<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

しんみり

愛おしや!

「喪中につき、年末年始の・・・」
11月に入ると、毎年のように、こんな便りが何通か届く。手にして、名前を確認してフッと息つく。
なんだか、近年増えてきたように思うけど。これまでもそうだったかなぁ~!

文面を見て、そうだった!この人の亡くなったのは6月だったっけ・・・とか
もっと、以前にお別れしたようだったりと、この一年の思いがあれこれ思い出されたりします。

そんな中に、たまちゃんからの一通があった!

そのハガキを握りしめて、鳥肌立った!

玉井って姓なんです!だから、誰からも「たまちゃん」って、呼ばれていました。

b0289649_10122664.jpg


思い出ばなし

今から20年ほど前、私は喫茶店を営業っていました。おばさん一人の気楽なお店。
常連さん相手に、朝はモーニング、お昼の安いランチに追われる日々。
くるくると太った体で、口が信条の、家族的な雰囲気の店だったように思います(自分から言うか^^;)

そんなある日の昼食タイム、お昼時間なのに昼食も摂らず、ジュースで時を過ごしている若いお兄ちゃん
常連さんの先輩さんに連れられて来た(来店)のに、食事もせず漫画本見てゲラゲラ笑っています。
「胃の調子が悪くって、ここの所、昼食は抜き」

「何かたべてないとね!」そう言ってにわか作りのお粥を作って出しました。
食べないのかと思ってたのに、食べました。洗ったように…綺麗になったお皿を手に
「おいしかった!ありがとう!おかんとそっくりじゃ!」

b0289649_1036710.jpg


出身地は大阪、母親は国籍が違って苦労人、自分も今はそれに絡んで結婚話が暗礁に乗り上げていて

先輩さんたちと同じ定食を食べられるように快くなったころには、彼の身元調査も終わり
「あぁ、倅もこうやって神奈川の地で、誰かさんのお世話になっているだろうと・・・目を細めて・・・
たまちゃん、たまちゃんと良い仲になっていたよ!

とっても、礼儀正しくて、優しい子でね!母の日には毎年花が届くようになりました。
数年後には結婚披露宴に招かれて。おかあさん・・・お母さんって晴れがましい席にすわっちゃたのよ!
可愛らしいお嫁ちゃんとも、仲良しさんになりました。

b0289649_20123673.jpg


その後仕事の関係で、大阪に移り住みました。母の日の花も届かなくなって^^;;
私も仕事替えして、仲間たち(彼)とも会うこともなく、離れていきました。
それでも、年に一度の「年賀はがき」だけは、その後の様子を知らされてきてました。

子供も3人になり、お嫁ちゃんも元気で働いている様子。良かった!
年賀はがきの写真は、我がセガレの家族にも似ていて、毎年ほっこりのアタシでした。
離れて住んでいると、そんな希薄なお付き合いも当たり前になっちゃったりして。

それなのに
11月も終わりそうなある日、訃報を伝えるハガキがありました。
これまでにも、なん通か届いた同種のはがきには、軽く「そうだっけ」と頷きながら手にしてましたよ!

こんな名前の女性の人しらないなぁ~?
永眠したって、44歳で・・・エッと思いました。こんな若い人は・・・?アッ!!!

b0289649_20322933.jpg


お嫁ちゃんのフルネームは・・・そうだった!そうなんです!

44歳は若すぎます。間違いであったらいいなと思いながら電話しました。
離れていた時間が、一気に戻ってきたように感じられました!こんな酷い現実が有るのね!
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-11-27 20:49 | Comments(24)

いい ふーふ

里の秋

紅葉真っ盛り

♪~綺麗なんよ!ホンマにきれいなんよ~♪
 携帯電話の向こうから、友達の弾けるような声が聞こえる!

 どこと言わず・・・走っている車内から、投げかける目に、どこも美しいとか!

b0289649_12544263.jpg


どれっ!

アタシもひとっ走りして、紅葉を見てこようっと!
この秋は、どこへも行かなんだなぁ~?毎年京都行くのになぁ!

b0289649_14114777.jpg


そうじゃぁ、なかったわ!九寨溝も伊吹山も紅葉巡りだったんじゃわ!(贅沢な秋)

でも、紅葉って近くへも出かけなきゃぁ~な^^♪ 空港の「三景園」へいこっと!

b0289649_14121452.jpg


「もみじ祭り」かな?人が多いなぁ~!
高齢者は入園無料、免許証提示しながら嬉しい事。

そんな目で見るからかしら。この時間帯(平日の午前中)仲良しのご夫婦ずれの多い事

b0289649_1426240.jpg


幸せそうなお二人さんを見ていたら、Oさん夫婦の事思い出した。

「結婚して52年経ったんよ。顔も知らん人じゃった人と!
 最初の時は、私の家で会い(お見合い)ました。2回目は映画の約束、待ち合わせたは良いけれど
 どの人か分からん。顔を覚えてないのよ、どんな人じゃったか」

b0289649_14125335.jpg


さいわい、カレ(夫)の方が覚えてくれていて!結婚して子供が4人生まれました。
転勤で5回引っ越し!その都度私一人で支度に追われました。あはは^^♪

5度目の引っ越しは主人一人。私たちはここに残りました。
長男の学校が在ったので。でも、ここに決めて、住んでよかったよ!アハハ~♪

b0289649_13450100.jpg


ご主人が7年ほど前、脳溢血で倒れました。その時以来、左手が少し不自由のようなんです、
でも、運転が出来ます。いつも二人揃ってきてくれます。

お父さんの運転が出来んようになると、私はここへこれないなぁ~と、奥さんが言います。
奥さんの「あはは」という、豪快な笑いに惚れているアタシです!

b0289649_12574496.jpg


この日は11月22日(11・22)
良い夫婦(いい、ふうふ)っていう日なんですって!

52年か!私の両親は48回目を迎えたって・・・言ってたなぁ!
その翌年、父が亡くなったので・・・ 私の周り(近親者)には、そんなに長い幸せな夫婦者なんて

b0289649_14521360.jpg


仲良く寄り添う深山峡の「夫婦岩」です。
秋って、美しく、月日を重ねた、日々の結晶の賜物の様にもおもえますね!

b0289649_14552935.jpg


名も知らぬ花々が迎えてくれます。
お日様に輝いて、その美しい事と言ったら。いっぱい、撮りました!

b0289649_19454638.jpgb0289649_19461761.jpg








b0289649_1947062.jpgb0289649_19473171.jpg















これらの花々は盆栽です。見事でした!

b0289649_14154693.jpg


近いところに秋はいっぱい!私の来るのを待っててくれたのね!

我が家のモミジも良い彩どりになってきました。秋本番!!!

More
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-11-25 15:08 | Comments(24)

背を頼みに

たからもの


私のカメラは働き者です!
旅に出て、一日に撮る枚数は・・・おっと、お恥ずかしくて明かせないなぁ~^^;;
100枚以上なんてざらなんですよ。なんて^^;;お喋りさんね(笑)

撮り放題で帰ってきます。そこから・・・とっても忙しくなります。
見るのは好きです!でも、整理が下手なんです。これで、前に進めなくなっちゃう!

でも、なんといっても最近のカメラは性能が良いです!
動く車内からでも、歩きながらでも、構図も何もありゃぁしない。パシャ・パシャと~♪
こうして、UPすると、「それなりに」なんです!
だから、私の「たからもの」なんです~♪

ブログ掲載ともなると、写真に添える言葉が欲しい!いくら欲しくても出てこない。
いい加減なこと紹介すると(いつもいい加減だけど)駄目なんよね^^;;
そうこうしていると、ひと月なんて、飛んでっちゃう!ブログ掲載って、なかなか・・・ 
とまぁ、前置きが長くなったけど~~~★黄龍のお話し続けましょうね!

「人間瑤池(この世の仙境)」

 「友の背は、遠くて近く、冷たくて温かく」

b0289649_9334073.jpg


3650mの山頂駅から2時間ほどかけて歩いてきたところに、こんなにも美しい池が。
麓駅から歩いてくると、3~4キロあたりになるかなぁ~?

さし当たって、天空の湖って言いたいような!でも、こちらの言葉では「仙境」なんですね。
転ばぬように、下す足に気を付けて、もう、ほとほと嫌になってた歩みも
ここでは、しばしとまってしまった。思わず片膝ついて、座っていました。視線を落としてパチリ!
立ち上がるときになって、あぁ~、しまった!痛てて・・・と!

こちらの若人さんたちは感情表現が、はっきりしてますね。人前なんて気にしません。
大胆なポーズで写真に収めているのですが、この池でも、水の中に平気で入っていましたよ!

b0289649_9265178.jpg


黄龍のこの日の歩みをのせますね!

左側のロープウェイで7分間の空の散歩、桟道を横切って分かれ道で私は右の下り坂
友達は左折して更に上の「五彩池」へ。歩みの遅い私は友達より40分は短縮できるのです(泣)
ここまで来て「五彩池」に行かれないことは辛いけど、軽い高山病の症状もあるし^^;;

b0289649_9282952.jpg


五彩池に背を向け黄龍古寺あたりの紅葉の木木を撮る。
時折、陽が陰るが、とてもよいお天気にめぐまれていますね^^♪

全部、下り坂。桟道は階段状になってます^^;; どのあたりまで降りるのかしら?見えないなぁ~?

b0289649_9292074.jpg


どうして黄龍なのか・・・・わかりました

足もとの池の模様は、まるで鱗のようなのです。下から見上げると、それは
大きな龍が谷の奥の山へ駈け上っているようにみえるのでしょう!そういうことだったんだわ!

知らないってことは^^;;
しかも、元気な人じゃないと、ロープウェイで登ってきても、自分の足でしか降りられないんだわ!

ここまで来て、事の重大さを思いました。中国ってところは・・・なんて、勝手にブツブツ^^;;

b0289649_1585478.jpg


先を歩く人を撮りました。みんな、早いんよ。
お喋りしながら、楽しそうに歩いていきます。背中越しの声があっという間に追い抜いて行くのです^^;;

中国の人々は軽装で、高い靴やらツッカケの人もいます。健脚っていいなぁ!

b0289649_1592247.jpg


私は「杖」を2段先(下)につき、、イチ・二・サン、イチ・ニ・サンと数えながら進みます^^;;
そのうち、後ろから、唱和する声が聞こえてきました。アレッ?

「私、五彩池上るの止めて、こちらへ来たのよ」
振り返ると、Nちゃんが私の後を付いて歩いていました。嬉しぃ~ぃ^^♪
言葉の通じない所、危ない階段を・・・一人で歩いていたのがどこかで心細かったのよ!

b0289649_9295556.jpg


その時から、二人は一緒に歩きました。友の背中を頼りに歩いた私です。

Nちゃんは、左手には「簡易酸素ボンベ」を握りしめています。立ち止まって
シュッ、シュッと口の中に吹き込みます。私も真似をして、シュッ・シュッ!

気が付けば、中国の人々が私たちを囲んでみています。中には写真を撮る人も^^♪
私達はその日の朝、一人一本ずつ手渡されていた酸素ボンベ、みんなには珍しいものだったのね。

「私ね、高山病が酷いようなのよ。無理をしないように思って、登るの止めて降りてきたんよ」
ホントかな…って思った。私のこと気づかってそういってるのかなって。でも、なんでもいいや!

b0289649_9343427.jpg

                           蓮台池

こうして、一緒に歩けることが気丈夫だった。でも
羊を追う犬のようにイチニ、イチニとNちゃんの声は、急に忙しく聞こえてくるような。さらに、
「ここは、奇麗よ!撮って!」「こちらも綺麗!」とやたら撮ることを進めるのよ。素敵な景色なんです。

彼女カメラを持ってない。もう一人の友に貸してあげたという事でした。
集合時間も有るので、時間調整をひそかにしているらしいナ・・・と思い従った。

b0289649_9362898.jpg

                         金沙舗池(入口より1338m)

気が付けば、平地で、広場になったところに立っていた。 あぁ、入口に近いのかなぁ~と微かに思った。
(降りてくる私達には出口だけど、麓駅は入口になるのね)

14人ツアーで、登らない人が一人いた。最近手術をしたとか言ってたが。
この景色、見せてあげたかったなぁ~!それはすごい景色だったよ!

b0289649_9372080.jpg

                          飛爆流輝(入口より857m)

気を使いながらの下山になったけど、一人だったらもっと遅くなっていたように思う!
Nちゃんは、私の事、誰よりもよく知ってくれているので、言いたいことを言って甘えられる。
これまでも、一緒に旅に出ることは多い。決して自分本位な行動はしない。

それに引き替え、一人暮らしのわがまま人生、自分本位の勝手な私
一人だと、この時間に降りることが出来たかどうか?危うい!まず無理かと^^;;

b0289649_9382783.jpg

                            洗身洞

更に少し、上がったり下りたりは有ったけど。無事
ロープウェイ乗り場にたどり着いた。ここから集合場所まではさらに500m位。その距離が
今の私には、地獄の三丁目、いや心臓破りの丘(坂道じゃないけど)に思えた。もうボロボロ^^;;

でも、こんな性格の自分自身が嫌だった!しかし
良く頑張ったなぁ~って、心で褒めてやった。まだ、頑張れそうだって自信も湧いてきたよ!

b0289649_9375524.jpg


言葉にならない美しい棚田。3000以上も池が連なっているこの世の仙境!

あぁ、私は行ったのです!見たのです!歩いたのです!きつかったけど忘れられない旅になりました!

危うい足取りの私を、見守り、引っ張り、先導してくださったお友達、ツアーのなかまの皆さんに
感謝します。そして心からお礼申し上げます。

                          ★★★ ★★★ ★★★


★ 4200mに立つ

 旅の4日目、九寨溝から黄龍へ向う途中4000mを超える峠に立ちました!
 朝、10時過ぎだった!
 昨夜降った雪の中、峠は霧の海の中に在った!

b0289649_1344773.jpg


晴れていたら、雪宝頂(5558m)を見ることが出来ると聞いていました。

霧の中、何一つ見ることはできなく、しかも寒かったよ。
でも、その山も黄龍の展望台から見ることが出来て幸せな私でした~♪

b0289649_13443764.jpg


 「雪山梁子」と書いてあります。4200mの峠の事です!

 私の人生でこんなに高いところへ立つことは・・・・今後ないかもしれないですね。

b0289649_13471729.jpg


前日、3500mの「川主寺」という部落を通った時、夕陽に赤い山並みを。
走る車内から、撮りました。

車内から、無差別に押すだけで、撮れるものですね!

チベット(蔵)族の寨(部落)
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-11-17 19:58 | Comments(18)

高山病

雪宝頂山(5588m)を間近に


菊の花を胸に一抱え、友達が来るなり、いきなり
「明日は月命日でしょ!この花で足りるかなぁ~?行ってらっしゃい」って。
彼女の庭は、今菊の花が一杯なんだって!有りがたいね。毎秋心がけてくださって!

それで、次の朝、倉敷までお墓参りに飛び出しました。綺麗!
高速道の分離帯は赤と白の山茶花の花が。それから木々が紅葉して今が盛り!
友の言葉で、このように「発進」できる事、有りがたいけど、ふがいないアタシ^^;;

毎日、何をするでもなく、横になったり、テレビを見たり^^;;
まことに締まりのない一週間を過ごしてしまいました。あぁ~、そうそう。裏の木を伐り飛ばしたっけ!
この夏の間に、好き放題に伸びていた木の枝を・・・・バッサリ、バッサリと!

これまた、年に一度、この時期になると伐ってくれる彼がやく一名!
白い軽トラに乗ってきます。切った樹を自宅の山まで持って帰ってくれるのです。
至れり尽くせりの我が人生!よっしゃぁー!ぐわんばろうっと~♪

黄龍

九寨溝の美しい景色も忘れそう!
帰ってから、いつの間にかひと月が去ろうとしています。
九寨溝と黄龍は語るには一つでなければなりません。それを・・・このように離してしまっては(泣)

また、すこしずつ、話を進めていきますね。お付き合いくだされば嬉しいんですが^^;;

b0289649_2015454.jpg


黄龍は大自然が数億年かけて作り上げた奇観でです。
白や黄色の石灰岩からなる3000以上の棚田が連なっています。
標高3200m~3700mの高所にあり、道は桟道で整備されていて歩いて降ります。

写真は3700mに位置する「五彩池」から、雪宝頂山(5588m)を背にして撮りました!

黄色い龍が、山へ駆け上がるように見えるから「黄龍」というなまえがついています!

b0289649_10375417.jpg


麓の駅(3200m)から一気に、山頂駅(3600m)までロープウェイで7分間!2006年開設!
それまで3時間半かけて登り2時間かかって降りたと聞いてます。

私達は長い行列に並んで、1時間くらい待ちましたが、あっという間に山頂へ!

b0289649_20264533.jpg


ロープウェイ駅から10分くらい歩きました。広い大きな展望台に着きました!
玉翠山(5100m)や雪宝頂山が、ドッと眼前に広がります!

展望台(3750m)から、5588mの高い山を見るって!
それは、富士山に立ち、ヒマラヤの高い山を見ているって図なんですね!!!ジェジェジェ!!!

左手に持った簡易酸素ボンベを口に当て「シュシュシュッ」と押しました。
シュッと楽になりました。ここから桟道を2時感掛けて降りるのです。
軽い高山病の症状が出てきたようなので、無理はできないな…と思いました。

b0289649_20272611.jpg


なんせ、大勢の人たちと森林の中、ハイキング気分でぞろぞろ歩きます。しかし
皆の背中がどんどん遠ざかって、おっつく足の元気さもなく、仲間から離れ一足早く下山することに

桟道を下るだけなんですが、高低差4~500mも有ろうか?麓駅(3200m)までの歩き。
両脇の、美しい棚田を見ながら、撮りながら、ひたすら歩いておりました。

直線コースだと8キロ位歩いたのかなぁ~?(2万歩有ったと後から聞きました)

b0289649_20132854.jpg


九寨溝とは山を一つ隔てた黄龍、九寨溝を見た次の朝、1時間半ほど掛けひと山跨いきました。
水の色もよくにていますね!でも、この山は太陽が当たると、棚田の一つ一つが異なった色を放つ!

よろよろ歩きながら、その都度カメラを向けては忙しい私!
写真の中に、人物を入れないようにするには難しいものが有ります。

b0289649_20142083.jpg


むかしは(2006年より前)歩いてここまで登ってきていたなんて。そういえば友人は
10年前に来たとき、30人のツアーで3人しか「五彩池」まで登らなかったと聞いています。
登るのに3時間、それはきつかったことでしょうね。

私は桟道を降りるだけ、それでもカメラ片手に、杖を突き2時間かけての下山。
それはそれは、まぁ~、「もう・いやだ!」「まだ・歩くの?」の連続。
坂道を下る、階段の連続は、この足に過酷なことでした。でも、なぜでしょう・・・

b0289649_11223014.jpg


ひと月たった今、何とも言えない思い出として、深く充足感に浸っているわたしなんでしょう! 
遅くなりついでに、も少し時間を頂き、この続きをお話しさせていただけたらと思っています。
(ちゃんと、整理して次に進めなくっちゃぁと自分自身にハッパをかけています^^;;)
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-11-13 11:36 | Comments(12)

山から麓へ

やれやれ・・・終わったよ!

てっぺんは冬支度!

なんという、晴れわたった秋晴れの空なんでしょう!今日だったらいいのになぁ~♪
世間的には、三連休が開けたっていう、今日なんですね。
晴れ渡った空を眺め、ちょっぴり恨めしく思う私です。

当店の秋の旅行が終わりました。
11月3日・日曜日に、岐阜ー滋賀県の県境の山「伊吹山」へ行ってきました。
こういった観光は、特に相手が山ともなればお天気が大切なんですよね。

日にちが近づくにつれ、毎日の、全国天気予報番組が気になりました。
バス一台のチャーターですので、あれこれ支度も有りました。
てなわけで、中国・黄龍の記事どころではない1週間を送った私(いいわけです)

b0289649_10725100.jpg


たしか・・・900mあたりのカーブで撮れました。このあたりになると冬支度の風景です。

信じられないけど、正面のあの山の頂上に上るのですね?凄いなぁ~!

b0289649_108433.jpg


幸い、一番前の席なのでこうして何枚か気に入ったのが撮れましたよ。

モチロン走る車中からのショットです。右下端っこに前を行く車が見えませんか。

b0289649_1085876.jpg


あちらこちらの席から
「んまぁ~、きれい!」という声が聞こえてきます。

このドライブウェイは切り立った山を、削り取るようにして作られていてスリル満点!

b0289649_1093314.jpg


どこか一か所で、止めてもらって、ゆっくり撮りたかったけど。そんなことは団体バスでは難しい!

アッ!そうそう。

雨の中のスタートだったけど、幸い傘の要らない一日となったのです^^♪


                         ♪~~~~~~~~~~~♪


ドライブウェイ終点駐車場では「護摩法要」が営まれていました。

山頂1377mまでは高低差120mほど。遊歩道は西側のなだらかな1000mコースを選びました。
この道は40分ほどで頂上に着きます。(私はもっと掛ったような^^;;)

b0289649_12351617.jpg


登山道は3か所あります。中央遊歩道は最短距離で階段ばかり、早く登れますよ!
もう一本
東遊歩道は険しい道で、下りのみの通行となっています。

b0289649_10342924.jpg


ここまで来て登山出来ない人は4名で、残り34名は頑張って登ります。

私は皆より早めにスタートしていました。次々に追い越されていきます。それでも
「行かない」と言ってた人たちがひとり、また一人と登ってくるではありませんか。嬉しかった!

後から聞けば、私の姿に誘発されたとのことでした!

b0289649_1035260.jpg


見覚えのある頂上の茶店、一昨年来ました!ここまで来るとドッと疲れが出ました。

ほんの数枚、たった2~3枚の写真を撮ってる間に、忍び寄るように寄ってきた霧にまかれました。
そして・・・それも
瞬きをするくらいの、わずかな時間にサッと霧が去っていきました。

b0289649_10352641.jpg


息切れがすると、カメラを使う余裕が出来ませんね。
目では、杖によさそうな木切れを物色してはいましたが^^;;

登った道は西側だから、琵琶湖は背中越し。こうして撮っている山並みは北の方向になりますね。

b0289649_10363224.jpg


雲が下から駆けあがってきます。
一昨年は色々な花が咲き乱れていました。いまは冷たい霧を含んだ風が吹いています。

でも、ちっとも寒くないのです。
息を切らしながら登ってきたこの頂上の空気の嬉しいこと!登れたことの幸せなことと言ったら~♪

b0289649_12362720.jpg


でも、写真を撮る余裕のない私でした。なぜならば・・・・一刻も早くおりなくっちゃぁ^^;;
急な石ころだらけの坂道を、心ばかり急きながら、一歩一歩、一つ二つと数えながら。でも・・・
いつの間にかみんなに抜かれてしまいました。気はせいても追ッつくことは叶わず。

b0289649_1238184.jpg


駐車場にたどり着いた頃、雨がぱらぱら降ってきました。それも、すぐにやみました。

集合時間には間に合いました。私の後ろをガードしながら歩いてくれてKちゃんに心から感謝。
定刻通り、みんな無事で、バスは発車しました。山のてっぺんには雲がかかっていました。

3時過ぎのこの時間帯、上がってくるバスに何台かすれ違いました。

快晴とまでは行かないけれど、まずまずのお天気に恵まれました。やれやれ~♪

飛騨牛
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-11-05 14:47 | Comments(16)