友だちが一人増えました

敵じゃなくお友達

   「Kさん、悪い結果です」
   主治医の先生はそういってから、Kの後ろを見た。いつもは親友・Aが控えめに立っている。

   一週間前、PET・CTの検査を受けた。上手く説明できないが
   写真フィルムに「癌」の部分が光るとかで、最近の検査は早期発見にと繫がっている。

   主治医の先生はPCの画面で、今までKのフィルムに見入っていたのです。
   その日に限って、Kは一人で来院していました。

   「すぐ手術した方が良いです。貴女は肝内胆管癌です。悪い所を切り取りましょう」

   まるで悪い夢の中で聞いてるような気持ちのK。この頃はストレートに本人に直接宣告するのね。
   Kは稚拙な質問をした。入院、手術しないと・・・どうなるのですか?

b0289649_20363772.jpg


   「持って・・・一年ですね。女優の川島直美さんがこの病で亡くなりました。
    手術したら年3~4回の検査を受けて貰って5年間、何も無ければ安心しても?」

   その時の事 思い出しても不思議な話、淡々と他人事のように聞いていました。
   後から考えるに、毎回付添いくださる親友Aが患者の身で、その彼女の病状をを聞いていたような錯覚。

   こんな話、こういう風に伝えるんだっけ?
   息子さんに来ていただけますか・・・なんて、テレビでは驚愕のシーンじゃなかったかしら?
   なんか・・・手術すればいいんだと暢気なKはフツーに聞けました。先生に全てを託しました。

   「手続きします。外の待合室で呼ばれるまで、待っててください。」

   Kは何時もの様に、いつもの挨拶をして診察室を出た。

   椅子に掛け待ってる間に変化が現れた。ガクガク体が揺れた。両手を組んで抑えた。
   思いもしない体の揺れは名状しがたいものだったが、長くは続かなかった。
   
b0289649_20372414.jpg


   このふた月の間、幾度となく検査、検査で通った道を駐車場に歩いた。
   いつも、親友のAが保護者の様にt付添いさんで付いてきてくれた。Kは自分の方が付添いさんの気分だったのか?

   さっきのガタガタ揺れが嘘のように気分は軽かった。不思議に恐れのないこと!
   ただ、このまま家に帰りたくなかった。誰にも会いたくない、話したくないと。

   くどくど独り言言いながら、何処へも寄らずに帰宅した。氷雨の降る2月の寒い日でした!

b0289649_20374911.jpg

   
   それは、去年の6月から始まりました。毎月の採血検査の結果CA19・9の数値が異常に高くなりました。
   これは内臓のどこかのガン数値を示しているという事。Aはその時思ったそうです!
   暢気なKは動こうとはしなかった。ところが、その年の12月の検査の結果はもっと高くなっていました。

   行きつけの医師が大きな病院への紹介状を書いてくださいました。
   年の瀬だったので新年あけてからしっかり検査して貰う事にしました。

   新年(今年)の初め、1月6日に初診を受けました。ここもあそこも、時には週3回も通院したり 
   胃も腸も肺も心臓も・・・あぁ~~~ぁ!もう丸裸にされたような。

   高齢者のKは途中、眼科、歯科などの健診も重なり。最終検査の発表が2月末になりました。
   どういう結果であれ、受け入れようと思いました。余り心の動揺はなかったです。
  
   友人Tさん、Yさんがガンと闘っているけどケロッとしている。辛いだろうにって?
   でも、両人とも、いつも明るく屈託なく笑っている。一人になったとき泣くのかなぁ~!
   誰でもこうはいかぬじゃろ!私だったら???

   いいえ・いいえ!
   術後のKは みんなに公表してこの敵と闘おうと思ったよ。以前と変わらず、賑やかで明るかった。
   これまで不思議でならなかったT・Yさんと何ら変わりない言動なんです。

   今の時代、早期発見であれば何でもないのです。受け入れればいいのです。
   結果を聞いてからのKは、聞かなかった頃のKとちっとも変らないのです。

   誰も、強がりで心の中は・・・?と思っているようですが仲間のT・Yさんと会えば
   今夜のおかずの事のように今の病状を語り合います。

b0289649_20381679.jpg


   一年って、早いなぁ~♪
   こんなにも早いことが、嬉しい!春が来たら、また次の一年を過ごせばいいのだ。

   一日いち日を大切に生きることの大切さをを見つけた今、敵は喜びの友だちのような!


  皆様へ

   いつも、訪問してくださりありがとうございます。
   一年間もの長い間休んでいての再開なのに、温かく迎えてくださり嬉しかったです。

   この半年間ありがとうございました。
   来る年も変わらずよろしくお願いいたします。風邪などひかない様に・・・ネッ!
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-12-29 11:33 | Comments(16)

Commented by konatum at 2016-12-29 13:35
お疲れ様〜。
そのKさん(あえて、Kさんと言わせてもらいます)とお友達のお方。
そして、いつものマリ節で更新してくれる、嬉しいですよ。

来る年も、ヨロシクです、ね。
Commented by akera_s at 2016-12-29 16:03
Kさんと全く同じ体験をしました。
でも今は明るく何事もなかったように生きてます
あれから自分を大事にと言い聞かせながら。
今年もお世話になりました
来年も楽しく訪問させていただきます
良いお年を。
Commented by Hsrolayqq at 2016-12-29 17:03
こんばんわ
今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

その後kさんはいかがですか?お大事にしてください。
Commented by ayame at 2016-12-29 17:43 x
お休みが長かった時は心配でしたが再開された時は
ホッとしたものです。
毎回、物語を読むのが楽しみでした。
来年もよろしく。
お体、大切にね。
Commented by agsmatters05 at 2016-12-30 03:00
じゃ、私も上のコメントに倣って、Kさんへ。早期発見。これがキーワードですね。
みつけ出してもらって、本当に良かった。それが現代の日本の医療水準の高さなのでしょう。
私もすぐに同じ体験をすることができるでしょうか、はたして?

見つけ出してもらわなかったら、お先に、って言う日がいつ何時くるのか、分かったもんじゃない。

とはいうものの、やっぱりmarriさん(に戻って)、こういう記事を書けるmarriさんって、ワンダフル!
Commented by 山小屋 at 2016-12-30 07:39 x
24日に北八ヶ岳の小屋に泊まってホワイトクリスマスを
楽しんできました。
25日の夜、帰宅したら山仲間が亡くなったという悲しい
知らせが届いていました。
しばらくは信じられない気持ちでした。
春に喉にガンが見つかったといって治療していました。
だいぶよくなったといって一緒に飲んでいたのですが、
あまりの早さに愕然としました。

今年は大きな災害もありました。
来年は穏やかな年であって欲しいです。
よい年をお迎えください。
Commented by yokkosan3 at 2016-12-30 14:41
医学が進んでいる現在です。
早期発見がどんなに大切なことか教えていただきました。
5年はあっという間に過ぎてしまうでしょうね。

来年もよろしくお願いいたします。
Commented by mebaru-papa at 2016-12-30 15:13
こんにちは
今年も楽しく読ませて
いただきました
良いお年をお迎え下さい
寒さ厳しき折ご自愛下さい
Commented by marri at 2016-12-30 16:54 x
小夏さん
その・・・あえて・・・Kさんなんですが!
公にしてガンバロって決めているので、友人たちは知ってます。
年の暮れ、これでスッキリしました。marri節ですか?
これまで通り飛ばします。今年はいっぱい、ありがとう!
Commented by marri at 2016-12-30 16:57 x
akeraさん
これで、肩を並べましたね。あはは!
誰もが通ってきた道、皆も先で進むかもしれない道
安心して貴女とお喋りしながら進めますね。
それで・・・いまは、ダイジョブですか?無理しないでね。
来年もヨロシク。
Commented by marri at 2016-12-30 17:02 x
hsrolayqqさん
いよいよ、あと一日になりましたね。
Kさんは、元気です。ありがとうね。寒いです。
良い年をお迎えくださいね。一年間ありがとう!
Commented by marri at 2016-12-30 17:13 x
ayameさん
縄跳びの輪に入るのに、今度は・・・今度はって!
そんな時間が気が付けば一年にもなって。どんな話からって?
ところが、再開したら皆さんに浴していただき、嬉しかった!
自分の居場所、ここに有ったって、嬉しくなりました。でも
どのような記事を、とオロオロしながらのUPなんです。
これからもよろしくお願いいたします。良いお年を!
Commented by marri at 2016-12-30 17:21 x
ミチさん
いつ、話そうかとずっと思っていました。
なんといっても友人Aが半年間もの間いつも「癌だ、癌だ」と言いました。
掛かりつけの医師が紹介してくださった所は何もないとのことで終わり、Aの執拗さで次なる病院へ行きました。
市内にここだけ設置と言う県内に二つしかないPET検査を受ける事になったのです。疑わしい個所は三つ見つかりました。
早期発見です。主治医を信頼することです。向き合う事です!今では嘘のように元気です。また、お知らせしますね。
Commented by marri at 2016-12-30 17:26 x
山小屋さん
貴方の元気さに憧れて、いつの日か歩きに参加したいと・・・
大きな気持ちをもって励んでいた事ども。足の回復を待たずにして。
この4年間は不安な病状に翻弄されていたような。でもでも
何となく前方が明るくなってきたような。ブログの力に押されて
来年もボチボチ進めていきます。よろしくご指導のほどを!
Commented by marri at 2016-12-30 17:32 x
yokkosanさん
コメントありがとうございます。
一年間ありがとうございます。早かったね。あっという間!
考えようね。早い一年だったら楽しめたらいいんだわ・・・って!
貴女には早くから知らせていたのよね。気が楽になってね。頑張れたよ。
来年もヨロシク。手を引っ張って行って下さいね。良いお年を!
Commented by marri at 2016-12-30 17:35 x
mebaru-papaさん
ホント!いい年だったわね!
妖精たちの乱舞の様な花々の写真。おっと!
今年は、変わった被写体へのお遊び。楽しかったわ!
来年も楽しませてくださいね。良いお年を!