池泉牡丹

  5万輪

   日本で4番目に大きな湖、それは島根県東部にある中海(なかうみ)です。
   島根と鳥取を跨いで位置する陸続きのこの島は、牡丹の島で有名です。

   庭園の美しい足立美術館も素敵ですが、島内の「由志園」もまた素晴らしい庭園美です。

b0289649_22122199.jpg


   園内にはいると、いきなり、池一杯に浮かべられた百花繚乱の牡丹の花!
   「ワンダフル!」

   つい、さっきまでいた松江の花々にも負けない美しさです。

b0289649_22143484.jpg


   こういった風に敷き詰めているんです!花が沈まないようにネットが張られています。

   2011年から、GWの牡丹祭りの期間だけ、このように浮かべているのです。
   友人は年間パスを持っているので、今季2度目の訪問。これを私に見せたかったのです!

b0289649_22241316.jpg


   来年も良い花を咲かせるための開花後の牡丹の株を!

   大根島に入った途端、あそこにもここにも牡丹畑が広がっています。島の畑は牡丹だらけ!
   美しく畑に咲いた花々は・・・花だけ切ってしまうのです。(砺波平野のチューリップみたい)


b0289649_22215726.jpg


   それらの花々を・木の精力を消費させないように散りかかった花がらを早めに切り取ります。
   そのままにしておくと種ができてしまい、株が消耗します

   花のすぐ下の1枚葉の下で切り取ります。
   それらを、池一面に浮かべます。昨年ンは3万輪、今年は5万輪とのこと。

b0289649_11492379.jpg


   回遊式の庭園は、色んな種類の花々で一杯、コーナーを曲がるごとに姿を変えます。

b0289649_11511727.jpg


   この日も暑い日でしたが、職員の人は枯れた花を取り去っては新しいのと変えます。
   一日に一回…なんてことじゃなく、影のない所はしょっちゅう交換に追われます。

b0289649_11514683.jpg


   どのコーナーも多くのスタッフの方が懸命に手入れしています。
   だから
   私たちは優雅に至る所で時を過ごし美しい花々を享受できるのです。

b0289649_128659.jpg


   子どもの頃、背中に籠を負い「牡丹の苗は、要らんかえ!」
   そういって、姉さんかぶりの大根島のおばちゃんが花を売りにきてた。。

   結構いい値段だったように思える。

b0289649_1285187.jpg


   それは、呉の町でも、当地でも観られた光景だった。この10年くらいは見られなくなったが。
   あの人たちの頑張りも今日に続いていたのかも?
   買った花は、翌年咲くことはなかった。牡丹の花は難しくて私には無理!

   それにしても、こんなに豪華で華やかな花が、もう嫌って言うほど有る所?凄いナ!

b0289649_1291353.jpg


   大根島は、いまや年中観光客でにぎわっている。
   沢山の花を見て、時代の移り変わりを、感傷的になりながら歩いた。あぁ~美しかった!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-05-13 12:23 | Comments(16)

Commented by akera_s at 2017-05-13 16:36
早めに株の為に花を摘み池や木の裾に飾り
最後まで役に立つよう人の手が入る凄いですね。
牡丹は人が座っている姿に似ているので「座れば牡丹」と
言われているそうで
来年も美しく座った姿を見せてくれるのでしょうね。
Commented by mamarinn30 at 2017-05-13 17:15
フオーゲルパークといい、大根島のレポートおみごとです。

地元住民、でるまくがありません。脱帽です・・・・パチパチパチ
Commented by marri at 2017-05-13 19:10 x
akeraさん
喜怒哀楽の激しい私。ふさぎ込んでいる私を友人は引っ張り出してくれた。
何事も手馴れている彼女は全てに如才ない。無駄がない!
私は、助手席でおしゃべりだけ。おっと・・・
何処でカメラを向けても決して車イス留めないのよ。動きながら
バシャバシャ激写!よく撮れたものよ!えへん!
Commented by marri at 2017-05-13 19:13 x
mamarinnさん
ごめんなさい。貴女のエリアを荒らしちゃって!
でも、情報は出鱈目かもしれない。その時は教えてね。
良い人たちとの思い出がまた増えました!
Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-05-14 14:14
わっわっわっ!すごいですね〜♪

贅沢な庭。
眼を見張るとはこのことでしょうかね。
実際に見て見たいです!
Commented by Hsrolayqq at 2017-05-14 15:19
こんにちわ
この島は牡丹で有名ですね。行ったことはないけど名前だけは聞いています。池に浮かんだ豪華な牡丹見たくなります。島は橋で繋がっているから朝と夕方は仕事や学校へ行く人たちでにぎやかですか?
Commented by ayame4011 at 2017-05-15 09:41
凄い!
溢れるお花でいっぱい~♪
牡丹、藤、あやめとため息が出てしまいました。
生で見たい風景ですよ。
楽しい一日でしたね。
Commented by marri at 2017-05-15 12:18 x
小夏さん
花の魔力って、何もかも忘れてうっとりと花の世界に入り込んで!
山陰は、この他にもイングリッシュガーデン、足立美術館、鳥取花街道と
まだまだ見どころ一杯なんですよ。家まで来てください。そこから
mamarinnの所へ出かけましょうよ!花三昧でっせ!
Commented by marri at 2017-05-15 12:23 x
hsrolayqqさん
花いっぱいの、見ごろの時・・・すべてに恵まれた一日でしたよ!
三人は一気に春が巡ってくるのでしょうか。美しいころです。
貴女の住む暖かい房総半島とはまた違った風情が有りますね。
一般の方の通期の事情は分かりませんが、交通量は少なくきっと、スムーズにいってるかと。
観光客は、鬼太郎ロードの境港も近くそれは多いですよ。
Commented by marri at 2017-05-15 12:29 x
ayameさん
この後、鳥取のフジの花寺によって帰ってきました。
8時から出て8時帰宅、400キロくらい走ったでしょうか?
GWなのでこまない道を探し、ゆっくりのんびり帰ってきました。
運転手さんは、ケロッとしているから。又行こうって!
お喋りがご馳走で、昼食は讃岐うどんだけ。でもでも…旨かった!
Commented by yokkosan3 at 2017-05-18 19:29 x
池一杯に浮かんでいる牡丹、見たこともない素晴らしい
風景です。 見事です。
大根島の牡丹は大輪だったこと思いだしました。
でもその頃は池に浮かんだ牡丹の花はみませんでした。
花の管理をする方々の苦労が報われるような美しい牡丹ですね。
Commented by 8chantomei at 2017-05-18 21:17
ボタンの花、すごいですね~。
開花後、種にすると樹勢が弱るので、花弁が散ると切っていましたが、それでは遅いのですね。
今年は、早めに切ることにします。
でも、このお仕事、大変そうですね。
Commented by agsmatters05 at 2017-05-21 08:00
おそ・コメその三。ようやく追いつけた、と思いきや、
きっとmarriさんは次のビッグニュースの記事が出来上がってるんでしょうねえ。

それにしてもボタンの花のみごとなことよ。
この花は大きいんですよねえ。marriさんの上の記事を見て昔々こどもの頃、実家の庭にあったボタンの木のことを思い出しました。大きな花を咲かせてました。あれを切ってしまうんですか。それにしても5万輪とは、おそれいりました。一年中で何日間ぐらい、こういう花景色を楽しめるんでしょう?すごいですねえ。こういうことを考える人も、実行する世話係のひとも、そしてこれを見に行く人達も、みんな普通じゃない(笑)ような。marriさんのブログにはいつも驚かされっぱなしじゃ。(笑)
Commented by marri at 2017-05-21 11:10 x
yokkkosanさん
私の知ってる流し牡丹は写真(終りの方の緑の絨毯!)です。
友だちが、行こう・行こうって何かとも言わず連れてっていかれ
その景色は想像もない世界でした。5年ほど前から始めているらしいです。
ネットを敷いて、沈まないようにして、傷んだ花の取りかえっと!
庭で働く人から聞きました。この一週間(GW)だけのお祭り。
機会が有ったら、来て観て欲しいです。美しいよ!
Commented by marri at 2017-05-21 11:14 x
8chantomeiさん
そのお手入れたるや!
多くの職員たちが、手入れ、販売、案内と・・・
大根島の人々を活気づかせる企画をシーズンを通じて頑張ってる由志園。
GWに限らず、これからの勝負、庭園美、紅葉の秋・・・と。
あんなに沢山の人々だったけどGWらしい賑わいでした!
Commented by marri at 2017-05-21 11:22 x
ミチさん
ご丁寧に。どのコメントも有りがたく読ませていただきました。
こうしてPCの前に座るの一週間ぶりなんです。三月に一回の定期検診
結果は思わしくなくって、心に余裕のない、喜怒哀楽の激しい私。そろそろ・・・・と!
牡丹は木で、芍薬は草らしいです。美しいけど中々咲かせられなくって。
開花中の花は、傘をさしかけていませんでしたか?冬は藁に護られて冬牡丹。
九月の頃は何の花かな?小夏さんも一緒に逢いたいな!