恥ずかしながら

頼もしい親友 

  一年半まえ、左足の人工関節置換手術しました。
   (それは、一昨年の年末の事)
  
  「退院の日は歩いて帰れる」
  主治医の頼もしく温かい言葉を 「なんだ。そんなもんか」と嬉しく聞き流す。
  治ったら、楽になる、快くなると痛む足と闘いながらの入院生活でした。

  正月明けの退院。
  間を置かずして店を開けました。歩かれる足、パンパンに腫れていたけど医者の許可も出たし!
  店も今秋には40年(39年営業ってます))になります。あまり休みたくはないの~(泣)

b0289649_11543448.jpg


  幸い、ボランティア(無報酬)で手伝ってくださる友が居ました。
  私と同じ年なのに、踊るように小走りできるし、ヒマさえあればお片付けと。
  とにかくマァ~、クルクルとよく動き実年齢より10歳(?)は若く見える人です。
  
  この年まで生きてると戸籍の年齢は当てはまりませんね。
  特に70歳は、なんだか測りやすい(?)一つの節目のような。
  彼女と私の間には10歳以上の隔たりがあるような元気な彼女なんです。

  その彼女が私以上の働きで今日の日まで頑張ってくれました。
  「そろそろ、手伝ってくれなくてもいいよ」
  心にもなく、彼女にボランティアのお断りをいうのも・・・実は口先だけの私

  「こんにちは」  と言って現れる右手には今日の手作りのお惣菜が2~3品
  「いい子じゃねぇ~」と手と口がいつも素早く出ているわたし



                    ♦~~~~~♦~~~~~♦~~~~~♦~~~~~♦




デイサービス・カフェ

  その年、退院してからの私は仕事から離れ、あまり動こうとはしなかった。
  彼女は、何一つ文句を言わず、クルクルと働いた。合間に花を植えたり雑草を抜いたりと。

  居心地のいいといわれる我が家。開店以来ずっとサイフォンでコーヒーを煎れてます。美味しい?
  そこには少し歳を食った別嬪のママがいる(アタシの事!)
  口が悪くて辛辣な言葉を吐き、毒舌のラッパを吹き鳴らす。

  ここに集い、駄弁り
  嫁姑の話、夫の愚痴、孫自慢、年金 病気、健康などなど・・・・。  スッキリ^^♪


b0289649_162821100.jpg



  「週に1~2回、ここに来ること。ここでスッキリすることはデイサービスに行ったと同じ」

  いつの頃か、誰かが言いだしてから、来る人帰る人きつい罵声を浴びせる私にデイサービスと言う!
  そしてありがたいことに
  「この店は閉めていてはいけない、いつまでも続ける事!私たちの行くところが無い!」
  と言ってくださいます。

  と言うわけで、ワタシは長い間ブログから離れていました。
  ところが・・・皆様の温かい励ましと応援の言葉に水を得た魚のように泳ぎ始めました(笑)

  なんとまぁ~、長い自慢話ですこと。すみません!
[PR]

by kazumi1171713 | 2016-07-05 16:51 | Comments(20)

Commented by agsmatters05 at 2016-07-05 23:28
marri さんのお人柄、人徳、これに尽きるとおもいます。
いいお話です。さすがmarriさん! と思います。

私もファン仲間の一人にいれてね。
何にもお手伝いはできないけど、
罵声を浴びせる相手がいなかったら、私のほうへ送ってね。
Commented by agsmatters05 at 2016-07-05 23:31
追加、
ルピナス!
(英語で ルーピン!)
思い出の花です。最初の卒業生(教え子)が鉢植えのこれをおいてってくれた。(うーん枯らしちゃったけど、鉢は残ってるわ。)また植えたい花です。どこの写真ですか?
Commented by akera_s at 2016-07-06 06:11
復活おめでとうございます。
私も70代に仲間入りこれからもよろしくお願いします。
またこうして訪問できる喜びを私の誕生日の日に
コメントできましたことうれしく思います。
Commented by mamarinn30 at 2016-07-06 07:30
まりさんの
人徳じゃね。
何言われても、うんうんと聞かれるもん。

今までのまりさんの支えに、皆が恩返ししてるんだわ。
いいお友達がたくさんで、いいですね。
私がくじけそうになったら大きな声で渇をいれてね。
Commented by usatyu4 at 2016-07-06 08:22
おはようございます。blogが再開できて本当によかったです。
marriさんの話を読むだけでこちらが元気になれます。
お店にいろんな人が来てくれて話ができてありがたいですね
Commented by ayame4011 at 2016-07-06 13:53
お友達は「宝」ですね。
加齢と共に体は間違いなく老いて来るものだけど
心強い友があればこそ、元気になると言うものです
良かったですね。
これからもお体、大事にして下さいね。
Commented by yokkosan3 at 2016-07-06 15:58
お友達っていいものですね。
沢山のお友達に囲まれて楽しく前向きにお店で頑張っていらっしゃるmarriさんの姿が目に浮かびます。
全てはmarriさんのお人柄の賜物ですね。
高齢になってくるとお友達の大切さがわかってきますね。
Commented by marri at 2016-07-06 19:50 x
ミチさん
やっぱり、書くんじゃなかったかな・・・って反省してます。
彼女がいたから休まず今日の日まで来ました。
気配りの良い、庭のお花を切ってきては年中活けてくれます。
客あしらいも男性的な私と違いとっても女らしい!
いう事なしなんです。有りがたくてねぇ~♪
Commented by marri at 2016-07-06 19:55 x
ミチさん   つづき
最近の写真は有りません。在庫を使っています。
北海道の駅舎、そこは高倉健・大竹しのぶ出演の映画
「鉄道屋(ポッポ屋)」の撮影された場所です。
沢山、たくさん咲いていました。北国の花ですかねぇ?
Commented by marri at 2016-07-06 20:28 x
akeraさん
ハッピーバースディツーakeraさん~~~♪
私たちに仲間入り。初日も大入りで
私まで嬉しくなります。明日からも頑張って!
Commented by marri at 2016-07-06 20:32 x
mamarinnさん
自慢ばかりぺらぺらと。お恥ずかしいです。
病んでいるときは、皆様の好意が数倍も嬉しいのです。
彼女はまるで自分事のように努めてくださるのです。
この先出来る範囲内でお返ししていこうと思っています
Commented by marri at 2016-07-06 20:36 x
usatyuさん
うさこちゃん コメントありがとうね。
貴方の元気さがまぶしい私です。
昨日の休みの日、庭に除草剤をまきに11キロ北の
家からわざわざ来てくれたそうです。有りがたいことです。
Commented by 山小屋 at 2016-07-06 21:24 x
元気が一番です!
復活marriさん・・・バンザイ・・・!
Commented by konatum at 2016-07-06 23:23
友達がいっぱいいて、幸せだなぁと、いつも思ってます、marriさんのこと。
それも、marriさんの人徳。


復活、何よりも嬉しいo(^▽^)o
Commented by kazumi1171713 at 2016-07-07 08:33
ayameさん
この四月手術を受けました。いざという時
肉親の立会か印鑑が必要です。息子は3回帰省してくれました。
嬉しかったデス。でもそれ以上にお世話になったのが友人軍団です。
良い友に恵まれた事忘れられません。またまた自慢話?
Commented by kazumi1171713 at 2016-07-07 08:36
yokkosanさん
気が付けば友人の自慢話?
家族が居ないので、みんながファミリーのような生活
いつも助けられてばかりなのです。恵まれていますよ。
話半分に聞いててくださいね。
Commented by kazumi1171713 at 2016-07-07 08:39
山小屋さん
ありがとうございます。頑張ります。
貴方の様にスピーディには行きませんが今までの分
取り返すようにボツボツ進めていきます。
Commented by kazumi1171713 at 2016-07-07 08:42
小夏さん
10数年前、パソコンを通じての一番目の貴女です。
今回の再開にあたっての一番乗りも貴女でした。ありがとう!
いつも、無言の励ましをいただいていること感謝しています。
これからも引っ張っていってくださいね~♪
Commented by cosumosu52 at 2016-07-09 19:59
marriさん こんばんは
知った仲になってしまって(笑)・・・
皆さんが集まるのが分かります。
デイサービスですか、 ホームの主が明るくて楽しくて優しいからですよ。
いつまでも続きますように、無理をせずにゆっくり進んでいきましょう。
自分にも言っています。
Commented by marri at 2016-07-10 21:19 x
cosumosuさん
コメントありがとうございます。
拙い記事ですが懸命に頑張っております。ヨロシク!

あんまり褒めないでくださいよ。
そうあってほしいなって、願望の方が多いかも?
でも、皆様の温かいお気持ちに支えられて営業っております。
ボランティの彼女の好意に甘えて細々続けてまいりたいと思っています。