<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

その2

消えずの霊火堂

「エッ!宮島にロープウェイがあるの?」
友だちは吃驚して聞き返しました。わたしこそビックリ!そんなこと知らないの?

広島・宮島の隣接市、呉に住んでいた私はそんなこと知ってるよ!

「いつも、大鳥居と厳島神社見てるから、今回はモミジ谷からロープウェイに乗って
 弥山のてっぺん近くに在る消えずの灯・靈火堂まで登ろうや」とアタシ。
生まれついての広島っ子の友人より後から広島県人になったアタシが案内するってんだから???

b0289649_2122411.jpg


フェリー乗り場でタクシーを待って。
観光客の通らない、島民たちの生活道(私からすれば裏道)を、運転者さんはスイスイと!
とても、まねのできない高等技術の運転振りで小路や坂道を通ってロープウェイ乗り場[モミジ谷)まで。

平日なのにチケット売り場は長蛇の列。大勢の人が並んでいました。今日は待つ日!

b0289649_2163679.jpg


「モミジ谷線」は循環式とかで8人乗り。原生林の上をユラユラと!
修学旅行で姫路から来た小学生さんと一緒になりました。一泊二日だって!

そ言えば、ウチの孫も先月行ったと聞いてます。babaはしっかり取材します。

b0289649_21273258.jpg


男女4人でチームを組み島内を計画して回ります。今夜の宿は広島市内とか。
「リーダーは誰?お小遣いはいくら?多めに隠し持ってんじゃないの?」
てなこと言ってるうちに乗り継ぎ場へ

b0289649_2172445.jpg


チケットに書かれているように、獅子岩線は交走式といい20人くらい乗ったかな?
ここからは海を見ながら空中散歩です。良いお天気です!

b0289649_2174974.jpg


このチケットに書かれている通りに島々が点在します。お喋りしているうちに着きました。

b0289649_9181033.jpg


さぁ~、これからは30分の山歩きです。

これまた、看板を見ながら説明しますね。

b0289649_21222060.jpg


右下の赤丸が私たちの乗ってきたロープウェイ・獅子岩駅。写真中央に霊火堂
弥山のお山はここからは高い所に見えます。弥山頂上まで1時間もかからないらしいで

b0289649_213775.jpg


弥山にて 「日本三景の一つの真価は頂上からの眺めにあり」という名言を残した伊藤博文。
その言葉通り、瀬戸の海に浮かぶ大小の島々や対岸の街並み、
四国の山々までが広がる弥山の頂上から見るパノラマは、極上の美しさ・・・といいます。

b0289649_9373411.jpg


ここからの山道は、登ったり下ったりしながら原生林の中を900m位進みます。
弘法大師が修行に使ったという、1200年間も消えないという火!
本日の目的地・霊火堂へと歩き始めました。

b0289649_105283.jpg


でも・・・わたしだけ、帰ってきました!

頼りない私の足と思い体重は「行きたい」と思う意に反してのストライキ。
まぁ~、頼りない案内びとさんは・・・こんなものでしょう(泣)

b0289649_9383346.jpg


ここからは、友の写真を借りて。靈火堂です。

b0289649_9385254.jpg


消えずの灯の上には大茶釜がかかっています。1200年消えずに燃え続けています。
この霊水は万病に効くといわれていて
霊火は広島平和記念公園の平和の灯火の火種にもなっているそうです!

帰り道は早い!省略します^^;; も一つの目的が待っています~♪
それは「あなごめし」

b0289649_9471822.jpg


ロープウェイで一気にモミジ谷まで駆け下りてきました!

花よりだんご
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-11-28 10:08 | Comments(22)

パワースポット(1)

案内します!

「今度の休み、あなたに合わせます。本郷(広島空港)の紅葉つれてって!」

Sさんに言われました。

彼女は、今も(前期高齢者なの)に、現役で働いています。私の周りにはこういう人多いです。
私達友達内では、一番「旅」の少ない方で、行きたいところいっぱいのようです。

「ヘッ!三景園かいな?」

b0289649_9504733.jpg


クルマで1時間もかからない所。私にすれば仕事前にちょこっと早起きして出かける所かな!

彼女、今年になって、一度も旅行に出かけたことないのです。仕事と介護・・・
毎日、自分の時間削って! 忙しい人なんです。行こっかな~♪

「じゃぁ、一日私に預けてチョーダイ!」
てなこと言って、私の休みの日に飛び出しました。

佛通寺

7時きっかりに、家を飛び出しました。
お隣の町、三原の山んなかに在る古刹・佛通寺には、8時前に着いていました。

b0289649_9552729.jpg


園内の駐車場は、空っぽ。おじさんが、葉っぱを吹き散らしながら掃除していました。
カメラを片手に、朝日を供に、歩く人もチラホラ。

そんな中に入って、私たちも負けず、赤や黄色の葉を楽しみました。

b0289649_95833100.jpg


三景園に直行と思っていた彼女は大喜び。思いがけない紅葉の名所佛通寺にこられるなんて!!!

「30年くらい前に来たことあるかなぁ~」などと言う声が弾んでいました。
私は、こういった早朝に駆け足で巡ります。今回は行きがけの駄賃(?)みたいなもの^^;;

b0289649_9591388.jpg


去年までは出入りしていた庭園も縄が張られ、根っこの保存などと説明書きがありました。
ぽこぽこ土が盛られたところは、猪の仕業だなんて。結構激しい形が!

早朝なので、ゆっくり散策できましたが時間前なのでお寺へは入れなかったです。
人の少なくて、車の出入りのないお寺は私たちに大満足を与えてくれました。

b0289649_10613.jpg


赤い毛氈の敷かれた椅子には花も飾られ、茶店のおばちゃんは甲斐甲斐しく
今日の仕事の支度をしていました。
「今日も忙しくなるぞ!頑張ろうっ!」
背中から、その気迫がつたわってきそうな、きびきびした動き方でした。


宮島へ

彼女は、私の休みに合わせて今日は一日休みを取りました。
「一日中遊べるのに、空港の三景園だけじゃ勿体無い」ってんで
その日、私が選んだ観光地は「宮島」でした。なぜに・・・宮島なのか!
 佛通寺ー三景園ー宮島は、いずれも山陽道から近く、効率よく回れるからなんです。

ただ、宮島はフェリーに乗ります。

b0289649_830983.jpg


たった20分ほどの船旅ですが気分はしっかりエトランゼ。
足の悪い私は船内は移動せず降り口近くに立っていました。

朱塗りの大鳥居が右手に見えてきました。左端っこには五重塔も見えます。
 ♪~安芸の宮島 まわれば七里・・・~♪
なんて聞いてますが、後ろに高い山が見えますね。今日はこの弥山(みせん)に登ります。

b0289649_830562.jpg


修学旅行生の多い宮島です。団体客の生徒さんたちがひしめいています。
桟橋では、多くの鹿さんたちのお出迎え、大歓迎に会います。

外国人の観光客の多い宮島です。
京都に次いで外人観光客数の多い広島県、世界遺産登録後はもっと増えたことでしょうか?

島には4台のタクシーが走っています。
これまで、何度も訪れた島だけど、タクシーに乗るのは初めてです。シーズンなのでフル稼働
待った!待った!30分くらい待ったかも。ただ、私は退屈しません。
鹿さんと戯れるファミリーさん、御断りを頂いてモデルさんに~♪

b0289649_8313156.jpg


大鳥居も、厳島神社も、モミジ谷も!
今日の目的の前では、全てが吹っ飛んでいきます。
観光客の人々をしり目に。タクシーはロープウェイ目指して、島内を走ります。
今まで知っていた事、見ていた事・・・すべて無視して、本日の目的地へ向かいます。

そうなんんです。今日の宮島はこれまでの所とは目的地が違います。
若者たち、外国人の人々に評判のパワースポットに向かったのです。

そこは、弥山(535m)に登らなくっては逢えることはできないのです。

b0289649_8321246.jpg


晴れ渡った瀬戸の海を見ながらロープウェイで一気に獅子岩山頂駅まで!
乗り合わせた人たちと、屈託のないおしゃべりをしてたら、あっという間に!

「こんなところで、会えるなんて!」
船着き場近くの海岸沿いで見かける鹿さんに、こんな高いお山でお出迎えなんて!

詳しいお話しは次回につづく。
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-11-23 09:28 | Comments(16)

雨に歩けば

秋の旅行


「ケーブルに乗って」

窓外の景色は飛ぶように移っていく!
たった、12分で高低差500mの山上駅まで運んでくれます。

紅葉真っ盛りの日曜日、930mの山頂駅までの車内は立ち客の出る賑わい!

ケーブルの車内から、これまでの経緯を紹介しますね^^;;

b0289649_20102226.jpg


春・秋と、年に二回のバス旅行!
今年は「六甲・有馬温泉」日帰り旅行となりました。

9月の初め、日時は決定されました。
ウチから神戸までは200キロ程です。改めて企画するほどでもない近場のこと?
だれも、すでに行っていて、行く人が少ないのではと、思っていた私です。

b0289649_20155984.jpg


ところがどっこい!

「行ったことないのよ!」「行きたかったわ!」「有馬温泉、素敵!」
と、まぁまぁ~♪ 驚きの反響であっという間に44名満席となりました。びっくり!

当日は雨!
予報によると・・・一日中降るってか^^;;心は少し…ふさぎがちのアタシ^^;;
バスのワイパーは、遠慮会釈もなし。パシャパシャと雨粒を振り払って一路神戸まで

b0289649_20224951.jpg


車内はお喋りと笑い声が炸裂(私の意に反して)
小学生の遠足みたいな賑やかさ。平均年齢70代に近いお友達の笑顔満載。
みんな、行先も雨も、どうってことないのよ!この仲間たちさえそろえばネッ!!!
80歳の人が4人もいますよ。でも、私より若い所作できびきび行動します。

余談になりますが
近頃の皆さんの「お年」聞いてびっくりしますね。皆さん年齢より随分若い!
また、旅行に参加される方々は心身ともに健康だ!

b0289649_20273069.jpg


六甲山の玄関口として、六甲ケーブル下駅から六甲山上駅まで(931m)の、約1.7km
高低差493.3mを約10分間で結びます。

あっという間に山上駅に「とうちゃこ」
乗り捨てたバスは、山道を迂回して回送されます。私たちは20分ほど待たされました。
そこから、植物園まで向かいます。お喋りしながら時をやり過ごす。

おいでおいでと手招きされて。友の指さす先の景色を見て絶句。その幽玄なさま!
「春に行った天空の城、竹田城を思い出すなぁ~!」 ウンウン~♪

それにしても、憎っくきは止まない雨。土砂ぶりではないけれど降っている。
(今回で20回目の旅行ですが、雨に降られたのは初めて。これまで恵まれていた私達なんです)

それにしても 
果たして六甲植物園の紅葉は、いかがなりや?


「六甲植物園」


なんという美しい紅葉だこと!こんなに装って待っててくれてたなんて!

b0289649_19434952.jpg


雨が降っています。
でも、降っているからこそ・・・の美しい風景が広がっていました。
「傘をさしてまで、歩いたことは無いです。それなのにみんなといると楽しくって!」

誰かが、帰りの車中でそういってましたが。
そうなんです。雨ならばこその瑞々しい風景が、私たちを癒してくれました!

b0289649_20502468.jpg


雨粒がピョンピョン跳ねて円を作り、ワルツを踊っているようです。

丸く描いた円が可愛くって!大きくしてみますね!

b0289649_20533889.jpg


輪を描いた円が消える間もなく、次の円が広がります!ずっと見ていました。
杖を突く私は、傘が持てません。レインコートのつばの端っこからポトポトと滴が^^;;

あずま屋が見えてきました。掛ける椅子も有ります。みなさん、ごめんなさいね。
アタシは、言う事を効かない足君のストライキにお付き合い!

b0289649_20541192.jpg


「シルバー川柳」


椅子に腰かけ、皆さんの後ろ姿を視野に入れ、またまた人生の棚卸し!

             ★ 延命は 不要と書いて 医者通い
             ★ 年かさね くしゃみするのも 命がけ
             ★ 景色より トイレが気になる 観光地

これは、バス車内で、ワイワイ言いながら話題になった川柳の一部。

こうして10年も仲良く続けてきた日帰り旅行も、年々難しいものが増えてきましたね。
笑いごとでは済まされない現実味を帯びた作品ばかり。

やっぱり健康面が問われますね。
大病を患ったり、足腰が弱くなったり、長時間が負担になったりと。

 
b0289649_2054411.jpg


旅行に行く一週間ほど前になると、電話の音にビクッときます。
キャンセルかな?風邪を引いたかな?不幸が起きたかな?

何事もなくって、ホッ!!!

             ★ 湯加減を しょっちゅう聞くな わしゃ無事だ
             ★ あの世では お友達よと 妻が言い
             ★ 恋かなと 思っていたら 不整脈

老後こそ夫婦円満ですよね!
お互いが健康で歳を重ねたご夫婦を見るのが幸せな私。
朝夕に、時間のたっぷり恵まれたお二人さんが歩いています。楽しそうに会話しながら!

遠くに住むお孫さんの話かな!

b0289649_20553588.jpg


今日来られなかったSさん、Kちゃん!
今ごろ、寂しい思いしているかも^^;; 一緒にこの景色見たかったなぁ.

              ★ 日帰りで 行ってみたいな 天国に
              ★ お迎えは どこから来るのと 孫が聴く
              ★ 妻肥満 介護になたら 俺悲惨 


年齢じゃないのよね!
元気なことって、本人さんの日頃の心がけ、気の持ちようなのね。
私なんて、皆より若いくせに、10歳以上も老け込んでいてさ(泣) ダメよぉ~!ダメ・ダメ!

b0289649_2113440.jpg


雨の中の美しい紅葉に、身も心も洗われたような私でした。
自然のものから、私たちはいつも多くの施しを受けていますね!

ひとり劇場
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-11-12 11:02 | Comments(25)