おまかせドライブ

   ベテランドライバーの隣席で

   こっち? あっち? どの道にする?
   ドライバーAは、切り替えポイント・分岐点手前で必ず私の気持ちを聞いてくる。
   
   「どっちでも!」
   私の運転の場合はこの答、好まない。右か左か・・・気持ちを聞きたい。しかし今日の私、あなた任せ。
   今回のドライブだって彼女なりの予定はあったはず。だから下手に選べないのよ!

   「やまなみ街道走ろう、君田温泉もいいよ?雪が積もっているの、見に行こう・・・・・。
    大山へ行こうかな?」

   今回の私を動かせたのは最後のひと言。
   雪の大山!ノーマルタイヤの私のクルマでは冬の山陰へは行かれない。雪を頂いた大山かぁ!

   意固地な私は、素直にお願いしますって言えない。来てやったってな態度。先刻承知の一枚上手のA

   と言うわけで始まったドライブ、往きは広島県ー島根、復路は島根ー岡山とコの字に走りました。
   瀬戸内の町から日本海まで。松江でmamarinnと3年ぶりのデート。

   「大山へ寄って帰るね」と早々に分かれた。


b0289649_214040100.jpg



   ちょっと、見てね。
   左下の広島から、この地図の上中央の松江市(宍道湖と中海の中ほどに位置する)で昼食

   松江から北の日本海へぶち当たるように北上して、地図の「現在地」を経て鳥取県ー境港市へ(左から右)
   さて、現在地とは(松江市の文字の右となり・赤文字)!この名所は初めて訪れました。
   「弁慶の郷」道の駅 本庄と言うところです。

         東に霊峰大山を仰ぎ
         眼下に中海 大根島を眺望する 弁慶の里

   松江市の東の端位置する本庄は、武蔵坊弁慶が生まれ育った地として多くの伝説が残っています。

b0289649_11594553.jpg


  名所 「超えた坂」

   左・弁太(弁慶の幼名) 右・弁吉(弁慶の母ー男の様だけどおかあさんの名前)

   幼い弁太が飛び出さないように石臼に結んで野良仕事に出た弁吉の元へ
   縄を切り、急な坂を上ってきた弁太の像です。(弁太の足もとに臼が)

b0289649_12472848.jpg


   像を背にして中海を見ると、ひときわ大きな橋が見えます。
   橋の向こうに大山が。あれれ!今日は隠れてる!(↑ 地図の右端の文字の所が大山です)

   ここから眺めるのが一番美しいとか、私に見せてやりたかったとAは何度も悔しがる。
   その気持ちが有りがたかった。しかし、松江の外れのここが弁慶生誕の土地だなんて!

b0289649_21224286.jpg


   そして・・・
   僅か10分後には、この橋を渡っていました。
   空に向かって突き刺すように上に伸びています。あのてっぺんの先は、どうなってんの?

   横から見るとそんな勾配はなく、長い橋じゃなぁ~。結構、坂道(?)なんですね。
   ここまで来ると大体の位置関係が分かり掛けてきた私。境港から米子に向かっているんです。

   鬼太郎ロード近いし、大根島の寒牡丹?、皆生温泉に浸かるか・・・? パス・パス!
   「大山、見えるといいナ!雲の中じゃ無いよね」と、曇り空を見ながら目的は大山の眺望。

b0289649_2132968.jpg


   走る車内から、汚れた窓越しにパチリ!雲よ。かかるなよ。早く、早くと撮ったよ!
   これが精いっぱい。でも目的達成。

b0289649_21234338.jpg


   中国山地の峠越え、温度計は2度と表示されてました。
   ここが岡山県の北の郷だなんて。このドライブの愉快さよ!出かけて良かった

b0289649_219914.jpg


   クルマ横づけのゲレンデ、千屋スキー場です。3時過ぎで人影も閑散と。

   5時過ぎに帰ってきました。、ただ、走るだけの、何処へも寄らずってドライブだったけど
   うっ!いやいや、mamarinnと会わせてくれたAさん。

   ありがとうね。一日8時から5時までの400キロ走行、お疲れも見せずアリガトさん。

   Aさん
    貴女の愛とは、相手の喜ぶ笑顔が見たいだけ・・・と見つけたよ。すまない!
    「このご恩は、一瞬で忘れます」 いつもの台詞で別れました。また、出かけたい!
   




  届きました。大きなぼた餅!

  忙しい人なのに、いつも届きます。ありがとう!
  私、作ったことないのです。貰うばかりで。また、太るなぁ~♪

b0289649_19364780.jpg

[PR]

by kazumi1171713 | 2017-03-20 21:34 | Comments(16)

Commented by 山小屋 at 2017-03-20 21:46 x
雪の大山(だいせん)・・・
絵になっています。
富士山よりよいかも・・・?・・・です。
Commented by akera_s at 2017-03-21 08:54
Aさんとのドライブ最高でしたね。
急こう配の坂道、
テレビで見て1度運転してみたいと思った道
marriさんはこの坂道の向こうに
何が見えていたのでしょうか・・・。
Commented by marri at 2017-03-21 09:17 x
山小屋さん
あぁ~~!嬉しいお言葉ありがとう!
でも・・・やっぱり!アタシは富士山が最も好きなんです。
特に1~2月の雪を頂いた姿は惚れ惚れします。
飛行機から、新幹線から、その雄姿が視野から消えるまで見ているんですよ。
ベランダから見ることのできる家の人なんて最高よね!
Commented by marri at 2017-03-21 09:22 x
akeraさん
「この信号を左折したら、絶対撮りなさい。風景を」とAに促され構えていました。
幸いなことに信号に引っかかってきれいに撮れました。テレビで見た事ありますね。
ウチに来てください。一緒にままりん宅まで2時間のドライブ、行きましょう!
てっぺんから向こうにはこんな希望の虹かな?ネッ!
Commented by mamarinn30 at 2017-03-21 12:59
近くに住んでる私でも、雪の大山を見たのは2,3回ですよ。
1回はサンパウロの娘に頼まれて写真を撮りに行ったっけ。

いつ見てもいい山だなあと思います。

次は若葉のころが良いかな、また出かけてままりんに、声をかけてくださいね。

Commented by marri at 2017-03-22 08:53 x
mamarinnさん
そう。雪が怖いのよね。それで冬場は拒否してきたけど。
やまなみ街道のお蔭で松江は近い距離になりました。おまけに
便利のいい道なのに尾道ー三刀屋間は無料なんです。ありがたい!
また、これを励みに出かけたいと思っています。
Commented by agsmatters05 at 2017-03-22 08:58
Marriさん、写真もお話も読み応えたっぷりで、楽しませてもらいました。
お友達との間に、おそらく「親しき仲にも礼儀あり」というような、
お互いを知り尽くして、且つ程よい距離を保てるリモコンのような力が
働いているのですね。また、どんどんと出かけて、記事をどんどん書いてください。
お願いします。
Commented by mebaru-papa at 2017-03-24 10:18
いつも楽しく拝見しています
雪の大山も素晴らしいです
でもおまけのぼた餅が
最高です・・・・!(^^)!
Commented by yokkosan3 at 2017-03-24 12:55
素敵なお友達ですね。
友だちは一生の宝物って言います。
何時もmarriさんのことを考えて喜ぶ姿が見たいのでしょうね。
なかなかできないことです。

彼岸やお盆には同じようなぼた餅作ります。
きょうだいや子供たちが喜んで食べてくれます。


Commented by ayame at 2017-03-25 05:59 x
おはようございます。
先日、テレビで大山を見ました。
見る方角によって大山の形が全く違うことを
知りました。
西からだったか富士山そっくりで感動しました。
伯耆富士と呼ばれる所以、納得でした。
我が家もぼた餅、いっぱい作りました^^
Commented by marri at 2017-03-25 09:55 x
ミチさん
返事遅くなりました。ごめんなさい。
しっかり読んで下さり、有りがたい感想を。アリガトね。
どうして、ここまで?って思う位大切にお付き合いくださっています。Aは子供達3人とも県外に住み夫婦二人きりの生活。
これまで4年間に渡る病院通いは全て付添い。医療の方にも詳しくって。
この先も、きっと手を引いて歩いてくださると思っています。一人暮らしでも心強いお付き合いさせていただいてます。
Commented by marri at 2017-03-25 10:01 x
mebaru-papaさん
いつもコメントありがとう!
クルマの乗り降り、歩き、トイレ・・・なんもかも、スローなんです。
お出かけが億劫になってる昨今、変わりなく引っ張り出してしっかり援護。
こういうお友達が居るので楽しいドライブが出来ました。又行きたいな。
おはぎは年二回、毎年届きます。有りがたい事です。
Commented by marri at 2017-03-25 10:07 x
yokkosanさん
どうして、こんなにも?
そう、いつも思います。私もお返しできるだろうか?無理!ムリ!
有りがたい事に同じ町内に住んでいます。私と違って若くて元気!
一生かけてお返ししたいと心では思っていますが、何分口ほど体が動かない。ご厚意に甘えています。
おはぎ、作っていますか!貴女らしいです。皆さん喜んでいますよ。頂く側の気持ちはよくわかる私です。
Commented by marri at 2017-03-25 10:15 x
ayameさん
おはぎ、沢山作ってましたね。ヨダレ一杯見させてもらってました。
こうして、毎年頑張っておいでなんですね。貴女はふるまう側のお家柄!いつもごくろうさん。私は作ったこと一回も無し(泣)
伯耆大山、この写真はきっと西側からだったのでしょう!
伯母(父の姉)が倉吉の三朝に住んでいました。学生のころから何度も大山を伯備線の中から見てきました。
夏山登山、秋の紅葉、これから始まる新緑のブナ林・・亡き伯母の笑顔と重なります。
Commented by 8chantomei at 2017-03-25 10:24
中海っていうから、海と思ったのですが、湖なのね。
海とつながっていないように見えます。
mamaarinnさんとお会いできてうれしかったですね。
mamarinnさんのブログにものっていましたよ。
Commented by marri at 2017-03-25 18:56 x
8chantomeiさん
お忙しそうですね!コメントありがとう。
mamarinnがあんなに喜んでくださるなんて嬉しい誤算。
私が元気な間にここまで来てください。新幹線が止まります。ここから山陰へ
ままりんの所までマイカーで2時間ほどです。今度は私に案内させてください。いつかのお返しさせてください。