子供たちの声が

子供会行事

  開け放った窓から、風が子供たちの騒ぐ声を運んでくる。どうやら裏の駐車場かららしい。
  子供たちの騒がしい声なんて、最近あんまり聞いたことがない。
  
  子育て全開の頃は、それでもうるさいとも思わず当たり前に声を受け入れていた。
  もっともっと昔、私達の育ったころなんて~♪

  路地も表通りもみんなの遊び場だった。子沢山でどこも子供達で一杯。
  道路の真ん中で縄跳びしたり、ケンパ、缶けり、鬼ごっこ、ビー玉なんて!

  時折通る人を通してあげたり、自転車も台数が少なくってと時々しか通らない。
    ♪ ケンパ・ケンパ・ケン・ケン・パー~♪ うふふ!

  クルマなんて・・・!町内に一軒だけかな。お医者さんの家に有りました。
    ♪~ミゼット・ホイ ミゼット・ホイ~♪ 数年後に出回った車はミゼットだったなぁ~♪

b0289649_15261479.jpg


  モミジの木の間から覗くと・・・居た。いた。

  慌ててカメラを持ち出す特派員!

b0289649_2158920.jpg


  その日は「山の日」とかで、子供会の行事。
  パパたちがお世話してのイベントが開かれていたんですね。声の主はコレッ!

  そういえば今朝の生ごみ集積所に張り紙が有りました。
  子供会行事で、なんでも百円市が開かれますって!こんなに暑いのに。若いなぁ~!

b0289649_20541699.jpg


  全体的にみると
  300坪以上はあろうか?フィットネス・ジムの駐車場に張られたテントが五つ。
  11時から始まって、3時まで。この35度以上は有ろうか暑い中、コンクリートの照り返しも頂き。

  熱中症にでもなったらイケンなぁ~。babaはカメラを持ち心配す。これぞ,老婆心なり!

b0289649_2121612.jpg


  かき氷が飛ぶように売れていました。百円握って行きたいな。
  駐車場は近いけど、クルリと廻って…大回り。この足では難行苦行!
  それよりなにより、この炎天下!なぜに日中の時間帯に催すのか?場所の加減か?

  4時過ぎに見たらテントの下で、タオルを首に巻いたチチハハが談笑していました。
  「暑かったね!ゴクローさん!」心から思った。
  そして
  はるか昔、こうして子供会の行事に明け暮れていたことがあったなぁ~と思いは重なりました。

  弾けるようなこども等の声はbabaには「前進」への後押しを頂きました!
              (久しぶりのレポートは、難しいなぁ~)



                     ★~~~~~★~~~~~★~~~~~★~~~~~★



運転手

  「次の信号渡ったら右折よ。すぐの角も右折」「ハイ」
  「右に避けて、合流車を入れてあげる!そうそう!」「ハイ」

  このしおらしい、「ハイ」だけの運転手さんは私の孫息子(21歳)来春は社会人。
  お盆帰省で、都会では乗れない車も此方では乗らせてやろうかと・・・ババ心

  お盆帰省は11日~16日までの五泊七日。行きも帰りもパパ一人の夜間走行なんです。
  私の元へは深夜11時発、翌朝の8時、750キロ・9時間の旅。父親と妹の三人でやってきました 。

  次の朝早く4人でお墓参りに行きました。お参りが終わったのは9時過ぎ。
  来がけの車中での会話から孫が運転できるのを聞いていたので、孫息子・Kに運転命令!
  父親(パパ)は心配そう?誰だって…最初は有る!

  心配無用!
  難なく高速道の出入り、追い越し車線のタイミング。クリア!若い男の子は覚えが早い
  babaの心中は・・・?ご想像に任せまショッ!
  
  と言うわけで、帰りの三分の一(山陽道・名神道の一部)は孫息子の運転、親子交代で帰ったとさ!
  無事到着ってラインを貰ったのは遅い時間(深夜3時)でした。ムスコよ。よく耐えたね。孫よ。アッパレ!
                     
           
b0289649_21584329.jpg


  帰る日、荷物を整え兄妹が揃ってありがとうを言いに私の所へ。
  二人に向かってbabaは懸命に話す。

  15年くらい前になるかなぁ?帰る時、幼稚園児だったKが私にいったのよ。
  「〇〇ちゃん。僕たちが帰ったら泣くんでしょ。淋しくなったら僕んち来なよ。みんな、居るからさ」
   (孫二人は私の事、〇〇ちゃんって、名前で読んでいます)
  K(孫息子)が、靴を履きながら、バイバイの口で私にそう言ったのよ。
 
  「Kは本当に優しい子だよ」
  兄、妹二人の前でサヨナラのハグの前にこの思い出話を言いました。二人は口をそろえて
  「その話、前にも聞いたよ」とニコニコ!年寄りは一本取られました!
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-08-20 21:42 | Comments(16)

Commented by konatum at 2016-08-20 23:05
ホワホワな気持ちにさせてくれて、うれしい(#^.^#)

もうそんな大人になられたのですね、子供の成長って早いねぇ。

車の運転、ハラハラだったでしょう、でも、ほんと、若い子って、反射神経は良いし、すぐに上手になります。
ウチもね、帰省中は、息子たちの運転でした、おっちゃんが運転するよりも、安心して乗れましたよ。

楽しい9日間だったですね(⌒▽⌒)
Commented by agsmatters05 at 2016-08-21 04:21
お盆はやっぱり遠く離れた身内(家族)が出会うためにあるのですね。その意味がよおくわかってきます。また一つ、楽しい思い出ができましたね。孫の成長ってまばゆいでしょ。その分こちらが年取ってるなんて忘れてていいのよね(笑)。
Commented by mamarinn30 at 2016-08-21 08:03
楽しいリポートほんわかと読ませてもらいました。

我が家も息子、娘に初めて運転させるときははらはらでした。
そこでハンドル切るのよ、大回りはだめよなんて。

今ではパパさんに言いそうです。

楽しい婆との時間を過ごしお互いが元気をもらって、出発進行ですね。
Commented by akera_s at 2016-08-21 08:44
元気な子供の声は良いな~~。

息子さん家族と楽しいお盆をすごされ良かったですね。
孫息子さんも頼もしい青年になられこれからはmarriさんの元へ
お出でになるのも息子さんは楽になりますね。
Commented by ayame at 2016-08-21 14:23 x
こんにちは~。
お孫さん達、楽しく過ごされたようですね。
読ませていただいて様子が眼に浮かびました。
子供に最初、運転させるのもドキドキしたもので
まして隣の助手席に乗るなんて身が縮む思いでしたよ。
それも今じゃ~。
marriさんちも頼もしくなりましたね。

子供たちの声がうるさいと保育園や公園を造るのにも
反対運動が起きる世の中になりました。
自分も子供だった時期があったはずなのにね・・・。
Commented by Hsrolayqq at 2016-08-21 21:36
こんばんわ
こちらは田舎だけど子供の数は減っています。
寂しいなぁ…親たちは役員をやる回数が増えますね。

この4月に24時間営業の保育園ができたけど定員割れです。都会の母親たちなら大喜びだろうなぁ・・
田舎は祖父母が近くにいるから夜間まで預ける人たちは都会よりは少ないんです。
Commented by cosumosu52 at 2016-08-22 10:21
お孫さんとの数日間は楽しかったでしょうね。
お婆ちゃんのお蔭で高速も運転できたし、
お孫さんも思い出になったことでしょう。
我が家の中一の孫はお婆ちゃんの家が大好きでした。
それが部活が忙しく時間が取れなく、お婆ちゃんちに来られなくなってしまいました。
そのようになると聞いてはいましたが、本当にその通りで寂しい限りです。
下の孫守りは続いていますが、十分に遊んでおこうと思っています。
Commented by marri at 2016-08-22 11:38 x
小夏さん
いつもいつもコメント早くに下さり感謝しています。
孫の成長は早く、年に一度のデートでは驚くことばかりです。
だれに似たのか口数の少ない、自分を主張しない孫息子。
いきなりのデビューでしたが。
表情には喜びを隠せない「メガネの田中」オジサンっぽかった!
Commented by marri at 2016-08-22 11:42 x
ミチさん
はい!たしかに年を取りましたよ。一番感じているのは
孫二人かも?クルマの乗り降り、荷物を持ったりこれまでと違い
私の事労り、老人扱いしてくれてます。
それを無条件に受け入れざるを得ない私の足腰の弱さです。
Commented by marri at 2016-08-22 11:46 x
mamarinnさん
あおれがね。運転が巧みで安心して乗っていました。
息子の運転は荒いので孫の方がシアワセでしたよ。
台所に立ち食事の支度、一二度ならともかく・・・数日間
今の私には苦痛なことを再確認しました。情けないね!
Commented by yokkosan3 at 2016-08-22 15:07
家の中に家族が居るって嬉しいですよね。
家事が少し忙しくなるけど毎日活気があって
元気がでますね。
お孫さんが優しくて頼りになって・・・
どんなにか嬉しかったことでしょうね。
もう21歳のお孫さん、これから楽しみですね。
運転を任せて一緒にドライブ旅行もできますね。




Commented by marri at 2016-08-22 20:23 x
akeraさん
孫は初心者、慎重に運転してくれました。
心の中ではあれはイケン、これも・・・ちょっとなんて?
でも、褒めておきました。お墓は倉敷・児島
児島ICから乗ると10分も走ると瀬戸大橋なんです。
真ん中の島与島で食事しました。帰ってから橋を自分の運転で
渡ったこと記念になったことでしょうか。
Commented by marri at 2016-08-22 20:29 x
ayameさん
瀬戸大橋を渡らせてやりたかったのです。
関東の人だったら帰ってから話題になるのでは・・・・と。
感情の表現の少ない子だからあまり興奮もなく私の自己満足だけ。

そういえば、幼稚園建設流れたことが有りましたね。
私は元気な子供たちの声を聴いてどれだけ嬉しい事か?
一人暮らしが長いので、騒がしさに飢えているのかな?
Commented by marri at 2016-08-22 20:37 x
Hsrolayqqさん
毎日暑いですね。コメントありがとう!
そうなんです。田舎の良さはすんでみなきゃぁ分からないかもしれません。
特養(特別養護老人施設)なんかも順番待ちしなくても結構入れますし。
幼稚園の待機児童も余り聞かないし。私が知らないのかも。
あたり前になってはいけませんね。感謝の気持ちをもたなくっちゃぁ。
Commented by marri at 2016-08-22 20:46 x
cosumosu52さん
毎日暑い日が続きます。お元気でしょうか。
貴女のお孫さんは近くに住んでおられるのでは?
私は遠隔地に住み年に一度会えるだけ。おしめも変えたこともありません。
ライオンのような大声で、怖い広島弁を喋る婆は怖い人だったのかも?
いつもママの後ろに隠れてお化け屋敷へ入ったような動作。苦手な人だったかも?
私は無類の子供好き。近所の子が遊びにくるようなオバァなんですよ。
Commented by marri at 2016-08-22 20:52 x
yokkosanさん
おげんきですか。暑い日が続きますね。
そうなんです。靴脱ぎ場に大きな靴やツッカケが散乱し、出たり入ったり。
「ごはんよぉ~」と叫んで二階の親子を起こす朝ごはんタイム。幸せだったよ。
出先で転びそうになったとき前後から手が出て助けられました。年寄りをいつも
視野に入れて守ってくれていることを知りました。帰ると寂しくなったよ!