びっくり・ポン!

嬉しい、珍しいプレゼント

  その日は勝浦の三日月と言うホテルに泊まりました。私達4名はひと部屋なんだけど?。
  足腰が不自由なことを添乗員さんに事前に伝えていたので、全ベッドの部屋かも?

  南紀の時は二人だったから洋室一室になりました。4人部屋の場合は・・・どうなるのかなぁ~?
  心配には及びません・・・でした。

  全室オーシャンビューの部屋と銘打ったホテルとは聞いていたけど。

  案内された部屋は二面ガラス仕様の20畳はあろうか!座敷に蒲団が二組み敷かれて
  ベッドも二台ありました。角部屋の豪華な造り!みんな女学生の様な声を挙げました。ありがたや!

  足の悪い私にはオーメイワクなこと。こうなると大浴場が遠いのです。
  こんなこと位じゃ、へこたれないぞと ♪~おれも とうしが 湧いてきぃ~~~たぁ~~♪

b0289649_18214960.jpg


  てんでに決まったねぐらで4人はあっという間に眠りについた。時刻は9時過ぎと言う高齢者タイム。
  こうなると、お〇〇もいびきも・・・知らない!早い者寝た者勝ち。恥も外聞もない我ら!

  夜中のトイレ通いが特技のアタシ、何度か行きましたが静かな部屋に流れるのは笛の音のような
  ヒュー・ピュー!しばらくして・・・またまたピュー・ピュー。風の哭き声です。

  数年前、ひとり旅の石垣・与那国島で怖くて夜通し起きていたけど、あの時と同じ風の哭き声
  翌朝その民宿をキャンセルして早々に島を離れました(意外に憶病なアタシなんです)

  次の日Bさんが{余り眠って無かったよ」と私のトイレ通いを何回と言い当てた。それなのに
  アタシは怖いよと心でつぶやきながら、朝までグッスリ眠ってしまったよん!

b0289649_1583196.jpg


  何ひとつ遮るもののない太平洋の荒波は夜通し吠えて荒れるのかしら!
  
  翌朝は雨の中、目覚めました。朝市へ行く予定だったけどキャンセル、寒い日、遊覧船も止め!
  最近こんなにもゆったり過ごすこともない程の時間(とき)をラウンジで過ごしました。

  それなのにこの私、カメラ片手ヨチヨチ、ザワザワと歩き回り写真を。そしたら・・・

  ガラス窓の隙間から見る景色が見たことも無い場面になっていることに気が付いた。

b0289649_20584032.jpg


  慌てて傍にいた喫茶部の若い女性に聞きました。
  「海面から湯気がたっているよ。毎朝こうなの?どうして、湯気がたちのぼっているの?」
  知りません、しりませんと、なにを聞いても答えられなかった。私は狭い柱の隙間から何枚も激写。

b0289649_21121613.jpg


  やたら・・・撮った中にこんなのがありました。
  カモメかなぁ~?湯気の中を楽しんでいました。

b0289649_212198.jpg


  スマホを出して調べました。海にかかる霧「海霧・かいむ」と言うんだって。
  「かいむ)は、暖かく湿った空気が、冷たい海面に接することで生じる霧で す」と。

  私の中では、何となく「けあらし」という言葉がよぎりましたが!調べてみると北海道・留萌地方の方言で
  寒さの厳しいころ、海面に発生する湯気のようなもの・・・と書かれていました。

  そういえば、テレビの画面に積雪の東京が放映されていました。
  日本全国、寒波に覆われ11月の雪は驚きの目で迎えられた朝でした(11月24日)
  
b0289649_2118733.jpg


  迎えのバスが10時過ぎに来ました。
  「朝市」は思わぬ天候の中、一店舗も開かず、雨の中さっぱりの朝だったようです。

  太平洋の海岸部では、生まれて初めての海霧を見ることが出来て、感動の私達でした。
  ところが山間部に入っては・・・もっと、神秘的で目を見張る景色に遭遇したのです。


                 ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


  日蓮宗の総本山

  ここ「誕生寺」では雨の中あるきました。戻ったバス車内は天国の様に暖かかった。
  転ばぬように歩く私の事、誰よりも付添いをしてくれる友人たちに感謝。雨よ上がれ!

b0289649_9452216.jpg



 日蓮上人の子供時代の像

  倅が6歳の時、稚児衣装で街中を歩いたことが有ったっけ。アレと似てるなぁ~!(親馬鹿メ)
  雨の中、杖のやり場のないこの身で、浅ましくも激写したので。掲載します。

b0289649_9455335.jpg


  バス旅行は移動が楽で、眠っていても・・・あなた任せ!
  私には、バスの乗り降りに不自由しました。毎回先に降りて友達が手を延べて援助してくれました。

山間部の白化粧


  バスは本日のハイライト紅葉の「養老渓谷に向かいます。美しい紅葉を描いてはワクワク。
  昨日の美しい清水公園・濃溝の滝を思い出しながらカメラ握る手に力が入る。

  「アレッ!雪じゃ!」
  驚きと喜びの混ざった声が窓際の席の人からしてきました。慌てて窓外に目をやると
  今まで雨だった風景が雪になっていました。

b0289649_19552324.jpg


  海岸部の雨は山間部では「雪」になるのでしょうか?
  山から裾に降りてくる雪は、横殴りの激しいものとなっていました。

b0289649_2012171.jpg


  通路側に座っているアタシ。隣のCさんの事など~、まるでお構いなし!
  実を乗り出して、撮った!撮った!

  Cさんと私、同じ位写真が好き。二人は競争しながら撮りました。
  外の風景は、きっちり厳寒の雪の風景を呈しています。深々と降る雪は神秘的!

b0289649_19594751.jpg


  「今日の紅葉見学は中止です。細い階段を沢山降りて見る渓谷なんです。
   先に到着した他のバスの人も、入山口から引き返しています。とりあえず入口の売店まで行きます」

  半分は興奮気味にアナウンスする添乗員さん!彼女は東京の方。
  今も友人から「都内は雪」のメールが届いたけど「こちらは積雪」と返送したらしい!

b0289649_965415.jpg


  そりゃぁ、驚くはなぁ~!
  11月の大雪、暖かいが売りの房総半島の積雪!常に訪れている人には驚異の景色!

  私は嬉しくって、動くバス車内なんぞなんのその!バシャバシャと撮った
  このように撮れてたことに感謝。嬉しい!こんなサプライズが有るんですね。

b0289649_2023584.jpg


  海面をソロリそろりと移動する、冬、北の国でしか見られない海霧
  11月の房総半島の南の山の中、それも400mほどの低い山間部に降り積もる雪

  「雪と紅葉」
  朝市も鯛の浦の遊覧船キャンセル。なんのなんの!こんなとびっきりの「旅に」になったのだ!
  友達との絆もさらに深まる良き思い出の旅となりました。下総・上総・安房の国、大好き!
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-12-08 10:55 | Comments(16)

Commented by akera_s at 2016-12-08 18:45
うれしい自然からのプレゼントに私も興奮
海霧の写真を見ながらmarriさんと一緒に
旅気分に浸りました心からありがとうです。
Commented by Hsrolayqq at 2016-12-08 20:08
こんばんわ
誕生寺にも来られたんですね。ここから小湊三日月ホテルは近いです。私はここから車で20分くらいのところに住んでいます。(この前も書きました)勝浦市の海だって晴れていれば青くてきれいよ。外房は波が荒いんです。勝浦市は2月には勝浦ビッグひな祭りがあります。
養老渓谷は晴れていれば車が多いです。粟又の滝があります。本当にすごい時に来られたんですね。
何もない田舎だけどこれからは露地栽培のお花が咲きます。
Commented by mebaru-papa at 2016-12-09 06:46
おはようございます
お仲間同士4人組のお泊りでの
部屋で見えた光景は外見はそれなりのお年の顔(失礼)
なのに貴女の目にはキラキラした女子学生見えたのかな?
あたたかい文章から感じられます。
とっても楽しい旅行でしたね
Commented by 山小屋 at 2016-12-09 07:25 x
関東も観測史上初めての積雪でした。
私のところも5cmくらい積もりました。
房総でこんな雪景色をみることなんてないと思います。
景色はすっかり雪国の装いだったようです。
Commented by marri at 2016-12-09 15:53 x
akeraさん
コメントありがとう!
海霧なんて厳寒の北の国でしか見られないとか。
なんといっても雪に縁の薄い私達、11月の房総半島で見られるなんて。
貴重で嬉しいプレゼントを頂きました。また、行かれたらいいナ!
Commented by marri at 2016-12-09 15:58 x
hsrolyeqqさん
貴女が語る町が、これで身近になってきました。
誕生寺は雨に降られ、杖を片手の私には歩行も困難で早めに切り上げました。
最近の私は雨おんなが続き冴えない写真ばっかり。でも今回は感謝!
こんなプレゼント付きの旅行でいい思い出づくりが出来ました。
2月ごろ、行かれたらいいなぁ~!
Commented by marri at 2016-12-09 16:05 x
mebaru-papaさん
はい。皆さん子供みたいに、われ先に喋るのよ。
それでも、誰かの目が私に張り付いていて、立居振舞の度に援助の手が来ます。
独居老人の私はこの人たちの援護なしでは語れないです。
旅先の修身は明日の事を考え早めにと決めています。私も話しかけられても
グーグーと狸寝入りして返事しません。でも・・・9時就寝は早いナ。
Commented by marri at 2016-12-09 16:11 x
山小屋さん
ホント!嬉しい体験をしました。あんな雪の日に!
それに・・・海霧なんて。こんなことって有るんですね。良かった!
とはいえ、以前の私じゃないから皆さんの足を引っ張っています。
出も早めにギブアップして手近で時を過ごす術を覚えました。これから先は・・・?
Commented by agsmatters05 at 2016-12-10 09:54
写真がしぶくて、どれもこれも、いいですねえ。
白黒風景の写真が続いた後の、モミジの赤もまた格別でした。寒い時には温泉のお湯がよけい暖かそうに見えますね。
Commented by yokkosan3 at 2016-12-11 16:39
旅の楽しみ方もいろいろありますね。
海霧なんて実際に見たことないです。
まるで水墨画の世界ですね。素敵な写真です。
54年ぶりの雪の日・・なかなかそんな日にはめぐりあわない
のに貴重な一日でしたね。
惹きこまれて一気に読ませていただきました。
有難う!
Commented by ayame at 2016-12-13 05:47 x
おはようございます。
あの雪の日だったんですね。
私のところも6センチ積もりました。
海霧は幻想的~。
なかなか見られませんよ。
足も不自由な中、カメラで収めた世界は
きっといい思い出になりますね。
Commented by Marri at 2016-12-13 11:28 x
ミチさん
考えてみれば、貴女の住む町では、ことさらに珍しい風景でもなし!
私は、一人で大興奮していましたが
他の誰からも話題になることも無い事でした。ただ、夜のニュースで
寒波の一日珍しい「けあらし」が見られました・・・と放映されていて嬉しかった!
Commented by marri at 2016-12-13 11:33 x
yokkosanさん
珍しくだらだら長い文章になりました。読んでいただきありがとう。
いかに私がこの二大事件(?)に興奮しているさまが分かっていただけたかと!
暖かい房総半島、又行きたくなりました。未だ行ってない県
埼玉県も行かれる間に出かけてみたいところです!
Commented by marri at 2016-12-13 11:47 x
ayameさん
可愛くも美しいカワセミ嬉しかったです。ありがとう。
11月の積雪も、幻想的な外房の海の海霧も私にとっては大きな大きな出来事でした。
でも、周りの人はあまり興奮はしてなかったのよ。私って単純なのかも?
今年も残り少なくなって。元気で乗り越えましょうね!
Commented by 8chantomei at 2016-12-14 10:59
それはびっくりでしたね。私も、海霧とは見たことありません。
房総へいらしたのですね。
紅葉に雪というのはこちらでも、たまには見かけます。
何年か前、さくらまつりの時、雪が降りました。
桜に雪もきれいなものでしたよ。
Commented by marri at 2016-12-15 18:45 x
東京通いは終わりましたか!
ホント!白い雪は、ほんの少しなら絵になりますね。
私の所と同じくらいの温かさ、房総半島を想像していました。
まぁ~、50年来の積雪(11月)と言う事で~♪
海霧は大きなプレゼントになりました。ヤッター!