カテゴリ:未分類( 218 )

台風は何事も無く通過!

  旅行中止の電話

   「温泉へ行こう!」
    どこの~?
   「九州・熊本へ、一泊二日の手ごろ旅。みんなで行こうや」。

   私を引っ張り出す口実だった。頑張って行くことにした。
   友人の誘いで、メンバーは揃った。都合のいい土日の日を選んだ。

   それが、この三連休の初日、二日目の16~7日の二日間だった。
   日にちが迫ってきたころ、台風が日本へ向かってきていた。

   その日、沖縄・宮古島に台風18号が上陸、猛威を奮っている雨、風の様子が放映されていた。
   台風情報は明後日からの旅行先とぶつかるような?台風へ向かっての行動になる。どうしよう?

   前々日(14日)、仲間がさり気無く・・・寄った。(キャンセルの相談だ、と思った)
   用も無く、世間話のあいだに、台風に向かっての旅行なんて~。と目が語っていた。
   が、言わなかった(言えなかった?)。私が行くことに偏っている様に態度にも現れていたのかも?

b0289649_9562416.jpg


   ふつう、これまでの例からすると、出発日の2日前の昼間、添乗員さんからの確認電話が有る。
   集合時間と場所、雨具の支度・・・それらのテェック方々、日時の確認を示される。なのに…無かった。

   行くか、行かぬか。今日あたり旅行社から確認電話のある日。ギリギリ一杯の2日前の日の連絡なのに
   その日、添乗員さんからの電話連絡は無かった。

   次の日
   明日(15日)は、いよいよ旅行出発と言う日、テレビはブーメラン台風、九州直撃と気になるニュースばかり!
   じぇったい、ダイジョブ!アタシのコースは、台風は来ないよ。豪語する私!


b0289649_957785.jpg


   10時過ぎ電話は鳴った。「来た!」  ← 明日の添乗員さんからだ!
 
   挨拶が有って、少し間を置き、旅行中止が告げられた。
   一瞬、へぇ~!前日の連絡か?と思ったが天災の前の判断だからそんなもんかも。


                    ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


   一人で考えた(しょもない話です)
   前々日に、こちらからキャンセル入れたら、キャンセル料がいったのかなぁ?
   業者さんから中止を決めたから料金払い戻しになったけど。
   行くつもりのみんなは、台風そこのけで残念がったけど。行きたかったが本音の私なんです。

   しかし、何事も無く去って行った台風。皆さんの所は大丈夫でしたか。お見舞い申し上げます。



                         
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-09-17 21:06 | Comments(6)

秋のプレゼント

  ススキとコスモス

   「今年の敬老会の招待状、貰ったよ。あなたも届いたでしょ?」

      ♪~早すぎるわよ? 私には!(なんて、軽い嘘をつくアタシ)~♪

   「75歳以上か! 私もそういう年になったのね」

      ♪~でも・・・考えてみればスゴイことよ!75年も生きて来られたなんて
        (もう、6~70年も足せば、坂本竜馬の生きてた時代。なぁ~んて)~♪


b0289649_228436.jpg



   9月に入ってから、一気に秋らしくなりました。
   涼しいことはいいことだ。窓を閉めて寝たり、夜中に掛け布団を引きづり上げたり。

   いま、ここでこうしていると「虫の音」がコロコロと・…届く。
   いったい、これまでの暑さはなんだったんだろう!

   お盆の墓掃除は大汗かいて、高校生球児は、根限りカンカン照りの中で
   それから、暑いさなか私はクーラーの故障で大汗かいて詫び、冷や汗どっさりんコ!


b0289649_22315548.jpg



   毎週、まめに自宅の花畑から切った花が届く我が家。
   今日届いたのは、ススキとコスモスでした。とっても可憐!(写真はシクジリ)

   「秋ねぇ~!」
   「コスモスか。いいなぁ!」
   みんな目ざとく見つけ、秋の案内を嬉しく語り合う。ちょっぴり、あの暑さが愛おしくなる?


b0289649_22262169.jpg


   ブログ用に2~3枚頑張ってみたけど。良い写真が撮れない。
   手先がふるう。照明が暗くて画面がイマイチ。そこで・・・またまた在庫から。

   昔は重かったけど、大きなカメラぶら下げて、いっちょ前にパシャパシャと!
   こうしてUPすると、下手なりに画面がサマになっている?

   今度の休みあたり、どこか出かけようっと!
   退屈の虫がウズウズしてきたぞ!爽やかな風が私を誘う。

b0289649_222965.jpg


   ところで
   早めの敬老会が終わった地域が有った。

   参加された人は、沢山のお土産を頂いて帰ってきた。参加しなかった人は・・・・?
   ちゃんと役員さんが届けてくださった。年々お年寄りの数が増えていってるらしい。

b0289649_22333946.jpg



   ♪~ 結構、私の情報詳しいでしょう。
      なんだか・・・他人事で無くてねぇ~~♪

おみやげ
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-09-11 22:58 | Comments(16)

大豊作

  いちじく

   「甘いね!」
   「美味しいね!」
   「こんなに、贅沢に食べられて~。恵まれすぎているよね。」

   ~でも、いちじくって、買ってまで食べないよね?~

   そういうことを言うかよ! (そう思いながら、その場のみんな・・・ 「ウン、ウン!」と頷く」


b0289649_1838428.jpg



   今年は豊作。それも大豊作と言って、毎日十数個いちじくが届きます。届くときはダブって。  
   しっかり冷やして、ふんだんに食べる。こんな年は珍しい。

    ★ カルシウムや鉄分など、血や骨の素となるミネラル分をバランスよく含んでいます。

    ★ カリウムは身体からナトリウムを出す働きがあるため、高血圧症の方によいとされています。

    ★ 酵素が含まれており、食後に食べると、消化を促進させてくれる。

   でも、
   糖尿病の人が3個以上もたべていいのかなぁ~?

   食べ過ぎは悪い・・・と思いながら、毎朝のお通じが快適なんよ!と、糖尿病患者さん
   便秘の人には有りがたいよね! そうそう~~~!なんて。

b0289649_2271042.jpg


   子供時代、我が家にはイチジクの木が2本在った(他にはなんの木も無かったが)
   寝坊助の私が、早起きして一番乗り、昨日見つけておいた、未だ早くて青いイチジクなのに獲得
   捥いだら白い汁がポタポタと。もう少しおいていたらって言う・・・固い実を食べた。
   それはそれは美味しかった。早い者勝ちのご馳走だった。くちびるの端っこが切れたりしたよ。

   戦後の食糧難の時代、一般家庭の我が家に、どうして、何故にそんな木があったのだろう?
   とにかく、イチジクはどんな果物よりもふんだんに食べることが出来たような。

   スーパーの店先にパック入りのイチジクが並び始めると、「ゴックン」 でもでも、買うものじゃない!
   そういうと、みんな一緒になって、「そうそう」と頭を振る。イチジクだけは、ウチになってたんだ。
   何処の家にもイチジクの木が有ったのかな?皆も同じように頷くなんて。
   幸せなことに当地はイチジク農家が多くて頂くことが多い。
   そんなわけで、手を広げ、どこからか届く日を待っている意地汚い私なんです。

   それにしても、今夏のイチジクは甘い、甘い!美味しいです。ありがとう・・・・ね。



   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-09-06 22:31 | Comments(18)

テレビドラマから

 メメント モリ (ラテン語)
    「死を思い 死を忘れるな」


   毎週、日曜日の夜、BSプレミアムドラマ「定年女子」を8話、欠かさず見させて貰いました。
   最初、なんだかチャラチャラした感じ・・・なんて思いながら、次回を待つように傾いて行きました。

   8話とも、何かを感じさせてくれるテーマを投げかけられて。この日曜日に終わりました。
   ホッと、ため息を付いているわたしです!


b0289649_946172.jpg

                                   オリーブの目覚め


定年女子

  あらすじ

   大手商社CSR部で部長を務める深山麻子(南 果歩)、53歳。
   仕事は順調だったが、突然役職定年を言い渡される。次の異動先は食品事業部だと宣告され、
   納得がいかない麻子。旧友たちとの女子会で泥酔して男性客にからむ。
   31年間勤め上げた今までのキャリアは何だったのか!ショックを受ける間も無く、
   元夫の聡(寺脇康文)と姑・登美子(草笛光子)が家にやって来てはマイペースに大騒ぎ。
   50代定年女性の未来は果たして...。


b0289649_13402214.jpg

                                  アマルフィーの海

   麻子のお喋り仲間は同じ年の3人。4人そろっては日頃の鬱憤を吐き出す。
   転職を考慮中のキャビンアテンダ、認知症の実母の看護を抱えた小学校教頭、建築会社・経理さん

   彼女たちの話題は、私にとっても身につまされる事なお話の多い事。
   回を追って、いつの間にか次回を待ち兼ねるようになりました。

  最終章・8話
 
    登美子(草笛光子)は、リハビリに精を出し、ついに歩けるようになる!丈太郎(山口祐一郎)も
   送り迎えなど登美子の世話を手伝い、登美子とは親友になる。始めは現状を受け入れられなかった登美子だが、
   みっともなくてもぶさまな姿を見せるのが、若い人のためになると思い直す。そんな登美子のために
   「生前葬」をやろうと立ち上がる麻子。そんな中、今自分達がやるべき事は何なのか、
  

b0289649_10183040.jpg

                                  マテーラの岩山

   姑(元)登美子の生前葬を執り行った麻子ですが想像も出来ない素晴らしい葬式(テレビだからか)に
   草笛光子(姑)さんの最後の挨拶で語られた言葉が「メメント モリ」  でした。

   級友たち4人組は、セカンドライフに目標をもって、良い意見を持ち向かっていこうとする。

   老いるという事は、みっともなくぶざまな姿を見せることになる。けど・・・もっと先だと!
   お盆帰省の倅に、なるだけ、達者なところ、サッサと歩く、機敏に炊事洗濯をこなす 振り(をした)
   「まだまだ・・・」という姿を見せたりもしたが。麻子たちの様に
   53歳の頃、メメント モリを識り、しっかり対処できる考えを持っていたなら、もっと変わった60代を迎え送ったが

   姑・登美子は82歳、老人性骨折で嫁の看護に頼っていたが、プールで鍛え松葉杖無しで歩けるようになり
   自宅に帰って行った。これからは福祉を頼り一人で生きて行くという。見習わなければ!
   体が言う事を効かなくなる、明日の事が分からない日常の暮らし、弱る体力・・・色々ドラマから学ばされました。

   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-09-01 16:39 | Comments(14)

あぁ無情

  2時間半の闘い(?)

   2~3日前、大阪の街だったかなぁ~? 停電したよね。
   午前中の事で、出勤に、家事に、開店にと・・・多くの人々が不自由した報道を見た。

   団扇をもって、木陰に座り、わずかの涼を求め時をやり過ごす人たちが画面に映っていた。
   電気が切れるって事、大変なんだってこと、私もつい最近体験したのでテレビの世界の人に相槌を打つ!
   真夜中の停電で、大慌てした婆のはなし、しますね!

b0289649_1091323.jpg



   月曜日の夜、明日はお休みだ・・・って。、リラックスして遅くに眠りについた。

   夜中にトイレに立った。
   時計を見たら2時だった。深く寝入っていたなあと思った。

   突然
   豆球が消えた。足もとの扇風機も同時に停まった。停電!

   そういえば・・・ 数日前に停電のお知らせが郵便受けに入っていた。何気なく
   夜中の二時、三時なんて、どうせ夢の中よと思った~事を思い出した。

   2号線には灯光機が入っていて、昼間の様に明るい灯が当たりを照らしていた。
   工事の人の声が入り乱れ、車の騒音と重なっていた。ヤレヤレ!


b0289649_16492394.jpg

                               渋峠(群馬ー長野 県境)

   とりあえずトイレに入った。~どっこい!水が流れない。
   グルグルと、お腹調子も悪くなってきた。寝る前にのんだ下剤が今ごろになって?
   アチコチ調べて流せることを発見した。何しろこのトイレ、ひと月前にやりかえたばかり。

   パッチリ!
   一度目覚めると目が冴えて眠れない。いつもの癖でテレビのリモコン手にする。真っ暗でも慣れたこと。
   テレビもお休み!(ソリャぁそうだ!停電なんだ) またトイレへ。

   眠れない。深夜ラジオを聞く。若者向けかな・・・切る!お風呂に入ろう。懐中電灯は用意無し。
   枕元に懐中電灯の無い自分を反省。携帯電話の灯りが適当な導になった。

   川べりの窓を開け椅子を持ち出し工事現場の方を見る。風呂上がりの身体が涼しい。
   結構な時間そうしていました。


b0289649_11282413.jpg



   クルマのエンジンをかけ、カーテレビ!もしくは携帯電話でテレビを見る!
   窓の下のマイカーを見ながら、ふと考えたけど。5時前の時計を見て努力して眠ることを最優先した。

   翌朝、目が覚めたのは9時を回っていました。

   停電の街、病院も、コンビニも、信号も・・・・。あぁ~、皆さんタイヘンだったことでしょう。
   深夜の停電で、これだけ不自由した要領の悪い婆が・・・困ったって言うんだから!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-08-26 20:44 | Comments(16)

猛暑に不可欠!

 真夏の出来事

   その出来事は、突然にやってきた!

   店内が、ポワァ~ンとぬる温かくなってきた。
   もしや・・・

   とんでもない想像は的中して。
   エアコンのスイッチが消えていた。冷房ストップ! 「ウッソー!」

   7月末の23日の日曜日、時間(とき)も暑い盛りの午後3時過ぎ(泣) エアコンは故障!働かない!
   営業中で、そこそこの人がいた。困ってしまった私。

   慌てて3台の扇風機を回しし、凌いだが、おっつかない(・・・と、みえたが)
   誰も帰ろうとはしない。慌て心の私は、その時から、閉めるまで血圧上がりっぱなし。



b0289649_1741122.jpg




   掛かりつけの電気屋さんの見立ての結果。もう・・・寿命デス。
   22年間も、よお頑張ったなぁ~!新しいのを入れ様か?

   その日の夜、考えた!
   しかし、考える余裕など無かった!毎日続く記録的な猛暑。今夏は暑い。暑い日々。

   当たり前の結論の前に立ちふさがる、ヤツが居た。そいつが~~~囁く!
   「まだ、何年も働く気? 丈夫でもないのに! 営業用のエアコンは家庭用より高価よ!」


b0289649_20121667.jpg



   結論
   一年でも二年でもいい! 新しいエアコンと働こう。ぐわんばるど! と思った。

   困ったことに、設置する職人さん(?)が大忙しで。

   「8月まで、待ってください」

   頑張って 頑張ってお願いした。でも人手不足の上、異常な暑さでエアコンの設置が追い付かない。
   ところが

   間に入る人がいて(有りがたいことです)辛抱したのは3日間で終わりました


b0289649_20125613.jpg


   むかしは
   パタパタと蚊帳をはたいて入り、室の様な中で、、風の無い夜中、団扇で涼をとる。

   桃の葉を浮かべたお湯に浸かり、アセモに対処した・・・って言うのに!

   今日日、エアコンの無い、隙間の少ない家屋。温暖化と異常気象?
   我慢も足りないが、住みやすくて、住みにくい環境となってしまったヨ!

   そして、いま
   エアコンを見上げ「ありがとう」と心から感謝しています。一生懸命働きます。
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-08-25 13:08 | Comments(8)

馬の合う連れと!

 ありがとう

   「すごい!凄い!」
    一歩、足を踏み入れて、アッと驚いた!

   イタリア、バチカン市国・シスチーナ礼拝堂天井画が、大迫力で迫ってくる。
   今から500年ほど前のミケランジェロの作品だ。

b0289649_1701885.jpg


   美術館へ行こう!と誘われて~
   東へ200キロ、徳島県・鳴門にある大塚国際美術館へ出かけました。

   淡路島の南端とは、橋でつながっている渦潮(うずしお)の町、海を渡ります。
   瀬戸大橋(児島ー坂出)を渡ります。この橋も29年と言う30年に近い年月をあっという間に経てきました。

b0289649_17203429.jpg


   「国際」と言う言葉が入っているという大そうな美術館のネーミングに 「?」 だった私
   入館後、長いエスカレーターで一気に3階ぐらい駆け上ったろうか?
   
   正面に、高くて、広い天井画・壁画が実物大でドデンと私達の事待ち構えていたのです。
   何気に、美術館にきた・・・そんな私の身が引き締まりました。

   天井画の迫力に、ド肝を抜かれました。何度もなんども・・・友の口癖。「車イスに乗るのよ」に納得
   こりゃあ、乗らなくちゃぁ~と。だって、広ろぉ~いんです。

b0289649_2017131.jpg


   絵画なんて!アタシになんぞ・・・・という、知識ゼロの私は場違いな世界に投入されたのです。
   受付で音声ガイドを借りて、番号順(百数十個)に回り始めました。

   20年前、ローマから北上してミラノまで北イタリアを観光しました。その時の壁画
   教会(どこにあったかなぁ)の、気に入ってコピー絵を買い求め、わざわざ持って帰った。

   
   女王様と〇〇だったか? 記憶力の乏しい年寄りの事、お許しあれ!ここで出会えるなんて!
   今は私の部屋に額縁入りで飾ってある。ここで出会えるなんて!

   こういった作品に出会うと、俄然親近感がわいてくる!
   一枚ずつ、丁寧に見て、読んで、納得して、しずしずと私の車イスは移動す。

b0289649_20395316.jpg


   これは、スペインのプラド美術館で鑑賞した。中央のお姫ちゃまを覚えている。たしか
   後方の額縁の中には、両親の国王ご夫妻が描かれていると聞いた。

   ここ(スペイン・プラド美術館)では、沢山の知った作品に出会ったような。
   でも、大塚の絵画は1000点と言う。かなりの量だ!それも、全てが実物そっくり。

b0289649_20512490.jpg


   ドガの踊り子、これは大原(倉敷)美術館でお馴染み。撫でたり摩ったりとゆっくり!
   そこへ、若いお兄ちゃんが私たちの前にふさがった。カメラを陶板(絵)にくっつけて・・・パチリ!

   好奇心旺盛なbaba2人、私達もやってみよう。
   油絵だったら、絶対に許されない事。ここが、驚きの嬉しい美術館!

b0289649_20564781.jpg
 

   かなり細部まで見える。
   「あのお兄ちゃん、画学生かな?それにしてもスマホで撮ってたね。連れの娘も撮ってたね」

   私たちの興味、好奇心は何時も共通。顔だけ拡大の写真載せますね。
   考えられない事、見ちゃった!覚えちゃった!

b0289649_21141874.jpg


   館内のアチコチに貸し出し無料の衣装が置いてある。
   若い子が世界の民族衣装を身に着け、絵画と同じポーズで写真に納まっている。

   agsの紅茶国のミチさん
   私の一番好きな絵画はこの衣装の「接吻」です。

b0289649_21185759.jpg


   オーストリア美術館所蔵のクリムトの「接吻」連れてきて貰って良かった。
   騎手と馬が合ってこそ良い結果が生まれるとか!馬の合う連れがいて良かったヨ!
   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-08-08 21:23 | Comments(10)

涼しいぃ~!

  行ってきました!

   毎日暑いね!
   外出なんて・・・ とんでもない!

   「今度の休日、出かけような?」
   出べその友人が、囁く。涼しい所、余り歩かないで良い所!そんなところある?

   風呂はいやよ!ショッピングも・・・?
   風邪をひかないかな、足が痛くならないかな。アレコレ口実を探してみたが

   その日が来た。時間通りにお出迎え。
   廜殺場に惹かれるトドの図よろしく、車に乗った。


b0289649_13405483.jpg


   乗る事2時間、着いた所は「美術館!」

b0289649_134266.jpg


   団体さんも多かった。けど、若い人たちが大半を占めていた!


b0289649_1343738.jpg


   音声ガイドで絵の解説を読み進む。結構時間がかかる。

b0289649_13462669.jpg


   モチロン!私は車いすの人。歩かない事はいいことだ!この美術館は写真撮り放題。

b0289649_1353991.jpg


   地下の建物も含め5階建ての建物の広い事。矢印に沿ってガイドを耳に当て!

b0289649_13475418.jpg



   名だたる世界の名画のほとんどが、実物大に「銅版画」の技術で作品化してある。

b0289649_1349685.jpg


   ここは、徳島県・鳴門市に在る「大塚国際美術館」と言います。
   そうです。あのオロナミンで有名な製薬会社の経営なんです。          つづく  
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-08-03 14:19 | Comments(16)

挨拶も無く

 別れは突然に

   南向きのキッチンは三方が窓、涼しい風が吹き抜け中央に置いたテーブルは私の格好の作業台。
   テーブルの脇に、寝椅子を置き、起こしたり倒したりしてテレビを見たり。ノロノロ半日を過ごす。

   喧しい蝉の声、食用ガエルの勇ましい(まるでほえるような)声とか楽しく聞きながら!
   今は子供たちの明るい声が裏の駐車場から聞こえてくる。夏休みなんだなぁ~!

   歩いて数歩と・・・午後からの職場も近く? 国道2号線の騒音も気にならない私!

   そんなささやかな私の幸せを奪うのが、近頃の無礼なこの暑さ!
   暑い!暑い! こりゃぁ、一体どうじゃ!

b0289649_1812376.jpg


   ふと、病と闘っている友達の事が気になった。

b0289649_17501989.jpg


   Kは、40年来の友だち。っていうよりか私の「人生の師」とも思う人。
   何人かいる男友達の中でも代表のような人です。私の仕事を通じての出会いでした。

   曜日、時間もそれほどの差も無く、毎週元気な顔を見させてくれてました。
   それも・・・一年や二年じゃ無く、。よくぞ、まぁ~!

b0289649_17511120.jpg


   そんなKが、7月の初め2週間ぶりに現れた。
   「土曜日まで入院してた。クルマも処分するのでもう、余り来られない!」 {?}

   癌と闘っていることは知っていた!
   4~5年前、前立腺がんの治療をしていたが、今は胃癌と闘っていることも。

   周りに人がいるので多くは語れない。でも、車の処分ともなると?
   がっしりした体躯と、余裕の笑顔からでは、理解しにくい、俄かには信じられそうにないハナシ?

   帰り際右手を差し伸べ「頑張って!」と言うと、その手を左手で包み込み少し自分の胸元に引いた(様な?)
   それも、あっという間の瞬間で。何事も無く背中を向けて出て行った。

b0289649_1754956.jpg


   あの日から二十日ほど経ちました。再入院したかな。来られなくなったといえども・・・
   一度気になると、そのことが知りたくて、怖いような気持ちも大だけど・・・

   思い切って電話した。

   奥様が出られた。彼女とも共通の友人なので、いつもの調子で話しかけた!
   二言三言のあと、「先週の水曜日亡くなりました。家族だけで送りました」と。

   そりゃぁ無いよ。挨拶も抜きで!

   もっと、しっかり、お話しておけばよかったよ!

   じゃぁ~、あの日の握手が最後のお別れだったって・・・言うの!

   なんとか言えよ! オイ!コラッ!


b0289649_1757091.jpg


   思いっきり、言いたいことを言って、思ったことを現わした。
   でも、サヨナラなんて、きっちり言えるはずないよね。毎日前向きに闘っていた人が。

   思いもよらぬ急逝に、改めてかけなおすことを約して、言葉もなく電話を切った。

   次の日、娘さんに託して、自分の気持ちを収めました。また、改めまして!
   悲しい別れが、またひとつ、出来ました。         
   
   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-08-02 20:09 | Comments(16)

記憶力

  認知症

   久しぶりに外出した。

   暑い日で、じっとしているだけで汗が噴き出す。

   「認知機能検査」という、検査を受けに自動車教習所まで出かけました。
   この知らせが届いたのは4月下旬。誕生月から5ヶ月前の事。

b0289649_9274931.jpg


   県公安委員会から届いた日、市内にある自動車学校(8か所)の中から、最寄りの一つを選び予約。
   便りの届いた即日の予約なのに、指定されて日時は3ヶ月先の7月14日でした。

   (①予約ー検査を受ける)(結果報告・高齢者講習の予約)((②高齢者講習を受ける)(③免許証更新)
   これで・・・やっと免許更新が出来る。講習の前の認知度の検査の日が今日なのです。

b0289649_9393931.jpg


   机に座り、答案用紙に書き込む
   そんな作業、最近縁のない事です。上手くいくんかいな?
   受けた人たちは「簡単じゃったよ」と口々に言いますが、こういう事苦手なアタシ。

   この年齢になると、三つものの段階を踏まなければならないなんて。
   3年前は二つだったけど!ヤレヤレ!

   先日見た「家族はつらいよ」と言う映画、始まるといきなり
   70歳になる親父の「免許証返納」を兄弟の、誰が、伝えるかと言う家族会議!(他人事じゃないよ)

   私達高齢者は、移動の手段にクルマは欠かせられない大切な手段。
   足を奪われるって事に直結なんです。それには3年ごとの講習が待っている。
   今年が最後かなぁ~?(いやいや。もっと乗っていたい。でも、3年先は・・・?)

b0289649_1022747.jpg


   最近友達から頂いたカバン。アタシ向けの可愛らしい(?)柄が気に入って!
   これを手にして、心軽やかに、気は重く。いざ、出陣!

   当たり前のことだけども、年寄りばっかり。男性女性は半々かな?椅子に掛け待ち時間を過ごす。
   遅刻する人も無く、時間開始。参加者12名。思ったより少ないかな。


  「はい、答案用紙を開いて」
   内容は・・・言えないな。簡単な問題です。難関は記憶です。

   私たちの場合は、全部で16個、記憶して回答欄に書き込むのです。・・・・が、私には難しい事。
   「一つだけ、思い出せなかったよ」と、二人掛けの席で隣り合った奥さん。ニコニコ顔で聞いてくる。

b0289649_1934895.jpg


   一週間後、結果案内が来ます。76点以上の人は「2時間の講習」、76点未満の人は3時間の講習を受けます。
   出来の悪いアタシ、一週間後までドキドキ!3時間講習でも良いよ。受かりさえしたらネ!

   クルマ、乗れなくなったら超不自由なんだなぁ~!!!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-07-16 19:37 | Comments(18)