お喋りドライブ

  道は続くよ

   「大山(だいせん)見に行こうや」
   Aが突然やってきて言った。雪の大山、見たいなぁ~と思いながら口は「行かない」と意固地を張って私。

   Aは、強引に誘う。私の気持ちを知り抜いていて、でも全ての動作がスローな自分の足を思うと心複雑なアタシ!

   「やまなみハイウェイ、通ったことある?全線開通以来でかけてないじゃろ?」とA
   (しまなみ海道<尾道ー今治>に対して陸上はやまなみ街道<尾道ー松江>)

   人の先行くアタシの運転好き。この言葉に煽られるように行く気持ち「大に」入る。

   ゴジャゴジャ言いながら、サッサと支度して。普段着で飛び出す。
   犬の身繕いと一緒で、バサバサと全身を振るだけのばあやの外出のいでたちなんです。

b0289649_20345160.jpg



   目的もなく、ただ、尾道から北へ向かってぶらっとするだけのドライブ。
   まっすぐ日本海まで150キロ程の道なんです。

   驚いたねぇ~!ものの30分も走ると、路肩に雪が!いつ降った雪なんかな。喜ぶアタシ!
   運転手は得意そうに「来てよかったろ」とまるで自分の道路の様にどや顔。

b0289649_20351439.jpg


   各インターに必ず「道の駅」があって、どこも繁盛している様子。
   世羅という道の駅には、地元出身の彫刻家・杭谷一東氏(現イタリア在住)作の「天地花」のモニュメントが

   生憎の曇り空でしたが、蒼い空に雪より白い大理石は清々しく映えていました。
   そういえば・・・ここ世羅は高校マラソンの強豪校の地元たっけ!

b0289649_11522881.jpg


   県北のお土産はなんといってもお漬物ですかね。沢山の種類がありました。勿論買いました。
   ドライバーAは地理に生字引、更に博学なのでおしゃべりは果てしなく・・・!

   広島県で一番北の町 高野(たかの)ここまでで100キロ、峠を降りると島根県の雲南市、奥出雲です。
   「砂の器」「もののけ姫」「絶唱」とかのロケ地なんですがパス。温泉もパス。いざ島根県へ!

   この2人、長い人生出べそ暮らし、大概の所は出かけているのです。どこもいってるし、外は寒いのでパス。
   路ばたの気温表示には、2度・4度・6度と。降りると風に吹き飛ばされそうな寒い日でした。


                        ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★   


  行き当たりバッタリ

 山を下ると松江です。
   「mamarinnnに電話したら!」Aが言った。アッと思った。今、私もどうしてるかなと、思っていたところ

   松江にはかれこれ10年来のブログ友がいます(3/14日の掲載文見て下さったらうれしい)

   ままりんはAにとっても共通の友人なのです。会いたいな・・・とは思ったけど
   いきなりの電話、どんなもんかな?迷惑じゃないかな?でも、電話位なら!

   いい時代ですね。何所にいても本人に直接伝わる便利な機器。リーン・リーン!

   「あいたぁ~い!ぱぱりん、送ってね」 いつもの仲良し夫婦の会話が手に取るようだ。
   掛けて良かった。一人の時だったら掛けてない様な。Aの気持ちに感謝。

b0289649_17345889.jpg


   奄美大島へいった時、ブログ友(奄美)の紹介でブラジルに住む若い女性と知り合った。
   娘の様な年齢なのですが、それでも交信は続いていた。

   或る時島根から娘さんの母がサンパウロに来ていた。娘から紹介されて母は私を知った。   
   母親(ままりん)は帰国して、苦労して、ブログを開設、間を置かずして島根から私の元へ。その人がままりん
   一年くらい経った頃、二人は宍道湖の夕日を見に行くことになった。ブラジルの娘のひと言。
   「こちらへ来ること考えたら 山をひと跨ぎすればいいほどの距離!行け、いけ!」

   会ってから知ったことだけど、ままりんは泣き虫の可愛い女性、ぱぱりん一筋の病弱なお姫様。
   帰国中の娘さんとも一緒に食事したが、似ても似つかない私の様な頑丈なじゃじゃ馬姫!

b0289649_17595927.jpg


   待ち合わせ場所で、お昼ご飯を一緒しました。お互い競争して機関銃の様なお喋り。
   ぱぱりんとAはさぞかし、退屈したろうか!

   スッキリ!
   3年分の話して、お互いの健康を確認し合って、ほぼ満足して別れた!

   曇り空の中、車内から撮った大山、雪をかぶって、雲を退け魅せて呉れました。
   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-03-16 18:22 | Comments(18)

Commented by akera_s at 2017-03-16 19:54
ステキな心温まるドライブで山越えし
久しぶりのmamarinnさんとの再会
良かったですね。
お二人の楽しいお喋り想像するだけで
うれしくなりました。
Commented by mamarinn30 at 2017-03-17 08:50
ハハハ、面白いね。
誘ってくれたAさん、思い切りよく出かけてくれたmarriさんへありがとう。

このブログを読みながら、いろんな事が蘇りました。
marriさんを教えてくれて娘、サンパウロでの生活、懐かしい。

泣き虫ままりんからは、想像できないはっちゃかむすめ、時々誰の子供とおもうことも。
育てた親の顔が見たい・・・・・クスクスクス。

懐かしい思い出に浸る、お話m(_ _)m。

いつまでも良いおつき合いをお願いしますね。
Commented by agsmatters05 at 2017-03-17 09:39
いいお話ですね。
人と人の繋がりを大事にしておられるmarriさんの生き方があってこそのお話だと思いました。

それにしても150キロって、ほとんど100マイル。
C村からだと、ロンドン往復タップリ一日の距離。
1日でこれだけの距離を?
お疲れさまです、
Commented by mebaru-papa at 2017-03-17 12:36
こんにちは
精力的に活動されているようで
安心しています
機関銃のようなおしゃべり
楽しかったでしょうね
光景が浮かぶようです
Commented by kazumi1171713 at 2017-03-18 19:30
akeraさん
結構離れているのに、これまでに何度となく会ってます。
ぱぱりん同行は毎度で。彼女は頼り切っています。
羨ましい位仲がいいですよ!
Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-03-18 19:35
ききましたよ、楽しい楽しい時間だったこと。
あっという間に時間が過ぎてしまったこと。
良いお友達に恵まれて、幸せですね!
類は類を呼ぶ。みなさん良い人ばかり!
マリさんの磁石ですね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪
Commented by kazumi1171713 at 2017-03-18 19:37
mamarinnさん
私って、彼女に頭上がりません。年がグッと離れているのに知識豊富で引っ張ります。
今回も、こういった流れで貴女に逢えたこと、最高に良かったです。
今度は自分の運転で必ず参上!
Commented by kazumi1171713 at 2017-03-18 19:42
ミチさん
私の財産はともだちです。頭が上がりません。私の事、心身ともに知り尽くしているので孫悟空です。
普通の人は一泊コースです。往復400キロかな?
日頃から運転慣れしているから、軽く山陰まで一蹴でした。それに彼女のクルマはトヨタのハイブリット車。私は助手席。
Commented by kazumi1171713 at 2017-03-18 19:45
mebaru-papaさん
お互いが、先に喋りたいので、喧しいこと!
似た者同士です。ブログの友って不思議な関係ですね。
ぱぱりんが忙しそうなので、早めに別れましたが。彼女がこんなにも喜んでくれるなんて。
行って良かったです。一歩前進です。うれしい!
Commented by kazumi1171713 at 2017-03-18 19:51
小夏さん
ままりん、喋りましたか!彼女・Aこそ私の親代わりの人。
4年前の右手骨折から始まっての私の不運(?)全てに付き合って下さる友です。
今回も、私の周りの皆から「よくぞ、引っ張り出してくださった」と言われ、照れていました。有りがたい六つ年下のお姉さんです!
Commented by Hsrolayqq at 2017-03-18 20:05
こんばんわ
広島県から山越えして日本海ですか‽150キロってことは往復で300キロですか?すさまじい。。。
道路地図が頭の中にないからわからないけど、私ならできない走りです。尊敬です。
Commented by kazumi1171713 at 2017-03-18 20:14
hsrolayさん
彼女・Aは、のんびり、ゆったりの運転ぶりなんです。
日頃から毎日どこか走らせているドライブ好き人間。また乗ってるクルマは
全てが装備されてていてバックもラクチンなんです。400キロも走ってない様なタフさ。
Commented by yokkosan3 at 2017-03-19 19:26
お友達っていいですね。
六つ年下のお姉さん たよりになりますね。
そしてブロ友のmamarinnnさんにもお会いできて充実した
一日でしたね。
類は友を呼ぶといいますから素敵なお友達が自然とmarriさんを慕ってくるのです。
Commented by marri at 2017-03-19 21:05 x
yokkosanさん
mamarinnにあんなに喜んでいただけるなんて。思いもかけず。
この4年間の私の病院通いは殆どAの付添です。彼女がいると気が安らぎます。
息子家族より強い絆で結ばれているよう。有りがたい事です。
遠隔地に住む息子もAに親愛の念も深いようです。友達って有りがたい!
Commented by 山小屋 at 2017-03-20 10:47 x
お久しぶりです。
先日、ままりんさんから文旦のピールが届きました。
お礼のメールをしたら、marriさんともお会いしたと
返事がありました。
お元気そうでよかったです。

雪の大山(だいせん)きれいです。
崩落が進んでいるようですが、まだ形まで変わっていない
ようです。
小石をザックに詰めて登ったことが印象に残っています。
Commented by ayame4011 at 2017-03-20 16:02
こんにちは~。
お元気で何よりです。
大山は行ったことがありませんが雪の山は
綺麗ですね。
お喋りも楽しそうでお友達っていいな~と
思いました。
Commented by marri at 2017-03-21 09:07 x
山小屋さん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
文旦のピールの写真も、ままりんの記事も見させて頂きました。
日頃からブロ友の、摩訶不思議なご縁を感じてはいましたが、
皆様の温かい交流に触れてなるほどと感心しています。
私は、あまり表へは出たくない・・・と思いながらこのような場面に接し、とっても有りがたくブログの功名に感謝しています。ありがとう!
Commented by marri at 2017-03-21 09:11 x
ayameさん
どうやら、非公開でコメントしたみたいですね。ごめんなさい。

大山は中国地方一の高い山、伯耆富士とも呼ばれています。
四季を通じ大自然の恵みを供してくれます。
秋の紅葉は、それは美しいブナはやしなんですよ。
これからはわかばと卯の花の若々しい彩りを魅せて呉れますよ。