年齢じゃ無い

 
 めでたいナ!

   持ってた袋が急に、フワッと軽くなった!   
   まるでバトンリレーの様なさばきで、その人は、私のゴミ袋を手に早や数歩先を歩いていた。

   一瞬何のことかわからなくて、戸惑っていました。 
   ごみ置き場へポイと置いてから振り返りニッコリ!友人Zのご主人だった。  

   それは一年前の事。

   その日は生ごみを出す日。元気なときはことも無く、むしろ駆け足で持って行ってました。
   人工膝関節の置換手術を受けて一年、足は思うようには快方しなくて歩行に困難していました。

   止めたいのに・・・杖をつくことが当たり前になって。
   そういえば、リハビリの散歩中に「今日は杖をもってないナ。エライ!」なんて褒めてくれるオジサンが居てたりして。  
   
   俯いて、背なを丸め、足もとだけを見つめ、前方はおろか四囲の事には気が付かぬ   
   そんな歩き方はいけないことは、分かっているけど、傷む足腰にはこの歩きしか?

   家から100m程のゴミ集積所までは、術後の私の歩きでは、大仕事の一つに入っていました
   雨の日は傘もさせないので、帽子をかぶって頑張って、急ぎ足で(これは気持ちだけの事)


b0289649_19353097.jpg


   Z氏は毎朝歩いています。その日も歩いてて、前を・・・
   足を引きずってノロノロ歩くbabaを見つけたのでしょう!親切心から引き取り運んでくれた。

   日頃から、元気なゲンキなziziさんとは思っていたけど。
   この様な親切を受けると、わたしゃぁ~、もうもう(喜)

   その彼は、もう少しで90歳になるとか・・・・聞いていました。私とは15歳も年長者!
   サッと真心の手が出る。私にもこんな真似が出来るかなぁ~?無理、無理。


b0289649_19355778.jpg



   三が日が過ぎたある日、Zが夫(Z氏)の写真を、いえ、家族の写真を下げてきた。
   「米寿の祝いしたのよ」
   正月休みで長男夫妻、二男夫妻、それに自分たちの笑顔いっぱいの写真!

   「幸せを絵にしたような笑顔の写真」
   いいなぁ~!88歳でこんなに元気で。貴女幸せね!っていうと「孫がいないのが!」

b0289649_1936289.jpg


   実は倅のPTA仲間だった私達。ウチにはもう成人の孫息子のいるってのに。
   Z氏が45歳の時長男さんに恵まれ高年齢の父親だったとはいえ、未だ孫が抱けず。

   家庭思いのZが、時折このことを話すとき、顔が曇る。
   米寿の衣装、上から下まで全部Z夫人のお手製。ホントに器用な人なんです。

b0289649_193711.jpg


   この頃の88歳は若いねぇ!
   その時、思い出した。ゴミ袋をサッと手にして運んでくれたこと。颯爽と歩くさま。

   私は10いくつも年下なのに。年齢じゃ無いのね。

   大きな刺激を受けて、あの日から私は頑張ったよ。しっかり歩かれるよう努力しています。
   このところ調子がいいのです。早く元気になってお世話になった皆に少しずつお返ししたいな?

   しかし、弱い立場になってつくづく、しみじみ思うに
   この国の人々は、何気に親切だ!困っている人に対して躊躇なくサッと手が、心が出る!
   そのことを知らされた。良い国に生まれたものだ!自分の事は自分で出来る人にならねば!

  Zさん ご夫妻様
   おめでとう!頑張ったね!良かったね!健康に万歳!
   心を込めて、バラのお花(写真)でお祝いいたします。 


   
[PR]

by kazumi1171713 | 2017-01-08 22:35 | Comments(20)

Commented by mamarinn30 at 2017-01-09 07:22
おはようございます

やっぱり今度のお話にもmarriさんを気遣うやさしい人のお話でほっこりします。

ありがたいことですね。

zさんご夫妻に幸多かれとお祈りします。

そしてmarriさが元気になってる事へ喜びを感じます。
Commented by 山小屋 at 2017-01-09 08:34 x
人生・・・
年齢ではありません。
80歳を過ぎても元気で山登りしている仲間がいます。
さすがに3000mを越える山はダメですが、2000m
くらいまでは大丈夫なようです。

高齢者の定義が変わりました。
今までは65歳以上を高齢者と呼んでいました。
これからは75歳以上に引き上げられました。
みんな10歳も若返りました。

先ずは何事も最初の1歩からです。
「1歩ずつ前に出せばいつか頂上に立てます。」
昨年10月に亡くなった田部井淳子さんの言葉でした。

Commented by akera_s at 2017-01-09 09:06
温かな人に寄り添って頂きながら確実に
元気になっていらっしゃるmarriさん
周りの方はmarriさんに寄り添ってもらいながら
楽しい時間を共有しているのだとおもいます。
お互い様ですよね。
Commented by ayame at 2017-01-09 09:50 x
おはようございます。
marriさんの周りには素敵な人がいっぱい居ますね。
今は年齢ではないですね。
元気な高齢者が私の周りにも沢山、いらっしゃいますし~。
marriさんも最近、生き生きとしてる様子が伝わって
きますよ。
zさんご夫妻も素敵です。
Commented by yokkosan3 at 2017-01-09 12:19
親切が身に沁みますね。
zさんって素敵な方ですね。
その立場にならないと分からない事ってありますものね。
義姉も80歳の時膝関節と股関節を続けて手術して5年経ちましたが最近は杖を忘れることもあるそうです。旅行にも良く出かけています。
毎朝1時間の散歩は欠かさないそうです。
支えてくれる方が沢山いらして嬉しいことですね。

Commented by cosumosu52 at 2017-01-09 17:43
またまた良いお話です。
この方が・・お元気そうないい笑顔してらっしゃいます。
さりげなく人に親切に出来る方、素敵ですね。
おみ足も日にち薬でしょうか、
こちらは日中暖かでした。気分も上々、こんな日はお散歩が気持ち良いですね。
幸せを絵にかいたようなお宅にも人知れず悩みもあるのですね。最近、どちらのお宅にも何かあるのだなと思います。
Commented by marri at 2017-01-09 18:58 x
mamarinnさん
有りがたいことですよね。あの日から
時々ウチの勝手口覗きゴミ袋が有ったら運んでくれます。それから
Mちゃんが持って帰ってくれてた時期もあります。有りがたいことです。
今は自分で早起きして目立たない時間運んで行けるまでになりました。
Commented by marri at 2017-01-09 19:08 x
山小屋さん
「元気印」「宇宙人」っていう綽名をつけられていました。
「老いる」ことはまるで念頭に入って無かったです。また、不自由な身体って
校庭を覗き、ボールを追って走る子らを、いずれ、誰も・・・などと
そんなことを思うようになりました。高い山は無理としても貴方の後を。なんて!
不自由になってから学んでいるって。それが今の私です。
いまは、受け入れています。でも、諦めてはいません。そのうち、きっと!
Commented by marri at 2017-01-09 19:12 x
akeraさん
ただの一度も思って無かった無様な今の私!
「貴女も人のお世話してきたでしょう!
 そんなに、いつもいつも ごめんね。すみません!って言うんじゃないの。ありがとうでいいの」
そんなきついことを言う友もいます。でも、申し訳なさが一杯で(^^::)
Commented by marri at 2017-01-09 19:17 x
ayameさん
はい。ご夫婦そろって親身にわたるお世話をしてくださいます。
大晦日に届いたオードブルは彼女の作なんです。美味しかったです。
いつもは当たり前で来ていた私なんです。今は心に染み入って私もいつかお返しをと。
自由にならない体を無視して、その日に備えて身体を丈夫にと!
Commented by marri at 2017-01-09 19:21 x
yokkosanさん
私の話は家の中、友人たちの事。ぺらぺらはだけだして!
丸裸で歩いているようなモノ。お恥ずかしい!
お姉さま、80歳で手術、根性あるなぁ~♪それで5年目の今は旅行なんて。
夢と希望が湧くなぁ~!私も頑張るよ。まだ、埼玉県を知らないの。ブログで見た
貴女の県へ行ってみたい。頑張るド(^^♪)
Commented by marri at 2017-01-09 19:40 x
cosumosuさん
貴女の部屋へ行ってきました。2枚目の写真
あまりに、豪華で綺麗なので勝手にいただき背景に使わせて頂きました。
隣の芝生でしょうか!毎日一緒に歩いているのでオシドリみたい!
出来のいい息子さんで一人は灯台を出ているのよ。赤ちゃんに恵まれて無くて。
春よ来い!早く来いです!この話ナイショよ?
Commented by mebaru-papa at 2017-01-10 06:36
おはようございます
素敵な話ですね
薔薇の贈り物も洒落てます
Commented by 8chantomei at 2017-01-10 11:14
ある程度の年齢になると、年は関係なくなりますね。
でも、仕方のないことです。元気はなによりですが、その人なりの事情がありますものね。
それなりに頑張ってまいりましょう。
Commented by marri at 2017-01-10 20:04 x
mebaru-papaさん
いつもコメント頂きありがとう!
余り最近カメラの出番がないのです。在庫から
気に入ったのを使用。カモフラージュ方々UPしています。
捨てがたいばらの花々だったんです(-_-)
Commented by marri at 2017-01-10 20:10 x
8chantomeiさん
そうですね。つくづくそう思う年齢差です。
戸籍の年齢は飾り物、本人の元気さが実年齢か?
元々現在は昭和の頃の年齢に8掛けだとか…聞いてます。
70歳は56歳、60才でも48歳。ざっと50歳かな。
仕事柄とはいえ、俳優さんたちの若い事。すごい!
Commented by agsmatters05 at 2017-01-12 10:47
話題を選んで(決めて)、写真を選んで、ご友人をほめたたえて、Marriさんのブログの記事はいつも本当に読みごたえ、見ごたえがたっぷりあります。Zさんのご家族にどうか次世代の赤ちゃんがもたらされますように。Zさんが子供を授かったのが45歳ということだったら、二人の息子さんたちもまた、こうのとりがやってくるのがおそいのかな。
Commented by Hsrolayqq at 2017-01-12 20:39
こんばんわ
65歳から75歳に引き上げですか?
65歳から74歳は准高齢者ですか?
どうなんだろう?体力は個人差が激しいんでは?
私の年齢でも病気で入退院繰り返している人もいます。
90歳でも元気な人もいます。
Commented by marri at 2017-01-13 20:59 x
ミチさん
貴女のおっしゃるとおりかも?いつも記事には苦労してます。
Zさんの奥さんは私と同じ年、年の離れたご夫婦です。
長男さん宅はせ折角恵まれた子が死産だってね。鳴いていました。
今年あたり恵まれたら・・・と祈るようです。
Commented by marri at 2017-01-13 21:04 x
hsrolayqqさん
若い貴女にはこれから歩む世界は想像もできない道かも?
私は70歳から次々と困難なことにぶつかって。
思ってもいなかった障害と闘っています。もちろんこれは年齢からではなく
戸籍の年齢は本人とは関係ないですね。鍛えて丈夫な歳を重ねてくださいね。