<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風の吹く

八月から九月へ

  涼しくなりました。

  格別な思いで感じています。夏は暑い…当たり前のことなのに!
  今年の暑さはタイヘンでした。この私には堪えましたゾ!あぢぃ~かった!

b0289649_10481812.jpg


  我が家の梅の木、何気なく目に留まったのはセミのぬけがらでした。
  気を付けて見ると、ここにもあそこにも・・・蝉ちゃんたちが。

  でも、余り「鳴き声を聞かなかった夏」のような気がします。時折午前中に集中して賑やかに!
  この蝉ちゃん達は、今頃はもうその一生を終えたのかな?
  目いっぱい生きたのだろうか?今はもう夢の中かな・・・なんて!

  しのびやかに秋の訪れがかんじられます。
  いきなり涼しくならなくっても。も少しチョッピリの暑さにも耐えてみせますよ・・・なんて空威張り!

  蝉ちゃんの生きざまを思いつつ爽やかな風に癒されてます。
  季節は夏から秋へバトンタッチ。これにはチョット願望も入ってて!


                     ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


祥月命日 

  父が亡くなったのは昭和の終わり、昭和61年の暑い夏の事でした。
  終戦記念日(8月9日)が誕生日で74歳と13日生き抜きました。

  脳梗塞によるあっけない死でした。

b0289649_19564299.jpg


  寡黙な性格で友達も少なく、どちらかと言うと一人ぼっちを楽しんでいたように思います。
  趣味は洋画鑑賞。毎日でも観たい・・・といった風に見えました。

  私の性格とは合わなかった。むしろ、私の方が避けていた。
  コホンと咳ばらいがすると何か叱られる・・・と警戒していました。

  世間の仲良し親子を見ると不思議な思いがするばかり。あぁいう家庭もあるのか、と!
  穏やかで優しく物知りな、私のお父さんはそんな人がいいなぁ~♪・・・と思っていた。

  父親と向き合って話したことなど無かった!
  
b0289649_204143.jpg


  結婚して知った。
  婿殿(夫)と父は会えば二人で仲良く話し合っていた。どちらかに無理がある、合わしているんだ。
  そう思っていたが、全くそうでもないらしかった。

  夫から、男の気持ちと言うものを少しずつ知り父の事も少しわかりかけてきた私
  その矢先夫に逝かれた。父と私を結ぶ糸が切れかかった。

  夫のお墓は実家のと隣り合わせ。私の家から片道60キロの所にあります。
  いつも、気の向いたとき何時とは無しに参る私。いつ行っても綺麗に手入れが行き届いています。

  「お父さんは、お墓なんか参るような人ではなかったのに」と母が私に報告。
  あの父が?私もにわかには信じられなかったよ。

b0289649_1958479.jpg


  ある時
  伯母(父の姉)が弟(父)に向かってこう聞いた。
  「おまえは、年取ったら誰と過ごしたい」「長女(私の姉)だ」当然そういうと思っていたが

  思わぬ答え。意外や意外「私」の名前が返ってきた。伯母はむきになってあおる様に
  「あの子が良いってか?あんなきつくて可愛いげのない子が良いってか?」と念押し!

  どこをどう捻じ曲げて、私の事に及んだか?
  無口な父がとっさに答えた言葉に私は信じられないけど嬉しくなったのだ!ホントかな?

b0289649_10485176.jpg


  8月27日は父の祥月命日。
 
  祥月命日は、故人となった月日ですから、年に一度ということです。
  月命日は、月忌命日(がっきめいにち)のことで、年11度の命日があるということに。
   一般的には、命日といえば、祥月命日を指し、 毎月の亡くなった日を月命日といいます。

  と言うわけで日曜日お墓参りに行ってきました。

  父が逝って2年後姉が逝き、ふた月後追いかけるように母も逝きみんないなくなっちゃった。
  上から三人去り 頼りない私が残って、つたない仏事を恥ずかしながら努めさせてもらってます

  両親亡き実家は寄ることも無く、墓前で手を合わせてひとり言。
  なぜだかその時は心穏やか、可愛らしい娘に戻れます。

b0289649_2241932.jpg


  倅と孫娘は大の大の仲良し。こちらに帰っても行動は常に一緒。
  買い物にカープグッズ選び、お片付け・・・スマホで遊ぶ!なんとまぁ~!

  嬉しい!良かった! 仲良きことは美しきかな!

  今にして私は思う。
  実は私の性格は父親譲りだったんだ。似過ぎていて反目し合っていたんだ!そうだったんだ!

  
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-08-29 22:23 | Comments(18)

いろいろ有って…八月!

月日の経つのは

台風・被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。

  今朝のニュースで、北海道の収穫間近な玉ねぎとじゃがいもの映像が流れていました.
  泥流の中に、無残に流されてい画面では思わず胸が痛みました。

  次から次へと。
  無情な天災が襲う最近の国内外の被害。異常気象ですかね?

  お蔭様で今回の台風では当地は何事もないのです。雨不足には泣かされてます。

b0289649_18405646.jpg

                              県北の稲刈り風景
             テレビの画面から拝借。田植えも早かったんでしょうか。8月の稲刈りです。


                  ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★



終わりました!リオ五輪!

  17日間、連日のメダルラッシュ!
  何回みても大きな喜びと希望を頂きます。日本ってすごいよね!

b0289649_18292349.jpg


  バトミントン女子 ↓
  優勝の決まった瞬間、コートにのけぞって喜ぶ選手。4年間の重圧を降ろした瞬間か!

  
b0289649_18305733.jpg


  やった!やったよ!健闘したね!
  私、思わずもらい泣きしました。でも・・・ここまで難なく進んできたので。信じられなかったよ。

b0289649_20454633.jpg


  持ち上げた瞬間に見せた爽やかな笑顔!それから、ハグのシーン可愛かったよ!

b0289649_18321162.jpg


  この涙にも色んな事を想像させられました。テニスのルールも過去の実績の何一つ知らない私
  90年以上もの年月を経て、わが国のテニス業界の大偉業をなしえた価値ある一勝に光る涙!

  
b0289649_18325624.jpg


  17日間はあっという間に終わりました。↓
  閉会式に入場した皆さんの底抜けに明るい顔!スポーツっていいなぁ~♪

b0289649_20234073.jpg


  なかなか愉快な引継ぎ都市、東京のサプライズ!色々ありがとう!感謝します!
  テレビからの盗撮数枚で私の報告・・・終り!

b0289649_18332547.jpg


大勢の選手の皆様!
この日、ステージに立ち、今日までの練習の成果を披露くださり感動をありがとうございました。
更なる飛躍をお祈りいたします。

  ↓ 突然に も見てくださいね。

突然に
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-08-25 21:33 | Comments(16)

子供たちの声が

子供会行事

  開け放った窓から、風が子供たちの騒ぐ声を運んでくる。どうやら裏の駐車場かららしい。
  子供たちの騒がしい声なんて、最近あんまり聞いたことがない。
  
  子育て全開の頃は、それでもうるさいとも思わず当たり前に声を受け入れていた。
  もっともっと昔、私達の育ったころなんて~♪

  路地も表通りもみんなの遊び場だった。子沢山でどこも子供達で一杯。
  道路の真ん中で縄跳びしたり、ケンパ、缶けり、鬼ごっこ、ビー玉なんて!

  時折通る人を通してあげたり、自転車も台数が少なくってと時々しか通らない。
    ♪ ケンパ・ケンパ・ケン・ケン・パー~♪ うふふ!

  クルマなんて・・・!町内に一軒だけかな。お医者さんの家に有りました。
    ♪~ミゼット・ホイ ミゼット・ホイ~♪ 数年後に出回った車はミゼットだったなぁ~♪

b0289649_15261479.jpg


  モミジの木の間から覗くと・・・居た。いた。

  慌ててカメラを持ち出す特派員!

b0289649_2158920.jpg


  その日は「山の日」とかで、子供会の行事。
  パパたちがお世話してのイベントが開かれていたんですね。声の主はコレッ!

  そういえば今朝の生ごみ集積所に張り紙が有りました。
  子供会行事で、なんでも百円市が開かれますって!こんなに暑いのに。若いなぁ~!

b0289649_20541699.jpg


  全体的にみると
  300坪以上はあろうか?フィットネス・ジムの駐車場に張られたテントが五つ。
  11時から始まって、3時まで。この35度以上は有ろうか暑い中、コンクリートの照り返しも頂き。

  熱中症にでもなったらイケンなぁ~。babaはカメラを持ち心配す。これぞ,老婆心なり!

b0289649_2121612.jpg


  かき氷が飛ぶように売れていました。百円握って行きたいな。
  駐車場は近いけど、クルリと廻って…大回り。この足では難行苦行!
  それよりなにより、この炎天下!なぜに日中の時間帯に催すのか?場所の加減か?

  4時過ぎに見たらテントの下で、タオルを首に巻いたチチハハが談笑していました。
  「暑かったね!ゴクローさん!」心から思った。
  そして
  はるか昔、こうして子供会の行事に明け暮れていたことがあったなぁ~と思いは重なりました。

  弾けるようなこども等の声はbabaには「前進」への後押しを頂きました!
              (久しぶりのレポートは、難しいなぁ~)



                     ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★



運転手

  「次の信号渡ったら右折よ。すぐの角も右折」「ハイ」
  「右に避けて、合流車を入れてあげる!そうそう!」「ハイ」

  このしおらしい、「ハイ」だけの運転手さんは私の孫息子(21歳)来春は社会人。
  お盆帰省で、都会では乗れない車も此方では乗らせてやろうかと・・・ババ心

  お盆帰省は11日~16日までの五泊七日。行きも帰りもパパ一人の夜間走行なんです。
  私の元へは深夜11時発、翌朝の8時、750キロ・9時間の旅。父親と妹の三人でやってきました 。

  次の朝早く4人でお墓参りに行きました。お参りが終わったのは9時過ぎ。
  来がけの車中での会話から孫が運転できるのを聞いていたので、孫息子・Kに運転命令!
  父親(パパ)は心配そう?誰だって…最初は有る!

  心配無用!
  難なく高速道の出入り、追い越し車線のタイミング。クリア!若い男の子は覚えが早い
  babaの心中は・・・?ご想像に任せまショッ!
  
  と言うわけで、帰りの三分の一(山陽道・名神道の一部)は孫息子の運転、親子交代で帰ったとさ!
  無事到着ってラインを貰ったのは遅い時間(深夜3時)でした。ムスコよ。よく耐えたね。孫よ。アッパレ!
                     
           
b0289649_21584329.jpg


  帰る日、荷物を整え兄妹が揃ってありがとうを言いに私の所へ。
  二人に向かってbabaは懸命に話す。

  15年くらい前になるかなぁ?帰る時、幼稚園児だったKが私にいったのよ。
  「〇〇ちゃん。僕たちが帰ったら泣くんでしょ。淋しくなったら僕んち来なよ。みんな、居るからさ」
   (孫二人は私の事、〇〇ちゃんって、名前で読んでいます)
  K(孫息子)が、靴を履きながら、バイバイの口で私にそう言ったのよ。
 
  「Kは本当に優しい子だよ」
  兄、妹二人の前でサヨナラのハグの前にこの思い出話を言いました。二人は口をそろえて
  「その話、前にも聞いたよ」とニコニコ!年寄りは一本取られました!
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-08-20 21:42 | Comments(16)

お盆

孫が来る!

  お盆が来る!孫が来る!

  「部活があって、計画が立てにくい」「6月ごろから行く計画だけは立てて娘はニンマリしている」
   ♪~・・・お盆にはかえるからね・・・~♪
  倅から電話が有ったのは先月末の事。
  
  何が忙しいのかそれだけのこと。いつまでたっても連絡のない暢気家族。

  「お盆には地獄の釡のふたが開く!泳いじゃぁイケンよ!足を引っ張られるから」子供の頃
  お盆が近づくと母がそういっていた。毎年信じておそれていた私たち兄弟。
  家から水着でかけこんでいた海が遠くなった。その日から海へは行かれなくなった。
  母の声は地獄の閻魔さんように不気味に堪えた。怖い世界がひろがったものだ。

  今はこんなこと、誰も話さない。お盆の海岸は賑やかだ。地獄もお盆休暇に入ってリラックスか?

  そのころから夏休みの宿題と向き合った。新学期に備えてカッコだけ繕っていたっけ?

  それと・・・
  お盆のお供え物に欠かされないお供え物。きゅうりとなすびにお箸で足を4本刺したもの。

  きゅうりはお馬さん。馬に乗って大急ぎで我が家に帰ってきてねって!
  茄子は牛さんなんです。アチラヘのお帰りは、牛さんの背でゆっくりのんびり戻られるように!とか

  お盆が近づくとこんな他愛もない事、母を絡めて思い出す。
  さては・・・?きゅうりさんに乗って近くまで帰ってきてるのかな。おかあちゃん!


b0289649_20393912.jpg


  病院にて

  2~3か月に一回外科に通う。
  5月に予約を取っていたので行ってきました。何もなくやれやれ。

  駐車場までが、ちょっとした距離。前を行くおばあちゃん(私が言うセリフではないが)ヨタヨタ
  近くに在った押し車をとり、これにつかまって歩くようにって(いらぬお節介)

  「ダメダメ。それを押しちゃぁ駄目よ」背後から大きな声で怒鳴られた!
  振り向くと若いお嫁さんらしき女性が・・・歩かなきゃぁ、足が立たんようになるでしょ。がーがー!

  そこで我に返り、ごめんごめんと恥かしそうに私に謝った。
  「センセがいつもそう言うんよ。歩きなさいって」そうだったのか。悪いことしたなと心から謝った。
  私がすでにそうなんだから!近い所でもどこでも、車にばかり頼っていて。歩こうっと。

  
b0289649_20401844.jpg


  しかし、病院ってところの人(患者さん)の多い事か!
  そして一様に誰かが付き添いさん同伴。夫婦連れ、親子さん、義父母とお嫁さん
  待ち時間の間、色々人間ウオッチング。どうかこうかと想像をたくましくする。

  私のように一人って人は余り見かけない。ある時看護師さんに聞かれました。
  「付添いさんは?」3回目聞かれたとき「一人ではいけないの?と蓮舫さん・・・した。
  怒ったのではない。必ず一緒するものかと思ったから。私もいつもは友達と一緒なんです。
  大勢の看護師さんはくるくる変わります。不思議な人に見えたのか?


b0289649_20415314.jpg



  託児所が託老所になって

  月に一度お薬を貰いにもう30年近く通っています。便秘でもお世話になった臭い仲。
  内科なのに、皮膚も出ものでもなんでも診て貰ってます。先日行ったとき

  「未だ、働くのか?」と聞かれました。
  うん!生涯現役よ。私が止めたらみんな行くところが無くなるんよ。デイサービスの店だって!」

  「託老所と言うんよ!託児所の児童が老人に変わっただけ」 なぁ~るほど!
  上手いことば「託老所」 何度も大きく頷いた私です。
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-08-10 17:47 | Comments(22)

欲ばり旅

二倍楽しむ

  毎日暑いですね!アタシ暑いの大っ嫌い!
  冬が来たらきっと…寒い冬って嫌ねぇ~って言いそう。とっても我が儘なアタシ。

  最近封書の少なくなった郵便受け、毎日届くは旅行社のお便りだけ。
  ほぼ二社から営業所も数か所に分かれて届きます。

  行かないのに、行かれないのに隅々まで見てしまいます。
  「いきたいなぁ~!」どこへって・・・どこでもいいの!

  そして、一か所につみあげています。
  時折思い切って捨てます。ふぅ~~~!と、大きなため息がでますよ。


b0289649_165337.jpg



  なん年くらい前からヨーロッパの国々の世界遺産めぐりを始めました。行くのはいつも一月
  一月は旅行代金が安いのです。私の目安は一日2万円×日数で。
  2×9日=18万円。当時は九日間、15万円より安くて行かれました。今は高くなってますね。

  一人参加のツアー旅。私のような一人ぼっちさん。必ず3~4人います。
  婆のアタシと女子大生、のんきそうな爺なんて。みんなすぐお友達に。

  何度目かの旅でトルコに行きました。広い国を西から東へと大型バスに揺られて。
  シルクロードを走っているときカーステレオから・幾多郎(NHK)の曲・シルクロードのメロディが!
  すごく感動しました。

  この旅で一組の明るく温かいご夫婦さんと知り合いました。すべてが旅の勉強になりました。
  その日は、時間がずれこんでホテル到着は暗くなってしまいました。目的地は車窓見学程度。

  次の日、朝食時間ぎりぎりに2人そろって外から帰ってきました。
  旅行中は早起きしてホテル周りの散歩ミニ観光をするって。昨夜見残したところまでタクシーで行ったとか。


b0289649_1663677.jpg



  そういう術(て)が有ったんだ。せっかくはるばる来たのに見残すことはないのだ。
  今は治安が悪く、物騒な国々なので無理な話。

  それ以後の旅行で必ず朝の散歩をするようになりました。いつも知らない国の日常に触れる気がします。
  ひめやかな楽しみは、どこの国でも大きな思い出となり財産になっています。


b0289649_1732663.jpg



グループ旅行


  ひとり旅と聞くと皆さん「凄いなぁ」とか「友だちがいないの?」って聞かれます。
  反対に貴女はどうしてなのと聞き返すと、友人の休みと合わないとか、この国はあまり好まれてない
  そっかぁ!そういう事かって変に頷いたりしているアタシです。

  家族の世話、介護、休みが取れない・・・そうだよね。10日間も出かけられる人は私みたいな人か?
  もっとも、アタシはどんな障害が有っても出かける。行きたいばかりの人だった。

  さて
  年に1~2回安い旅を探して友達と国内旅行します。4~8人位すぐ集まります。
  声のかかるのを待っているので大抵、行こう?行きたい!・・・・デス。

  利尻・礼文島旅行に行ったのは4~5年前。初日はフェリー乗り場のある稚内までひた走り
  この宿で二連泊。次の日二島観光して帰ってくるのです。

  近くに在るのに「宗谷岬」へは廻ってくれません。仲間の一人がここまできて・・・とポツリ!
  私は何度も行ってる。でも皆にも宗谷海峡を見せてあげたい~。

  そこで、稚内市内のタクシー会社に10人乗りタクシーを早朝5時から2時間チャーター。
  その日は二島観光して宿に帰ってきました。

  当日5時前にはホテルにタクシーが。
  北海道最北端の朝は早い。宗谷海峡から昇る朝日を拝みお願いごとのひとつふたつ。
  カムチャッカ半島もしっかり望むことが出来ました。頼もしいドライバーさんはそつなく回り・・・

  緑の草原に数えきれないほど林立する真っ白の風力計、キタキツネの早朝散歩。良かった!
  料金は頭数(全員・8人)でわったけど。安い事。宿に着いて朝食を何事もない顔で頂く。
  このことを知っているのは添乗員だけ。良い思い出が出来ました!


b0289649_167223.jpg


  有る年。これは友人とツアーの二人旅。青森県の津軽半島と下北半島の最北端巡り。
  津軽半島の竜飛岬、下北半島のマグロの大間。でも下北にはもう一つ尻屋岬が有る。

  尻屋岬には絶対に見てみたいものが有る。それは・・・寒立馬(かんだちめ)!逞しい馬なんです。

  この時もタクシーを頼み往復2時間かけて行って貰いました。寒立馬に会えました!
  ツアー旅なのにこうして、行きたい所見つくして旅を堪能しています。
  話があっちゃこっちゃして、分かりにくい文章になりました。ごめんね。
  こんな話なら、一杯持ってるのよ!



  
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-08-03 12:23 | Comments(18)