一人暮らし

頭が上がらんよぅ~♪

 その人はいつも私の隣にいてくれる!
 
 問われれば私は日ごろから、こう答えていた。
 ~そりゃぁ、一人は自由が一杯、24時間すべて自分のもので~!良いものよ。
   ただし、呼べば5分で飛び込んできてくれる人が居るってこと!

  幸い、近くに親友がいて、いつも私の事気遣ってくれていた。だからこそのこの強気の言葉。
  でも・・・まさか・・・! ここまでの救けになろうとは。

  一人暮らしの者が倒れると、不自由さは言葉にならない。
  病は気を弱くするし、足や手の手術は立居もままならぬ。立ち往生の私。
  
  この友人はいつも気にかけてくれ電気が消えていると、用もないのに携帯が鳴る。
  決してお節介な人柄ではない。ただ、押しの強い人で私に命令できる唯一の人。
  自分本位で我が儘で押しつけ、命令の大嫌いな私が彼女の意見だけには逆らえない!
  ちょっぴり、いやタイヘン怖い存在かなぁ~?

  この3年間、医者通いの私の世話は事細かに看てくださいました。
  病院への入退院の手続き、送り迎え、荷物持ち、車いす・・・。

  いつもの自慢話と思ってください。
  でも、私ここでお礼言わなきゃ、言う所無いんです。すんません。

  毎回車を降りての別れ際、彼女の背中に投げる私の台詞
  「このご恩は一瞬で忘れます。ありがとう」 無言の彼女の後姿は、なんとなく語っている様な?
  貴女が一人じゃから、皆に代わってしているのよ(言わないけどそういう心がみえる)


b0289649_17564239.jpg




  

  ある日、主治医の先生から言われた。
  「次回の診察の時は息子さんと来てください」

  遠方に住んでるし、仕事も忙しいし・・・ムニャムニャと拒否の姿勢
  2~3のやり取りは有っても、私の言い分は通らない。
  
  結局、休暇を取って印鑑下げて、倅は帰ってきた。母は日ごろの威勢はない。
  「一人で十分、たんと友達もいるし!」 そんなラッパを吹き鳴らしていたが書類のまえでは寝言。

  これまでの親子、年に一度のお盆帰省以外に逢うことはない!で、数年前こんなことを言ったっけ。

  「人から聞いたけど、母がもう10年生きるとして・・・年に一回の帰省では後10回しか会えない?
   も少し、再々帰れるようにしんさい」

  そしたら
  診察を進めていくうち、結局セガレは4月の手術日までに4回も帰ってきた。それがまた
  そばにいるとなんて使い勝手の良い頼もしいことか!高い所に手が届く。雑用に役立ってね!
  友達と連係プレーでしっかりエエ仕事してくれました。

  我が国は何かというと書類、印鑑とか言うけれど私は今回これで幸せだった。
  学生時代から離れていた「母倅」は手術できずなが深まった。
  日頃は嫁・孫に持っていかれ、膨れていた私は、とっても幸せした!
  

b0289649_21553264.jpg



  団結力

  後に控えし3人さんは、いずれも裏方に回って私の事支えてくれました。

  ↓ ここ(恥ずかしながら)に登場してくれた人は無償でお店を切り盛りしてくださいました。
  まるでこの日が有るためのようなこれまでのお付き合いから生まれた接客術
  この為、何の心配もいらず入院生活を気楽に過ごすことが出来ました。

  もう二人さんは未だ現役で働いています。それも責任ある職務についております。
  私の事にかまっていられない過密スケジュールの毎日なのです。

  それでも検査初日の日には仕事を抜け出し10数キロの病院まで駆けつけてくれました。
  無言の励ましで胸がグッと詰まりました。頑張ろうっておもいますねぇ~!

  入院中は仕事帰りに必ず寄ってくれみんなでワイワイ。心待ちする日々でした。
  退院までの日にちは飛んでいきました。

  退院近くなると転院だ、移住だ・・・などと喧しい我々。息子が
  「母を神奈川の自分宅に呼び寄せたい」と言ったとき
  4人が口をそろえて、ここにいるようにって、しっかり言ってくださいました。
  
  しかし、身体は弱く、気持ちも折れがちなる入院患者のわびしいわが身!口だけ達者で!

  日頃の皆さんの「お力」を知るばかりに、どこへも行かないと強く踏ん張りました。
  内心では、病が進行したら・・・などと怯む心も在りました。それよりも四人の言葉が勝っていたよ!



b0289649_21562383.jpg


大きな家族

  こんな仕事していると隠しようがないの。
  私の病気のことは知れ渡っていて、沢山の人から励ましをいただきました。
  誰もが優しいのね。みんなが心配してくださってたけど、黙って、情報を頼りに心配してくださった。

  退院してからの毎日は、皆さんの明るい笑顔に囲まれてこれまで通り賑やかに暮らしています。
  皆さんも覚えがあるでしょ!
  言いたいことを言って、人様の愚痴話に相槌をうち、一日に一回か週に数回立ち寄る場所!

  「閉まったら行くところなくなるんよ。いつまでも元気で開けとってぇよ」
  そう・・・言われて、その嬉しい一言に支えられ、これまでと変わらぬ日々に戻りつつあります。


  またまた
    手前味噌なことばかりン述べてきました。~またかぁ~ で、スルーしてください。




  
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-07-18 20:02 | Comments(20)

Commented by usatyu4 at 2016-07-18 22:24
こんばんは marriさんは少しづつ元気になっていっている
ようでよかったです。私は結婚したとたんに大家族の中で
生活して、主人は仕事人間で家にはほとんどいなくて、
なにも楽しいことがなかったけど、marriさんはいい
お友達に恵まれてよいですね。
marriさんはお店とお友達が支えということがよく
わかります。いつまでも元気でいてくださいね。
Commented by konatum at 2016-07-18 23:19
お陰様、日本には、とても良い言葉がありますよね。
みなさんのおかげですね。
でも、その方達は、何時ぞやは、marriさんのお陰って言われたこともあるのでは。

助けつ、助けられつつ、これも、marriさんの人柄でしょう。

でも、息子が遠くにいる、これだけは、寂しいね。。。わかるぅ。

Commented by ままりん at 2016-07-19 10:55 x
私にはだいたい4人が想像できる、みんなmarriさんのフアンじゃけーーーー。
お互いに持ちつ持たれつ、それで良いと思う。
またそういうことが出来たり言えたりする友達ってありがたいことです。

息子夫婦が思い切って帰って来たとき、お嫁さんがこちらになれるか寂しい思いをしないか心配でしたが
杞憂でした。すっかり馴染んでくれてます。

帰る理由が父さん母さんが年取るので云々・・・・・
まだまだ大丈夫と言っては見たものの近くにいてくれる、幸せだと感謝してます。
Commented by cosumosu52 at 2016-07-19 17:16
お友達、ありがたいですね。
なかなかこのような友達関係は聞いたことがありません。
私は3姉妹で(兄も二人いますが)皆近くにいて頼りになります。
でもそれぞれの生活、仕事もあってmarriさんのお友達のようなわけにはいきません。
普段が大事と言いますね。marriさんの普段の生活が伺えます。
病気をすると気持ちも落ち込みますね。
最近本来の性格「まっ、いっか~」が戻ってきて、声も張りが出てきたと言われます。
marriさんもお元気そうで何よりです。
Commented by akera_s at 2016-07-19 18:57
こんばんは。
穏やかなゆったりした時間の流れに乗って
多くの方に寄り添ってもらいながら日々元気になられて
いるようにこちらに伝わって本当に良かったと心から思います。
私の好きな言葉の一つに「お互いさま」があります。
人は皆お互いさまで暮らしているのかなといつも思っています。
息子さんはmarriさんと周りの方々とのお互いまの強い絆を感じてくれたのでしょうね。
Commented by agsmatters05 at 2016-07-19 20:01
marri さん、

ありあまる感謝の気持ちをどこでどうやって表したらいいのかって、思いあふれている毎日なのですね。

やっぱり人は一人では生きられない、というか。
おたがいさま、もちつもたれつ、というか。

万感の思いのこもった写真がとてもmarri さんらしいとおもいます。自慢話を書いてくれてありがとう。遠慮しないでもっとつづけていっぱい自慢話をどんどん書いてね。
Commented by Hsrolayqq at 2016-07-19 22:53
こんばんわ
お久しぶりです❗私の事なんて忘れていると思うけど足跡残します。
たまたまクリックしたら更新されていました。三年もたつんですか?早いな?

お体はいかがですか?お大事に‼
私の所は子供が大きくなりました。ホッとしています。
Commented by marri at 2016-07-20 09:27 x
usatyuさん
コメントありがとうご尾財ます。
またまた入院騒動が始まって、支度して病院へ行ったところ見送りになりました。
そんなことでバタバタした数日が続きました。返事遅くなってごめんね。
大家族の中に嫁がれたのですね。私と正反対です。
人間関係の難しい中で口には出せない苦労話も有ったでしょうね。
私の人生はいつも自分で決めて自分で走るといった自由気ままだったような気がします。いつかまた聞かせてね!
Commented by marri at 2016-07-20 09:33 x
小夏さん
おかえりなさい。ごくろうさん!
早くからコメントありがとうね。返事遅くなりました。
息子がこんなに役立つなんて今までになかったことです。
それって、自身が老いたので頼ろうとする甘え心が生まれたのかしら?
たしかに、ことを進めるに当たって親族の印鑑が必要なことはあるけど
久しぶりに親子二人の接触の幸せだったことか。でも移住はいや!
Commented by marri at 2016-07-20 20:10 x
ままりんさん
ピンポーン!満点正解よ。
一回だけどこかで何かとお礼を伝えたかったのです。
私の周りにはお人よしさんが一杯。
貴女は大切な娘さんとお孫さんを遠きブラジルに置く身
どんなにか寂しいことでしょうね。息子さんの転居は嬉しいね!
Commented by marri at 2016-07-20 20:14 x
cosumosuさん
そうなんよ!月に数回は快調な日が有ります。
一気に性格的に明るくなって自信がみなぎってきます。
貴女とどこか似ているね。頑張れそうです。
両親と5人の兄弟姉妹、早逝の家系で74歳以上生きた者が居ません。
今は67歳の妹と私だけと言う寂しい家系です。
Commented by marri at 2016-07-20 20:20 x
akeraさん
おたがいさま、ですか。この数年お世話になりっぱなしで。
ひと様にこんなに親切になんかできないよ~と思えるくらいお世話になって。
この先の人生の中で少しずつ返していかれたらと思っています。
どの人も私には大切な先生です。見習って行こうと思っています。
Commented by marri at 2016-07-20 20:24 x
ミチさん
ここで、これだけしっかりUPしたから少しはほっとしています。
でも、それとは裏腹に恥ずかしさでいっぱいです。
写真も在庫を使って、外出もしないリハビリ生活の中からささやかに伝える快復中の今の私。
この記事を支えに、今にきっと元気になるぞと張り切っています。
Commented by marri at 2016-07-20 20:29 x
Hsrolayqqさん
お久しぶりです。お元気でしたか。
はい、一年ぶりに再開いたしました。そろそろ、ぼちぼちで
すすめていきたいとおもっています。よろしくお願いいたします。
お子さんたちも其々に進級されたことでしょう。
私達もあんな時代が有ったなぁ~って懐かしい年代を思い起こします
Commented by ayame4011 at 2016-07-22 09:55
おはようございます。
独り暮らし、私の周りでも増えています。
私とて他人事ではありません。
いつ病気に?事故に?等々心配したらがキリがないけど
良いお友達が居たら心強いでしょうね。
これからもmarri さんが元気に過ごせますように。
Commented by yokkosan3 at 2016-07-22 11:52
呼べば5分で飛んでくる人がいるって一人暮らしには心強い
事ですね。お友達は宝物ですね。
遠くからかけつけてくれる優しい息子さんもいて幸せですね。
私も独り暮らし、漸く慣れてきましたが・・・
沢山の人たちに支えられて日々過ごしているってこと最近つ
くづく思います。
先日93歳の吉沢久子さんや103歳の篠田桃紅さんの本を
読んでみました。お二人の前向きに生きるパワーを感じました。
Commented by 山小屋 at 2016-07-25 06:56 x
久し振りに「marri節」を聞きました。
人間は強いようで弱い動物です。
いずれ息子さんと一緒に生活する日がくるのではないでしょうか?
そんな日が近くないことを祈っています。
Commented by marri at 2016-07-25 11:28 x
ayammeさん
コメントありがとう!
花の浮島・利尻島の楽しい旅行の事思い起こすと
暑い夏も乗り越えそうですね。
一人暮らしは私にすれば快適なものでした。ところが
今回ほど一人ってことを思い知らされました。
でも。。。大勢の生活はできそうにない私。これが永い
独身生活で身に着いた我が儘な自分本位のためなのです(泣)
Commented by marri at 2016-07-25 11:35 x
yokkosan3さん
本当に5分で飛んでくるなんて思ってもいませんでした。
でも過去に数回呼んでもないのに気遣ってきてくれたことが
在るのです。
それが・・・今回ほどすべてにお世話になろうとは!
有りがたいことです。彼女に事が有ったらなんて思うのですが
家族の多いうちには、年寄りで不自由な私のことなど??
遠い息子も、事が起これば休暇を取ってきてくれるのですね。
Commented by marri at 2016-07-25 11:39 x
山小屋さん
暑い日々が続きますね。お元気そうで!
手足こそ不自由なれど、この口はへこたれてない(泣)
お友達を口害でバッタバッタとなで斬りしています。
そのことでへこたれずスッキリする仲間たちと、やっと
やり取りできるようになりました。頑張ります。