手掛かりは ひとつ!

 東北なまりの「カメダ」

   もう、3~40年前にもなるかなぁ~!

   大好きな松本清張の「砂の器」という映画を見ました。
   ハンセン病の父親に手をひかれ、6歳の息子が迫害の中放浪の旅するすがた。
   芥川也寸志のオーケストラの音楽がいつまでたっても忘れられない。

   事件は東京・鎌田の駅で、田舎出の老人が殺されたこと、犯人らしき人は若い男性?

   被害者と容疑者が直前に話してた会話の中味は、ズーズー弁での「カメダはどうなんか?」
   そういった会話だった。

   刑事たちは地図から秋田県の亀田まで飛びますが、何ひとつ手がかりなしで引き揚げます。

   退職直前の老刑事の執念の捜査で島根県の「亀嵩」と言う地方で東北弁が常用語とされてる事に行きつきます


b0289649_15321239.jpg


   行ってきました!
   一人運転で、飛び出した目的地は、砂の器で舞台となった亀嵩です。

   車に乗ると人が変わる・・・っていう言葉、アレッ、私の為にあるような言葉。握ってしまうと
   知っても、知らなくっても道は一つ。これまでの荒い運転、ハンディの身体忘れている?

   今年は紅葉って言葉忘れていました。
   この時期は紅葉だったんだ。しかも県北に向いている窓外は次々に秋景色。良い事!

b0289649_15324166.jpg


   亀嵩の町はずれ、湯野神社の隣に碑は有りました。何年来の夢でしょう!
   この地で、あの好演の加藤嘉さんが演じて呉れたんだわと大喜びの私。

   ここに立つまでに何年経ったのでしょう!
   来てよかった。あの映画シーンをダブらせて、老人はノソノソ歩いたのだ!

   いま、この亀嵩は「亀嵩温泉」と多々良の郷近くで、年間多くの人々の訪れる観光地となっています。


b0289649_15331682.jpg



   花より団子
   早速温泉へと!所が、ところがその道中の紅葉が余りに美しくて。颯爽と降り立ち・・・・
   とはいかないが、降りてはパチリ、またまた降りて(その時間のかかる事。これが一人旅の妙味!

b0289649_1559129.jpg



   赤い木々に、気後れしたような、黄葉の樹も美しかった。

   ここから140キロの道のりを、陽の明るいうちに我が家に着くとすれば、3時には出なくちゃ?
   遅めの昼食を頂き、3時前まで亀嵩温泉に浸かる。こんなこと久しぶり。最近のお出かけは温泉抜き。

   時間通り3時過ぎには帰途に就いた。帰りは県道をひた走り。クルマは少なくってマイロード!
   黄葉も綺麗だったよ!みんな、お化粧して待っててくれたのね。又来るね。バイバイ1

b0289649_2029494.jpg


   曲がりくねった川沿いの道で、正面に赤い塗料を流したような岩壁を見つけた。

   人工的な、ペンキではなくって、自然現象の様なものにみえた。

   降りて行って、写真を撮った。分からないけど掲載します。

b0289649_1605970.jpg


   次の夜、たまたま見かけた隠岐の島の番組で、岩肌に真っ赤なすじが放映されていた。

   ここは、火山のマグマの現象とか・・・言ってたけど。この写真程中途半端なく真っ赤だった。

   この年になっても、家路を急ぐのも忘れて(ではなく)物好きのbabaしてます。急がなくっちゃぁ!

b0289649_1612247.jpg


   もう二か所ほど寄ったけど。この話は又にします。機会が有ったらお喋りしたい。

   黄葉も美しかったけど、今回はススキを沢山観ました。考えてみると珍しいことの様な。
   何かしら幼いころの郷愁が漂ってくるような、それが何かしら?

b0289649_1613923.jpg


   一人で乗ってても、心が忙しないワタシ。ひとり言ブツブツ!

   てなわけで6時前に帰宅でした。なんだか自信が湧きました。心配してくれてる人たちに報告しなくちゃぁ!
   事故も無く帰れたこと、良かったデス。あぁ~、疲れたよ!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-11-11 20:43 | Comments(18)

Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-11-11 22:46
確か、加藤剛が、はんにんで、若い刑事が森田健作?丹波哲郎がその主人公の刑事でしたっけ?
小説も読みましたよ。
その場所にマリさんは立ったのですね。

美しいところですね〜。

嬉しいな、元気元気で(^ω^)
でも、気をつけてくださいね。
Commented by marri at 2017-11-12 09:12 x
小夏さん
ありがとう!貴女の説明で同じ作品と確信しました。
松本清張は格別好きです。この作品はその後も何度か創られていたかも。
でも、当時の作品はキャストが凄いですね。脚本も山田洋次監督も加わっていたなんて。
参考資料も足しました。ありがとうね!
Commented by mamarinn30 at 2017-11-12 09:15
亀嵩、砂の器で有名になり、観光客も結構増えているのでは。
亀嵩そば、ゆうめいです、確か駅舎でもたべられるはず、
ここ紅葉は見事です。
こうしていながらにして見せていただけることに感謝です。
遠出が出来るようになったのは嬉しいけど十分きをつけてくださいね。
marriさんの元気にばんざーーーーい。
Commented by jugeme at 2017-11-12 09:39
良く決断されて行ってらっしゃいましたね。一人ドライブ!
行きたい場所に行けるってやはり車様様ですね。
目の保養も出来て素晴らしい一日でしたね。
Commented by 山小屋 at 2017-11-12 10:10 x
松本清張の「砂の器」の舞台・・・
こんなところでしたか?
紅葉がきれいでした。

運転はくれぐれも気をつけてください。
最近は高齢者とみるといたずらをする若者がいるようです。
Commented by akera_s at 2017-11-12 13:49
ズーズー弁と言うので東北地方のどこだろうと思っていましたら
砂の器のロケ現場。
marriさんが行ってみたかったところだったのですね
念願かなってその場所に立てたことそして無事に行ってこれたこと
本当に良かった私までうれしくなりました。
Commented by yokkosan3 at 2017-11-12 17:07 x
marriさん凄い
パチパチ 拍手です
100キロ以上の道のりもなんのその完全復帰ですね。
でもくれぐれも気をつけてくださいね。
美しい紅葉に惹きこまれました。
こんな美しい紅葉今年はまだ見ていません。
Commented by marri at 2017-11-12 20:48 x
mamarinnさん
貴女の庭先荒らしちゃったよ。
何処かいこうか・・・って誘われてたけど。断って!
今年は紅葉って思っても無かったので、大歓迎に喜んだよ!
Commented by marri at 2017-11-12 20:51 x
jugemeさん
クルマさま様!乗れば・・・普通の人になり!
それより何より、目的地に心が飛んでいて、もっと、簡単に着くと。
雨の日、夜間の運転は避けたいので帰りは急ぎました。それでも、2~3か所で寄り道。
Commented by marri at 2017-11-12 20:56 x
山小屋さん
まさか、島根県の言葉とは!
それがこの物語のカギを握っていたのですが、ハンセン病もテーマだったんです。
渥美清(寅さん)も出演していたんですよ。
もう、余り出かけません。何事も無く帰れたこと感謝です。
Commented by marri at 2017-11-12 21:00 x
akeraさん
あの近くまでは何度か出かけていますが
いつでも、又行かれるわって、そんな所が在りました。
まさか往復で280キロ(ウチから大阪・吹田間)も駈けたなんて!
次の日から、背中、腰が痛み。あはは!バカな私!
Commented by marri at 2017-11-12 21:05 x
yokkkosanさん
この3年間、お墓参り以外は送り迎えの過保護ちゃん。
目的地に向かってただひたすら。でも、カーナビに140キロって出た時は
天気も曇り空で行こうか、止めよか・・・なんて出発して。
でも私って旅に出てレンタカーで観光地廻る人だから。根っから運転好きみたい。
Commented by agsmatters05 at 2017-11-13 08:32
marriさん、
遅ればせコメ、ごめんなさい。
ようやく身辺の一区切りができてこちらにお邪魔できました。すごい! 280キロですか、一日で! びっくり。

手掛かりはひとつ、東北なまりの「カメダ」、というタイトルだけで「砂の器」のことピンときましたよ。映画をみました。遠い昔、長崎時代に。よく覚えています。

紅葉、きれいですね。いつもMarriさんの記事は見ごたえがあります。さすが!  そして、ありがとう、です。
Commented by 8chantomei at 2017-11-13 19:03
おやおや、またお出かけでしたか。
すっかり自信がついたようですね。
でも、でも、おきをつけてね。
それにしても赤い岩、なんでしょう。。。
Commented by Hsrolayqq at 2017-11-13 20:15
こんばんわ
すごいなぁ。。。往復280キロとは。広島県からどこまで行かれたんでしょうか?私はどんなに頑張っても往復で160キロがやっとよ。これでも珍道中でした。
綺麗な紅葉見ておいしいランチ食べて温泉はいり、至福の時ね。
Commented by marri at 2017-11-14 11:54 x
ミチさん
シアワセ忙し・・・してますね。羨ましいです!
いっぱい、一杯のお褒めの言葉嬉しいです。何かと励みになります。
ハンドルを握ると、距離感を忘れているようです。翌日から・・・どっと疲れが。
雨の日を避けてお墓参りもこなしました。ボチボチ進めていきますね!ありがとう!
Commented by marri at 2017-11-14 11:59 x
8chantomeiさん
先週のお休みの日、思い切って出かけたのです。その一回だけのドライブ
二回に分けて掲載しました。説明不足でごめんなさい(ペコリ)
それにしても、赤い岩、誰からも教えて貰えなかった?
私って好奇心旺盛、過剰気味カモ?
Commented by marri at 2017-11-14 12:05 x
hsrolayさん
ドライブ狂。私って運転苦にならない性格の様!
ここから800キロの東京3回も出かけてます。クルマで走った所多いです。北海道内、石垣島から波照間島(最南端の島)、与那国島(日本最西端の島)
レンタカーでひとり旅してました。この3年間は行ってない。行きたい!