セプテンバー

また台風が

  寝苦しい夜が続きますね。
  実は、もうここ数年来眠剤を利用してます。勿論掛かりつけ医師の処方の元にです。
  それでも時には、なかなか眠れない夜も有ります。

  時だけがチクタク刻む暗闇の中でテレビを点けたり消したり。
  何気なく回したチャンネルに北海道の台風の様子が流れていました。

  〇〇町・・・・あぁ~、ここ行ったなぁ。あの時はAちゃんとKちゃんとだれだれで!
  道路が川になってる。収穫前の人参が地面にむき出しになってる!

  東北地方の太平洋岸、北海道の道央なのに台風による大雨被害なんて?
  画面から伝わるニュースは気の毒で見ていられない。あの人たちは家と団欒を奪われ
  先行き帰る見通しのない避難所暮らしで頑張っている。テレビを切る。

  トイレに立つ。いつの間にか眠っていたのね。
  自分の現在の被害のない恵まれた生活に、今更ながらに感謝した。

  またまた、台風が近づいています。お互い気を付けましょうね!
   (でも・・・自然を相手に、どこまでの防御が出来るのか?軽々しい意見でごめんなさい)

b0289649_16252930.jpg


                     ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★

ボスポラス大橋


  「財布落したんよ。東京のスカイツリー見に行って浅草の雑踏の中」
  旅行用におろした真新しい高級ブランドの財布、観光客で一杯のそんな場所で

  「見つかるわけ、無いじゃない」みんなでそういう返事をしていた。
  ~有ったのよ!それがね・・・無駄なことと思いつつ、諦め心で交番に届けに行ったら~ 
  「これですか!届いてますよ!」って。 日本っていい国よね!!!

  有る、有る!そういう事ってあるのよね。
  私の場合は海外で。トルコのイスタンブールで起きたマジックのような出来事です。

b0289649_1741483.jpg
 

今から14~5年ほど、むかしになるなぁ~?トルコ旅行の事でした。

   「日本人が架けたボスボラス大橋見に行こう!」
  明日は帰国と言う前夜、ディナーの席で、私と同じくひとり旅のYさんに誘われた。
  
  その橋は、南北に細長く、北は黒海、南はマルマラ海で、マルマラ海とエーゲ海を繋ぐ橋
  日本の大成建設とかの国とが共同し、彼女のご主人も係わっていたというボスボラス大橋。

  旅の最終日は自由行動の日。皆さんはオプション参加で観光をするとか?
  昨夜地図に赤や青で印をつけたメモ用紙を片手に、手持ちのキャリーバッグで、いざ!

  ホテルの前で待機しているタクシーに乗り込みました
  しなきゃぁ良いのにキャリーバッグをトランクの中に!車内に持ち込める大きさなのに。
  小さ目のキャリーバッグの中味は旅行用に買ったビデオ一式を入れてました。

b0289649_21233746.jpg


  橋を切り上げ、次なる目的地へ。メトロ降り口でタクシーを降り、ドアをバタン!アッと気付いた。
  ギャー!キャリーバッグをトランクの中に。どうしよう・・・?置き忘れ!
  こんな言葉も話せない国で、走り去ったタクシーを探し当てる事など不可能。

  ポリボックスはどこかなぁ?探して届けだしておこう。
  Yさんはあきらめ気味な私を引っ張って街中を歩き出した。出てくるわけないよ!

  ポリボックスは15分くらい歩いたところに有った。イケメンのおまわりさん。

  なぜかしら?署内には入れてくれず立ち話でおばさん二人の話を聞こうとする。
  が、トルコ語と日本語、どちらも理解できないまま時間が経過。

  そのうちイケメンさん、道路を渡った向かいの建物の中におばさん二人を連れてった。
  そこの受け付けの女性は英語が話せた。ふぅ~ん・そういう事か。でも、私たちの言葉が伝わるのかな?

  そこで私は頑張った!
  まず、紙とペンを借りた。次にタクシーとそのトランクとキャリーバッグの絵を書いた。
  「置き忘れた」と言ってエーン、エーンと泣く真似をした。

  イケメンさんが一番に分かってくれた。そうかそうかって顔になった。
  サテ・・・そこから先の展開は?タクシーのナンバーは覚えてないし!

  何気なくホテルの絵を書いて、待機するタクシーも数台。
  ふと、ホテルの絵の所に電話番号を書き込んで見せた。イケメンさんンと受付嬢の会話が有って
  私たちは少しの時間その場に待たされていた。

b0289649_1830333.jpg


  少しの時間が・・・・在って。

  私たち二人はパトカーに乗せられた。年かさの運転手さんは笑顔で運転する。
  こういう時って一人じゃないって事、心強いね。でも、どこへ?

  ついたところは昨夜止まったホテル。運転手のおまわりさん、裏口に回ってキャリーバッグを手にし
  「これか?」ってジェスチャー。おぉ~イエス・イエス!と私。

  タクシー運転手さん、二人を乗せたホテルに届けてくれていたんだ。良かった!

  トルコの人は「親日家」と聞いたのは旅から帰ってからの事でした。
  言葉の通じる国内の旅行だって、一時間足らずの短い時間に手元にかえるなんて。
 
  一緒に行動したYさんに教わったこと。
  とにかく、やってみる事。一歩踏み出す勇気 と言う事でした。すぐ投げ出す自分を恥じた。
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-09-07 11:22 | Comments(22)

Commented by mamarinn30 at 2016-09-07 13:29
自然災害とはいえ台風もういいですね。
いつも同じ事、被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。
置き忘れ、落とし物が出た例を。
娘の友達の彼が奄美からやってきました。
我が家について携帯がないことに気づきました。
あーーーどうしよう、
ねえ、何処で見えなくなったの、多分タクシー。
矢継ぎ早に、何処のタクシー、何色、聞いてもちんぷんかんぷん。
こうなれば松江のタクシー会社へ次々電話、駅からここまでこんな客をのせませんでしたか。
数社かけて諦めかけた所へ、さっき乗せましたよ、携帯座席に落ちてましたと
頂きに行きますというと、下ろした場所わかります、届けます。
お礼の金は受け取らず、彼がどうしてもと言う奄美のお土産を受け取ってさわやかに去ったタクシードライバー。
世の中すてたもんじゃないですね。
Commented by akera_s at 2016-09-07 16:40
またまた台風がそしてこちらに向かってくるようです。
前回は我が家は何とか切り抜けましたが
岩手、北海道、そしてほかにも被害にあったところがあるようです
自然に逆らうことはできませんが逆らいたい気持ちでいっぱいです。
忘れ物が自分の元に戻ってきた時はどんなにうれしかったことでしょうね。
Commented by Hsrolayqq at 2016-09-07 19:55
こんばんわ
またまた台風です。いらないけど…迷惑ですね。
岩手と北海道に大きな被害を出しています。
明日です。被害が出ないことを願います。
Commented by konatum at 2016-09-07 22:49
小説みたいに、ハラハラドキドキ読みましたよ。
ほんと、戻って良かった(#^.^#)

9月、誕生日が来ますね、お互い、一つ大人に近づきますよね、ふふふ
Commented by marri at 2016-09-08 09:46 x
mamarinnさん
ほっこり温かいお話しですね。
こうして、無事に手元に戻るってことの有りがたさ。
温かい人の情けに満ち溢れたこの国に感謝です。
触れてみたら・・・どこの国であれ状の深さって有るのね!
Commented by marri at 2016-09-08 09:50 x
akeraさん
テレビでは、なにがどうして・・・この台風は
と。開設されて、分かったつもりで見ていますがこの異常気象は?
怖いことは今年だけじゃぁないような?
被害の大きさに胸を痛めています。
Commented by marri at 2016-09-08 09:54 x
Hsrolayqqさん
ホント!もう台風は要りません・・・です。
それにしても畳が浮かぶ床上浸水などのニュース見ていると
「自分だったらどうしよう?」
いついかなる時に、どこへ接近か?
他人事でなく考えさせられる今回の台風ですね!
Commented by marri at 2016-09-08 09:58 x
小夏さん
多くの方が台風の被害に遭ってるっていうのに。不謹慎なUP
でも、きおくにとどめておきたくって。
言葉のわからない異国で嘘のような真のお話・・・でした。
貴女は台風のお話しでしたね。
美しいお花の写真に癒されました。ありがとう!
Commented by ayame4011 at 2016-09-08 10:53
こんにちは~。
引き込まれて読みました。最後まで読んでホッと
しました。
息子が先日、レストランで財布(カードや免許証も入ってた)を失くしました。
届け出はしたそうですが出て来ませんでしたね。
現金だけ抜いて捨ててしまったのでしょう。
まあ、落とすほうもウッカリでバカですけど。

台風が今年は被害が大きくて困りますね。
私もこの夏、旅行をした稚内、利尻が冠水してる
映像を見てショックです。
Commented by yokkosan3 at 2016-09-08 15:04
続けてくる台風、そのたびに大きな被害、
日本の国どうなってしまうのでしょう・・・と
被災された方々を思うと心がいたみます。

落し物が手元に戻って良かったですね。
何処の国にも善人はいらっしゃるってこと
世の中まだまだみ捨てたものではないですね。
心がほっこりするお話ですね。
Commented by marri at 2016-09-08 17:28 x
ayameさん
一枚目の写真は礼文島のゴロタ岬なんです。
テレビで島の道路が川になっているのを見ました。
あの細い道をスコタン岬まで行ったな・・と思いました。
知った人はいないけどまるで自分事の様に思いました。
私も一回だけ落して返らないことが有りました。秩序ある
日本人でもお金には弱いかな?
Commented by marri at 2016-09-08 17:36 x
yokkosanさん
都知事、オリンピック、台風と!
日々目まぐるしく変わるニュースにくぎ付けの8月でした。
台風の場面はやっぱり、その悲惨さを見ずにはいられません。
自分だったら何処へ避難するかなぁ~、集団生活はどれ位持つかな・・・
何ひとつ知識の働かないであろう自分の事思わずにはいられません!
Commented by mebaru-papa at 2016-09-08 20:22
こんばんわ
台風による大雨が続きますが
大丈夫ですか
無理せずその時は即決断が必要です
忘れものの善意・・
トルコと日本は昔から仲がいいんです
Commented by marri at 2016-09-08 21:14 x
mebaru-papaさん
ホント!
いつ何時、どこが襲われるか分からない様な災害です。
ぼんやり考えていたことが真剣に見つめることに変わってきています。
幸い今の所何もなくてかんしゃしていいます。

日露戦争で大国ロシアを破った小国日本の事トルコの人々は尊敬しました。
トルコはギリシャとロシアにいつも侵略されては虐められていたとか!
日本人に優しく接してくれてるそうです。事実温かくして頂きました。
Commented at 2016-09-08 22:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marri at 2016-09-09 12:49 x
鍵コメさん
ありがとうございます。ボチボチ進めさせて頂きますね。
貴女も頑張っていますね。励みになります。
これからもよろしくお願いいたします
Commented by agsmatters05 at 2016-09-10 03:47
marri さん、
遅れてきました。やっぱりまりさんは強運。ラッキー!
日頃の行いがいいから、ですよね、ね、ね。
トルコはいい国。親日家の国。
どうか平和が維持されますように。
Commented by cosumosu52 at 2016-09-10 11:51
大分秋めいてきました。
外国で落し物が無事に届くというのは凄いですね。
そんなことはほとんどなくて、韓国ではタクシーに乗ってぼったくられたり、街中で両替したら、損をしたりいろいろあります。日本で孫が道端で2000円拾った時、交番に届けたらにこりともせず迷惑そうなお巡りさんで、教育上良くないなと・・・
何処の国にも善人も、悪人もいるのですね。
体調はいかがですか? 
良い季節になりますから、楽しもうと思います。marriさんもね♪
Commented by jugeme at 2016-09-11 09:53
旅行中のハプニングは泣きたい気分になりますね。
そこで戴いた親切は忘れられませんね。
良い旅の思い出になってよかった。

でもよい結果ばかりじゃないから気をつけないといけませんね。
Commented by marri at 2016-09-12 06:19 x
ミチさん
お忙しそう。身体に気を付けてね。
この事件は私の最大の思い出となりました。これまでの旅行では
何事もなく続けてこられましたが、この先の自信は全くありません。
逃げ腰になり、この3年間どこも行ってません。この秋くらいから
温泉地を選んで行ってみようかなと思うようになりました。ガンバルど!
Commented by marri at 2016-09-12 06:27 x
cosumosuさん
言葉の通じない国での忘れ物。出てくるなんて・・・?
最初声を掛けたのは10歳くらいの少年でした。何度も同じところへ出てくるグルグル歩き。
断ると物を要求されました。これは失敗の話。
次は若い女性にポリボックスを尋ねました。連れて行ってくれたのです。
旅から帰ってこういう事が一番思い出になっていますね。
さて、ボチボチ出かけてみましょうか!ぐわんんばります!
Commented by marri at 2016-09-12 06:34 x
jugemeさん
幸いこうして話せるほどの結果になりました。恵まれていました。
何事も逃げないで入っていくことでしょうか。
ツアー参加でも誰かれなく話していればつながることもあるかも、と
思うばかりでいつも一人行動になってしまう私です。