何年ぶりかの雪が降った日

  慶良間諸島(沖縄)へ行ってきました!

   雪の空港を8時ちょうど、岡山ー沖縄便は時間通り飛び立ちました。
   ホッとした私!

   シートに深くかけなおし、今から向かっている南の島に思いをはせていました。
   
   それにしても、このシートに掛けるまでの、わずか2時間まえの手に汗握る冒険  
   命がけにもにた、スリリングな雪の道中を思い返すと怖いものが有りました。

b0289649_1284737.jpg


   旅に発つ前日、全国的に寒波に見舞われて、ここも寒い土曜日になりました。
   明朝・・・雪の中、岡山空港までの60キロの高速道路。無事走れるのかなぁ~?

   雪が降ってませんように?積もってて走れないかな・・・。行かれなくなるかも!
   タクシーを頼もうか?この旅行キャンセルしようか?あれこれ、同じようなことばかり駆け巡る。

   15日、朝5時に起きました。
   窓から恐る恐る覗いたら、雪が積もっていた!夜中のトイレの時は降って無かったのに!

   大急ぎで支度して。とにかく行かれる所まで行こう!
   高速、降ろされたら地道を使っていかれる所までは走らねば!(なんとかなるさ)

b0289649_1233258.jpg


   クルマの屋根は10センチほど雪に覆われこれを落すのに時間がかかり気は急く。
   どうにか落し、高速道までソロリ、ソロリ。行きました。とりあえず岡山ICまで。
   (この時、反対の下り車線は下関ICまで、タイヤ規制、チェックに入っていたらしい)

   降りて(岡山)から、山道を10キロ程。路肩には雪の残る道を、とにかくノソリ、ノロノロと・・・。
   無事、駐車場に着いたときは、ヤッター!

   沖縄便、岡山空港に決めていたことが幸いしました。広島空港はクローズになったとか?
   強気の運(?)かな!こうして、予定通り11時過ぎにはホテルに入りました。

b0289649_1842457.jpg


   11階の部屋から見える風景です。那覇空港への道路が見えます。泊(とまり)港が真下に見えます。
   渡嘉敷島行の船も見えます。荷物を置いてテェックインまで自由行動です。オプションンは無し。

   まず、レンタカーに寄りました。当日予約は良い車もなく割高料金につきます。更に私はこれまでの様に
   全てが達者じゃ無い。以前のパワーの何分の一か?行動力、判断力が鈍ってる。レンタカーは止めた!

   客待ちの小型タクシーを見つけた。チャーターしたらいくらかな?行きたいところは「首里城」と「ひめゆりの塔」
   二つは離れてるなぁ~!お互いが近いのだったら・・・と渋っていたが5000円というと、1時間3500円の所
   3時半まで、4時間近く6000円で大サービス。交渉成立。いざ、沖縄・最南端の地、糸満市のひめゆりの塔へ!


                     ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


  ひめゆりの塔

   はてさて。
   大変なことに気づきました。カメラを忘れてきたのです。現地調達しか手が無い。
   寄り道してたら運転手さんは4時半の仕事上がりなんです。那覇の町で夕方買う事にしました。

   と言うわけで写真はお借りします。

   サトウキビ畑の道を東シナ海を見ながら都会から田舎町へ。心が少しずつ沈んできます。
   この道を少女たちは追われるように・・・。

b0289649_1953075.jpg


   右わきの「ひめゆりの塔」と書かれた碑が塔なんです。想像していたより小さなものでした。
   竪穴の豪は意外でした。奥へ奥へと横長いものを想像していました。ガイドなしなので自分流に。

   生き生きと、水々しい可憐な花束、献花でテーブルの上はいっぱいでした。この花のテーブルよりもっともっと
   資料館の中庭に咲く花々の美しく可憐だったこと。

   資料館は5つのコーナーに分かれていて、生きてこの世に残った語り部さんのいる部屋、テレビの部屋
   生き証人さんの記録、乙女たちのご両親のお便りなど。

   ふと、その中の一つに目が留まり。読みました。読み進めていくうちに親の立場になって涙。

    命の助かった教官の元に、受け持ちの生徒さんの遺品箱が届きました。ご両親を呼び箱を開けることに。
    中には遺髪と遺骨が数片、母親はガッとわしづかみ、更にお骨も!実際は娘さんのモノとは言いかねる遺骨と遺髪。
    見かねた父親に止められても、遺髪を胸に、撫でながら娘の名前を呼んでいるお母さん!


b0289649_20272321.jpg



   兵隊さんの治療に携わった高等学生の集団は「乙姫」 中学生は「しらゆり」と言う名前から「ひめゆり」と言う名前に!
   戦争の話は映画や本でいくらかは知っていますが、現実に目の前にすると。
   どうしても来たかったんですが、時間の関係もあって長くは滞在できず。説明不足はお詫びいたします。

   
  首里城


   とにかく広いんです。坂道になってるんです。運転手さんは1時間下さいました。
   レストランで遅い昼食を頂きました。近くでは假屋崎省吾さんが花を生けるイベントが開かれてました。

   日曜日なので人が多かった。また、特設の舞台では琉球舞踊を見ることが出来ました。
   入場料を払ってお城に入ります。

b0289649_2033095.jpg


   歩くところが一杯の広い公園は私の足が悲鳴を上げます。人の倍も時間がかかる歩幅
   スーパーに寄ってもらいカメラを買う仕事が残っています。お城は早めに見終えて。

   ホテルに横づけで帰ってきました。
   明朝は10時の船なのでゆっくりお風呂、美味しいディナー!

   一日目はカメラ無しで、こんな風に暮れて行きました。        つづく





   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-20 20:53 | Comments(24)

Commented by mamarinn30 at 2017-01-21 05:19
おはようございます

海の色を見ると沖縄、奄美の感じしたけど、そこまで冒険しちゃうかなと・・・・・

marriさんの行動力が戻ってきたんですね。

なみだなしでは読めないmarri物語に感動しました。

Commented by ayame at 2017-01-21 06:32 x
おはようございます。
南の海だったんですね。
綺麗な色でしたもの~♪
行った事が無いので読み入りました。
お話、よ~~く伝わりますよ。
続き、楽しみ・・。
Commented by agsmatters05 at 2017-01-21 09:33
ハハ、半分正解だったでしょ。沖縄ってところまでは。
でも、ケラマ島って全然頭に浮かばなかったです。
よく知らないからかな。いつか私も行きたいです。
行けるかな。

やっぱり沖縄の海と空は格別だわ。
marriさん、ありがとう。私も来年沖縄に行く予定があるんですよ。来年。(笑)
Commented by akera_s at 2017-01-21 09:40
炬燵に入ってmarriさんのブログを拝見
寒い空気が一変し暖かくなりました。
marriさんの行動力に感動です。
Commented by cosumosu52 at 2017-01-21 12:16
元気印のmarriさんが戻ってきましたね。
雪の中を運転して行かれるとは、膝が痛いmarriさんとは思えないです。
気力が戻ってよかったですね。
数年前初めて沖縄に行きました。
戦争の傷跡を見てきました。驚くばかりでした。
続きを楽しみにしています。
Commented by 山小屋 at 2017-01-21 21:25 x
沖縄に行ってきたのですか?
まだまだmarriさんは元気です。
この元気なら世界中どこにでも行くことができます。
歩くのはゆっくりでいいです。
「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く・・・」です。
Commented by Hsrolayqq at 2017-01-21 22:20
こんばんわ
沖縄でしたか?
海がコバルトブルーですね。
綺麗よ。
Commented by konatum at 2017-01-22 09:10
わぁ〜、暖かいところへ。
良かったですね。
マリさんの行動力、完璧に戻ってきましたね。

青い海良いなぁー。
私もまた、この時期、行きたくなりましたよ。
桜、咲いてました?
Commented by mebaru-papa at 2017-01-22 12:54
こんにちは
やはり南国の風景ですね
羨ましいです・・・!(^^)!
Commented by marri at 2017-01-22 18:58 x
mamarinnさん
そんなに元気じゃないのよ。毎朝ベッドから降りるとき
足と相談します。イケナイ日は受け入れて。
少しでも良い日は努めて歩きます。一進一退です。頑張ります!
Commented by marri at 2017-01-22 19:17 x
ayameさん
コメありがとう!
年末に久米島行き、外しました。行きたかったんです。
代替えの慶良間諸島なんですが・・・。良かったです。
石垣島、宮古島、本島へと何度も出かけています。離島が好きなんです。
人口600人の静かな島は何もなく、穏やかな時間だけ流れていました。
Commented by marri at 2017-01-22 19:22 x
ミチさん
クイズにしてたら大当たりだったわね!貴女だけ正解だったのにはビックリ。
冬と言うシーズンは晴れ間が少なく写真に残すにはマイナス。
今回はカメラを忘れたばかりに思うようには撮れなかったです
でも、ため息の出付様なケラマブルーは世界のブルーなんです!
Commented by marri at 2017-01-22 19:37 x
akeraさん
そうですか。おこたに入って読んで下さったのね。ありがとう。
海を見てると勇気が湧いてくるのです。いろんな想いが交錯します。
どちらかと言うと病や先の事は飛んでいます。沢山の思い出の中に遊びます。
棚卸しするといけない性格が反省されるばかりです。
Commented by marri at 2017-01-23 08:35 x
cosumosuさん
美味しそうなパン作り。コツをつかんだのね!上達が早いナ。
私の身体、そうね、採点すると以前の3分の一くらい・・・いけるかな?
毎朝、ベッドに腰掛けて二重丸、マル、あぶない日。
危ない日でも、その様に対応してクサラナイ癖が身に付きました。
それでいいんです。旅行中も添乗員さんと石段の下で待っています。慣れました。
多くの人のお世話になりました。笑顔でゲンキな歩行を見せなくっちゃぁ~♪
Commented by marri at 2017-01-23 08:39 x
山小屋さん
ありがとう。勇気の湧いてくる言葉。
旅行を決めると、その目標に向かって体を鍛え(?)ます。
帰ってからの性格、笑顔が増えてるみたいなんです。
今の所待機する箇所が多いですけど、必ず参加できるように頑張る!
Commented by marri at 2017-01-23 08:41 x
hsrolayqqさん
はい。沖縄の海です。
買いたてのカメラと、どんより曇った冬の空
綺麗な写真は撮れなかったです。でも、満足・まんぞく!
Commented by marri at 2017-01-23 08:44 x
小夏さん
わたし、沖縄が好きなんです。今回で七度目。
石垣島3、宮古島2、本島は今回で2度目です。ほとんど離島の海です。
行かれる時に行っておこうと遊んできました。無人島も2島行ったのよ!
Commented by marri at 2017-01-23 08:49 x
mebaru^papaさん
年中旅行してきました。最近は国内です。
行くために働いています。思い出が財産です。
目をつむると、小鳥が鳴き、ブーゲンビリアの花が風に揺れて~♪
あぁ~、また行かなくっちゃぁ!
Commented by yokkosan3 at 2017-01-23 14:49 x
marriさんの行動力に感服です。
やはり暖かいところでしたね。
雪道を運転して・・一人旅だったのですね。凄~い!
これからはどんなところへも行けますね。
沖縄は一度行ったことがあり首里城やひめゆりの塔の写真に
懐かしく思い出しました。
勇気と元気を沢山いただき、とっても嬉しくなりました。
Commented by marri at 2017-01-23 17:20 x
yokkosanさん
文章の世界です。まだまだ、不自由さには変わりありません。
大型家電屋さんによりカメラを買う仕事が初日の最後になり
5歩歩いては、肩で息をして、椅子が有れば休んで・・・
それはもう、おばあちゃんんお図そのものでした。ツアーだったので
男の人が舟の乗り降り、いつも手を貸してくださり。このことは毎回同じ。
岡崎、南紀、房総半島と経験を通じて力を付けて行ったように思えます。
貴女の温かい言葉を頂き、まだまだ頑張ろうと思いました。ありがとう!
Commented by 8chantomei at 2017-01-26 17:19
あら~。沖縄だったのですね。
全然見当違いでしたね。
ツアーではなかったのですね。
一人旅もいいものなのでしょう。
私はまだ経験したことないんです。
marriさんのお話、手に取るように想像してます。
Commented by jugeme at 2017-01-26 21:02
今回は一人旅(一人参加?)だったのですか?
旅慣れていらっしゃるといっても、お荷物など大変だったでしょうね。
でもあなたの周りには必ず助けてくださる方がいらっしゃるようで、それも人徳ですね。
また楽しい思い出が増えましたね。
Commented by marri at 2017-01-27 20:17 x
8chantomeiさん
いえ、最近はひとり旅どころじゃありません。
不自由な身体抱え、動作も歩きも鈍く。ツアーに入ってもたもたしています。
ひとり旅風にいって、ごめんなさい。改めます。
でも、だんだん慣れてきましたよ!
Commented by marri at 2017-01-27 20:22 x
jugemeさん
一人だと聞くと誰も口をそろえて怒ります。皆さん不自由な間中
お世話になった方ばかりです。と言うわけでついて行ってくれました。
荷物はいつもリュック一つ、背中に追って出かけます。着回しをして平常着。慣れました。
多のみ上手で、優しそうな彼を選んで助けて貰っています。
この国の人々は障害を持つ人にとっても優しいって事知りました!