小さな冒険

旅はみちづれ

   癖に なるねぇ~!

   その時間になると、チャンネルを変えている。
   韓国・時代劇、王朝もの。見た事あるのに・・・またまた、観ているアタシ。

   同じ文字(漢字)が出て来るけど「又」って、意味は同じなのに読みかた(発音)がまるで違う。
   日本も、かの国も、遠き昔中国から渡ってきたであろう漢字が異国の発音で語られる。

   今日もテレビの前に座ってシアワセ!
   思わず、おかあさんと呼んでしまったおばちゃん似の俳優さんが好きで、見ています。
   
   おかあさんと出会ったのはもう14~5年前になるかなぁ~!
   目的もなく関釜フェリーに乗ってひとり旅した一泊二日の小さな旅の事でした。

b0289649_9185886.jpg


   そのころ、西国33カ所巡りの旅を一年かけて続けていました。
   旅の途中、ひょんなきっかけで、釜山旅行を思い立ちました。

   旅行社でチケットを求め、出かけます。
   まずは新幹線に乗り下関まで。夜9時頃発の深夜周航便。翌朝5時前には釜山の沖合に停泊しています。

   船内で税関の開く時間まで過ごすのです。
   韓国釜山と下関を結ぶ関釜フェリーは出国も入国もパスポートが必要。

   当たり前のことながら、この国は出るのも入るのも、空であれ、海、陸・・・どれも厳しいチェック有り。
   そのことを忘れてしまう位、この航路はゆとりある雰囲気でした。

b0289649_9194459.jpg


   知識ゼロで乗った船室は座敷.韓国語が飛び交う、旅慣れたおばちゃんたち4~5人と一緒でした。
   銘々が持ち寄った弁当、果物やお菓子で楽しく会話して、船旅を楽しんでいます。

   そのうちゲームを始めたので、デッキで風に当たることにしました。
   そこで出会ったのが韓国人のおばちゃんでした。日本語でおしゃべりしました。

   大分から衣料問屋へ仕入れの旅、大阪の問屋街より安くて近くて月に一度は必ず通っていること。
   お孫さんが広島大学で学んでいることから会話も急接近。お喋りが弾む。

   おばちゃんは個室、場所をそちらに移して昔からの知り合いみたいに喋ったよ!
   「国籍の違う大分で、これまでの人生辛いこと多かったでしょ。差別に遇った事イッパイ?」

   ♪~そんなこと、無いよ!みんな良い人たちばかりだったよ~♪

   大分に戦前越してきて、頑張って呉服屋さんを始めたこと、軌道に乗って上手く商売したこと。
   子や孫に恵まれたこと・・・心から幸せそうに話してくれた。

b0289649_921630.jpg


   気に入った!嬉しくなった!

   そういえば、足を引きずっていたなぁ~?歳も、今の私ぐらいだったんじゃなぁ~!
   そんなことを今になって思い出すような私です。

   「明日はどこへいくか?」
   市場で買い物して、タクシーで温泉まで行き、夜のフェリーで帰る。日帰りよと。

   買い物なら私も買い出しで市場へ行くよ。明日は一緒に行こうな。案内してあげるよ。
   その代り降りるとき私の荷物持ってくれるかい・・・ヨッシャ・ヨッシャって!

   チケットは帰る時、韓国で次回の便も買う事(かなり安い)
   空手で何も持たずに入国するより、たばこ、お酒などを持ち込むこととか・・・

b0289649_922316.jpg


   大きな大きな布袋をサンタさんみたいにもって、降りるおばちゃん。一生懸命お手伝い。
   そこからタクシーで問屋町、食事、お風呂、垢すりなど。

   フェリーに乗るまでの時間、目いっぱい釜山の町を楽しんだ。
   ソウルが東京ならば、釜山は大阪かな?日本語は通用し、宅配便も利用できるし。

   ツアーでは味わえない一日釜山をお母さんと楽しみました。こんなみちづれ有りがたや。
   その時買ったブラウス、着るたびにおかあさん思い出す。

   税関をすんなり通るまでくっ付いて見送ってくれた。
   しばらく、電話交信が続いたけど、数年後、息子さんから亡くなったと電話が有った。

   「母は、貴女の事 ひろしまのねえさんって、呼んでいましたよ」
   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-06-02 16:41 | Comments(18)

Commented by akera_s at 2017-06-02 18:46
あったか~~~いお話ですね
旅で出会った方と長い間お付き合い
お二人が話す姿はどんなふうだったのかな
良い思い出がたくさんあるのは素敵なことですね。
私がお母さんと呼ばせてもらっていた方が
良い思い出がたくさんある人は大変なことも
うまく乗り越えられるし人にやさしくできるのよって
だから沢山の思い出を作りなさいって言われてました。
Commented by 8chantomei at 2017-06-03 07:16
素敵なお話、ありがとうございます。
感動しました。関西からは船便も韓国へあるのですね。

marriさんは、誰とでもすぐ仲良しになれるのですね。うらやましい。
私にはない特技。お人柄なのでしょうね。
いつかまた、お会いしたかったのでしょうに残念でしたね。
Commented by ayame4011 at 2017-06-03 10:06
おはようございます。
いつもながら小説を読んでる気分~。
こんな温かいお話が現実にあるんですね。
素敵なおかあさんとの思い出は宝物~♪
また、一人旅も積極的に出来るmarriさんも
羨ましいですよ。
私は一人旅の経験無くて・・・。
Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-06-03 15:43
色んなところへ行き、色んなことを経験したマリさんの懐には、玉手箱。
お話がいっぱいですね。
楽しくなります。


福山はバラの街、綺麗だなぁ〜♪
Commented by marri at 2017-06-03 18:59 x
akeraさん
コメントありがとうございます。
貴女のお母さんと呼ばれる方は、良い教えしてくださいましたね。
うんうんって、納得しながら読ませていただきました。私も若いころ
「めぐり逢い」とか言う映画だったかな同じようの台詞聞いたのです。
「この年になると行動は出来ない。若くて元気なころはしっかり行動して沢山の思い出を作りなさい。
老いて動けなくなったら、その思い出をっ引っ張り出して楽しみなさい」だったかな!
Commented by marri at 2017-06-03 19:05 x
8chantomeiさん
誰とでも・・・でもないのよ。余り近しくしないようにしているけど?
この時ばかりは、慣れた方の情報が欲しかったので。しっかりお喋りしました。
考えてみれば私と良く似た性格の人だったような。
こんな話、いっぱいあるのよ!いつか貴女とのデート紹介したように。貴方だって
私を別府温泉に・・・裸のお付き合いしたっけ!あはは!
Commented by marri at 2017-06-03 19:11 x
ayameさん
読んでくれてありがとう!
一人旅行好きなんです。HISでチケットだけ取り、宮古島、石垣島の離島へ渡りレンタカーで隈なく走る。殆ど行ってます。
こうして今、友人に車いす移動(臨機応変に)をしてもらうようになるなんて。
自分自身も思ってもいなかったことです。出かけることが難しくなるなんて。
在庫の写真を引っ張り出して、過去の話を広げてるなんて!ふふふ!
Commented by marri at 2017-06-03 19:18 x
小夏さん
余り出かけられない生活になって、在庫の写真で思い出ばなし。
こんなことなら、続けられそうです。
当地のバラ祭りは、今年も大勢の人々で開催されました。
東に花が咲けば飛んでいき、西に美しい夕陽の名所が有る・・・なんて!今の私には無理!
行かれる時に行っておくべきですね。お孫さんの所も、誕生すると直ぐ駆けつける!
Commented by yokkosan3 at 2017-06-03 19:25
色々な所へ旅行されて貴重な体験をされたり素敵な出会いが
あったりとmarrriさんの物語は語りつきませんね。
今回の心温まるお話、短編小説になりそうです。
どなたとでも直ぐにお友達になれるって人生が数倍楽しくな
りますね。
良いお話でした。

Commented by marri at 2017-06-04 08:40 x
yokkosanさん
おはようございます。
私って旅行以外何の趣味も無いんだなぁ~って、この頃つくづく思います。
手先も不器用、花つくりも向いてない・・・なんて!旅の話位ならと。
出逢いが沢山あります。知らない土地の風景や文化、土地の人々との会話。旅の醍醐味です。それと
旅の恥はかき捨て~ってことで。ひとり旅楽しんでいます。また、喋っちゃおうかな!
Commented by mebaru-papa at 2017-06-05 08:40
おはようございます
一気に読みました
素晴らしい体験でしたね
ラストの一言・・う~ん・・泣かせます・・
Commented by Hsrolayqq at 2017-06-08 20:18
こんばんわ
今回も心温まる話に感動しました。
お友達が多くてうらやましいです。人柄がよいからです。
私は見習いたいよ。
Commented by agsmatters05 at 2017-06-09 18:59
marriさん、
いつもの遅れコメ、なぜかフォローしてるブログの新着記事は、新着記事というところをクリックして欠かさず読むようにしてるのに、marriさんの新着記事と私の読む時間がずれているのか、目に入らなかったの。それで、marri さんこの頃どうしてるかな、新しい記事書いてるんじゃないかな、って私のブログサイトから マリさんのところへ移動。そしたら、この記事に。まりさんは「ひろしまのおねえさん」だったんですね。いい思い出ですね。今なら、お二人はどんな会話を交わされることでしょう。

はい、次々と思い出の玉手箱を開けて、出会いの楽しさ、めぐりあいの尊さをいっぱいいっぱいシェアしてくださいね。考えてみれば、私にも過去の面白エピソードがあるはずなのに、どうしてかなあ、出てこないのよ。マリさんとこで楽しませてもらえるからいいのだ。
Commented by mamarinn30 at 2017-06-11 14:14
marriさんのお話の宝箱から、次々感動のお話が飛び出しますね。
つぎのお話を、首をながくしてまってますね。
Commented by marrii at 2017-06-15 13:47 x
mebaru^papaさん
お返事遅く成りました
野暮用が多くて!ごめんなさいね!
おかあさん、広島のねえさんで数年の間お付き合いが有りました。
出逢いの楽しさとでも言うのでしょうか。良い思い出です!
Commented by marrri at 2017-06-15 13:51 x
hsraloyさん
返事遅く成ってごめんなさい。
それまで何度か韓国旅行へ出かけていましたが、こうして韓国の人の
紹介での体験は沢山の事を知りました。垢すりもッアーの
10分の一の値段だったり、物価の安さに驚かされたり
ひとり旅の面白さでした。
Commented by marri at 2017-06-15 13:58 x
ミチさん
2週間も閉めきっていました。ごめんね!
貴女サイドからの入口は複雑になっていたのでしょうか?
私もこんなに休んでいると忘れることも多く。ダメですね!
旅の思い出はたくさん作って、引き出しに一杯しまいこんでいます。
この頃何処へも行かれなくなって、それらを開けては楽しんでいます。
まさかこんな老後があるなんて!健康が一番ですね!
Commented by marri at 2017-06-15 14:00 x
mamarinnさん
梅雨だというのにいいお天気が続きます。
横着癖でPCから離れていました。ごめんなさい。
また、訪問させていただきますね。身体気を付けて!