カテゴリ:未分類( 195 )

ただいまぁ~!

  3日間だけの休暇

   この週末、また寒くなるんだって!

   15日から17日までお休みさせていただきました。お正月休み、ここまで引っ張ってきました。
   正月料金は、割高につきます。それに飛行機のチケットが、早くからでないと採れにくい!

   昨夜遅く帰ってきて、お年寄りは・・・疲れがとりにくい?

b0289649_21475274.jpg


   15日、早朝起きて見たら・・・何年ぶりかの雪。10センチ位車の屋根に!
   ちょっぴり、想像はしてたけど。

   今から1時間かけて岡山空港へ行く。
   フライトは8時半。6時ごろ出て、ゆっくり余裕のスケジュールが!オーノー!

   大慌てで雑巾と箒で雪を降ろして。フツーの人と違って障害を持つアタシ。
   なるべく平静を装い雪下ろし。いざ、出発!

b0289649_21562513.jpg


   〇〇〇・ブルーと言われる、ものすごく透明で美しい海を見てきました。
   皆さんの足を引っ張らないように・・・。ひっぱったかも?

   話したいことが有るのに。
   写真の整理も、体調も、オシゴトも

b0289649_22067.jpg


   世界で有数の海の色だそうです。
   今回、雪騒動でカメラ忘れていきました。現地調達!

   ほどほどの写真ですけど! どこだか、想像してみてくださいね!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-18 21:54 | Comments(14)

雪道は怖い!

   寒波

   冬将軍!寒波襲来です!

   雪国の人々は、大雪に難儀しているんだなぁ~と、テレビの前でしばし沈黙になる。

   怖かった雪の東北道での、冷たく厳しいちょっとした事件を思い出す。

b0289649_1226359.jpg


   17~8年くらい前、そのころの年末年始は妹と国内旅行して過ごしていました。
   妹が行きたい所を言ってきます。瀬戸内海の島だったり、伊豆・石廊崎とか。
   3連泊してのんびり過ごします。お互いにシングル人生!

   その年は「会津若松・白虎隊」と言います。片道1000キロはあるかな?
   でも、怖いもの知らずの姉妹は初日を霞ヶ浦の宿と決め出かけました。

   どちらも運転大好き、無事故の怖いもの知らず。
   大体姉は人並み以上の中年暴走族、その上を行く妹も運転大好きと来て・・・

b0289649_1315786.jpg


   お城も、白虎隊の墓所も、美しい池も、雪景色もサイコーに良かった!
   空に向かって雪の珠を投げては大声で訳もなく騒いだ。
   20年近く昔の事なのに今でも思い出すと、ニッコリ笑顔になるよ!

   さて、
   正月を宿で過ごして元気に帰り道に着きました。雪はやんでいました。
   東名道に入る前にチェーンを外すことになりました。自分たちでできるよ・・・と!

   少し広めの路肩に駐車場が有ってそこへ入りました。他に一台もなく雪が降り始めました。
   無事に外れたので車を少し下げてっと。たった、それだけのつもりだったのに。
   有ろうことか、タイヤに巻き込まれてしまいました。外れない!遣ってもやっても。

   妹が半ば強引に一台の車を止めて入ってもらいました。5歳児を連れた若い夫婦
   車の下に回り濡れながら。やがて、上着を敷いてその上に寝て。
   どれ位時がたったかな。結局タイヤを外して・・・チェーンを捕ってくれました。

   作業中彼は横浜のトヨタにお勤めと言いました。良い人に当たったもの!
   いくら聞いても電話番号も住所も教えてくれません。なんていい人なんでしょう。

   少しばかり坊やのポケットにねじ込んでお礼と。そんなもんじゃ済まないご厚意。
   地面に上着を敷いて雪の中見ず知らずのオバサンの為の作業!ありがとう!

b0289649_18435475.jpg


   その日は散々でした。大雪になったのです。いつの間にかノロノロ運転になり、
   高速道パトロール車が。先導となり先頭を20キロ位で走り、インターはどこもクローズとなる、

   道路わきには置き捨てられた車、車を路肩に寄せ、置いて歩く人など。
   助手席の私は動揺もせず、絶対に止めない事、前の朱いランプについて進め・・・と、妹をどやす。

   カーラジオからはアチコチ通行止めの速報が流れていました。やがて雪の重みでワイパーが壊れ
   姉はこともなげに「どんまい、どんまい!」を繰り返し怖がる妹を和ませつつ・・・

   琵琶湖に着いた頃には空も晴れて、ワイパーも手に入りました。

b0289649_18495590.jpg


   そこから先は、何も無かった様な晴れた路、山陽道を喋りながら飛ばしました。
   「姉ちゃん!きょうてぇ~(怖い)かったよ。姉ちゃんが平気だったから良かったけど」

   妹はそういいました。
   冗談じゃないよ。前を行く車の赤いランプが一瞬の雪でタイヤ痕もろとも消え、雪は下から上へ舞い上がり
   見た事はないが、あれはきっと地吹雪ってやつだよ。雪の重みでワイパーが余り利かない。
   ワイパーが運転席へ寄った時を狙ってフロントガラスをサッと!雑巾はベチャベチャ。

   それはもう、軽業師の様な助手席の忙しさ。怖いの怖くないの!怖かったよ!
   顔と口は重宝なモノ。ドンマイで乗り切った姉。妹は、雪に強い姉と思い心強く運転したそうだ。

   とんでもない事!
   次々車を捨てリタイアする人、エンコした車の道端乗り捨て、車が止まってしまったらと言う恐怖。
   動揺を隠した瞬間の処置で乗り切れた偶然に感謝の帰り旅になりました。
   雪は、雪道は怖い、ホンマに怖かったよ!
   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-13 20:52 | Comments(24)

年齢じゃ無い

 
 めでたいナ!

   持ってた袋が急に、フワッと軽くなった!   
   まるでバトンリレーの様なさばきで、その人は、私のゴミ袋を手に早や数歩先を歩いていた。

   一瞬何のことかわからなくて、戸惑っていました。 
   ごみ置き場へポイと置いてから振り返りニッコリ!友人Zのご主人だった。  

   それは一年前の事。

   その日は生ごみを出す日。元気なときはことも無く、むしろ駆け足で持って行ってました。
   人工膝関節の置換手術を受けて一年、足は思うようには快方しなくて歩行に困難していました。

   止めたいのに・・・杖をつくことが当たり前になって。
   そういえば、リハビリの散歩中に「今日は杖をもってないナ。エライ!」なんて褒めてくれるオジサンが居てたりして。  
   
   俯いて、背なを丸め、足もとだけを見つめ、前方はおろか四囲の事には気が付かぬ   
   そんな歩き方はいけないことは、分かっているけど、傷む足腰にはこの歩きしか?

   家から100m程のゴミ集積所までは、術後の私の歩きでは、大仕事の一つに入っていました
   雨の日は傘もさせないので、帽子をかぶって頑張って、急ぎ足で(これは気持ちだけの事)


b0289649_19353097.jpg


   Z氏は毎朝歩いています。その日も歩いてて、前を・・・
   足を引きずってノロノロ歩くbabaを見つけたのでしょう!親切心から引き取り運んでくれた。

   日頃から、元気なゲンキなziziさんとは思っていたけど。
   この様な親切を受けると、わたしゃぁ~、もうもう(喜)

   その彼は、もう少しで90歳になるとか・・・・聞いていました。私とは15歳も年長者!
   サッと真心の手が出る。私にもこんな真似が出来るかなぁ~?無理、無理。


b0289649_19355778.jpg



   三が日が過ぎたある日、Zが夫(Z氏)の写真を、いえ、家族の写真を下げてきた。
   「米寿の祝いしたのよ」
   正月休みで長男夫妻、二男夫妻、それに自分たちの笑顔いっぱいの写真!

   「幸せを絵にしたような笑顔の写真」
   いいなぁ~!88歳でこんなに元気で。貴女幸せね!っていうと「孫がいないのが!」

b0289649_1936289.jpg


   実は倅のPTA仲間だった私達。ウチにはもう成人の孫息子のいるってのに。
   Z氏が45歳の時長男さんに恵まれ高年齢の父親だったとはいえ、未だ孫が抱けず。

   家庭思いのZが、時折このことを話すとき、顔が曇る。
   米寿の衣装、上から下まで全部Z夫人のお手製。ホントに器用な人なんです。

b0289649_193711.jpg


   この頃の88歳は若いねぇ!
   その時、思い出した。ゴミ袋をサッと手にして運んでくれたこと。颯爽と歩くさま。

   私は10いくつも年下なのに。年齢じゃ無いのね。

   大きな刺激を受けて、あの日から私は頑張ったよ。しっかり歩かれるよう努力しています。
   このところ調子がいいのです。早く元気になってお世話になった皆に少しずつお返ししたいな?

   しかし、弱い立場になってつくづく、しみじみ思うに
   この国の人々は、何気に親切だ!困っている人に対して躊躇なくサッと手が、心が出る!
   そのことを知らされた。良い国に生まれたものだ!自分の事は自分で出来る人にならねば!

  Zさん ご夫妻様
   おめでとう!頑張ったね!良かったね!健康に万歳!
   心を込めて、バラのお花(写真)でお祝いいたします。 


   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-08 22:35 | Comments(20)

華麗なる一族

   ヒドリガモ

   ただいま。アタシのカモちゃん達。
   「アレッ!今日は陸(おか)にあがってるの?ランチの時間じゃないのかい」

   家のそばを流れる川に毎年、どこから来るのかな?(ヒドリガモって、山小屋さんが教えてくださいました))
   結構な数のカモの一団が飛んできます。ひと冬過すのよ!

   ピーちゃん、ルルちゃん、クーちゃん、キキちゃん・・・
   彼らは薄暗くなった時刻でも、この川を上下泳いで生活しています。

   でも、夜になるとどこかに帰って行ってるような?朝になるとご出勤!

b0289649_10373077.jpg


   「わたしは、買い物から帰ってきた所。
    ピーちゃん、これからそこを歩くんだから。でも・・・一緒に遊ばないかい?」

   「オー ノー!」彼らはピーちゃん達は、決してわたしと遊んでくれない。これまでも
   散歩していたら、人の気配にバタバタと足元の水際から、飛び立ち驚かされることが何度も。

   水面をヨチヨチと歩いて逃げたりする、後ろ姿は素敵なモデルさんなんだけど。
   なかなか、タイミングよく撮らせてもらえないのだ(泣)

b0289649_14144236.jpg


   急いで裏口からかけこみカメラ片手に飛び出した。
   ヨッシャ。これから散歩に行こう。カモちゃんは逃げるよなぁ~?

   家の裏(向こうから言えばウチが裏)はスポーツジム。川に沿って建つ。この土手はお散歩コース。
   ソロリソロリと! じゃが…敵もさるもの数羽は既に飛び立ち、残る全員も飛ぶ体制。

b0289649_1416933.jpg


   羽を広げて飛び立つ姿はサイコー!でもでも、カシャ(カメラ)と鳴ったときは時遅く。
   最近、このカメラは良いシゴトしません。ナンセ、使い方の荒い主(あるじ)じゃもん!

   足音が近くなるにつれ・・・一羽また一羽と飛んで川の中へ
   寂しくなっちゃった。飛び立つ方に、心奪われて・・・
   
b0289649_1417131.jpg


   ヒョコヒョコと隊列組んで、最後の最後の集団が
   ぬわぁんと!アタシの前を行く。かわゆい!お散歩の先導してくれてるじゃあぁ~りませんか!

   もっと、早く気が付けばよかった。川に飛び立つ姿を追って居たばかりに!
   敵に後を魅せるなんて。今日のまぐれの秀逸作となりました。

b0289649_8503549.jpg


   スポーツジムのお隣は中学校。名前がデッカイの!一ツ橋中学校と言います。
   放課後の校庭ではバスケ、野球、テニス・・・明るい練習風景。老いた身のアタシには眩しすぎ!

   俯き、声に出しイチ・ニ・サン・シと数えながら校庭に沿って一周する。
   たいした歩数にはならないけど、毎日(時々お休み)歩いています。

b0289649_14174147.jpg


   帰り道、いつものピピちゃん達に逢えました。光る川面は冬の川では無いようでした。
   遅くなった昼ごはん、夫々に優雅にいただいていました。ここはえさの宝庫なんです。

   しかし、今冬は暖かいなぁ~♪ 全員土手に集うカモちゃん達を見かけるなんて!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-05 22:21 | Comments(24)

♪~まいど お世話になります~♪

ポカポカ陽気

   今日の暖かかった事!
   こんなお正月有りがたいね。アタシ真面目に仕事始めしたのだ。

   この4日間の休みで、どんだけ・・・話したかなぁ~?
   買い物に行っても、散歩しても、部屋を片付けても、なぁ~んも無し。

   メールは多かった。でも、会話無し。右手でお喋り、メールを打ち込むだけ
   みんな、アタシの存在を確認して安心するのかも(笑)

b0289649_1946661.jpg


   開けると、待ってましたとばかり来る人来る人、われ先に喋る。
   こちとらも負けじと返す。あぁ~~ぁ、この幸せな図は?シアワセじゃなぁ~!

b0289649_1946354.jpg


   でも、皆さんは息子・娘家族を迎え、帰した身の上、アタシとは大違い。
   台所に立ちっぱなしの苦労話が、とっても美味しそう。良いなぁ~!

   でも、今の私は充分なおもてなしもできそうにないから。
   「これで、いいのだ!」

b0289649_21131040.jpg


   新年早々、早速友人から届いたお花。
   いっちょまえに、新年の旗も獅子も同居しているので拡大します(どこにいるか分かりますか?)

   明かりもつけず、暗い所の撮影。折角の生花がまずい写真で・・・。ゴメン!
   まぁ~ 「これでいいのだ!」

   そうそう!
   大晦日の夜のお届け物も有りました。独居老人に皆さんは優しいのです。
   オードブルに盛りつけたお料理は我が家の一品からのおこぼれとのこと。

b0289649_201356.jpg


   「こんなに、沢山に!」
   そう言いつつ、見事に完食したのは、自分でも驚きでした。
   何回かに分けて頂きました。美味しかったヨ!Tさん、今年もありがとうね。

   マァ~、こんな調子で、今年もスタートしました。
   
   マイペースでボチボチ進めていきます。よろしくお願いいたします。
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-03 21:14 | Comments(20)

おめでとうございます!


b0289649_10543957.jpg


     明るく、希望に溢れた新年を迎えられたことと存じます。
     わたしも「夢」をぶら下げて新年のスタートを切りましたよ!
     今年も宜しくお願いいたします。
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-01 10:54 | Comments(28)

友だちが一人増えました

敵じゃなくお友達

   「Kさん、悪い結果です」
   主治医の先生はそういってから、Kの後ろを見た。いつもは親友・Aが控えめに立っている。

   一週間前、PET・CTの検査を受けた。上手く説明できないが
   写真フィルムに「癌」の部分が光るとかで、最近の検査は早期発見にと繫がっている。

   主治医の先生はPCの画面で、今までKのフィルムに見入っていたのです。
   その日に限って、Kは一人で来院していました。

   「すぐ手術した方が良いです。貴女は肝内胆管癌です。悪い所を切り取りましょう」

   まるで悪い夢の中で聞いてるような気持ちのK。この頃はストレートに本人に直接宣告するのね。
   Kは稚拙な質問をした。入院、手術しないと・・・どうなるのですか?

b0289649_20363772.jpg


   「持って・・・一年ですね。女優の川島直美さんがこの病で亡くなりました。
    手術したら年3~4回の検査を受けて貰って5年間、何も無ければ安心しても?」

   その時の事 思い出しても不思議な話、淡々と他人事のように聞いていました。
   後から考えるに、毎回付添いくださる親友Aが患者の身で、その彼女の病状をを聞いていたような錯覚。

   こんな話、こういう風に伝えるんだっけ?
   息子さんに来ていただけますか・・・なんて、テレビでは驚愕のシーンじゃなかったかしら?
   なんか・・・手術すればいいんだと暢気なKはフツーに聞けました。先生に全てを託しました。

   「手続きします。外の待合室で呼ばれるまで、待っててください。」

   Kは何時もの様に、いつもの挨拶をして診察室を出た。

   椅子に掛け待ってる間に変化が現れた。ガクガク体が揺れた。両手を組んで抑えた。
   思いもしない体の揺れは名状しがたいものだったが、長くは続かなかった。
   
b0289649_20372414.jpg


   このふた月の間、幾度となく検査、検査で通った道を駐車場に歩いた。
   いつも、親友のAが保護者の様にt付添いさんで付いてきてくれた。Kは自分の方が付添いさんの気分だったのか?

   さっきのガタガタ揺れが嘘のように気分は軽かった。不思議に恐れのないこと!
   ただ、このまま家に帰りたくなかった。誰にも会いたくない、話したくないと。

   くどくど独り言言いながら、何処へも寄らずに帰宅した。氷雨の降る2月の寒い日でした!

b0289649_20374911.jpg

   
   それは、去年の6月から始まりました。毎月の採血検査の結果CA19・9の数値が異常に高くなりました。
   これは内臓のどこかのガン数値を示しているという事。Aはその時思ったそうです!
   暢気なKは動こうとはしなかった。ところが、その年の12月の検査の結果はもっと高くなっていました。

   行きつけの医師が大きな病院への紹介状を書いてくださいました。
   年の瀬だったので新年あけてからしっかり検査して貰う事にしました。

   新年(今年)の初め、1月6日に初診を受けました。ここもあそこも、時には週3回も通院したり 
   胃も腸も肺も心臓も・・・あぁ~~~ぁ!もう丸裸にされたような。

   高齢者のKは途中、眼科、歯科などの健診も重なり。最終検査の発表が2月末になりました。
   どういう結果であれ、受け入れようと思いました。余り心の動揺はなかったです。
  
   友人Tさん、Yさんがガンと闘っているけどケロッとしている。辛いだろうにって?
   でも、両人とも、いつも明るく屈託なく笑っている。一人になったとき泣くのかなぁ~!
   誰でもこうはいかぬじゃろ!私だったら???

   いいえ・いいえ!
   術後のKは みんなに公表してこの敵と闘おうと思ったよ。以前と変わらず、賑やかで明るかった。
   これまで不思議でならなかったT・Yさんと何ら変わりない言動なんです。

   今の時代、早期発見であれば何でもないのです。受け入れればいいのです。
   結果を聞いてからのKは、聞かなかった頃のKとちっとも変らないのです。

   誰も、強がりで心の中は・・・?と思っているようですが仲間のT・Yさんと会えば
   今夜のおかずの事のように今の病状を語り合います。

b0289649_20381679.jpg


   一年って、早いなぁ~♪
   こんなにも早いことが、嬉しい!春が来たら、また次の一年を過ごせばいいのだ。

   一日いち日を大切に生きることの大切さをを見つけた今、敵は喜びの友だちのような!


  皆様へ

   いつも、訪問してくださりありがとうございます。
   一年間もの長い間休んでいての再開なのに、温かく迎えてくださり嬉しかったです。

   この半年間ありがとうございました。
   来る年も変わらずよろしくお願いいたします。風邪などひかない様に・・・ネッ!
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-12-29 11:33 | Comments(16)

咲かす人 枯らす人!

カニサボテンの花

  ♪~綺麗ね!沢山の花だこと~♪

    貴女が手入れしてないよね。育てたのはZさんじゃろ?

   皆さん、お見通しなんです。
   ワタシが面倒見た、育てたなんて思っちゃいない!
   「綺麗でしょ!Zさんが一年間しっかり育ててくれたんよ」と頷きます。


b0289649_19950100.jpg



   もう・・・誰からだったか忘れたけど!前の年、鉢植えのこの花を頂きました。
   花の蕾が一杯で、当分の間楽しませてくれたけど・・・花が全て散った後は・・・

   花枯らし屋の私には処分の道しかなくって。Zさんに持って帰って貰いました。
   彼女は花を育てるのが好きで、なにでも増やす(挿し木)んです!

   そんなことはしっかり忘れてしまう私です。
   どんなにかお世話が大変だったことでしょうね!前より綺麗なんです。

b0289649_19181470.jpg



   この12月に入ったある日届きました。お似合いの場所に陣取ったその花の美しい事。
   これから咲こうと蕾がズッシリついていました。

   「私が育てたんよ。去年貰って帰ったのよね?忘れてた!」と、Zさん。
    そうかい。ウチにあった花かい!

   上手に育てたから、去年以上に立派に咲いたね。その見事な咲き加減!
   どんなにかお世話が大変だったろうね!私見る人、枯らす人!アリガトね!


b0289649_19383647.jpg



   「散ったら、又持って帰るね。ここに飾ったのは、皆に見て貰った方がお花も喜ぶでしょうから」

   綺麗なお花と別れるのは辛い・・・欲深いアタシは既に我が物と決めていたが・・・
   花が終われば立派に咲かせる人、咲かすZさんが一番。ゲンキでね。バイバイ!


                      ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


  鉢植えの花と切り花

   夫の入院先に鉢植えのシクラメンの花が届きました。
   オレンジ色の変わった品種だった。嬉しかった。

   別のお友達が来られた時
   「お見舞い(病院)には、鉢植えの花はいけないのよ!根付くと言って入院が長引くとか」

   当時夫はクモ幕下出血による術後のベッドの人、入院生活も3週間になろうとしていた。
   病状は簡単なものではなく、半身不随の身は長引くことと覚悟の私でした。

   長かろうが短かろうが、花に疎い私には無縁の様な話。
   美しい花が癒しになって嬉しいばかりだった。


b0289649_19524687.jpg


   夫は病状が急変して、数日後にあっという間に逝ってしまいました。

   もう、40年も前の昔のことです。
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-12-25 13:23 | Comments(16)

お気楽な性格

  ♪~もぉ~いくつ ねると~♪

   皆さん、同じように言われます。
   一年間の早い事って!うん。早い!今年もあっという間に一年が飛んで行ったよ。

   でも・・・入院も、倅にも2~3度帰省してもらったことも、紀伊半島や房総半島へ行ったことも
   みんな今年の春だったり、暑い夏だったりしたよね。

   若いころの方が、時の流れ緩やかだった。
   この年になると、滝のような流れになって、一年間は移す様にドパッ~と流れ落ちるよ!
   

b0289649_1949828.jpg

                     晩秋の県北の里山、今頃は雪か霜が降ったかなぁ~?
   
   年の瀬は、何かと忙しくなる主婦業、ほんの真似事で済まそうと企むアタシ!


                        ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


  見えませんか?

   千葉県から離れる前に、江川海岸へまわりました。
   添乗員さんは空港帰着が早まったための策として(予定にも入っていたのですが)

   雨が降り、強い風の中バスから降りたくはなかったけれど
   東京湾を千葉サイドから望む海岸に案内してくれました。私は紹介の言葉に載せられたのです。

    「一つは・・・南米・ボリビアにある「ウユニ塩湖」に似た海面です。
    私から言うと、しっかり目をつむり、パッと開けた時目の前に塩湖が広がるという瞬間的なモノ」

b0289649_20301476.jpg


   喜んだよ!憧れのウユニ塩湖に似た風景がこんなところで見られるなんてって!

   雨の降る中、「エイッ」と振り向きざま目を開けたら・・・
   なんじゃ。こりゃぁ~!

   船の浮かんでいるあたりが地平線(水平線)で、空と海とが一体化している・・・というシーン!
   東京湾を挟んで正面は横浜あたりかな?

   「そういえば、何となくそう見えるね」というと皆から反感をかった(クシュン) 見えませんか?

   「も一つは・・・「千と千尋の神隠し」のアニメ映画、ラストシーンに近く
    海上電車が出て来るでしょう!アノ電車の線路に似ているモノ。目を右に振って~」

b0289649_13184812.jpg


   どうにか?見えなくウもないけど。
   でも、晴れてたらきっと、そんな風に見えたかも?見えるのよね。

   どっちにしろ、私にはそう見え(?)ま・し・たよ!友達はただ、もう、へぇ~~~!って。

  幻想的

   帰りに海ほたるに寄りました。たっぷり1時間ありました。
   私は一か所にとどまり、メロンパンも友だちに買ってもらい、暮れなずむ海を見ていました。

   東京湾の中程にニョッキリ五階建てのビルが建ち、今、私は東京側に背を向け
   千葉県・木更津の景色を見ているのでしょうか!

   海面を白波が立ち、海霧が静かに右から左へノソリと自分流に動くさまを飽かず眺めていました。
   降る雨の中、幻想的に徐々に暮れなずんでいきます。

b0289649_14312589.jpg


   なんて、幻想的でしょう!

   集合時間に遅れそうになったけど。私の大すきな海の、これまでに見た事のないような景色
   幻の都風な町並みが、海上にポッカリと。出現したような風景。その様に見えたアタシなんです。

   アタシって、単純な性格なんですよね!聞くまでもないか?
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-12-21 14:58 | Comments(20)

寒空の中で

花々のささやき

   今日のお昼Marriちゃんが会いに来てくれるんよ!

   12月の今日まで頑張って咲いてた甲斐があったよ。ワタシって、元気でしょ!

b0289649_20391370.jpg

                             (皇帝ダリア)

   あらぁ~~~っ。風が?

   折角綺麗にセットしてたのに!酷い風!足元のかわい子ちゃん達は・・・ダイジョビ?

b0289649_20425020.jpg

                                (チェリーセイジ)

   大丈夫よ。だって塀の中、風が当たらない所に居るんだもん。でも、貴女はノッポさんだから。

   Mちゃんって、私達の名前知らないでしょうね。きっと、お隣のお姉さんたちと一緒かなって?

b0289649_20485756.jpg

                                (チロリアン・ランプ)

   私の居る所は結構お日さまが当たってくれるのよ。
   いつもは、あんまり目立たないの。でも、嬉しい!今日はMちゃんが見てくれて。ありがとう。

b0289649_20575378.jpg

                                    (なでしこ)

   ここのおばちゃんは、私達の事とっても可愛がってくれるの。
   そこが、花知らずのMちゃんとは違うトコなのよね。お友達も見てくれる!

b0289649_2102160.jpg

                                     (ビオラ)

   M 「スミレかな?この時期咲くのかなぁ~?せっちゃんにきいてみようっと」
   でも…確かに咲いているんだから!12月に咲く花かも?

b0289649_2111592.jpg

                                     (シクラメン)

   M 「あらぁ~!綺麗な色のシクラメンの花!いやいや葉っぱが違うぞ」

   こうなるとお手上げなのよね。でも、シクラメンと違うことに目を付けたのは賢いじゃない。
   ♪~ワタシって、キレイでしょ!ルンルン~♪

b0289649_218525.jpg


   こっち、こっちよ!
   私も見てよ。エッ1寒いからもう・・・帰るって。ダメ、も少し見てからにして。

b0289649_21105024.jpg


   Mちゃんが、もっともっと私たちの名前知っててくれたらね。
   私の事、山茶花か椿かなって聞かれて困ってたもんね。でも、椿なの!

   黄色い「日本の花」彼女に最期を託すね。

b0289649_2116176.jpg


   菊の花って、仏さんに歓迎されるけど。
   わたしって、最近Mちゃん家に咲いているので、しょっちゅう切り花で飾ってもらってるのよ。

   それも、苗を植えて手入れして咲かせる人がいるのよ。
   Mちゃんって、有名な「花の枯らし屋さん」なのよ。でも今日は寒い風の中、しっかり撮ってくれて
   後は、名前を知る事、覚える事。育てることが出来たらねぇ~。

   寒空の中、お花さん達はいっぱいお喋りリレーして楽しんでいるような!


   花好きなご家庭の玄関先にはこの寒い中、結構沢山の花々が咲いていますね。
   カメラを下げて出かけてみました。そこだけがポッコリ温かく感じられました。
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-12-17 21:41 | Comments(20)