<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

良かった!

東京バナナ

「孫のお土産です。皆で頂きましょう」
友達が,包装紙をむいた裸の箱を,下げてきた。中にはおまんじゅうが10個。。

孫息子がね!修学旅行で東京へ行ったのよ!おばあちゃんにって・・・

「皆で食べようね」 食べた!餡子入りのバナナ、美味しかった!

                            ~~~~~


数日前、私にも神奈川に住む孫娘からの宅配便が届いた。それほど大きくもない梱包。
なかには、一袋のおせんべいが!

可愛い封筒に入った便せんも出てきました。はやる心^^♪

「10月17,18日に修学旅行で日光に行ってきたよ。日光東照宮は鳴き竜が一番興奮したよ。
 それで、お土産屋さんで「日光甚五郎煎餅」というバター風味のせんべいを買ったよ。
 お客さんと一緒に食べてね」


b0289649_19455579.jpg


これじゃぁ、宅配便の方が高くついたかな?
夏休みに来てから・・・2か月かぁ~!元気にしているんだわい~♪

鼻高々で、おせんべいを披露したアタシです!
後味にバター風味が付いてきました。この一袋の前で思案しただろう孫娘の姿が浮かんできます!

                           ~どうしようもない私が歩いている~  
                                 (種田 山頭火)

b0289649_1946417.jpg


「修学旅行」で
 友人のお孫さんが体験したお話!

チョッピリ奮発して買った新しい財布に、3万入れて東京ディズニーランドへ行きました。
そこで、お金を落としたのです。
中には、一万9000円が入っていたそうです。

その夜は、楽しかった思い出もぶっ飛んで、後悔の念しきり^^;;

b0289649_1947452.jpg


翌日
連絡が有りました。財布が出てきました!全額入ってました。
拾い主は、名をかたらずおいて行ったそうです。エェーッ!!!

聞いてる私たちは一斉に喜びました。そんなことって・・・・有るんですね!
こんな国なんですよ!日本は!ディズニーランドは!

信じられないって、喚いている私たちが可笑しいのでしょうか?
忘れられない修学旅行になったお孫さんでしょうね!

                          ~けふもいちにち風を歩いてきた~
                                 (種田 山頭火)

b0289649_19471746.jpg


戦前日本の俳人・種田山頭火
 これなら、私でも創れそうかな?
 思わず、そのような勘違いを起こしそうな作風の持ち主さん(失礼な言い方)

自由律俳句っていうのですね。良く知られている句は                   

                         分け入っても分け入っても青い山
                                    (種田 山頭火)



いくらひねっても、一句も生まれない私です。でも、こうして読むのは好きです。
昭和14年松山市の「一草庵」で58歳の生涯を閉じたそうです。

~うしろすがたのしぐれていくか~    (種田 山頭火)

これって、現在(いま)の私の事よね(泣) てへへ~♪


お詫び 
 この一週間ほど、コメント欄に不都合がおきました。
 送受信でご迷惑をおかけしている皆さま方にはお詫びいたします。
 連休明けに、お医者さんに視てもらいます。ごめんなさいね(ペコリ)^^;;


[PR]

by kazumi1171713 | 2014-10-31 20:48 | Comments(20)

快晴

香りを嗅ぐ!

大きな台風が通り過ぎた。
温暖な気候で、余り災害に見まわれないない土地に住んでいる。
このことに当たり前になってはいない。

何事かあるごとに、皆で感謝し合っている。有りがたいことです。

幸いかどうか・・・?
生まれ育った瀬戸内の町と、現在住んでいる所とは60キロも離れていなくて
気候風土も良く似ている。このことには慣れ過ぎているかとは・・・思うけど!

お天気に恵まれた一日
お墓参りの帰り、瀬戸大橋へ廻った。5キロも離れてはいない所の橋

b0289649_20403288.jpg


1988年といえば、昭和63年かな?
瀬戸大橋(児島ー坂出間)が開通した。この斜張橋は児島側から2番目の橋

あの日から本州と四国は陸続きとなった!
島に住む人々の暮らしは随分と変わったろうか!

島の人は側道に併設されたエレベーターで島内の家に帰れると聞いてます。
漁業から離れて、島を去った人も多かったかも。

b0289649_20405965.jpg


日曜日に、ここ鷲羽山(わしゅうざん)へ登る事は珍しい私、
クルマも多いけど、観光の人々が多くて、驚き。

皆さんが固まって、見ている先は、香川県の坂出、番の洲工業地帯
距離にしたら、10キロ位は離れているかな!ズームしてみますね!

b0289649_20412268.jpg


「海上に浮かぶ島を見ることのできる視野は30キロ位でしょうか?」
先日、新潟を通る時、ガイドさんが粟島を見ながら行ってた言葉を思い出しました。

工業地帯の後ろの三角のお山は「讃岐富士・飯山」
工場の煙が西へ流れています。お天気のいい日はこんなにも近くに見えるのです!快晴です!

幼いころ、JRも入って無くて、半島の先っちょに暮らす不便を嫌っていました。
大きくなったら、交通の便のいいところに住むぞ・・・と決めていました。

ところが
海の上を自動車で走ったり、電車が行き来する時代が来たのです。

b0289649_20593378.jpg


2階の部分は車が走ります。四国88か所巡りで何度も通った高速道です。
この橋も風の強い日は通行止め、ストップがかかります。今日は最高の眺めだぞい^^♪

そして下の一階部分は海峡線、JR瀬戸大橋線が四国へ向けて駆っています。
高松に嫁いだ姉は一度も乗ることもなく逝ってしまいました。
姉の見舞いに何度も通いながら母は「涙の海峡線」と愚痴っていたっけ。

b0289649_212237.jpg


あれから20数年経た今は
四国に渡る橋が3本も架きました。しまなみ大橋(尾道ー今治)、明石大橋(明石ー淡路島)

私達は、何気なくわたっている瀬戸の海、多くの人は行きたいなって、言われます。
遠くの親戚の人が来られると四国へ案内させてもらいます。なんてったって
高知の桂浜まで2時間も有れば行かれるのですよ。ただ、橋の通行料は高いんよぉ~!

b0289649_210179.jpg


クルリと背中を反転させると、そこは児島ボートレース場
真ん中に走る一本の線路は瀬戸大橋線。右奥が岡山方向、左側が橋の方になります。

後方に見える街並みが、今やジーンズで有名な児島市街地なんです。私が住んでた頃は
日本中の学生服の製造の産地、活気にあふれていた繊維の町です!

ふる里はいいもんです!
でも、ここを離れてもう50年になるのですね。父母もなく、お墓参りに寄るだけの
でも、やっぱり、ふる里は良いもんですね!

b0289649_9214844.jpg


月に一度、ふる里の香りを嗅ぐ日! 来月も来ますね!
誰に言うでもなし、晴れるといいな・・・って、車に乗りました。
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-10-25 09:31 | Comments(16)

寒くなったネ!

美味しい秋

「昨日(16日)、富士山に雪が降ったんだって!」

「昨日今日と、朝は寒いね。昼間は暖かいけどねっ!」

「そうよね。冷房が終わったらと思う間もなく、暖房がいるなんて?」

「私ね、今日ホーム炬燵、出したんよ!」

なんて。
昨日の会話から拾ってみました。寒さの直撃に驚いています!

さて・・・
この子は、だれ?

b0289649_2063425.jpg


この夏、大活躍してくれた「ゴーヤ君」です。
詳しく言えば・・・孫の、そのまた孫位、タロウの子孫のような?

タロウ、ジロウ、花子、3兄妹! それはそれは、華々しい活躍ぶりでした。
が・・・

最後は、美味しい佃煮で、i五つtの家族のみんなのお口に、大盤振る舞い!
 (と、なりました。最後の一本の実りまで待っての収穫となりました)

植えてくれました。我が家の畑の土を運んでくれました。
水やりは勿論、肥やしに添え木に・・・暑い夏の日のお手入れ一切

一切のメンドーを見てくださったのは「Mさん」
ちょいちょいと片手間に、ウチへ来たついでにやってくれてました!

b0289649_20162997.jpg


そのMさんから、
「今日、バイバイしたからね」
ある日、突然に言われました。抜き打ちです!覚悟はしていたけど。

我が家の路地で、乾燥して干からびた、やせた土地から元気に育ってくれたゴーヤ達です。
実りと成長の感動を頂きました。人任せなのにこんなエラソーなこと言って^^;;
アタシ、本当に食物のお世話できないんです。知らないのです です^^;;

b0289649_20334142.jpg


慌てて、洗面所に走りました!
グリーンカーテンの無くなった窓は、明るく変身していました。無くなったんだ。

サッサと抜き去ったんじゃぁないのです。ぶら下がっていた最後の数本の成長を見届けて
約束事のお別れだったんです。でもでも・・・

さみしいなぁ~^^;; お別れなんて!

b0289649_20164442.jpg


写真撮ってて良かった!

緑の葉が、徐々に枯れていく!元気がどんどん失くなっていく日々に。
カメラを持ち出し思いっきり撮りました。撮ってて良かったヨ。

タロウ、ジロウ、花子ちゃん! 頑張りをありがとう!美味しいを有難う!希望を有難う!


                     ★★★~~~★★★~~~★★★


新米、届きました!

今年のお米が届きました!

友達は一年間のお米を農家から「直」に買っています。
一俵の袋入りは私風に言えば、30キロ入りの大きな米袋入りです。
年間に必要なだけ買って(何俵だか?)います。

市内のあちこちには自動精米所が有るのです(知らなかった)!
ここで必要なだけ精米するんです。
時には東京の息子さん宅にも送るとのこと。出来た母です。

b0289649_8221487.jpg


今日、私に一升だけ、持ってきてくれました。
2合計って炊きました!私毎回2合炊きます。3回に分けていただきます。

炊き立てのほっかほか! 一膳だけよそおって、あとは・・・
ニトリで買った、それ用のタッパー・2個に入れて、冷凍庫に直行。熱いうちに。
これは「チン」するだけで炊き立てのご飯になります。魔法のタッパー!

b0289649_8253443.jpg


                       ♪~お・ふぃ・し・いよぉ~♪

わざわざ、買ってきた「辛子明太子」で頂きました!

思い出しても、唾が・・・ゴックン~♪

秋は、美味しいなぁ~!!!
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-10-18 08:37 | Comments(28)

走ってばかり

旅の醍醐味

町は未だ眠りから醒めきってはいない。

そんな朝早く、湯上りの私達は5時から開店いているという「朝市」に出かけました。

宿の温泉は朝5時から開きます。開湯10分前(これが秘けつ)に行くことにしている私。
5時になると、何人かが入ってきます。先客の私に・・・吃驚!私はいつも一番乗り^^♪

宿を出た所で、小川が流れていました
綺麗な水がサラサラ流れ、実りの秋の心地よい風が、湯上りの頬を撫でます。庄内地方の風です!

b0289649_10533863.jpg


とっても澄んで美しい流れです。ハ・ハァ~ン!
この水と、美味しいお米が旨い酒を造るんだ!ガッテン!(昨夜は地酒を味わいました)!

昨夜、お布団を敷きに来られた係り(土地)の人と話したよ!それは色んなこと^^♪
私、土地の人と触れるのが大好きなんです。というより
「旅」は見知らぬ風土と文化に触れることだって思ってるし、何よりも見知らぬ人との出会いと
ふれあい、それが一番大切なことと思っているのです。

b0289649_1034381.jpg


宿の真ん前に在ったんですね!足湯です。
シーズンともなると大勢の人でにぎわうのでしょう。沢山の場所が設けられています。
しかも、飲めるんですね。

b0289649_1132344.jpg


飲用の蛇口も有りました。近ければ持って帰るのにねっ~♪

プラプラ歩くには適当なところに、朝市は有りました。テントを張った高山(飛騨)風を想像していたけど
真新しい店が一棟の並びに数店舗連なって営業してました。

数店、見て歩きましたが、望みの漬物店に決めました。

b0289649_1152886.jpg


試食用の美味しいお漬物、頂いてから、ここから送って貰う事にしました。
お漬物って重いのよね。わたしの帰る時と余り変わらずに届くのです。

住所を書きながら、いつもの軽口のアタシ!
「宅配便を開けるときワクワクするのよね。母からの時が一番好きだったわ!
 ねぇ、ご主人!開けた時嬉しくなるようなもの、サービスに一緒に入れておいてね!」

b0289649_1155626.jpg


♪~また、あんなこと言ってる~♪
 ともだちは聞こえぬふりして、私から離れて・・・聞いている。又言ってるよ^^♪

ところで
これは「やまぶどう」と「ら・ふらんす」の羊羹。それに「さくらんぼ」が有ったけど!

b0289649_1215227.jpg


お土産の宅配便は、私が帰った次の日届きました。

「アッ!」 箱の隅っこに3本の羊羹が入ってました。開けた時、嬉しくなりました!

朝市のおじさん、私との約束守ってくれたんだわ。本当にアッと驚くじゃないの^^♪
 (赤いサクランボはすぐ食べて無くなりました。それで写真は有りません^^;;)

b0289649_12522513.jpg


「ホントに送ってくれたのね。ありがとう!」とお礼の電話。
箱のスペースが広ければもっと送れたのに。も少し入れてあげようかと思ったけど・・・って。
電話の向こうでは、おじさんが笑いながらそう言いました。なんていい人でしょう!

東北大好き!山形大好き!そして、鶴岡、大、だいスキとひとり言^^♪


                   ★★★~~~★★★~~~★★★


「笹川流れ」


3日目、最後の日は長距離走って目的地は夕刻の羽田空港です。
スケジュール表には走行距離500キロとありました。
7時半の集合。「6階に泊まったんだわ」上を見上げて・・・さようなら!

酒田ー鶴岡ー新潟と、日本海を右に見て南下します。
3~40キロくらい走るとバスは新潟県に入り、一番北の村上市笹川。

b0289649_2092618.jpg


今回の旅行中、私は席にめぐまれていました。右側に座っていたので日本海独り占め。
走る車内からなのにきれいに撮れたこと嬉しい。カメラは殆どシゴトしてたっけ^^;;

真っ青に晴れ渡った新潟の「笹川流れ」笹川は地名です。

国の名勝および天然記念物に指定されている地域で(1927年指定「笹川流」)
日本百景にも選定された11キロの海岸沿いを堪能できました。

b0289649_925553.jpg


日本海の風景は、海上アルプスみたい!奇岩が次々と出現しては消えていく。
昨日まで山の中を巡っていたことが信じられない風景。

「荒海や 佐渡に横とふ 天の川」
なるほど!その通りと、思わずにはいられないダイナミックな思いがしました。

b0289649_20102254.jpg


沢山の写真の中から、お気に入りが一枚ありました。
海上はるかに「粟島」が入っているなんて!
佐渡島も見ることが出来ましたが、これは写真に撮れませんでした。

スカイツリー!
帰りも、夕陽を浴びながら迎えてくれました!ありがとう!

b0289649_975582.jpg


定刻通り、羽田を飛び立ち、無事に帰ってきました。

★読んで下さった、皆さんありがとう!ドタキャンされた友達にも読んで貰いたくって話を進めてきました

誕生日
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-10-10 22:22 | Comments(20)

出羽三山を全て参拝

羽黒山の杉並木

歩くんだろうな!
ツアーに申し込んだ時点で覚悟はしていた。もうふた月も前の事。

来てみて・…やっぱりと(悲) 駐車場に続く道を渡ると樹齢300年の杉並木の参道が!

月山の次に訪れたのは「羽黒山五重塔」
国宝・東北地方では最古の塔と言われています。

b0289649_1725570.jpg


「無理かも?大変よ!行かない方が良いかも・・・・」
添乗員さんが顔を覗き込んで、心配そうに言ってくださるけど。

遠くここまで来て、車の中で待つことなんて。嫌だ!行きたいなぁ~!

「行こ、行こ!!!]」
友達が背中で手を振って、長い石段を先になり下りていく。
彼女とは、中国の九寨溝の長い長い坂道を5キロも下った仲。
でも、強制はしない、私のペースは乱さない、無視してくれとは・・・出発前の約束事。

b0289649_20491480.jpg


彼女の背中が石段から消えた!
こうなると・・・さっぱり一人歩きして楽しむっきゃない。行くド!

隋神門から見下ろすと、石段が一直線に下の方まで延びています。
(↑ この写真は、降りてから見上げながら撮りました。最初は下りです)
両脇に手すりもない急勾配のくだりの石段怖いなぁ~!でも、行かれる所まで行こうっと!

一段、二段、三段と・・・2~30段位までは数えていましたが、両脇の立派なスギ並木
いつもの癖で、目的を投げ出してカメラに夢中。何段目か分からなくなっちゃった。

私より高齢者の夫婦やグループ連れの人々が、ホイホイと軽やかに追い抜いて行く^^;;
ここまで来たのだから、もうちょっと行こうっと。

b0289649_205058.jpg


朱い太鼓橋まで来ると、皆さん、滝を背に記念撮影。アタシも滝をパチリ。
進む、帰るを心に問いかけながら…引き返す。でも、行きたいなぁ~!時間さえあったらなぁ!

すぐ、そこなのでしょうが、諦めました。あの石段を登って帰りましょう。

b0289649_2102720.jpg


皆様にはパンフレットで紹介しましょうね。
仲間たちは、そろって記念写真に納まっていました。私が行ってたら撮影で時間が足りないよ。

しかし、羽黒山の五重塔、立派ですね。

b0289649_21431100.jpg


登りの方が楽な私です。またまた、数えながら登ったんだけど・・・途中で忘れました。
でも245段くらいはあったかな?ほどなくみんな帰ってきて
私の一人遊びはあっという間でした。でも、退屈しなかったよ~♪


                    ★★★~~~★★★~~~★★★


出羽三山神社にも詣でました。
ここの本殿に参ると、三神合祭殿とか言って、出羽三山を全て参拝したことになるって。

そこで、いつもは欲深で五円、十円のお賽銭だけど、今回は財布の小銭を全て・・・太っ腹^^♪

b0289649_21144984.jpg


こんな写真しかありません。大勢の人で、写真に入っちゃいます。
バスから本殿までの参道が結構きついので、トイレも寄らずに、シャカシャカ歩いたよ。


                    ★★★~~~★★★~~~★★★


山居倉庫



もう、かれこれ30年以上も昔の事
「おしん」というドラマで雪深い酒田の町を知りました。あのドラマに出てました。

最近は「おくりびと」で、酒田の登場!それで一度は行ってみたいと!
三居倉庫「さんきょそうこ」って読むのですね。

b0289649_1452394.jpg


大きな倉庫が9棟並んでいるさまは、テレビで見たとおりでした。
夏の高温防止のために植えられたケヤキ並木、お日さまと風を頂き光っていました。

b0289649_1553417.jpg


倉庫の隣は山形物産店でした。ガヤガヤと一行はお土産を求めて入っていきました。
「ソレッ!」
カメラチャンスです。影をつくる欅の木々を撮りました。倉庫群はキャンパスになって~♪
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-10-03 15:12 | Comments(18)