標高1400mの高原

月山8合目・弥陀ヶ原湿原

二日目の朝、宿を出た私たち一行、目指すは月山の8合目です。

私(たち)は、これほどの田んぼを見た事は有りません。
何キロも、十数キロも、黄金色に輝く穀倉地帯を走るのです。
右を見ても、左を見ても・・・・ 実りの稲穂は延々と続き黄色の絨毯を敷いたよう。

「秋は一番いい景色かもしれませんね」宿の人が昨夜言ってましたが
行けども続く黄色い田圃は、なぜかしら!心がポッと温かくなる日本の原風景のような。

b0289649_21565975.jpg


みんな、心奪われながら左右の窓から見ていました。そのうちふと気が付きました。
私の好きな彼岸花が一本もないってことに!ウチらの風景とはちがうんだなぁ~?
私の中では、実りの秋に土手を彩る彼岸花は欠かせない!目を皿のようにして探せども、無かったよ。

月山の登り口で専門ガイドさんが二人乗ってきました。ひとりは新潟から1時間かけてここまで。
ははん!ここ(月山)から新潟まで・・・そういった距離なんだ!私って遠くまで来たんだなぁ~!

b0289649_8155100.jpg


標高1400mの8合目(ってことは上高地・1500mと同じ標高か)風がきついなぁ~!
バスが何台も入れそうな駐車場に到着。トイレに入ると有料で100円位箱に入れました

ガイドさんに付き二組に分かれ、軽く体操をします。ここから遊歩道を歩くのです。

b0289649_822886.jpg


重く垂れさがった雲の下、広い広い庄内平野は黄金色に輝いている(画面で白く写っている稲穂)

右手の方が酒田の町で左手の方が鶴岡。その先は日本海なのね~♪
憧れていた藤沢周平氏描く、鶴岡の町が手に取るように見えます。

b0289649_83088.jpg


高山植物には遅く、紅葉には早いという時節。この木道をしずしずと歩む。湿原に咲く花の名も知らず
転ばないように両手に杖を持ち・・・そろりのそりとbabaは人々に遅れ進みまする^^;;
そのくせ、いっちょまえに写真はすばやく^^♪ 風に押されガイドさんの説明も聞き漏らさじと。

b0289649_8281964.jpg


何の草なのか?黄金色の背高の草が強風に押され、倒れ込むように揺れる。
帽子が飛ばされても捨ててください。この湿原へは降りられませんよ…と言われる。

夏には(つい先ごろまでは)高山植物が咲き乱れていたろうか!
今は、木々も紅葉して冬支度に備えようとしている。

b0289649_8291519.jpg


ナナカマドの紅葉とか(?)聞きました!

半分くらい来たところで、ガイドさんに断って一人駐車場まで帰ることにしました。
登りよりくだりがこの私の足には堪えます。皆さんのお邪魔にならないように^^;;

b0289649_8304566.jpg


「池塘(ちとう)」とか、言ってなかったっけ?
気が付けば、あちこちに見られる小さな池のようなもの!

曇った空も、風に揺れる草花も、鏡のように映している。きれい!
みんなと分かれて歩く寂しさもどこへやら~♪ カメラを供(友)とし アッ!赤い花が!

b0289649_831533.jpg


花の名前、知らないのよ!
沢山撮ったけど、ここに載せられない。でもこの赤い草花は大のお気に入りなので!
「湿原の女王様」ダッ!!! 

b0289649_1513350.jpg


もう・・・少しで駐車場です。
月山の弥陀ヶ原から庄内平野を撮りました。元気で歩いたからこそ見えた景色。
黄葉した草花が大歓迎して、そしてお別れを告げているかのようです。あぁ~、美味しい空気!

b0289649_151559.jpg


遠く山形まで来られて、実りの稲穂に迎えられ、お天気にも恵まれて。
1400mの高いお山で改めて「健康」に感謝しました。

おっと・・・・と! 旅はまだ続きます。






宿の夕食時、従業員さんに混ざって
私たちのなかまも踊りの輪に入りました。有名な「花笠音頭」

b0289649_20141253.jpg


山形の夜を体感しました。


 ↓ 芋煮というお汁です。
天童は内陸地方と言うそうです。また、日本海側の酒田・鶴岡は庄内地方と!

b0289649_20163760.jpg


牛肉に醤油味が内陸地方の味付け。
翌日鶴岡では、豚肉に味噌味(私にはトン汁と重なりましたが)を頂く。
同一県内で、全く異なった「芋煮」を頂きました。
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-09-30 20:26 | Comments(18)

Commented by miyakeoriibu at 2014-09-30 22:32
こんばんは!
庄内平野は米作りで有名ですね。
中でも酒米が盛んなのでは・・・・・?
見渡す限りの黄金色の稲穂 これこそ日本の原風景です。
お米大好きのoriibuです。
途中から一人駐車場まで帰られたとは、残念だったでしょうが
賢明だと思いました。
さすが細かい気遣いの出来るmarriさんですね。
Commented by usatyu4 at 2014-09-30 23:09
こんばんは 東北の風景いっぱい見せてもらい、感激しています。こちらでは見られないような風景がいっぱい。
途中で帰ったのは残念だったけど、みなさんに迷惑を考えると、
仕方ありませんね。でも元気に言ってこられていい景色を見せてもらっています。
Commented by nao♪ at 2014-10-01 02:34 x
3年前の10月10日に、友人と登山ツァーに参加し、この弥陀ヶ原から月山に登りました。
登山が目的でしたから、弥陀ヶ原は横断しただけ・・・
真っ赤な草紅葉の中の池塘群を上から眺めましたよ。
やはり風の強い日で、月山頂上は雪も見られました。

marriさんは皆さんにご迷惑をかけないよう途中から帰られたようですが、無理は禁物!、冷静な判断でしたね。
そう、カメラがあればどこも撮影対象になる風景で楽しめます。
この赤いお花は何でしょうね~?
Commented by konatum at 2014-10-01 08:52
彼岸花は、寒い地方には合わないようですね、冬を越せないのかな〜。

風に揺れる綺麗な色の草で、風の強さがわかりますね、ほんと、気持ちの良い景色(⌒▽⌒)
Commented by yokkosan3 at 2014-10-01 16:24
こんにちは
お元気そうでなによりです。
遠くまで出かけられるんですもの・・大丈夫!

私が出羽三山へいった時にはお天気が悪くて大変でした。
阿弥陀が原にはお花が沢山咲いていたのに雨風が強くてあの
木道が滑りやすくて・・・旅はお天気に左右されますね。
私も天童温泉に泊まりました。
どの画像も懐かしく思い出しました。
Commented by akera at 2014-10-01 20:13 x
久しぶりの月山八合目を見せていただきました。
広がる秋の田園風景は東北に住んでいる私も大好きです。
周りの方への気遣いさすがmarriさんですね。
Commented by ひーちゃん at 2014-10-01 21:51 x
赤い実になったの何の花だったっけ?
ずっと考えていて 今 思い出しました
イワショウブ 池の段に咲くのです
ホツツジの頃 今なら花も実も見られることでしょう
marriさん途中で引き返してもOKです
行けるところまで行きましょう。
私達も程々の山に 登れるうちは登ろうと思っていますよ。
Commented by marri at 2014-10-02 09:29 x
miyakeoriibuさん
ホント!黄金色の田園地帯を走れるだなんて!良かった!
庄内平野って、こんなにも広いって事、東北地方の広大さを知らされました。
半分でのUターンは当然のことなんです。この足で同道できるだなんて^^;;
杖は二本使って、木道の上をヨロヨロ歩きのアタシ。
早く降りたつもりでも・・・・いつも皆さんの時間とあまりかわらない^^;;
もう、こうした旅は終わりでしょうね。独りで思うように歩くしかないでしょう。
Commented by marri at 2014-10-02 09:31 x
うさこちゃん
コメントありがとうね。
東北はよく出かける方なんです。山形は2回目です。
出も初めてきたような気がします。行く人が違い、馬車が違うというだけで
随分へ四季が変わってきます。また行きたいです。東北の秋は日本の秋です!
Commented by marri at 2014-10-02 09:39 x
naoさん
もう、20年も前岩手旅行の帰り仙台に泊まりました。何気なく見た地図に
山形の山寺を見つけました。翌朝レンタカーを借り飛び出しました。
こちら(広島)から見る(知る)距離としては、結構離れていると思ってました。
そういったご縁で行ったことの有る山形でしたが、今回の出羽三山は長年の夢
弱くなった足で旅するのはおわりかなぁ~、テストも兼ねていました。
ヤッパリ、友に気を使いながらの旅は私には負担になりました。皆が
余りに優しいのです。甘えちゃいけないなって強く思いました。
でも、東北っていいなぁ~とおもいました。また行きたいです。
Commented by marri at 2014-10-02 09:41 x
小夏さん
ヒガン花・・・・そういう事か!
たった数本見つけた時は嬉しかったよ!新しい発見です。
皆の歩幅の半分になりました。いま、水歩行で鍛えています。
頑張ります!
Commented by marri at 2014-10-02 09:47 x
yokkosanさん
やっぱり、木道は濡れてました。人が少ないので右に左に
自分流に自在に歩きました。いつも一人行動が多くわがままな時間の使い方します。
この日もカメラ片手に・・・勝手しました。それも良かったです。
仲間たちが良い人ばかりで、気を使ってくれます。これが負担なんです^^;;いけない私。
これからはひとり参加の日帰り旅行で鍛えようかと思っています。
Commented by marri at 2014-10-02 09:50 x
akeraさん
良い旅しました。東北は大好きです。
宿の人、触れ合う人との会話を楽しむ私ですが、皆さんどなたも良かった!
お土産屋さんの宅配便の中からサクランボの羊羹が出てきたときは感動しました。
貴女の所へもぜひ出かけたいなぁ~と思っています。
Commented by marri at 2014-10-02 09:55 x
ひーちゃん
「ここまで来たのだから・・・」行けるところまではと頑張りました。
でも、心で半分だけで折り返そうと悲しく決めてました。皆様に掛ける負担
心の思いやりの事考えると進めないのです。時間さえあれば、ひとり旅だったら
そんな贅沢は心にしまって、どこも半分で引き返しました^^;;
これから先は、そういったたびを選ぶしかないでしょうね。でも続けますね!
これからも、吟味して挑戦します。旅行大好きなんだもん~♪
Commented by ayame4011 at 2014-10-03 14:34
頑張って歩かれたんですね。
ご褒美に見事な風景が~♬
なんて広いんでしょう!
山形は通ったけれど降りてない場所でした。
花笠まつり、美味しいお米、そうそう芋煮も
ありましたね。
彼岸花が無いというのも初めて知りました。
以前、北海道の友達も彼岸花を知らないと
話してましたから北国だからでしょうか~。
Commented by marri at 2014-10-07 08:26 x
ayameさん
山形は遠かったデス。北海道は2時間あれば着きます。
丸一日かけて行きつき、帰りも丸一日かかりました。
結構な料金なのに、羽田までの飛行機では無駄が多いです。
次回は空港から乗り継ぎ空港まで行きたいなと思いました。でも、栃木、福島と通過しながらのバス旅も良かったです。
Commented by agsmatters05 at 2014-10-20 23:09
marri さん、私この記事、素通りしてたかも。ヤッショマカショの写真はマリさんのサイトで見覚えあるけど、その上の写真を駆け足で通り越してました。みごとな写真がいっぱい。北国ですねえ。大自然がいっぱいだ。すごいすごい。
Commented by kazumi1171713 at 2014-10-21 11:32
ミチさん
こんなところにまで!
ありがとう。今回はキャンセルが3人も出て・・・5人旅。
年々このように、明日の日が分からない様な出来事ができたりとか?
でも、記録として書き残しておこうと、来られなかった人々に報告かたがた^^♪