<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

yamanbaの挑戦・4

平家の馬場

剣山山頂

「えぇ~っ!まだ250mあるの!」

やっとたどり着いたヒュッテ(宿泊もできる山の上のホテル)の看板にそう書いてあった。

裏に回ると、急な階段があって青い空が近くに見えた!

b0289649_20314251.jpg


1750mの西島駅から1時間掛けてたどり着いた頂上はミヤコザサに覆われた緑の草原だった!

屋島の戦いに敗れてこの地に隠れ住んだ平家の落人たちが、
再興を期して調教訓練に励んだという言い伝えが残されている。

b0289649_20583582.jpg


山頂は木道が敷かれ、草原を保護されている。左下の人が小さく撮れてますが見えませんか!

b0289649_210463.jpg


隣の山はジロウキュウと呼ばれています。歩いて1時間だそうです。

b0289649_20533162.jpg


三角点のそばに「頂上」の文字が在りました。本当に立ったんだ・・・と思いました。

ベンチに掛けて数人の人たちが交歓していました。お願いして満心の笑顔の私撮って貰ったよ!

b0289649_20541679.jpg


こんなに晴れて美しい山頂に立てるなんて!周りの山々を従えて立つのっぽのお山さん!!!

b0289649_20544137.jpg


東から南へ!南から西へ! 360度ぐるりと収めました!

b0289649_2055466.jpg


(東ー登ってきた貞光の町) (南ー太平洋) (西ー石鎚山) (北ー大山) かな?

b0289649_2055317.jpg


悲しいかな!そんな紹介しかできない私です。山頂で右回りに収めた写真です!

b0289649_941440.jpg


ケルンが在ります。看板には

昭和36年8月、岳人700名が集い日本各地の石64個を持ち寄った「友情の石」を積み上げた
中には富士山の石、北海道の大雪山の石などもあると・・・書かれていました。

b0289649_925494.jpg


ヒュッテ近くの「剣山本宮の祠」から日の出の方向を撮りました。
「次回はここに泊まって、星空を仰ぎ、朝早くのお日さまに出会いたいな」と手を合わせました。

そうそう、今度はお友達も一緒に来るんだっけ!
こんなに美しい山頂を独り占めしたこと、チョッピリ得意だったけれど、申し訳なくって!



おわりに、「天涯の花」

b0289649_946322.jpg


8月の初めから中旬にかけて咲くと言われます。これから行くと会えますね。
写真は借りました。私は幸いなことに蕾の花々に会ってきました。

何より、最高のお天気を提供してくださった剣山に感謝していますよ!ありがとう!

ご褒美
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-30 09:50 | Comments(12)

yamanbaの挑戦・3

前へ一歩、また一歩!

♪~必ず、着くからね~♪

この日一番のリフト客になりました。リュックは前にだっこです。「
1420mの「見ノ越」駅から山頂の「西島駅・1750m」まで15分です!歩けば50分とか!

b0289649_2105643.jpg


流石に降りてくる人はいない時間でした。
飛び降りられそうなところもあって。怖くはなかったです。ネットが張られていました。
足もとには、名も知らぬ花々が咲いていました。

b0289649_2153790.jpg


本当に来たんだ!こんなに高いところまで!
去年行った、伊吹山も、私でも登れたんだ!もしかしたら頂上まで登れるかも!いや、登ろう!

本当は、西島駅まででも・・・良かったんだけどなぁ~!あれこれと、思いを巡らせ・・・

b0289649_2111264.jpg


名も知らぬ花々の歓迎を受けると、もっともっと知りたい、見たいと心がはやる!

リフトを待つとき京都・丹後半島から来たおじさんが言うとった!

b0289649_21234423.jpg


日本中の山を歩いてきたが、足を痛めて以来、もう高い山は登れんと思うていたよ。
この山はスニーカーで登れるし、子供と一緒でも登れるらしいって^^♪
「今日は嬉しゅうて、うれしゅうて」と!

b0289649_2128489.jpg


リフトを降りた所で二人ずれのおばさんが脇をすり抜けていきました。この人たちの後を行こうっと^^♪
後から思うに、どうやら私の選んだのは「尾根道コース980m」だったようでした(地図を見てね)

讃岐弁が、楽しい二人連れの話声は近くで聞こえていたのに。あっという間に聞こえなくなり
ヒーハー、スーハーと吐く息も荒くヨタヨタ歩きの私は、一人ぼっちで歩いていました。

b0289649_21371611.jpg


刀掛け松という広場に出ました。ここまでもかなり急斜面の石段だったんです。
見上げると、まだまだ石段は続いています。涼しい風が通り抜けていきます。気持ち良い!

その時、「ケキョ・ケキョ・よぉ~来た!ケキョ!」という声がしました。上を見上げるとウグイス君
ジッと目を凝らすと枝から枝へと!そして見つけました!

b0289649_21443834.jpg


アチコチで歓迎の挨拶をしてくれます。そこで休むことにしました。

b0289649_21453683.jpg


綺麗な羽の蝶々や

b0289649_2146585.jpg


トンボが沢山寄ってきます。撮るのは苦手ですね^^;;

b0289649_21472327.jpg


なんだか、ここに座っているだけど、沢山の力を頂いたような気がしました。ヨッコラしょっと!
(一人歩きだから、こんなのんびり好き放題の歩きが出来るのね^^;;)

b0289649_21464132.jpg


また、歩き始めました。ゆっくりゆっくり歩いていきました。

「前へ一歩、一歩ずつ出せば良いんだよ。ゆっくりでいいから。一歩ずつ!必ず着くから」
追い抜きながら男性の方が肩越しに声をかけてくれました。

声に驚きました。危うい足取りの私が気になったのね。
次の瞬間、心の中で何かが弾ける様な思いがしました。活力が全身にみなぎりました!

b0289649_2211966.jpg


一緒にお喋りしながら歩ける健脚は無い^^;; あっという間に背中[彼)が原生林の中に消えた^^;;
頂上まで行かれるわ!一歩前へ…なんだよ!お日さまの下で、風に押されながら歩きました。

b0289649_22151100.jpg


でも、ヤッパリ、この風景はゴチソーだったわ!

b0289649_881957.jpg


頂上はこんな景色!

b0289649_22131042.jpg


剣山の頂上は「平家の馬場」という、緑の草原でした!
お話、一気に進めていくつもりだったのに。なかなか、進みません。ごめんなさい。欲張り過ぎて!

この週末は旅行なんです!帰ってきて、続けます。いよいよ山頂からの風景です。   つづく

山の生活者たち
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-25 08:22 | Comments(24)

yamanbaの挑戦・2

天涯の花

キレンゲショウマの花は、まだ蕾だった!

宮尾登美子作「天涯の花」を読んだのはもう10年も前の事。以来
キレンゲショウマの花を見てみたいと、主人公を重ねて、思ってはいたが・・・

西日本で二番目に高い「剣山(1955m)つるぎさん」へ行くなんてこと!無理、無理!

b0289649_186959.jpg


キレンゲショウマは、世界で唯一日本にしか存在しない希少種で、植生は四国、中国、
九州各地方の各々一地域に限られて極秘に咲く。この種は環境変化に弱く、
今後5年、10年の命も保障されない絶滅危惧種でもある。

b0289649_1864364.jpg


黄色い肉厚の花びらに細かい水滴を全身にまとった気品のある花です!
 (8月初めに花が咲くと書かれていました。パンフレットから転載しますね)


休みの日、日帰りで徳島まで片道230キロ、行って行けないことはない距離!よし・・・行こうっと!

それから、調べました。

その気になればしっかり調べて、行く態勢にになるものです。皆には黙って、こっそり計画しました!

b0289649_1923329.jpg


16日火曜日の朝、明けきらぬ瀬戸大橋を通ったのは午前4時過ぎの事。
さすが交通量の少ない時間帯でした。

いつもながら、お天気を友に、時間をポケットにいれて^^♪ 出会いを胸にワクワクと^^♪

b0289649_19245134.jpg


美馬というICでおりました。ここから南へ。車の離合も困難なような道幅もあり

山道を1時間以上かけてリフト乗り場の「見ノ越(みのこし)」という所まで走りました。

山の斜面に張り付いたような家並みが見えます。貞光という地名でした。

b0289649_1928133.jpg


大きなヘアピンカーブが九つ位ありました。幸い、出会う車もなく、マイロードで!

途中、鹿の親子に会いました。カメラは間に合わなくって^^;;

b0289649_1929403.jpg


海抜1000mの標識がありました。幾重にも重なる山並みが美しかったので撮ってみました。

徳島は山の中に在りました!

瀬戸内に住む私は、いつも・・・この風景には参っちゃうのです!ふぅ~~ぅ♪

b0289649_15355917.jpg


リフト乗り場です!

運転開始には1時間もあります。剣神社へお参りすることにしました。

b0289649_17205091.jpg


主人公の珠子が神主夫婦に養女としてもらわれ住まいしたという設定の神社

実際にロケに使用されたとのことでした。明日は7月17日夏祭りです。

b0289649_1541692.jpg


人々の手によって掃き清められていました。

健康を祈って、丁寧にお参りさせてもらいました。

b0289649_17211837.jpg


やっぱり、下りがきついです。特に段々は泣きたくなるような苦行です^^;;

今日はそんなことを言ってられないのです。1955mの山頂へ登るのです!

b0289649_1546267.jpg


9時きっかりのリフトに乗りました。往復チケットを買いました。一番乗りの私でした。    つづく


[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-22 19:50 | Comments(16)

yamanbaの挑戦・1

Ⅰ 案山子の里

♪~ゆっくり、して、おゆきよ~♪

誰かの声がしたような? 笑い声かな?

慌ててブレーキを踏んだアタシ! アラ・まっ! お母ちゃんとそっくりな人(?)

b0289649_20145357.jpg


朝早く起きて、瀬戸大橋を渡り、四国の高峰「剣山」へ登ったアタシ!

ひとっ風呂浴びて、ゆっくりしてぇ~な・・・って。飛ばしてたのよ。

「奥にも、大勢いるけどさ。ここも涼しくて良いわな!」

b0289649_20193960.jpg


野良仕事もあらかた片付いて、祭りの話でもちきりでな!

そこらに、嫁が居ませんかな?いままで、じいさんと話しとったけんど?おぉ~い^^♪

b0289649_2026962.jpg


はぁ~い。ここにいますよ。あまり、花がきれいじゃけん。

「すぐに、お茶入れますね」・・・・と若嫁さんに言われたような???

b0289649_2027504.jpg


marriさん、どこから来なさったの?ひとりで?クルマで?へぇ~~~~ぇ!!!

大事な話はもう終わっとんよ。さっきからアチコチに固まって思い思いのお喋りヨ!

あそこで後片付けしているのが主人で。そばにくっついて息子が邪魔してるのよ!いつも一緒なの^^♪

b0289649_20404260.jpg


こちらのグループも、話し上手さんが居てね、楽しいこと。

marriさん!1955mもある「剣山」に上ったの?足が痛そうじゃけど・・・ダイジョブ?

b0289649_20331936.jpg


「そうなんよ!この年になって2千メートルもの高い山に登ることが出来るなんて
 近頃、若い娘さん事山ガールつぅけど。アタシはbabaだから山婆(yamannba)ってとこかな」

きつかったけど・・・。登って良かったナ!きいてくれる?

みなさぁ~ん!

b0289649_20451618.jpg


って、いったか?どうか?

ここにも!

b0289649_21125222.jpg


ここにも!

b0289649_21142229.jpg


そして、あそこにも!

それじゃぁ、私の「剣山登山」のお話するね!聞いてくれる~♪ アリガト!

b0289649_224298.jpg


実は、車で走っていて、この可愛らしいお人形さんと視線が会ったんです。↓ ドキッ!そして・・・

次から次へと。可愛らしいお人形さんに出会ったのです。これが、案山子ですって!

知らないで、行き過ぎるトコロじゃったよ! 皆さんに出会えてよかったよ。

b0289649_21481560.jpg


日本百名山の剣山(つるぎさん)のお話の前に皆さんに登場してもらいました。   つづく
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-17 22:15 | Comments(18)

お湯の一日

宇野港

湯船に身を沈めると、目の前に海が広がった!

あの島と島の間を抜けて一時間も船に乗ってると、高松の港に着くんよね!
高松は亡き姉の嫁ぎ先が在ります。何度も通った懐かしい街なんですよ。

ここは、宇野港(岡山県)「たまの湯」 露天風呂です!

b0289649_12323099.jpg


今春4月にオープンしたという「たまの湯」に行ってきました。
私の生家、児島からはたった25キロほどのところなんですが。
でも、今から50前の昔この距離は、バスで1時間かかっていました。

国鉄駅のない町、本線から切り離された陸の孤島、移動はバスに頼るのみという児島は
今でこそ瀬戸大橋のつけ根の町としてJRで岡山と結ばれた町とはなっていますが
私の育ったころの、戦後の児島の町はまことに不便な所でした。

b0289649_13464980.jpg


当時は国鉄宇野駅と言いました。現在のJR宇野駅です。
その昔、私の若かりし頃は大阪まで準急「わしゅう(鷲羽)」で9時間掛けて大阪へ行ったものです。
四国から来た人々の本州の玄関口、宇野駅は岡山へと結ばれています。

b0289649_13474673.jpg


朝早く起きて、バスに1時間揺られ、この宇野駅から「わしゅう」に乗ります。でも行きは良いけど
帰りは夕方にはついてなくては。終便だったら、待っててくれるバスもなく、迎えに来る車もなくて
半島の先っちょに暮す人生を、いつも憂えていた私です。

車が増えてからは、この国鉄は歩く人々の足となり、私たちはフェリーになりました。
  (大阪からこの温泉まで2時間で来られます・・・・と書いてあった)

b0289649_1322364.jpg


丸いテントの桟橋に、直島行の船が見えますね。
高松ー宇野間は、いまも宇高国道フェリー(所要時間1時間)でむすばれていますよ!
船内にはお風呂もあって、ドライバーさんの寛ぎの船旅となっています。

お湯に浸かりながら、未だ、車の少なかった頃、私の若かりし頃の事思い出しました。

                    ♪~~~~~~~~~~~♪


高速道を水島ICで降りました。山越えをして瑜伽神社を抜けます。

新緑がまぶしいです。カーナビに「頼人親王の墓」と出ました。早速回り道!

田んぼの中に、ひっそりと、厳かに在りました。後鳥羽上皇の皇子・頼人親王の墓所!

b0289649_15474451.jpg


何度も通る道なのに!

たまには、こうした時間の過ごし方も良いですね。

b0289649_17453847.jpg


あの日から、毎日まい日暑い日が続いています。
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-11 16:12 | Comments(12)

ビフォーアフター

半日シゴト!

♪~暑いわねぇ~♪

こんなに暑いの? ふるさと山形は、こうまで暑くは無いのよ!

先日の土砂降り雨にも、びっくりしたけど!marriさん家でも、アレコレ驚きの毎日よ!

エッ!アタシ・・・? 山形からやってきたのよ^^♪

b0289649_16295715.jpg


毎年、このおうちにはやってくるのよ!大勢のお友達と!

marriさん家は、この時期カナダからの黒いサクランボも届きます。黒っぽいというより紫色かな!

私たちの方が美味しいって言ってくれるのよ!うふふ~♪

b0289649_14463827.jpg


この2~3日、この家で見たこと、お話するけど。聞いてくれる!

なんていう花かしら。とってもかわいい花だけど!

咲いているときのその可愛い事!みんな一斉にお日さまの方見てお喋りしてんだけど・・・

b0289649_14493817.jpg


それが、たったの半日だけ!11時過ぎると、勝手にお話止めちゃって^^;;

あっと言う間に、おねんねしてしまうのよ!

b0289649_1523553.jpgb0289649_152656.jpg












いくらお日様が照ってても、晴れていても、知らんぷり!

そりゃぁ、今日みたいにかんかん照りで、35度以上も有ったら、シゴトする気はなくなるよね。

b0289649_1562641.jpg


でも、もう少し・・・

頑張ってほしいな!これじゃぁ、喧嘩した時の誰かさんみたい。

ちっとも可愛いくないんんだから。

b0289649_1582522.jpg


そこへいくと!

この花には、吃驚しました。初めて・・・なんよ!

梅雨のころのアジサイは、いつもお目にかかっていたけど!

b0289649_1584436.jpg


marriさんは、「隅田の花火が、いっちゃん好き」いうてたけど。

このアジサイの最終美の変化には、参っちゃってるらしいです。こうしてアップで撮ってます!

「カシワバアジサイ」っていうのよ。元々は、真っ白い花なんですよ!

b0289649_1585528.jpg


「夫婦関係は、生涯で、3回色を変える」

若いころは男と女、子育て真っ最中の頃は肩を並べた戦友同志(仕事面でも切磋琢磨
老いては、親子関係!(元気な方が、弱った方の世話を焼)

あたくし、山形のサクランボちゃんからの、報告でした!  以上!

市美展
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-08 16:52 | Comments(14)

好奇心旺盛

うろうろ歩き

ジャスミンの花(1)

「こちらで、頂きますね!」 そういって

コーヒーカップを受け取り、外のベンチに腰かけた!

b0289649_96337.jpg


ほんのり~、ほのかに~ かぐわしき香りが漂ってきます^^♪ これって~?

その「香りの主」は、ジャスミンの花だった!座った傍で咲いていた!

楚々として、花も小さく・・・ でも、香りだけはサイコーだった!!

b0289649_13331637.jpg


ジャスミンって漢字で「茉莉花・まりんか」と書くのよね!

「良く知ってるのね!」

数年前、バリ島旅行へ行きました。5人のツアーだったにもかかわらず添乗員さんが就いてくれて。

その彼女の名前が「まりんかさん」だったのです!コーヒーカップの中に笑顔の彼女がいた!


                     ★ ★ ★  ★ ★ ★  ★ ★ ★

気になる高架橋(2)

新しくできた高速道を走っていた。

長い高架橋が飛び込んできた。撮りたいな!(それは走行中には無理なこと^^;;)

b0289649_13493260.jpg


降りれば・・・撮れるのよね!

行ってみようっと!

b0289649_13495927.jpg


撮りました!県北の、山間の、未だ新しい道なんです。

交通量も少ない時間帯!思うように撮れました^^♪


                    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


ビフォー・アフター(3)

ゆり園の、温室の中を歩いて居た時、見つけました!

可愛いかざぐるま、こんな花あったのかなぁ^? ひとまずはパチリ^^♪

b0289649_20503087.jpg


誰に聞くまでもなかったです。少し歩くと・・・・

咲いていました!クレマチス!その花の隣に並んでいました。

b0289649_20524044.jpg


一花咲かせて、また、際立って!「君は、花より、美しく!」 

こうして、またひとつ、お利口さんになりました^^♪

                       ♪ ♪ ♪   ♪ ♪ ♪   ♪ ♪ ♪


菖蒲園(4)

もう、2週間も前になるかな!百合園の後、菖蒲園に回りました。

ちょっと早くて。菖蒲園の周りの花を見て、入園しなかったです^^;;

はいればきっと、美しい花に出会えてたかもしれません! 

b0289649_2142132.jpg


きっかけって、ありますね!。こうして、今年は菖蒲は見外れています。

この一枚が、かろうじて残されました^^;;


babaのうろうろ歩き。在庫から引っ張り出しました。お付き合いありがとうございました!

ゴチソー!
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-03 21:29 | Comments(18)