繋ぎたい!

 みんなに観て欲しい

   寒い日が有ったり、3月のような陽気な日も有ったり!

   少しずつ一日が長くなって 春の足音が聞こえてきそうですね。

   検査内容がスッキリしないので、何度か病院通い。ここに座れませんね。
   何もなくって、ホッとしたり、あったりまえよと思ってみたり。一喜一憂気味のアタシ
   これって、この頃のお天気と良く似ていませんか!

   紅茶国のミチさんに、しっかり背中を押されました。
   「この 世界の 片隅に」というアニメ映画、見てきて~見てこい・・・」なんて(オーバーかな?)

   友人Aが「貴女の呉が舞台よ。きっと懐かしい地名や山の名前なんか~♪」と
   しきりに薦めてくれる。それでも、「君の名は」を見たり生活に追われて。

   主人公のすずさんは18歳で、広島から呉に嫁いだのよね。
   もチョッと歳を食ってましたが私も50年前夫の勤務地・呉へ嫁いでいきました。


b0289649_21155113.jpg


  あらすじ

   舞台は戦時中の広島。
   のんびりとした性格の主人公のすずは、呉に嫁ぎ、ささやかな幸せを感じながら生活していた。
   ところが、時代と共にどんどん戦争は激化していき、すずのささやかな幸せが崩れていってしまう。
   すずはどのように生きていくのか、家族愛とはなんなのか、戦争の中で見つけていく希望の物語。
   
 

   とまぁ~、これじゃぁ、大雑把な紹介ぶりですね。

   「戦争を知らない子供達」のミュージックと共に、包み込むようなナレーション・すずが登場。
   数年前NHK朝ドラに出演、終了と同時に消えてしまった・・・と思っていた能念玲奈ちゃん改めのんちゃん

   こののんちゃんのほんのり、柔かく温かい、どこか市原悦子さんの昔話をおもいだすような!
   サイコーに良いんです。大好演ですね。思い出してもほっこり!

b0289649_21332580.jpg


   すずは手先が器用で絵を描くのが得意だった。えんぴつが握れないほど小さくなるまで絵を夢中になって
   描いているような子供だった。北条周作という青年が父親と共に呉から広島市のすずの実家に訪れる。
   結婚を申し込みに来たのだ。すずはあまり気乗りはしていなかったものの、周りの勧めもあり、呉へと嫁ぐことを決める。

   嫁ぎ先の北条家では優しい父、病弱な母、周作、すずの4人で過ごしていたが、途中から周作の姉である径子が
   娘の晴美を連れて戻ってくる。すずとまさに真逆な性格でテキパキと行動し、鈍臭いすずには絶えず小言を言っていた。
   しかし、娘の晴美とすずはとても仲が良く、ふたりでよく遊んでいた。
   次第に空襲警報も増え、呉も空襲に怯えながら防空壕に逃げ込む回数も増えていた。
   義父が空襲のせいで怪我をしてしまう。

   すずと晴美は義父のお見舞いに病院に行くが、その帰り道にまた空襲警報が鳴る。近場の防空壕に飛び込み、
   すずは晴美を勇敢に守っていたが、防空壕から出た直後、埋もれていた不発弾に晴美が被弾してしまい死んでしまう。

   すずも、晴美と繋いでいた右手を失ってしまう。大切にしていた晴美と右手を同時に失った喪失感、晴美の
   母親である径子から責められる日々ですずは死にたくなってしまう。空襲警報が鳴っても外にいたところ
   周作がすずを見つけ、命がけで守ってくれる。広島に帰ろう、そう思っていた頃、広島市に原爆が投下される。

b0289649_21481091.jpg


   市井で平凡な生活を送る仲睦ましい家族が、雨のごとく降ってくる爆弾に逃げ惑い・・・自分の足で立ち上がり
   やがて、生きる方向を見つけ、雄々しく前へ歩もうとする姿が!

   この作品はみんなに観て欲しい!
   語り伝えたい戦争の意味もなく、無駄なこと。生き残った人々がいるから皆が居る。私が居る!

   すずが過ごした、この悲しい現実の日から20年後、私は呉の人になった。でも、何も知らなかった!
   知ってほしい!伝えてほしい!みんなですずのお話を繋いでいってほしい!
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-02-24 22:18 | Comments(22)

Commented by mamarinn30 at 2017-02-24 09:30
marriさんおすすめの映画ですね。

体調と相談して行ってみようっと。
Commented by konatum at 2017-02-24 12:33
良い映画なのですね♫
Commented by akera_s at 2017-02-24 15:33
良いストーリーなんでしょうね。
我が家からは映画館が遠いので
ついつい行くのを渋ってしまします。
Commented by ayame at 2017-02-25 05:38 x
おはようございます。
この映画、話題になっていますね。
のんさんが凄くいいと誉められていた記事を読みました。
時間を作って行きたいなあ~私も。
Commented by mebaru-papa at 2017-02-25 08:00
おはようございます
「君の名は」に隠れて
目立たない作品ですが
評判は良い作品だと
聞いています・・私も観たい
と思っています
Commented by agsmatters05 at 2017-02-25 08:37
marriさん、早々に見てくださり、ありがとうございました。戦前の暮らしぶりなど、(私覚えているわけじゃないけど)ていねいに、描かれてますよね。私は漫画を3巻読んだだけで、映画(アニメ)見てないけど、ほとんど一緒じゃないかなあ。漫画を読んだ私の感想では、いったん嫁いでから娘を連れて実家に帰ってきた義姉がすずにつらく当たるのがとても憎たらしくて、義姉の顔も、とくに目つきなどすごくいじわるそうに描いてあって、すずがかわいそうでした。小さいころからお絵かきが得意だったすずがその右手をなくしてしまうなんて、どんなにつらいことだったでしょう。でもすずは、次々と降りかかる艱難辛苦に打ちひしがれることなく、上手にやりくりしてくれて、とても頼もしくいい気分にさせられた主人公でした。
Commented by marri at 2017-02-25 09:00 x
mamarinnさん
おはよう!
先日は失礼いたしました。完成前の途中UP、誤作動でした。
改めて、再挑戦しました。よろしくお願いいたします。
Commented by marri at 2017-02-25 09:03 x
小夏さん
「のん」さん!スッゴクいいのです。
いつもの事ながら、予備知識ゼロ。皆さんの評価もあって
さらに、ミチさんの号令(?)が強烈だったよ!
行ってよかった。今は、皆に薦めている私です。
Commented by marri at 2017-02-25 09:08 x
akeraさん
嬉しかった事。それは言葉でした。
同じ広島県内なのに今住む町の言葉はきついのです。
広島・呉地方は優しく、包み込むような響きにも似ていて。
のんさんの語りは絶妙だったよ!50年前の自分の生活が
あの人やこの人に入り交ざって思い出され。違った意味も含めて良かった!
呉の町は私の人生の原点なのです。
Commented by marri at 2017-02-25 09:15 x
ayameさん
読んでましたか!評判はご存じだったのですね。
いつもながら、私はゼロで見てきました。
警戒警報、防空壕、焼夷弾・・・なんて言葉!そこから先の~
エェ~っと?エェ~っと?
言葉と画面の先に幼いころのおぼろげな記憶が頭から胸から
押し上げてくるのですが、それが分からない???
人生の原点・呉の町の崩壊行く姿、複雑で強烈な映画でした。
是非、ご覧になってくださいませ。コメントありがとう!
Commented by marri at 2017-02-25 09:21 x
mebaru-papaさん
君の名は いまこの世界の片隅で
この2作を頭に入れて、いつか行くとしたら?
8割方、君の名はでした。ちょっと、憧れていました。
2作を見終えた結果、またも一度見たくなったのは
「この世界の 片隅で」です。見て後世に伝えたい作品です。
Commented by marri at 2017-02-25 09:29 x
ミチさん
ありがとう!ありがとう!
貴女のお蔭で大切なことを発見できる作品に出会えました。
多くの人々に見て貰って、語り伝えたい戦争の悲惨さでした。
私の場合は亡き夫と共に11年間過ごした新人生を歩む基礎となった街なんです。
今の私の性格から生活、生き方の原点になったと思う・・・街です。
画面からはみ出して、多くの感情が押し寄せてきました。上手く語れない。
義姉の針で付くような言葉と態度は目を伏せて、サラリと、流しました。劇画だと強烈ですよね。
Commented by ypkkosan3 at 2017-02-25 16:30 x
是非見てみたいですね。
私が住む市では映画館がなくなってしまいました。
見たい映画は隣の市に大きな映画館があるので見に行きます。
あらすじを教えていただきとても見たくなりました。
Commented by Hsrolayqq at 2017-02-25 17:20
こんばんわ
いい内容ですね。「君の名は」に隠された名作です。
画館まで車で1時間かかるから足が遠くなります。
30分くらいなら、、田舎はこんな時に不便です。
Commented by 8chantomei at 2017-02-26 19:54
悲しいおはなしですね。
でも、現実にあった話なのですよね。
目を背けてはいけない事実です。
でも、最後までみていられるかなあ。。。
最近、ちょっぴり心が弱くなってきた気がします。
Commented by mittyan-buhibuhi at 2017-03-01 11:52
こんにちは♪
小夏です。
新しい場所に引っ越ししましたよ〜♪
Commented by cosumosu52 at 2017-03-06 11:25
marriさん ご無沙汰してすみません。
先日コメント欄にコメント頂いてたのですね。
いつも閉めていて時々閉め忘れることがあって、それをすっかり忘れていました。今日、マイページのコメント欄で気が付いたのです。
本当にごめんなさい。

体調はいかがですか? 暖かくなるごとに気分も高揚して体調も良くなるでしょう。

3月3日の日本アカデミー賞授賞式で「この世界の片隅に」が最優秀アニメーション作品賞に選ばれたんですね。
近くの映画館で上映予定があれば行ってみたいと思います。
Commented by marri at 2017-03-07 15:38 x
yokkosanさん
返事遅くなりました。パソコンのお休みで。

幸いなことに映画館が二つあって、恵まれています。
ここ数年遠ざかっていましたが、2週続けて見ました。
どちらかと言うと「この世界の ̄」方をおすすめします。
私たちの生きてきた時代を重ねてみることが出来ます。
Commented by marri at 2017-03-07 15:41 x
hsrolayqqさん
パソコンのストにかかり返事遅くなりました。
北へ7キロ、南に4キロ地点に映画館在ります。12個くらい
シアターが有って、どんな映画も見ることが出来ます。恵まれています。
途中で一回時計を見る私が、前へ乗り出してしっかり見ました。良かったよ!
Commented by marri at 2017-03-07 15:47 x
返事遅くなりました。
貴女は真田丸に忙しく。もうそれで充分だったってこと。
その上、資格も受かったし。めでたいなぁ~♪
今は重電機、一息入れて・・・また、次なることに挑戦って?
私のセンセ、しっかりお手本魅せてくださいね。
Commented by marri at 2017-03-07 15:51 x
mittyan-buhibuhiさん
何も気にしなくていいのに!
細かい気配り、貴女らしい。でも、新しい人みたい!
これからもお手手引いてくださいね。
Commented by marri at 2017-03-07 15:56 x
cosumosuさん
忘れて開いていたんですか!
でも良かった。これで交信できたんだから。
身体でなくって、パソコンがややこしくなってました。買い替えカナ?
でも、直ってきました。今は高くって10万超えるそうです。ヤレヤレ!
身体の方は年に4回の定期検診、無事通過!次回は5月。
私と病は仲良し子よしです。心配してくれて有りがとうね!