良き友、たちよ

房総5つの絶景の旅

  よくぞここまで(鋸山・のこぎりやま)来られたことよ!と、独り言。
  駐車場あたりを歩き回り、適当にパチリ、パチリと撮って満足のアタシ。

  広島空港を7時に立ち、11時過ぎにはみんな、千葉県・鋸山の「地獄のぞき」を楽しんでいる。
  私の連れたちもツアー客の皆さんと100m下の地獄のぞきをしている頃か。
 
  低い山なのにアップダウンが多く石段だらけ、私の足では到底駄目 
  行かれない、登れない人たち5人は、駐車場のバス車内で待機。

b0289649_18283461.jpg


  鋸山の「日本寺」では、地獄のぞき、百尺観音、日本一の大仏(31m) 自由行動等々
   (順次載せます。見てくださいね。行く先々からラインで届く友人の写真!これは絵葉書から)


  実りの秋の庄内平野、出羽三山の旅から二年とチョッと。あれから引きこもりの弱気の私
  旅行連れの友たちが口々に、死んだ真似のアタシを起こそうとする。

  言えばいうほど頑なになって悲劇の主人公ヨロシク岩戸の中に隠れこむ。
  私ってそういう人間だった?そうだったんだ!これでいいのだとバカボンのパパの振り

b0289649_18311925.jpg


  牛さんの歩みに似て、皆さんの行動について行けない。でも一緒に旅行したい!
  キャリーバッグを引きずって、皆のペースに合わせて移動なんて・・・皆の足手まとい。

  月日がいたずらに過ぎていく中、マイナス志向に落ち込み暗い性格に変ぼう。イケナイ!
  人は健康を損ねると悪い方へばかり、心が走るのかなぁ~?

  私の友人たち、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん。みんな、旅行大好き!
  4人そろって、入院中私は言葉に尽くせない親身にわたるお世話になりました。
  彼女たちの献身的な「愛」無くしては今の私は居ない。

  今秋、誕生月の頃から、足の痛みが薄れ、気持ちが上向いた。ヨシッ!テスト旅行してみよう!
  計画したのが「ミステリー旅行」 どうにかクリアしたよ!どんどん出かけようっと!自信がついた。

b0289649_1832717.jpg


  ただもう、みんなと元の様に旅行したい気持ちが・・・いっぱい!岩戸を開けた。
  次いで、Bちゃんと出かけた南紀の旅。頑張った。やれば、行ける じゃない。やればできる。

  長時間のバス移動、新幹線の乗り降り、200段位の石段の上り下り、雨の中の吊り橋歩行
  「出来た」これまで、逃げてばかりの意気地なしの自分。我ながら情けない

  こんなに元気に出かけられるようになって嬉しい!

b0289649_2214570.jpg


   久しぶりのカメラ遊び。あっという間にみんなと合流する時間になった。
   どやどやと皆が降りてきた。バス車内は賑やかになったよ。Cさんの写真を見せてもらう。

b0289649_2294643.jpg


   下に見える鋸南(きょなん)町を通り野島崎灯台に向かいます。
   房総半島でも最南端の土地の様な。雨がぽつぽつ降ってきました。

   砂質凝灰岩の岩峰がのこぎりの歯のように連なり,古くから東京湾に入る船の目印とされてきた。
  江戸時代以来,房州石,金谷石の名で知られた建築用石材を産したが,大谷石の進出で衰退した

  石の切り出しでギザギザの岩山・鋸山を後にしました。
  海上からも見てみたい鋸山でした。
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-11-30 22:18 | Comments(18)

Commented by agsmatters05 at 2016-12-01 05:33
おかげさまで異国暮らしの私にも、房総半島の観光スポットを見せてもらうことができました。Marriさんと、A,B,C,Dさん!?のおかげ、ありがと。地獄がのぞけるらしいところは、青空がきれいな絵葉書写真なのですね。全然怖くなくて、だから吸い込まれてしまうのかな。また次も楽しみにしてます。
Commented by akera_s at 2016-12-01 09:58
千葉県の房総半島まだ行ったことがない所
我が県からはあまり遠くない行ってみたくなりました。
良い友が傍にいてくれての旅は楽しく心に残るものだと思います。
つぎのUPがとても楽しみです。
Commented by cosumosu52 at 2016-12-01 11:04
そうです。この鋸山の地獄のぞきも撮影会の案内状に書いてありました。
これは覗くよりもこの角度で写真を撮った方が素敵ですね。
私は高所恐怖症ですから、負け惜しみです。
崖岩に彫刻された「百尺観音」これも凄いです。人間がこんなに小さく見える。昔の人は偉大です。
この石段を登って行くのですね。無理をしないでバスの中で待っていることは正解ですね。
乳がんで闘病中の北斗晶さんがTBSの朝チャンに復帰しました。
料理コーナーを担当していてハチャメチャでしたがその明るさは視聴者に大きな勇気と希望を与えたと思います。
心の底からの喜びの笑顔だったと思います。
いいなぁ、あの笑顔。よかったねーと思える番組の一コマでした。
話だ大分それました。m(-_-)m



それにしてもmarriさん心身ともにお元気になって来られましたね。私と同じですね。
Commented by jugeme at 2016-12-01 17:08
同じ時期に関東に行っていらっしゃったのですね。
雪の紅葉にもお会いになって・・・(笑)
房総半島憧れます。
marriさんはお元気な時から日本国中、世界も制覇されていらっしゃって、憧れてブログ拝見していました。
 
また気力が戻っていらしてうれしいです。
Commented by konatum at 2016-12-01 21:16
こりゃぁ、高所恐怖症のひとは、行けませんね。
すごか〜〜。

大分にも、こんな磨崖仏が沢山あります、房総に、あるなんて知りませんでした。
行ってみたくなるますね。
Commented by ayame at 2016-12-02 06:44 x
おはようございます。
房総も一部しか行ってないので興味深々~。
私も高所恐怖症ですが地獄のぞきしたいような~。
鋸山、行きたくなりました。

これからも勇気を持ってお出掛けしましょう。
岩戸を開けたその勇気!
また今後の報告、楽しみにしていますよ。
Commented by mebaru-papa at 2016-12-02 10:06
おはようございます
すごい所ですね
私も房総の此処は行ったことが
ありません・・興味深々です
Commented by marri at 2016-12-02 10:54 x
ミチさん
私だって、こんな青空の日に登りたかったよ。
ここからは富士山も望めるのです。晴れた日には。
ここまで来ても、地獄のぞきまで歩けなかった私は想像の世界です。
尤も行く前から歩くことはできない事と諦めてはいたけど。
こうして、何処へも行かず私の事待っててくれた友達に感謝の日でした。
ヒースローまでの途は・・・もっともっと困難な!
Commented by marri at 2016-12-02 11:13 x
akeraさん
旅行好きなので大抵の県へ出かけてます。
でも千葉県は一度も何処へも行ってません。数年前
海ボタルから木更津の街をはるかに望みいつか行きたいなって。
今回は濃溝の滝がメインだったのでその他の事は目をつむる気でした。
でも、この美しい景色は見て見たかったね。
Commented by marri at 2016-12-02 11:48 x
cosumosuさん
一泊なのに欲ばりコースだったので決めました。
彼女たちの合言葉は「早く治ってよ。旅行行こうよ」でした。
そのため、2回バス移動、新幹線移動と挑戦しチョッピリ自信を付けました。
でも、思っていた通り羽田空港の歩きは無理でした。少し技を使っちゃった。
2年になるというのにこの足には悩まされています。春先の手術の方はダイジョビ!
幸いDさんは残って店を開いてくれてました。私って恵まれています。
Commented by marri at 2016-12-02 11:54 x
jugemeさん
高尾山と鋸山ですか!ニアミス?
3年前の南イタリアが最後の旅になりました。あの年はモンサンミッセルへ行くつもりだったんです。
足がふらついて怖くなりました。ヨーロッパの冬は寒いのです。
遠い地で転んではとイタリアに替えました。それも良かった!
でも、頑張っていかれたらなぁ~とも思っているんですよ!
Commented by marri at 2016-12-02 12:00 x
小夏さん
高所とか除くといっても・・・なんのその。
そこまで行って、歩けないんだから。友達がその前に立つたびに
写真送ってくれました。このことは行く前から諦めていました。
そうそう、大分の石仏巡りも行ってる出べそのアタシ!
Commented by marri at 2016-12-02 15:45 x
ayameさん
鋸山、眺めもさることながらロープウェイを使い適当なハイキングコースらしい!
富士山が見える風景100選にも選ばれています。私は近くまで行ったけど
覗くこともしてないし、お天気も悪かった。又行くにしては遠すぎる。
元気な間にどんどん出かけられては。
Commented by marri at 2016-12-02 15:48 x
mebaru-papaさん
千葉県は行ってない県でした。寒い冬が去り
春の花々と黒潮踊る暖かい様子がテレビで放映されるたび行きたいなぁ~と。
お天気が悪く、思う様な行程にはならなかったけど、幻想的な風景に出合いました。
Commented by yokkosan3 at 2016-12-03 18:52
良いお友達に恵まれて念願の場所にも旅することが出来て本当に良かったです。
一つづつクリアーしていつの間にか自信がついて何処へでも出かけられるようになりますね。
どんなことにも前向きで挑戦しているmarriさんってとっても素敵です。
何時も元気づけられています。ありがとうね!
Commented by nao♪ at 2016-12-05 00:50 x
marriさん、ご無沙汰している内にすっかりお元気になられたようで何よりです。
広島から房総半島までご旅行でいらしゃったとは驚きました。
野島崎灯台は、夫が亡くなる前年の古希祝の誕生日に、大好きな活き魚料理を食べたいと、一泊で出かけホテルの近くにあり行きました。

膝の手術をした友人もすっかり元気になり、この三日間、脚立に乗り我が家の庭木の剪定をしてくれました(ブログで紹介しています)
本当に友人たちに助けられてこの二年間何とか「ウツ」にならずに済みました。
marriさんもお元気になられて嬉しい限りです。


Commented by marri at 2016-12-05 09:33 x
yokkosanさん
いえいえ。とんでもない・・・です。
実際の私は右手に杖、左手はAさんの肩に手を置き
カメラはその都度、出したり入れたり。のろい歩行の上に
この撮影に時間がかかるのでいつも集合時間ぎりぎりの迷惑女
だから、写真は乱射、ただもうカシャカシャと
まだまだ、フツーに戻るのには時間がかかりそうです。
Commented by marri at 2016-12-05 09:44 x
naoさん
こちらこそご無沙汰しています。
コメントは残さず、貴女の元気な行動と快適な様子を確認しては帰ってきています。
夏ごろでしたかね。突然死してから二年になるかしら?
とても痛ましくて分かっちゃいるけど会話の中に入れない様な私です。
ご主人の丁寧な心の篭った年賀状はいつも手元に置き見させてもらっています。
私の中では2人そろって褐色の豪州を疾駆する憧れの人…なのです。
写真で楽しませて貰ってますよ!