しあわせ(四合わせ・幸せ)

良い季節になりました、

なかなか、ここに座れません。
「どっこいしょ」っと!

   「健康」
   「経済」
   「趣味」
   「友人」

老後の生活に必要だって!この四つの言葉(四つ合わせて)四合わせという事。
そんな話を10年くらい前、昔・・・したことが有ります。
当時はその四つがそろっていたような?

高齢者になった今、改めてしみじみと思う言葉のひとつづつなんです~!

日頃から「一人暮らしは快適よ。24時間全部自分の自由時間なんだ」って豪語して来たアタシ。
ただし、何事かあったときに、直ぐに馳せ参じてくれる人がいることを前提としてだけど。
連れ合いが居ると、呼べば5秒でとんできてくれるだろうに!そんな風に思ったり言ったりしてきました。
家族と離れ住んでいる私のつよがりだったろうか。

b0289649_19374162.jpg



 友だち 

その日は突然に来るものなんです!健康を損ねるなんてこと!

一昨年の暮、階段から落ちて救急車で運ばれ、骨折手術、入院となりました。
ピーポーの車内から、友だちAに連絡、至急〇〇病院へ来てくださいナ。
私が着いて10分もしないうちにAがすっ飛んできました。電話の背後のピーポーの音。
「骨折は手なの?足なの?・・・あぁ~手でよかった」なんて軽口を交わした。

日頃から信頼してきたつもりだけど、ここまでまっすぐに付き合ってくださるなんて。
心から、感謝しました。助かりました。嬉しかったです。

その日は応急処置をして次の日の手術となりました.その夜は親友たちに囲まれて。
考えてみれば、いくら友達と言えども、いざ、その時、何事もほったらかしてきてくれるなんて。
日頃から、まさかの時の自分を想像してはあれこれ思ってはいました。

b0289649_19421938.jpg


遠くに住む息子家族は飛んでくるには手間暇かかる。
「遠くの~・・・」諺通り、入院中の私は全てを友人たちの「温かい手」に護られました!

言いたい放題の日頃の私たち、でも、いざという時のたのもしかったこと。
心から感謝している私です。
[PR]

by kazumi1171713 | 2015-04-30 20:02 | Comments(20)

お久しぶりです!

ご無沙汰してしまいました。ごめんなさいね!
気が付けば、半年近くのお休みでした。ここに来てくださる皆様には
大変大変失礼いたしました。心からお詫び申し上げます。

「健康」って大切ですね。
今もそのことと・・・闘っていますが。そのお話はおいおいに。

またここにこうして参加させて頂こうと勇気を持って還ってきました。
仲間に入れてやってくださいね。「あんた だぁ~れ?」
なんていわれそうですね!

こ坊んちゃん

あれはお彼岸の頃(もう一月前になるんだ!)、晴れてお天気が良かったです。
思い切ってお墓参りにいこうと・・・! 片道65キロの運転はどうにかこなせます。
問題はチョットした坂道の上に墓所が有る事なんです。

手術後のこの左足、一人で登れるかなぁ~?いやっ、降りるときが怖いなぁ!

この坂道、元気なころには何ともなくって、ひょいひょいと駆け足で歩いたものです。
友人に手をひかれ先月きました。結構きつい出来事でした。
友人の大きな手助けがあってこそ実現した上り下りでした。

そんな冒険を、たった一人で?出来るかしら?無理よ!!!

当日
リュックに大きな水入れのボトル2本と、お花を挿して~しゅっぱつ~

右手に杖、左手はいつもどこかにすがりながら。上りは成功!
両手を合わせて、両親とおしゃべり。一人できたよと どや顔。
さてと
モンダイは坂道を降りる帰り道。登ってくるとき、「こりゃぁ、一人じゃ無理だわい」と!

b0289649_10331819.jpg


そこへ
現われたのは一人の少年。祖母とはなれて墓所でヒマしてる。
聞けば5年生で体格も良い!私の心は躍った!
「おにいちゃん、おばちゃん(おばあちゃんとは、よう言わなんだ)の手を引いてくれる?
 怖くてこの坂道降りられんのよ!」

良いよと言って私の左手を握ってくれた手のひらはマシュマロのように柔らかく
しかも、頼もしかった。
「ここまででいいよ」と平たん地近くになったのでいうと、下まで行くよと。

バイバイと手を振りながら、坂道を駆けあがる少年は私には小坊主さんに見えた!

出来ないことはないんだ。やる気になれば救けの手がしっかりあるんだ。
こうして一人で(?)お墓参りに出かけチョッピリ自信を得た私です。
今回ほど、多くの人々に助けられ、頑張りを頂いたことはありませんでした。

前向きに、少しずつお話できたらいいなと戻ってまいりました。また、仲良くしてくださいね。

 
[PR]

by kazumi1171713 | 2015-04-19 10:51 | Comments(24)