宿命と運命

 生き方

   賑やかに会話が弾んでいる。ここは、行きつけの診療所の待合室。
   ぱたんと週刊誌を閉じた。名前を呼ばれました。

   二時間近くも掛かります。
   月に一回だけど、覚悟の通院です。患者さんで溢れ返ってている我がセンセ!

   ここで読む、女性週刊誌は私の大切な情報源。とってもためになります。
   ただ、悪い事には、右から左へ・・・。忘れてしまいます。

b0289649_18404043.jpg


   特に、瀬戸内寂聴さんの説法は必ず読ませてもらいます。年齢からくるのかなぁ~?
   「ウン・ウン」って 共通するものが有って、頷きながら読んでいます。

   人は生まれた時に宿命を背負って誕生します。これは、本人には決してどうにもならない生命です。
   どこの国の、どういった人の元に、成長していく過程の中で逆らえない定めを歩みます。うんうん!

   でも
   運命は切り拓くことが出来る。努力して頑張れば不幸も幸いに替えれることが出来る。
   運命と宿命との違いを説いていました。ウンウン!

b0289649_18412230.jpg


   映画 ライオンには副題が有って~25年目のただいま~ だったかな!
   この運命の切り替えの出来た生き方をした 5歳の少年迷子の人生がしっかり現れていました。

   兄に連れられて行った駅で眠ってしまいます。その貨物列車は四日間ノンストップで1600キロ走ります。
   終着駅に着いた5歳の少年は、同じインドの国なのに言葉が通じなく、都会の孤児になってしまいます。
   人さらい、親切めいた誘拐犯からの手も、脱走して難を逃れます。そして・・・無事福祉の施設の元へ。

b0289649_19314133.jpg


   新聞の尋ね人に掲載しても出身地の県名はおろか、自分の名前、シングルママの名前も(母は文盲)言えず
   ただ、家族からよばれていた自分の名前 「サル-」だけしか語れない子供!

   オーストラリアの里親に引き取られて、タスマニアに渡ります。恵まれた生活をして
   大学生になりました。ある日友人宅で見かけた、揚げ菓子(インド製)から、5歳当時の記憶が蘇り・・・

   養母との軋轢もあって、簡単な路ではなかったけど旅だった駅が判明。その時25歳(2012年)になっていました。
   グーグル・アースを駆使しての探索、今の世に生きる青年ならではの快挙かも!


 
b0289649_19532368.jpg


   ラスト10分程、私が駅から自宅までの家路をたどって・・・主人公してました。
   25年後の家は家畜小屋に。母は、兄は、妹は・・・
   村の長に導かれて、25年ぶりのただいま!母も妹もゲンキでした。ただ、あんなに会いたかった兄は
   あの日、線路を歩いていて、列車にひかれ、亡くなっていました。

   少年の名前はサル-でなくって、「シェル」と言う事でした。シェルはライオンと言う意味でした!
      (このお話は実話です。画面には本人の当時の映像が流れていました)

                       答      タイトル名 ライオンは少年の名前でした。  

   椿の花が散りました。雨に打たれて綺麗です。立派です。草の褥に抱かれて!
   「生き方は死にかた」 といいます。
   その人の生きてきた人生は、最後の瞬間にまで現れるという事でしょうか!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-04-15 20:46 | Comments(20)

Commented by ayame4011 at 2017-04-16 08:23
何と何と感動的なお話~。
ライオン、そういうことだったのですね。
実話と聞いて驚きました。
この時代ならではのグーグル・アースの力!
凄いですね。

Commented by akera_s at 2017-04-16 08:55
朝から良いお話でうれしいな
感動し目頭が熱くなりました。
Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-04-16 12:56
そういう意味だったのですね。
そっか〜。


宿命と運命って聞いて、思うんです。
北朝鮮に生まれた人たち、生まれた時から、幸せじゃないんじゃないかな?って。

marriさんの話と、関係なくて、ごめんなさいですけど。

Commented by 8chantomei at 2017-04-16 20:40
深いお話、胸がきゅんとなりました。
そうですね。誰も運命を背負って生きている。運命に翻弄されても、それが運命。
でも、自分の生き方次第で変えることができる。
私も、瀬戸内寂聴さん、大好きです。
Commented by marri at 2017-04-16 20:49 x
ayameさん
この後編みたいなお話するつもりではなかったんよ。
答だけ、ちょこっと記すつもりだったけど?
映画に忠実ではないけど、記憶をたどって纏めてみました。
言葉足らずなのですが・・・分かってもらえたのですか?コメントありがとう!
Commented by marri at 2017-04-16 20:52 x
akeraさん
ストーリーが前後してちぐはぐなものになりました。
皆さんが回答を期待されたので大急ぎで投稿しました。
理解していただき嬉しかったです。アリガト!
Commented by marri at 2017-04-16 21:00 x
ミッチー小夏さん
貴女の意見、まさにその通りの事を求めていた私です。
義務教育も受けず、遠い所へ水汲み、電気のない町、両親と一緒に住めなかったり・・・
沢山の不都合の多い環境に生まれても納得して生きるしかない人々。
今を幸せと思い、このことに感謝をすることを痛感して書きました。日本って、良い国よね!
Commented by marri at 2017-04-16 21:03 x
8chantomeiさん
瀬戸内寂聴さんって、はっきりモノを言うから大好きです。
特に、若々しくって可愛らしい所を尊敬しています。彼女の意見
聞いていると何も怖いものが亡くなるような元気と一歩を頂きます。でも、すぐ忘れるんよ!
Commented by mamarinn30 at 2017-04-17 11:43
胸キュンキュンのお話ですね。
運命と宿命、大きくちがいますね。
じぶんのいきかたを見つけた、しょうねんすごい。
そういう意味だったんですね。
良いお話を、ありがとうございました。
Commented by marri at 2017-04-17 19:42 x
mamarinnさん
執念って言いましょうか。仲間たちのアドバイスもあって
例えば、到着駅の時間からキロ数を測り、いくつもの意見を参考に
途中休んでいたこともあって、5年間の月日を要しました。見つかるとはおもってもなかったよ。
アカデミー賞は外しましたが、見ごたえの有る作品でした!
Commented by Hsrolayqq at 2017-04-17 21:21
こんばんわ
運命とか宿命ってありますね。
私も強く感じています。
Commented by marri at 2017-04-18 10:31 x
hsralayqqさん
コメントありがとうございます。
私の事も、定められた筋書き通りの生き方をしてきたのカモね?
人生のポイントごとに、みんなの力を頂きながら切り拓いて歩いて来られた様な。
こんな教えかなぁ~?
Commented by まが~ at 2017-04-18 17:21 x
よい作品の内容ありがとうございました。
いろいろかんがえさせられますね。
しみじみと心に響きました。
Commented by marri at 2017-04-19 09:35 x
まが~さん
お久しぶりです。
最近休みの日でも出かけることの少なくなった私
映画館へ行くのも楽しみの一つになってきたような。
次に行く映画も決めているのよ。その話は、またね!
Commented by LEE at 2017-04-19 22:00 x
映画のライオン、興味深いお話しですね。
実話ですか!
世の中には信じられないような人生を送っている人もいるのですね。
Commented by marri at 2017-04-20 08:53 x
LEEさん
5歳の時の記憶って、なんかありますか?
彼の場合は4日間、1600キロ、乗った時間と到着時刻
それらを割り出して地図上に消去法で探り出す、実に5年間かかって・・・
でも、手掛かりの名前が「サル-」じゃなくって「シェル」だったとは!
Commented by yokkosan3 at 2017-04-20 11:15
少年の名前なのね。
ライオンのあらすじしっかり伝わりました。
marriさんの文の構成素晴らしいです。
運命と宿命そして・・・・「生き方は死に方」と。
画像が素敵です。
「散る桜残る桜も散る桜」思い出しました。


Commented by marri at 2017-04-20 15:58 x
yokkosanさん
暖かいお便りありがとうございます。励みになります。
写真を褒めてくださるなんて嬉しいです。
言いたい放題の欲ばり文章です。恥ずかしいです。
貴女の所では文字変換間違ってばかり、メガネが合いません。
ここで、お詫びします。ごめんなさい。
Commented by agsmatters05 at 2017-04-22 04:31
映画の最後に字幕で、インドでは毎年8万人の子供たちが誘拐されたり、行方不明になってる、とか書いてありませんでしたか?(おぼろな記憶、だから数字は不確か。)本当に痛ましいかぎり。
Commented by kazumi1171713 at 2017-04-22 09:50
ミチさん
はい。見ました。実は私も貴方と一緒で
数字が不確かなんです。私は2万人と記憶しています。その時
余りの多さに見間違えかと思ったのです。
だから、そのことに触れないでいました。あなたは・・・八万人と?
行方不明は驚きでもあるけど、こうして「ただいま」が言えるおはなし。凄う事ですね!