<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

九寨溝の秋

原生林が生い茂った渓谷

全長50キロのY字型の渓谷の湖沼と瀑布

快晴が続いています。
洗濯物をパチンと音立てて、いっちょ上がりと見上げた南の空にお月様がいた!良いなぁ~♪
このところの私は、旅から帰って、何となくのんべんだらりと午前中を過ごす^^;;
どこかに疲れが残っているのは・・・歳(高齢)のせいか?
今回の九塞溝行は長年の夢だったけど、いつもの旅からすると疲れたような。

8月の末だったかな?旅行社のパンフレットで今回の旅を知りました。
10月11日~16日までか!長いなぁ~!こんなに休みとれないなぁと思いながら申し込んでいた私。
なんとかなるさ・・・と、強い意志をもって決めたんです。

b0289649_9384488.jpg


「なんて読むのかな?」
きゅうさいこうか!それを知ったのは数年前のNHKの旅の番組でした。2時間の特番でした。
画面に引き込まれて、あっという間に終わちゃったよ。その時、行きたいなと強く思った。

いつか行こうと思いながら、4度目の中国旅行でやっと実現しました。
仕事を休んでまでも参加しないと、足腰がこれ以上待っててくれそうにない。
たしかに、この旅行は足腰が丈夫でないと叶わないってこと、行ってみて良くわかったよ!

b0289649_924161.jpg


さて
チベット族の村落の事を「寨」というらしい。付近に九つの「寨」のあった渓谷(溝)が名前の由来。

ホテルから九寨溝の入口までバスで10分ほどでした。
入り口付近は数百人の人々がひしめいていました。今日は日曜日です。でも、それだけじゃなくって
ここは、いつ来ても大勢の人出だと、ガイドさんから聞かされました。

人々を縫うようにして、ツアー仲間14人は一台のマイクロバスに乗りこみました。
九寨溝の青と白の幻想的な世界が広がっていました。全長50キロに及ぶ渓谷の中をに湖が118
今日は10数ヶ所程廻って観光します。

b0289649_9334118.jpg


湖底が見えるほど透明な湖は、美しい青緑色を湛えている。
湖底に沈んだ倒木は、石灰の細かい粒子におおわれ、その姿は真っ白な樹氷のようであった。
ヒマラヤやチベットなどの雪解け水が、大量の石灰を含み九寨溝に再び噴出してくるという説明!

帰ってからしったのだけれども、もう一つの浄化作用は「水の流れる森」であるという事。
これらの湖は流れる水の中でも植物が根を張り、流れる水の中でも森がはぐくまれているという事

それは沢山の豊かな水が、勢いよくとうとうと流れる。
流れる水に手を入れて、パチャパチャと浸した。あの水は今頃どのあたりをながれているのかな?

b0289649_1515972.jpg


時は秋!抜けるような青空!
なんて、付いている私達でしょう!木々は紅葉に化粧して迎えてくれました。
あんなに多くの人々は、山の中の湖に散ってしまい、思う存分の観光です。
全部歩いて森林の中をあるくなかな・・・・と思っていたけれどバスが運んでくれます。

b0289649_941179.jpg


湖面は静かに波打ってました。底の方の倒木が近くに見えました。
水深はどれくらいかな? うろこのない魚が泳いでいました。甲高い中国語が喧しい!

2000mの高地なのに苦しくはなかった。昨日のバスで徐々に慣らされた体に感謝!

b0289649_945237.jpg


チベットの民族衣装の貸し出し。若くてきれいな中国人の人が着ていた!可愛いなぁ!
チョコッと盗写。ごめんなさいね。

b0289649_94892.jpg


沢山の中から、これだけに絞りましたが。
ふぅ~~ぅと、ため息の出る様な写真ばかり!秋の九寨溝は格別の景色でした。



                       ★~~~~~~~~~~~★


瀑布

諸日朗瀑布
三つ有る瀑布の中で一番大きな瀑布です。
向かいの高い所から見てもダイナミックな水しぶきを上げていました。
バスで一番最初に紹介されていきました。

b0289649_956201.jpg


珍球灘
流れ落ちる水の飛沫が真珠のように見えるところからこの名がついた。
勢いのいい水の流れが、まるで雨上りの川の様な勢いであった。
流れの中ほどに渡してあった橋を横切って向かい側に出た。かなり急な坂道を下った!

b0289649_9571976.jpg


珍球灘瀑布
中国では真珠の事「珍球」と言います。大きさでは諸日朗瀑布より劣るようだけど
1キロもある、長い幅だった様に思う。足がもう歩けないようと喚いているようだった。

b0289649_9575864.jpg


友達の携帯電話には万歩計が付いている。
「19000歩の表示が有る」って!へぇ~、そんなにも歩いたのか。一気に疲れが出たような!
今夜のオプションンはお断りして早く寝よう・・・と思った。良く歩いたものだ!

いきもの
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-10-28 22:28 | Comments(26)

古城

知らぬが仏

トイレ事情

裏口を開けると、金木犀の香りがほのかに香ってきます。
2日間、あんなに降ったことが嘘のように秋晴れの良いお天気に恵まれました。
今年の紅葉は・・・なんて、青空を見上げながら思いました。
2度も続けて台風がやってきました。みなさん、被害は無かったでしょうか!

旅から帰って、はや10日も過ぎようとしています。
お喋りもなかなか、前に進みません^^;; 友達同士寄っては思い出話に花が咲きます。
世界遺産の素晴らしさ、中国と言う国の大きさについて話し合いますが。なんといっても
「トイレさえ、良くなれば、いつでも、また、行きたい」に、話は落ちます。

b0289649_1051834.jpg


さて、旅の2日目
スケジュール表に記されてるのは
「九寨溝へ。途中巨大な堰止め湖畳渓海子、四川省の歴史的名城松藩古城に立ち寄ります」とだけ!

ちょっと、地図を見てください(まずい地図ですんません)
ヒョイと2~3時間で到着される距離ではありません。四川省の北の果て、チベット山脈の東端の九寨溝
480キロ北の果てです。しかも海抜3000mの峠越えなんです。

b0289649_1010059.jpgb0289649_10104620.jpg











いつも私たちは豪華なバスに乗り観光してきました。当たり前と思っていました。ところが
30人乗りのバスは、前に握るところも、ものを入れるポケットもなく、クッションもわるく。
運転はクラクションを鳴りっぱなしの、悪路の山道をガタゴトと!。

b0289649_10273971.jpg


ただ、この道は深く、高い山並みの中をすすみます。泯江という川に沿って源流の山まで走ります。
車内から、右見て、左見て、飽きることのない景色を楽しむことが出来ました。

480キロと言えば家から名古屋まで、東京ー大阪間位でしょうか!
高速道なら4~5時間で着くかしら?今夜の宿は九寨溝、そこまでエンヤラ・コラヤラ^^;;

b0289649_1032524.jpg


おまけにこの道は、数年前の土砂崩れで橋が落ち、下り路線(九寨溝方面)は一部午後1時までしか
通行できません。帰り上り(成都方面)は1時まで(午前中は)通れない部分が有る道路なんです。

b0289649_1032080.jpg


成都から150キロほどの峠のてっぺんに堰止め湖・畳渓海子が在り、トイレ休憩しました。ホッ!!!

有料トイレなのに、ここでは最悪のトイレでした。
ドアは無く、便器は前後も判らぬ白い1枚タイル(50×90cm)、囲いは1m位かな?
立ち上がると全体が見渡せるトイレが20個ほど。異臭が鼻を突き情けないことと言ったら^^;;

b0289649_105645100.jpg


ヤクという高山に強いヤギさんに乗って、パチリ!新鮮な空気を吸いました。
ひと時の休息タイム。またバスに乗りました。


松藩(しょうはん)

成都から350キロ、次のトイレ休憩は四川の古城、松藩という古い町

九寨溝、黄龍への観光はこの町を起点としているそうです。

b0289649_11221139.jpg


お城は城壁に囲まれています。ここまで5時間以上かかりました。

b0289649_11223379.jpg


海抜2850mにあるこの町は明の時代(1379年)の築城。
当時のままの姿で残っています。

b0289649_1123130.jpg


丸い城門をくぐると、そこは城下町で商店が立ち並んでいます。その賑わいの中で
お店の人と、言葉も判らないのに取引して、土地の織物を買いました。楽しかったです。

トイレですか!ここは工事現場の簡易トイレ様のもので、鍵がどの棟もかからなかったです(有料)

b0289649_11235841.jpg


周りの山が目線の位置に見えてきました。
大きな寺院が有って、周りに家々の家並みが光って見えました。3000mを超える高地の村が見えます。

寺院の様子からしてチベット族の寺院でしょうか。中国語で「寨(さい)」-村と呼ばれる集落かな!
3000mを超える高地で、人々は遊牧をしながら生きているのでしょうね!
細い川の流れ、これが泯江の源流だと聞かされました。

今夜の宿、九寨溝のホテルへは夜8時過ぎに到着しました。10時間の旅でした。遠かった!
こんなにも長時間かけて、家から2日目にしてたどり着いた九寨溝でした。しらぬが・・・ですね!
これまで旅してきて、一番遠い、高地のホテルで、バスに浸かりました。遠かったよ!
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-10-26 13:23 | Comments(16)

成都

パンダの故郷

可愛ぁ~い!

ほんの半日、5~6時間も有れば、パンダに会えるのよね!

パンダの故郷、四川省の省都「成都」、人口1000万人
広島空港から上海まで1時間半、そこから成都まで4時間の空の旅!
朝、9時ごろのフライトで、夕方には可愛いパンダちゃんに会えます!
なのに現実は・・・そんなにも簡単には会えないのよね^^;;

体重80~130、体長120~140、立ち上がると170cmにもなる!

パンダの所作って、どうしてこんなにかわいいのでしょう!

b0289649_19322831.jpg


生れた時は100g前後、ピンク色の産毛でおおわれていて、4週間ほどで白黒の模様が出てくる
生後6~8週間ほどで目が開き3か月程で歩けるようになるとか!

このパンダちゃんは2~3か月くらいかしら、飼育係さんの手に護られて生育しています!

b0289649_19333054.jpg


パンダは栄養価の少ない竹を主食としている。一日に16キロの竹を食べなければいけない。
16キロっていうと、私が買うお米が5キロ入りだから・・・その3倍も!へぇ~!沢山の竹が要るなぁ~!

b0289649_19351139.jpg


朝霧の森の遊歩道を、私たちは歩いて散策しました。ここは「パンダ繁殖研究基地」
100頭のパンダが住むという森です。シャトルバスもありますが歩きました!

澄んだ美しい空気の中、思い思いのスタイルで朝食タイムを過ごしているのかな?

b0289649_19382799.jpg


いました!いました!
木の上に登って、のったり反ったり!可愛いいいしぐさで、人間どもを警戒しません。
まるで撮影会。皆のカメラが一斉に音立てて。私も慌てて!

b0289649_19354847.jpg


昭和46年(?)頃だったかしら?国交復活の記念にわが国にもやってきましたね!りんりん・らんらん。
沢山いたパンダも今では1000頭ほどにへってしまったとか!

     1 繁殖率や生まれた子の生存率が少ない
     2 珍しい動物なので捕獲されたこと
     3 生息地の減少

生息地の減少は急激な人口増加による森林伐採が、大きな原因と言われている。

b0289649_19365372.jpg


週末と連休を使い、6日間という時間をねん出した私達4人。
14人からなるツアーに混ざって、パンダを見たのはついた日の翌日の事。

スケジュールが前後しますが、パンダちゃんとのご対面はハイライトでしたので!



武侯祠


私たち一行は14名です。
上海に10時過ぎに着きました。ここで時計は9時に直します。
H旅行社のメンバーは成都集合で、不案内なので私たちと一緒になって行動しました。
私達の添乗員さんは23歳の若き女性、最後までそつのない、素敵なガイド振りでしたよ。

ここで、H社の人が一人はぐれました。そのことは成都空港についてから分かったことですが
現地集合ではリーダーがいないので、知らないまま行動したものです。

b0289649_19481855.jpg


成都は緑の多い地下水の埋蔵も多く、気候は年中温暖湿潤で、四季がはっきりしています。
空港からホテルまでの道は花々が咲き乱れる花壇が続き、街ゆく人は半そで姿でした。

b0289649_1951382.jpg


早く着いたので、「武候祠」の観光することになりました。
三国時代の蜀漢の宰相、諸葛孔明を祭る司、建物は清代(1672年)に再建されたもの。

b0289649_19423480.jpg


大門を抜けると生い茂る緑の中に六本の石碑が有る。

劉備殿には金泥の劉備像が安置されている!側棟には関羽、張飛らの塑像も!

b0289649_19431598.jpg


諸葛孔明(181-234)
孔明の清廉さと治世の良さは、今も人々に慕われている。

b0289649_1948336.jpg


丸くくりぬいた入口門の先は小路、、竹林に赤い塀が美しい事!
この道を行くと主君・劉備玄徳の陵墓がりました。丸い墓陵でした。緑の中歩いて参拝しました。

なんとまぁ、観光客の多い成都です。甲高い声が行き交います。まるで喧嘩しているようでした。

b0289649_19441313.jpg


「寒かろう~?」と、着込んで出かけた私たちは暑くて汗ばんでしまいました。
早めの到着は、こんな予期せぬ観光が入ってきました。

b0289649_1949468.jpg


隣接地は浅草の縁日のようなにぎわいの繁華街でした!
予定に入ってないけど、思い思いに歩きました。

にぎわいの中で
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-10-23 20:39 | Comments(20)

紅葉満載

九寨溝と黄龍

チベット族の秘境

ただいま。

幽玄絶景の九寨溝と黄龍へ行ってきました。長年の夢でした。
6日間も仕事休んでいく、それはたくさんの無理のある行動です。でも行きたかったんです!
それも、欲張って、一年で最も色鮮やかに彩られる紅葉シーズンに行きたかった!

今回はお友達4人で参加しました。
みんな現役で働く仲間たちです。長い休暇を取ってどちらへ・・・と聞かれました。
エッ!あの中国へですか?大丈夫ですかって?どうしてまた、かの国へなんんか?

そして
紅葉に出会いました。お天気に恵まれました。パンダに会いました!
なにもかも恵まれて楽しい旅をしてきました。見てくださいこの風景!

「五花海」
 息をのむ景観です!
 九寨溝の精華と称えられる最も優れた見どころのひとつ!
 底が見渡せる澄んだ水、エメラルドグリーン、マリンブルーなど
 色合いの異なる湖面の美しさが一番の特徴。紅葉は今真っ盛り!恵まれました!

b0289649_20504792.jpg


四川省の省都、成都から約480キロ離れた北部に位置する3本の大きな溝(渓谷)からなる九寨溝
大小の湖沼、溝の中に5つの大きな風景区が有って、6大奇観があります。

色づいた周囲の木木が湖の青と絶妙のコントラストを見せる!

その色彩の美しアは感動的でした。良いお天気に恵まれました!

b0289649_2113674.jpg


「五彩池」
 キャー!先を歩く人から湧き上がる大歓声。誘われて急ぎ足になります!
 小さな池だが、屈指の美しさを誇る五彩池。周りは樹木に覆われ、池の底には倒木などが横たわり
 川面に見とれ、周りの木木や遠くの山々に目を奪われます。

b0289649_20521555.jpg


沢山の写真と一杯のお話があります!
何処から始めようか!
でも、ひとまずは写真をと、思いました。それもどれから・・・・と思うと難しかったけど。

続いて黄龍へ

黄龍(この世の仙境)
 四川省玉翠山麓の渓谷に在ります。渓谷に沿って大小3000を超す湖沼が棚田上に連なる。

 差し込む太陽光線の強弱等により湖沼は青色や黄緑色に輝く!

 黄龍は標高が高い。入口でも3100mあり、ロープウェイで一気に3800mまで!

 
 
b0289649_20532921.jpg


簡易酸素ボンベを左手に持ち五彩池に向かう。高山病に注意が必要と聞いた
急がず、駆けださず、ゆっくり、水分補給しながら歩くこと。歩みは思うほど進まない私。

富士山の高さと同じ高さの山道を歩く。きつかった^^;;

谷の奥に見えるのは万年雪を頂く雪宝頂山(5588m)

b0289649_2194386.jpg


この風景は!たとえて言うなら
富士山に立って、それよりも1500も高い山々を見ている私ってこと!すごい!
こんな体験はこれまでになかった事。友達と感動を分かち合いました!

幸い高山病にはならずに観光できましたが。
この日のために培ってきた(?)私の足は悲鳴を上げて^^;; 歩行は難しかった!

b0289649_20535814.jpg


黄龍ロープウェイは2006年にオープンしました。
3100mの入口から7分で3800mの五彩池近くまで一気に登れます。

下り坂の道は桟道で整備され、その両側に蓮の葉の様な形の池が、棚田のように続いています。
自然の美しさは、湖沼だけではない。
周囲は3000m級の山々で生い茂るモミや松などの樹林、木々の緑が湖面に映って!



それから、パンダ!
四川省はパンンダの故郷です。成都空港では大きなパンダの像がお出迎え!

「成都パンダ繁殖基地」では100頭ものパンダがいると聞かされました。
かわいらしいパンダと対面しましたよ!

b0289649_20543010.jpg


広大な基地内を歩いたり、カートに乗ったりして観光しました!

今回の旅はほとんどが歩きです。
九寨溝も黄龍でも、2万歩くらい歩きました。チョッピリ(?)疲れました。でも
ちょっぴり、自信もつきました。そして、も少し頑張らねばともおもいました。元気でなくっちゃぁ~♪

旅のお話、記憶に留めたくって。またまた続きます。
写真を整理しながら、少しずつ進めていきたいと思っています。また、お付き合いしてね~♪
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-10-19 11:07 | Comments(24)

宿題

ローマの休日

11日から一週間、旅行に出かけます!
昨年末、ツアーに一人参加してイタリア旅行した。あの時に話し忘れていた事なんですが。
この機会に慌てて掲載しておきます。よろしかったらお付き合いのほど(ぺこり)


ローマですごしたフリータイムの5時間の出来事です。年寄りの冒険談です。楽しかった!
言葉の喋れない国で、放り出された5時間内で、しかも最後はタクシーに頼らず地下鉄に乗って
郊外の集合場所のホテルまでの珍道中!このお話が一番したかったのです。
いつも、何かが閊えたようで、気になっていました。かいつまんでしゃべってみました。
思い出しながら頑張ってUPしたんよ^^♪

1月1日の自由行動

昨年末、イタリア旅行しました。
イタリア南部の観光後最後の日は、新年の朝をローマで迎えました。
最終日の市内観光は午前中「スペイン階段」「コロッセオ」「トレヴィの泉」

「ここからは、自由行動です!至る所に案内板が在りますのでそれを見て行動してください!」
ガイドさん、添乗員さんの笑顔の挨拶はお昼前の事でした。
そういって、市内の地図を渡されました。旅に出る前から、そのことは決まってる事。
でも、なんちゅう、心細い話じゃぁありませんか^^;;

今朝、ホテルを出るときはバス一台に全員乗ってきたのです。
このトレヴィの泉の前で放り出され、5時間後ホテル集合なのです。どうしよう?どうにかなるさ?

気が付けば、私は「5人組」のグループの中にいました。
一人参加のA氏、Bちゃん 岩国からのご夫婦さん、それに私!
この旅行中、7日間の間に作り上げてきた本能の嗅覚の産物とでも言いましょうか!

 コロッセオ
b0289649_20282468.jpg


 スペイン広場
b0289649_20285696.jpg


 トレヴィの泉
b0289649_2029278.jpg


ローマと言えばこの観光地を回りますね!前回もここから地下鉄に乗って「真実の口」まで行ったっけ!

最初10人位でワイワイと歩いてましたが、半分に分かれることにしました。私は5人組へ。
結果から言うと、この5人さんは巡り合うべくして出会ったようなチームとなりました。
出来合いの「5人ファミリー」は、異国の知らない街で、しっかり結ばれ合って行動していました。
そして、、いたわり合って目的地の「サンピエトロ寺院」まで歩き始めました。思い出しても痛快なる
「5人ファミリー」は持てる時間5時間を十二分に観光しきったのです。

地図
b0289649_203971.jpg


地図中央のトレヴィの泉から左端っこの「サンピエトロ寺院」までは歩き(赤い線ーほぼ4キロ)

そこからは黒い矢印の地下鉄7駅、十字路の駅「テルミに」で乗り換え、郊外ホテルの駅まで11駅
(乗り換え線からは3つしか記載されてません)ハラハラドキドキも5人いると安心の笑顔^^♪


                    ~~~~~~~~~~~~~

珍道中

案内は不確かなので、簡単にさせていただきます。
また、機会がありましたら、調べて一つずつ・・・ぬぁ~んて^^;; 無理かも??

ジェズ教会
 こういった教会はいくつか入りました。カソリックなので祭壇(内部)は未だクリスマスモード!

b0289649_20455327.jpg


ヴェネツィア宮殿
 バルコニーでは衛兵の姿も見られました。
 ここを横切るのは、外国映画でよく見たシーン宜しく車を縫って横切りました!怖いけど楽しかった!

b0289649_2046144.jpg


パンテオン神殿
 映画ではオードリーがニコニコ歩いてましたね!ものすごい人出!
 (検索してみてください。それは立派な建造物なのです!)

b0289649_21153589.jpg


ナヴォーナ広場
 全体を見ると長方形をした公園で、立派な彫刻がたくさんありますが
 今日は着飾ったお正月客でごった返していました。

b0289649_2046466.jpg


 人ごみの中に、同じツアー客のNさんファミリー4人組と出あわせました。
 やぁ、やぁと言って、とっても嬉しくなりました^^♪

b0289649_2047781.jpg


裁判所
 テヴェレ川に架かる橋の上から撮りました。立派な建物です。
 何百年も前の建造物っていうから、ローマって大したもんだ^^♪

b0289649_20475931.jpg


テヴェレ側の上に立ち
 サンピエトロ大聖堂を見る!昨夜はイルミネーションンの大晦日の寺院だったよ!
 窓から、法皇がいらっしゃるサインが見えました!

b0289649_2053491.jpg


アトランテスター
 オードリーが、ギターで近衛兵の頭をたたくシーンに出てきた建物です。
 なんだか入りたいような催しがありましたが、時間がないので^^;;

b0289649_2055036.jpg


サンピエトロ広場
 サンタンジェロ橋から、サンピエトロ広場までの散策が楽しかったです。
 これぞイタリア、ここぞローマは! お正月にしては暖かい陽気の中歩きました。

b0289649_205643.jpg


オープンテラスのレストランで
 サンピエトロ大聖堂をチラチラ見ながら、本場のカルボナーラや、美味しいスイーツを味わいました!
 なんという・・・しゃぁ~わせ!幸せなアタクシ!!!


                           ★ ★ ★ ★ ★

明日から、またまた一週間旅行に出かけます!
まさか このような無謀な冒険はしないかと思いますが。なんといっても7日間もあります。
こちらの方は休ませてもらうことになります。留守の間、皆様の所お邪魔できません。
話が前後しました。何時もながら自己中のお話でスンマセン^^;;
旅立つ前の私の軽いおしゃべりにお付き合いくださり感謝いたします^^;;

ここまで読んできてくださった方にはお礼申し上げます。お付き合い、有難う!
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-10-10 20:06 | Comments(12)

今年の紅葉は~?

老いてあたり前ね!

川の中で咲く

朝早いから、誰にも会わないんだもんね?不格好ななりでゴミ出し・・・ヤレヤレ^^;;
決まった場所まで、アタシの足で130歩!両手に下げて、50歩、70歩、あと半分って^^♪
ポイと投げて!ふぅ~!

帰りはラクチン~♪ 30歩の橋を渡ってから。川を覗きこむ^^♪

先月大雨が降って、川の水が増え、逆巻く濁流となったっけ!草木がみんな川下に倒れている!
でも、ほとんどの草が頭をもたげて、ぴんと立ち上がっている。逞っくましい~なぁ♪

b0289649_20321860.jpg


あんなところに白い花が!なんの花かな?カメラをもって来ようっと!

勢いのいい濁流の中で、今朝の、この開花まで頑張ったのね^^!すごいね!
こうして、自分の命全うするなんてエライっ。パチリ~♪

b0289649_20325688.jpg


川を覗きこんでいると、可愛い秋の草花があいさつしてくれてるみたい!
 (「イシミカワ」という、棘のある草だと、山小屋さんから教えていただきました~♪)ありがとう!

微かに薫るは金木犀、その陰で赤い薔薇もデビュー寸前!
そんなところに、隠れてたのね!
忙しさにかまけて、みんなのこと気づかなかったよ。ごめんな^^♪

そ言えば、今日貴ちゃんが来たのよ。
彼女が高校生の時、この赤いバラを一緒に植えたの。挿し木だったけど。

「貴ちゃんって、覚えてない?」
そりゃぁ、そうよね!アタシだって今日会って、吃驚したのよ!

b0289649_15585298.jpg


親友の娘さんで、高校生のころから知ってるんだけど!今は27歳の息子さんを頭に3人の子持ち!
近くに住んでて、噂話にはしょっちゅう登場しますが、こうして会うのは久しぶり!

「来月になると、50歳なのよ!」
貴ちゃんは、アタシの目の前で、片手をモミジのように開いて、「50よ!50よ!」って~♪

高校生の女の子が、もう、50歳を迎えようとしているなんて^^;; アタシの歳だって~^^;;

コロコロと頑丈そうに肥えて、 ♪~よこはば(横幅) たそがれ~♪
肌もツルツルで、輝いていて、まぶしい!

 年年歳歳花相似たり
 歳歳年年人同じからず

b0289649_2033447.jpg


モミジも赤い葉っぱが有ったりして!
今秋のバス旅行の計画も進めなくっちゃぁ~! サテ、秋の紅葉はいつごろか~?
今秋も、読めぬなぁ~? 計画通りに錦秋の秋に巡り合いたいのが願いなのだが!
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-10-08 19:49 | Comments(20)

立て続けに、4本

やっぱり、好きなんやなぁ~♪

「ウルヴァリンSAMURAI]

スマップの番組を見ていた!
ヒュー・ジャックマンがゲストだった。最近作ウルヴァリン:SAMURAIの宣伝! テレビで言ってました!

「鞆の浦は素晴らしかった」

エッ!なになに。とものうらって・・・我が町の鞆の浦!
ハリウッド映画が撮影に来たの?ウルヴァリンってどんな映画なの???

b0289649_12272535.jpg


早速行ってきました!パンフレット貰って帰りました。

日本全国50数か所の漁村の中からロケ地に選ばれたというのです!
昨年9月4日から12日まで、当地に滞在して撮影されたとのこと。

東京から長崎へ、福山の駅前がいきなり登場、場面は主人公・マリコの母方の別荘地長崎という設定
見覚えのシーンが次々と登場!身を乗り出してみましたよ!

画面は過激で、私たち世代には^^;; しかも3Dなので飛び出してきます!疲れました。

b0289649_12263533.jpg


後で若い甥っ子から「アレ、見たの!若いなぁ~!」って、妙に褒めてもらいましたが。

このシアターは映画館が10個(?)も有るので、もう一本見直すことにした。

                         ★ ★ ★ ★ ★


「許されざる者」

北海道で撮影されたという映画「許されざる者」を見ました。
ぬぁんと、同名の米映画、クリント・イーストウッド主演映画のリメーク盤だった!

ダーティ・ハリーでお馴染みのクリント・イーストウッド主演の作品で2回も見ている私。
最近渡辺謙・主演で上映されているとは聞いてたけど。運よく上映(あり)ました。

ははぁ!あの映画ならロケ地は北海道になるよね!

b0289649_12423185.jpg


良かった~♪
大自然の雄大な風景が十分に楽しめて、ストーリーを追わなくても画面に釘付け!

ラストは米映画の創りが心に残っていたので、こちらの終わり方には…ちょっとね!
でも、大満足して表に出た!良かった!


                         ★ ★ ★ ★ ★


「風立ちぬ」

トイレから出たところで、Kさんに会った!
「少年H]を見に来たの。これから帰るところ」なんて!そ言えば昨日そういってたわ!

「風立ちぬ観たいのよ!宮崎駿監督作品もう見られないかも?」なんて!

「行こ!見よ!一緒に見ようね」

トイレの前であっという間に決定!かくして・・・本日3本目の映画鑑賞!

b0289649_19455274.jpg


かくして、1日に3本映画を観た私です。

作品の内容が、ばらばらなので、バランスよく見たことになりました!
日頃からBSの映画作品を日に一本は見ているので、3本見ても苦にはならないのです(異常者)

そして、昨日は(あの日から10日ほど置いた)
 福山雅治主演「そして父になる」見てきました!

モチロン!一本こっきり、丁寧に見させてもらいました。ウンウンと頷きながら観ました。
余韻の残る作品になりました。この作品は見えない心を感じる、世代を問わない語りかけを頂き
やたらめったら、離れて住む長男の事が重なった母親のアタクシでした!


大好きな彼岸花、お話と関係ありませんが、美しかったので掲載しました。  
 ♪~いまはもう~~~♪   「秋」本番!10月なんですね!それにしちゃぁ暑い日々よね!!!
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-10-02 20:12 | Comments(14)