南紀12景・3

みちづれ

  時の流れの速い事!
  旅から帰って、2週間になります。それより・・・早や、11月だって!

  マイペースと言えども、皆様の所へも伺わず。まぁ、医者通いが一日仕事なんです。
  そのことを2~3回こなしたりして。旅行の話延び延びに。もう、忘れそうなアタシです(泣)

  さて
  今回の旅は、友人と一緒でした。ここでは彼女の事「新井ちゃん」とでも呼びましょうか!
  カープファン、そして新井選手の大ファン。ユニフォームを求めそれを着て球場へ行きます。

  いつも、グループ旅行のメンバーで参加してはいましたが、こうして二人ってのは・・・初めて。
  彼女がこんなにも時間が自由になり、旅行に出かけられるようになったはごく最近の事。

b0289649_11532756.jpg


  彼女は未だ現役で働いています。7年(?)前、お姑さんが病に倒れました。以来看護と仕事
  私なんぞは真似のできない両立生活。だから旅行は誘っても参加することが中々手品師の様に難しい。

  それでも、年に1~2回はグループに混ざって参加してはいましたが。彼女に転機が訪れました。
  昨年末、お姑さんが亡くなられたのです。この2人はまるで実の母娘の様に仲良しさんでした。

  彼女の性格は「誠心誠意」と言う言葉が似合う人柄でした。それは見ていて微笑ましい母娘でした。
  その性格は職場でも、友だち間でも発揮。キチンと心配りのできる人なんです。


      ⑦ ⑧ ⑨  那智の滝(日本三大名瀑) 熊野那智大社 青岸渡寺(世界遺産)
      ⑩       熊野古道大門坂(木々に囲まれた神秘的な雰囲気・約0.5km)
      ⑪       秘境十津川・谷瀬の吊り橋(日本一の鉄線吊橋 500m)
      ⑫       世界遺産・高野山奥の院(専門ガイドの案内で観光)


b0289649_13425282.jpg



  旅行の話した時、一緒に行きたいって!。そうね。
  この一年間、ずっと沈み込んでばかり。こころが空ろなことが日頃を知る私にはよくわかる。

  私の事は見守るだけで、手を貸さないこと、自分行動でなら、一緒に行ってあげるよ・・・とアタシ。
  「当たり前よ。私は自分のことで精一杯なんじゃから}。お互い強気で会話。

b0289649_14253050.jpg


  彼女にはどのようにお返しすればいいのか。この3年間の入退院ではお世話になりっぱなし。
  毎回、麻酔の覚めたとき、枕元にいてくれました。忙しい身体にもかかわらず。

  この旅行だって、半分は私の守り代わりなのに。分かってるのよは、心でつぶやく。
  でも、どうしてもアタシ行きたいんです。 「⑪谷瀬(たにせ)の吊橋」・奈良県。渡りたいの!

b0289649_1435824.jpg


  2日目
  初日の太平洋・海景色とガラリ変わり熊野路山の中。行ったことの有る所はバス待機。
  熊野古道大門坂では、バスで早回り、皆さんの登ってくる様を撮らせていただきました。

  何百年もの昔、熊野詣の人々の歩いた急な坂道は、不揃いの石が敷かれ歩きにくい古道
  本当は歩きたいのですが、どこかで「無理!ムリ}ともう一人のアタシが喚く。ザンネン^^;;

b0289649_14273687.jpg


  手に手に杖を持ち、中には両手に杖の人も。息を切らせて中継ポイントの坂道駐車場へ
  ここに来るには真夏はタイヘン!この時期でもみんな大汗かいてたよ。

  ここ南紀、熊野からいくつもの山を越え、奈良県の十津川まで。200キロの山越えです。
  でも、長年の夢十津川の谷瀬の吊り橋へ行かれます。


                    ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★


永年の夢叶う

  もう、30年くらい前の事、切手の図柄だったかな? 絵葉書かな?
  深い深い山の中、長いつり橋がかかっていた。秘境って言葉弱いのよね!
  「谷瀬の吊り橋」って知りました。以来「やせ」と読み違えながらいつか行こうって!

  奈良県の山深い秘境に村人たちが私費を投じて掛けた橋だそうです。
  いつの日か、車で出かけようと・・・思ってはいたけど行く機会に恵まれず。

  今回十二景の中に、この文字を見つけた時はとっても嬉しかった。
  熊野古道以外は大体巡っている私。この橋をこの目で見て、この足で渡りたかった!

b0289649_1154793.jpg


  途中「瀞峡」という美しい景色のドライブインで休憩した。
  S29年の大洪水で9mも水が押し寄せてきたそうな。私が立ってる所よりまだ高く!

b0289649_19451245.jpg


  正面は三重県、右はこれまで走ってきた南紀方面、左は奈良県といった場所です。
  観光遊覧船が出ています。これから紅葉の美しい時を迎えようとしています。

  十津川への道はひと山もふた山も越えて、バスには難しそうなカーブ、細い道と
  降り出した小雨の中を2時間くらい走っていきました。いきなり・・・橋が見えてきました。

  ガイドさんは還暦を少し過ぎたけど、一度もこの橋を渡ったことはありません。
  それより・・・・・及び腰で渡るみんなの格好を見るのが無類の楽しみだって。
  嬉しくって、昨夜は眠れなかったよと。がはは!

b0289649_2053732.jpg



  私が憧れていた橋はこんなに雨にけぶる、チュルチュル滑る雨の中ではなかったよ。
  小雨ではあるけど傘が要らないとまでは行かない中、大方の人は渡ることを断念。

  谷底までは50数メートル(20階建てのビル位かな)大方の人は渡るに精一杯。わたしは・・・?
  勇んで意気込みも、息遣いも荒かったが及び腰の足と腰。付いた杖が滑る。

  
b0289649_20533241.jpg


  新井ちゃんは傘を差しかけ、左手で橋の鉄棒を必死で握りしめて私の事護った、

  この1メートル足らずの木道で向こうから来た人とすれ違う時のテクニック。握った手を離さない
  賢明な新井ちゃんの様子は鬼気迫る凄まじい図だったことでしょうか!
  こんな日なのに渡る人も多く何度もすれ違いながら渡ったのよ。片道500mも有った!

  橋のつけ根はあまり揺れないけど、真ん中あたりになると、まるで揺らしているのかと思うほど
  右に左に揺れています。ほとんどの人は入口あたりで引き返すばかり。

  真ん中あたりで橋の下の川もを覗いたらエメラルド色の水たまり、真っ赤に紅葉した葉。
  「撮ろう」とカメラをモゾモゾ出しかけたら、叱られた。そりゃあたり前かも?

  
b0289649_20535858.jpg


  向こうへ渡ってからの写真です。500mってこんなにも長いのね。ハッキリ言います!
  一人ではわたって無い!渡れなかったと思う。途中で何度も足が震えた。気持ちとは裏腹。

  この時も、今も思う。
  新井ちゃんと一緒に行ってて良かった!長年の夢の達成でまたまた、借りが増えちゃった。

b0289649_21261467.jpg


  雨の中、高野山に到着。寒かった。

  その後、新大阪から新幹線で懸命に帰ってきました。2日間、欲ばり旅行でした。
  新井ちゃん 本当にホントにお世話になりました。ありがとう!また、連れて行ってね!
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-11-04 21:30 | Comments(20)

Commented by konatum at 2016-11-05 10:38
おはようございます♪

この釣り橋を渡って、写真をパチリ、すごいよ!マリさん。
頼もしいカメラマン、特派員です。
だって、私、まだ、行ったことないんですから、楽しみに一緒に旅させてもらってますよ。
嬉しいなぁ〜〜。
Commented by usatyu4 at 2016-11-05 22:06
すっかりご無沙汰してしまってごめんなさい。
最近は主人に手がかかり、思うようにいかなくなりました
marriさんも同じだからお互いにのんびりいきましょうね。
さかのぼっていろいろ見せてもらいました。
marriさんが旅行に行くようになったのが
何よりうれしいです。marriさんの文章大好きです
Commented by 山小屋 at 2016-11-06 07:19 x
那智は石段が多いところです。
ここが歩ければ日本中どこでも歩けます。

吊り橋も渡ったのですか?
すっかり自信がついたのではないでしょうか?
「やればできる!」
この気持ちで過ごしてください。
Commented by ayame4011 at 2016-11-06 09:07
こんにちは~。
いつもいい旅をしてますね。
文章に惹き込まれて一緒に旅をしてる気分~♪
つり橋は高所恐怖症の私はムズムズしてしまいます。
まだまだ元気に旅行出来そうですね。
私もパワーを貰いました。
Commented by mamarinn30 at 2016-11-06 10:45
新井ちゃん、私の感があたってれば多分あの人、marriさんが綴ってる人その人だもの。

この吊り橋を渡ったのね、勇気いったでしょうね。
たのもしい新井ちゃんの、手をかりながらmarriさん流の旅をたのしんでほしい。
私もテレビでみるとあこがれる場所だけに行ってみたい。

一緒にあるいてるつもりで読ませてもらいました・・・ありがとう。
Commented by jugeme at 2016-11-06 12:37
那智の滝やその周辺、私も昨年暮れに家族で行きました。
懐かしい写真です。
お友達と連れ立って旅行出来たことがうれしいですね。
きっと次につながりますよ。
Commented by cosumosu52 at 2016-11-06 20:37
marriさんの旅日記は毎回吸い込まれるように
読ませていただいてます。
吊り橋ですか、揺れるんですね。
高所恐怖症の私です。無理だ、膝ががくがくしてくるんです。足元が悪いのに、お連れの方とわたって来られた。凄いです。
二人三脚で次の旅行も楽しみですね。応援してま~す。
Commented by Hsrolayqq at 2016-11-06 21:21
こんばんわ
いいところですね。いつかは行きたくなります。最後の橋を渡るのは足がすくんだんでは‽私ならドキドキよ。茨城県の「竜神大橋もこんな感じでした。
いい旅ができてよかったね。
Commented by marri at 2016-11-07 08:35 x
小夏さん
長い橋500mも有るんです。
向こうから来る人とすれ違う時が怖かったです。橋は揺れるし
私は手をつないでいるので二列になって
一メートルほどの板の上でヨロヨロと!雨の中!
次回、晴れた日にゆっくり行ってみたいなぁ~!
Commented by marri at 2016-11-07 08:40 x
うさこちゃん
ご無沙汰しています。貴女は素晴らしいわ!
いつも一歩進んだ作風で私に刺激を与えてくれてますよ!
わたしはいつも、変わり映えのしないことです。
ご主人さんは体調良くないのですか?高齢者になると
どこか故障を抱え込んでいます。お大事になさってくださいね
Commented by marri at 2016-11-07 08:44 x
山小屋さん
はい。少しずつ前に向かって・・・います。
今月も次なる挑戦に向かって毎日励んでいます?
熊野は何度か行ってるのではぶけるところは休みました。
元の様には歩けませんが、自分の事は自分でできるように
頑張っています。歩けないってことは不自由です。
Commented by marri at 2016-11-07 08:50 x
ayameさん
いつも励みになる貴女の言葉、待っている私です。アリガト!
橋を渡り切ってやれやれという所で震えている男性の外国人さんがいました。
彼の眼の先には彼女らしき女性が戻るに戻れない危なっかしい足取りで彼の手を求めて・・・
背の高い大きなガイジン男性が震えながら私たちを笑ってみている姿が印象的でした。
おばあちゃん二人は優越感の顔でニンマリ!
Commented by marri at 2016-11-07 08:54 x
mamarinnさん
ピンポーン!当ったり~~♪
そうよ。彼女です。Sちゃんが手を握っていてくれてたから
永年の夢の達成!嬉しかった!
足腰の弱い私の挑戦は、雨と言う敵にも打ち勝ちました。
今月も4人で出かけます。それまでの助走旅行だったかも?
Commented by marri at 2016-11-07 09:00 x
jugemeさん
ありがとう!確かな手ごたえを感じた旅になりました。
それと言うのも今月下旬、次なる冒険を企てているんです。
もう、3年間も旅行へ行かれなかった仲間たちはやいのやいのとうるさく
たきつけられて私も自身もないくせに一段ずつこなしてきました。
完全とは言えないけど、大きな迷惑もかけることなく2回も続いてます。
満足度は7~8割方ですけど、前へ進めていきますね!
Commented by marri at 2016-11-07 09:07 x
cosumosuさん
貴女の応援のコメントいただくと頑張れます。ありがとう!
この3年間、次々と思わぬ病に襲われ人生がひっくり返っています。
何ひとつ趣味もなく旅行一筋の私が元の体調には戻れないけど
ここまで前向きに出来たのは親友たちの親身にわたる温かい友情でした。ありがたや!
一年ぶりに再開したブログでは思わぬ温かい励ましも頂いて。
何をUPするのか彷徨いながら、やっぱり続けて行こうと思っています。ヨロシクね!
Commented by marri at 2016-11-07 09:28 x
Hsriloyqqさん
貴女が元気そうにしていると私まで嬉しくなります。
今日もコメントくださってありがとうね!
今月は貴女のご近所方面に出かける計画なんですよ。
これまでの旅はその助走だったようなものかな?
少しずつ自信をつけて行ってます。また来てくださいね。
Commented by akera_s at 2016-11-08 20:08
こんばんは
高野山一度行ってみたいと思っていました。
そしてもうすぐ行きます、marriさんの旅日記を
参考にさせて頂き楽しんできます。
今月もあるんですね楽しいことがUPまってます。
Commented by yokkosan3 at 2016-11-09 13:45
500メートルの吊橋渡り切った時の達成感はこれからの自信につながりますね。スバラシイです。
どんなことにも挑戦しているmarriさん・・私も頑張ろう!
と勇気いただきました。
次にはどんな挑戦するかしらと期待しています。
Commented by marri at 2016-11-11 12:11 x
akeraさん
奈良へお出かけですか?熊野難治の滝かな?
愉しみですね。また聞かせてくださいね。
いま、ここにこうしていると・・・
旅行に出かけられたこと嘘のようです。足が痛みます。
出かけられたという事は信じられないことのようです。
こんな調子ですが、又行ってこようお思っています。
Commented by marri at 2016-11-11 12:15 x
yokkosanさん
逃げてばかりいました。この3年間は弱虫でした。
でも、あの病気以来向き合うことにしました。強くなったのかな!
親友たちの親身にわたるお世話に弱虫の私がむくむくと、少しずつ宝を得て
これからもヨロシクね!