歩くに難しい長距離とか坂の道は行かないことにしている私。その時はバス車内待機。

  大きなバスの中でふたりっきりになったとき、私とおじいちゃん、二人はお喋りに熱中
  戸籍調べはひと通り済ませて・・・も一つ切り込んでいく私。

  奥さんは3年前、長い40年間の車いす生活の果て亡くなられたこと。
  旅行好きだったので、娘夫婦の車で、結構アチコチ行ったとのこと。良かったね!

  北陸・石川県からの参加、娘夫婦と妹夫婦の5人で参加。
  この日のために毎日軽いトレーニングを欠かさない。常に運動を続けているとは娘さん談

  ウン、ウンと頷く私。私だって、この日のために毎夕の散歩は欠かさなかったんだから。
  旅から帰ってもまたどこか行きたいから、じえったい歩こうとおもっているんだから!

  「最近は台湾2回、ハワイも行ったよ!」89歳とハワイ旅行
  自慢そうに鼻を膨らませて「がはは」と笑った。そうだそうだ!と多いに同感した。
  
  89歳のおじいちゃんは人生の大先輩。ご一緒できて良かったぁ~♪
  ところで、このおじいちゃんと歩いてもサッサと抜かれるアタシ(泣)

b0289649_8592554.jpg


  目標を作って、そのことに向かって鍛えよう。
  今のこの私は89歳に負けている。ちっとも自慢にならんわい!・・・そう思った。

                       ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


  トルコと友好関係

  みかんと梅の田辺の郷から紀伊水道、太平洋を右に見ながら白浜を通過、串本に入ってきた。
  雨は降ってはないけど太平洋の海はどんよりしていた。

  ♪~ここは串本 向かいは大島 中をとりもつぅ~~~♪
  島へは橋で渡ります。ここも来るのは2回目ですが、どことなく変わっているような?

  島が低いのでループ橋になtったとか。車内から上手く撮れたものよ。座布団一枚!
  マグロの養殖の丸いイカダを見ながら潮岬に着きました。

b0289649_1437562.jpg


  串本・大島の潮岬です。
  樹々が南国的で、瀬戸内とは異なる景観が広がる岬でした。
 
  ここでは本州最南端の証明書を貰いました。
  塔に登って遥かに霞む太平洋の水平線を見ながら深呼吸しました。

b0289649_90571.jpg


  本日最後の目的地は樫野崎灯台です。明治23年の古い歴史の灯台です。
  この岬へはアップダウンの石の敷き詰められた厄介な(私には)路を歩くからと

  添乗員さんが待ってた方が良いよと言われました。少しだけ歩いていくとトルコの碑が有って
  横に説明書きが並んでいたので。

b0289649_912776.jpg


  そういえば、ガイドさんがお話ししてくださってたっけ。読んで下さいね。

b0289649_915770.jpg


  トルコの人々はとっても親日家が多いと聞いてます。
  こういった事情があって長年培ってきた両国なんだってこと理解できました。

  これまでの・・・、私の知ってるトルコのイメージは
  日清、日露戦争の頃トルコの国は背後のロシア国にいつも戦争で負けてばかりいて憎んでいたそうな。
  そんな折、日露戦争において、小さな島国の日本がロシアの艦隊を日本海で打ち破ったこと。

  私は旅行中の不注意で起きたキャリーバッグのタクシー置き忘れの件
  大変親切にされた経緯もあって又行ってみたい国に入っていますよ。
  
 
b0289649_924727.jpg


  トルコ土産屋さんが、あちこちあって、摩訶不思議な風景に驚きました。
  灯台から見た景色はこんなだと。パンフレットから転用させていただきました。

  旅の一日目は「海」でしたが2日目は「山」ばかりになりました。
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-10-29 20:51 | Comments(20)

南紀12景・1

新井ちゃんの手

  5時過ぎに目さましコールが鳴った!
  「起きてるもんね!」 こういう時って早くから起きる私です。

  今日から一泊二日、南紀白浜旅行に出かけます。どちらかと言うと寝不足気味ですが。
  みんなについて行けるのかな・・・ここまで来ても不安がよぎります。


b0289649_2031423.jpg

                                  三段壁

  手ごろな距離です。何度か出かけてます。なのに、今回どうしても行きたかったのは
  奈良県十津川村「谷瀬の吊り橋」が組まれていたからです。

  幸い今回は一緒に行って下さる友達が居てくれて、幸せな私。
  酸いも甘いも知ってて40年近いお付き合いの彼女 新井ちゃん(カープファン)と呼びましょうか。

b0289649_20464018.jpg

                                    千畳敷

  新幹線で大阪まで向かいます。そこからチャーターした熊野交通の大型バスで出発です。
  安くて盛り沢山の観光地巡り、参加者は45人、それに運転手さん・添乗員さん・ガイドさん!

  足の弱い私はご厚意で前の方の席を取っててくださいました。
  皆さんの足を引っ張らないように懸命について行かなければと深ぁ~く深呼吸!
  そのお話は、あとで・・・。

                    ♪~10月は母の手のひらのぬくもり~♪

  新井ちゃんは、母の手のひらのような労りで2日間私の事護ってくれました。
  彼女がいてくれて今回は穏やかで楽しい旅が過ごされたように思います。ありがとう!

 円月島

  一時間ほどで新大阪に着きました。ここで降りて駅構内を歩きバス駐車場まで歩きます。
  これが第一の難関です。最後尾になりましたが、どうにかクリア。

  ここで、サンダーバードで3時間乗ってきた北陸の方々と2台のバスに分かれて乗ります。
  大阪市内を南に泉南地区(堺・泉大津・貝塚)をガヤガヤと賑やかに和歌山へ。

  やがて、急斜面の山肌にみかんの段々畑、右を見ても左を見てもみかんの木々の道路を走り
  右手に太平洋が広がってきました。途中梅干屋さんへ寄りました。

b0289649_13143692.jpg


  南紀(南紀州))を代表する「円月島」です。
  運転手さんは良い場所につけてくださり通路を隔てた山側の席からでも・・・撮れました。
   夕日の美しい代表的なところです。夕陽の代わりに円の中に灯台を入れて・・・

   「おまかせ南紀12景・2日間」というコース名  1日目・6景

       ① 円月島(満月の様な穴が開いた小島
       ② 白浜 (神秘的な岩戸波が美しい景勝地
       ③ 千畳敷(白い岩畳と海の青さがうつくしい)
       ④ 三段壁(荒波が打ち付ける絶壁)
       ⑤ 紀伊大島・樫野崎灯台(トルコ軍艦記念碑見学)
       ⑥ 本州最南端・潮岬(南国的な景観が広がる岬)      

b0289649_204024.jpg


  怒涛砕ける太平洋の荒波、35m眼下に迫ります。
  この荒波を直接音を感じ目で見ることが出来るのです。専用エレベーターで35m下の洞窟へ

b0289649_20163661.jpg


  何年か前、来た時には見たことも無い景色が洞窟内に広がっていました。
  寄せては返す大波が轟音を轟かせ、飛沫をお供にやってきます。怖さと好奇心で~。

b0289649_20221954.jpg


  足もとがぬれていて、ヨチヨチ歩きの私では寄りつけそうもない波の通り道
  カメラを向けても何度シャッターを切っても、お見せできるものは一枚もなく(泣)

  みんなに遅れないように、バタバタと。転ばぬように歩きました。

b0289649_20305396.jpg

  
  弁財天のコーナーの天井は、私好みと言いましょうか?

  洞窟から出ると「鳥取地震」のお話が飛び交っていました。倅からメールあり。
  「被害は?」知らん。和歌山には地震なし。「どうして?いま、和歌山なの?」そ、言う事!

b0289649_2036894.jpg


  駐車場への道端にはアロエの畑が出来ていました。
  いつか行った、伊豆半島の石廊崎を思い出しました。南国らしいです。

  この後⑤ ⑥と観光したけど。今日はここまで・・・・っと。

b0289649_20482214.jpg

[PR]

by kazumi1171713 | 2016-10-26 20:53 | Comments(14)

一雨ごとに・・・

甘い香り

  最近は、夕方散歩に出かけています。
  歩くといってもコチョコと、ご近所を巡るといったくらいで。

  公園までハーハー言いながらヨロヨロ辿り(?)着きます。そこで姿勢を改め
  真正面をむき、大股で颯爽と歩くポーズと決めたワタシですが。

  シャキッと自分では思っていますが。果たして世間の目は?
  (背中を丸めたババちゃんが、ヘトヘト・ヨボヨボ・ノロノロと)

 
b0289649_1954538.jpg


  で・・・
  今夜もノソリと靴を履きながら「エッ!」驚いたのです。大好きな香りが!
  この時期咲くのですか?香るのですか?金木犀の花が!

  毎日裏庭から香っていたのに気づかなかったのかなぁ~?当たりに芳しき香りがイッパイ!
  昨日の雨のお手伝いなんかなぁ~?我が家の金木犀、花が少なくてショボイんですが。

  夕刻と言う事も有り、曇り空の中では花(金木犀)も寂しげに!

b0289649_10553490.jpg


  行きは満月と一緒に歩きました。
  帰りは背を向け、送られるようにヘトヘトで帰り着きました。

  勝手口に無造作に置かれた袋。
  
  この色も、味も、私のために有るようなモノ! ウシシ~♪

b0289649_1124952.jpg


  我が家からこ一時間くらいのところで実ったというこの大好物の主。
  こんなものがぶら下がっていて、好きなだけ採る事が出来るなんて!

  世話もなんもせんで・・・思いっきり、食べるだけの私したいなぁ~♪

b0289649_1162191.jpg


  毎年、規格品外れのブツが届きます。
  えぇ、腐りかけでも房から落ちかけでもかまいません。

  届け主とは、なるだけ喧嘩しないように・・・心がけています。
  特にこの時期は、ねんごろに仲良しに勤めます。

  あぁ~~~~♪
  おいしいこと!じぇ~~~~んぶ、独り占め! 

b0289649_11111469.jpg


  血糖値、ダイジョブかな?
  みんなに分けてあげなくて、良かったかな?

  すこしずつ頂きましたが、物事には終りの来ること。もう、ジェ~~ンブ胃の中です。
  色んな名前の「葡萄さんたち」 ことしっもお世話になりました!

            ♪~ひと雨ごとに 寒くなる~♪

  今年は、ひと雨ごとに、暖かくなっていきます。秋は、何処ぞ!

  
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-10-18 19:54 | Comments(18)

他愛なく

切るトコ多し

  「久しぶりじゃなぁ!元気じゃったんかね?」

  病院の待合室で週刊誌を広げていた、私の耳に、背後からそんな声が聞こえてきた。
  月に一度の病院通いは採血検査と薬を貰いに行く、私のオシゴトの一つ!

  ここで待つのはいつも一時間以上。
  週刊誌からの一か月分の情報は或る意味、重宝なのでこれで時間がすごせる。

b0289649_11215191.jpg


  げんきじゃあ無いからこの場所にいるのよね・・・って心と会話。
  どちらも八十代後半のおばあちゃん二人の元気な会話は待合室一杯につづいたよ!

     「足はどうなったんね?}
      ~どちらも、切っちゃった~        (膝関節か股関節の手術かも?) 

     「腹はぁ・・・?」
      ~腹は、五つも切ったんよ~       (エェッ!臓器空っぽになるゾ?)      

  ナンツー激しい会話だこと。五つは大げさな!
  読んでた週刊誌は膝の上で退屈な物体になり、アタシの耳はダンボ!

     「大変じゃったなぁ~」

  聞く人はこの会話まともに受け止めて。喋るおばあちゃんは真剣に伝えてる。
  ただ・・・私だけ、チョッピリ頭の中がおまつり状態に。

b0289649_17173060.jpg


     ~頭の方も、切ったんよ~          (ぬぁんと!!)

  ここで、吃驚しました。脳外科で手術したのかと思ったよ!
  思わず振り返って答えたおばあちゃんの頭を見ました。

  短く切って、こざっぱりした頭は手術した様子では無かった。短く切ったんだわ!
  あたまを切る・・・じゃないよ!髪の毛を切るというんだよ。


                    ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


  徳積み


   ♪~最近のあなた、なにをしても、いつでも、しょっちゅう・・・~♪

  仲良しのKっちゃんが、手の空いた私を相手に真剣な顔になって切り出した。
  しょっちゅう、どうよ!

  私より三つ四つ歳若いKちゃんは、しっかり者なんです。
  日頃からいつも、瞬間湯沸かし器的な私を諭してくれるところが有るひと。

b0289649_17142463.jpg


  いつもいつも・・・だれかに、何か手伝って貰った時
  「ごめんね」とか「すみません」ばかり言って、ぺこぺこしてる。
  これまでの貴女からでは、考えられないほどの弱々しい態度!

  貴女は男みたいに大口叩いて、皆に威張っていることが貴女なのに。
  ごめんねばかり!

  でも、何一つ以前の様に利かなくなった、年以上に弱った体、皆の優しいお手伝い
  嬉しいよ。すみませんって言ってはどうしていけんの!

b0289649_17165159.jpg


  じゃぁ、聞くけど
  これまでの人生で他人様の困っている場面で、見ているだけの人だった?
 
  それとも、今皆が手を貸してくださってるようにお手伝いをしてこなかった?
  それはない!貴女はいつも、きっと、人様に手を貸してきた人のように思えるが?

   えぇ!まぁ~?
   どちらかと言えばお節介な方の性格だから、この年まで生きてると・・・

  「徳積み」って、この地方じゃぁ言うんよ。
  はぁ~。徳を積み上げていく言葉の様な。こころで、と・く・づ・みと言ってみた。

  お互いさまで生きて行こうよ!
  「すみません」じゃなく、これからは「ありがとう」っていう事。相身互いじゃが」

  それでも、やっぱり、ごめんねや、すみませんを小さな声で言ってしまう私なんです。
                                                                                                                                        
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-10-04 18:02 | Comments(22)