読めませんよね?

五浦釣人

ドライブ中、立ち寄りました。いつも何気なく通り過ぎるのに今日は気が付けばパチリ

ここは、家から高速に乗って東に10キロ程にある、最初のサービスエリア
大きな看板ですね!

b0289649_23171669.jpg


岡山・井原市に「田中美術館」があります。「鏡獅子」を模したものです。

大きな鏡獅子、制作完成までに22年間かかったそうです。

b0289649_23202686.jpg


福山市の名誉市民でもある彫刻家、平櫛田中翁は10歳の時福山の平櫛家に養子に
常には旧姓の田中を名乗っていました。

福山駅南口に立つ「五浦釣人」

b0289649_23233827.jpg


五浦釣人(いずらちょうじん)
 この五浦釣人像は昭和五十年 山陽新幹線の開通と福山駅舎の落成を記念して
 本市の名誉市民 平櫛田中先生のご厚情をうけて建立したものです
   (田中翁は、井原市・福山市・小平市の名誉市民です)

b0289649_2333971.jpg


「田中翁の快心作といわれるこの像には 翁の生涯の師として崇敬された岡倉天心先生が
 東京から五浦に移って 横山大観など多くの偉才を育てたことを釣にたとえ
 師に対する報恩の気持ちがこめられています」

初めて福山の町に降り立ち、この像を見たとき、読めませんでした。
でも、待ち合わせの場所として「釣り人の前で立ってるね」と言ったものです。

そのときにはもう、
五浦が地名で、茨城県の北の町であって「いずら」と読むこと、そしてこの銅像は田中翁の師
岡倉天心で、五浦で下村観山、横山大観などの芸術家を育てたことを釣り人にたとえたという事
知っていました。

b0289649_10503127.jpg


            いまやらねばいつできる わしがやらねばたれがやる
              六十七十ははなたれこぞう おとこざかりは百から百から
                                 九十九  倬太郎


その後、友人から頂いた色紙を見る頃には、世界に誇る木彫の名匠で有るという事
昭和五十四年 百八才で他界されたということも知っていました。



ガヤガヤ、ザワザワと
賑やかな声がしたように思えました!いえ、そう思いたかった私です。
洗濯機を置く窓辺に、グリーン・カーテンが爽やかです!

b0289649_1116526.jpg


やれ! 嬉しや!
朝からこうして、元気いっぱいのタロウ・ジロウ・ハナコに会えるのです~♪
みんな、元気です!大ぉ~きくなりました^^♪
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-08-08 11:19 | Comments(22)

Commented by 山小屋 at 2014-08-09 07:10 x
五浦釣人・・・
私も読めませんでした。

六十七十ははなたれこぞう・・・
marriさんも私もまだまだ頑張れそうです。
Commented by konatum at 2014-08-09 07:19
うん、読めましぇん(⌒▽⌒)

はなたれ小僧だって。うれしい。

台風、大丈夫ですか?
Commented by agsmatters05 at 2014-08-09 08:18
marri さん、どこかで聞いたことがあるような気がしてならなかったの。いずらちょうじん、ね。正しく読めたわけじゃないけど、茨城県のいずら という場所のことをきいたことがあるのです。茨城県の岡倉天心の場所(!?)に行ったこともある。遠い昔のことですけど。緑のカーテン、いいですね。とっても素敵。
Commented by まが~ at 2014-08-09 09:11 x
私も読めませんでした。
今、記憶しておきます。
色紙の言葉、元気出ます。
私も今年運転免許を更新しましたが、次回は、高齢者になるので興味深く読ませていただきました。恐れていましたが、少し安しました。
Commented by ayame4011 at 2014-08-10 17:21
こんにちは~。
私も読めませんでした(´;ω;`)

> 六十七十ははなたれこぞう
私もまだまだ頑張れそうだヮ(*´∀`*)

グリーン・カーテン、立派に育ちましたね。
涼しそうですよ。
Commented by akera_s at 2014-08-11 16:09
茨城県に五浦〈いずら〉海岸と言うところがあり
五浦美術館に行くのでいずらは読めましたが
ちょうじんは読めませんでした。
五浦海岸で釣りをしている人?かなと。

Commented by ひーちゃん at 2014-08-11 16:22 x
五浦は五つの浦 いつうらから いづらとなったのでしょうね。
五浦釣人は岡倉天心像なのですね。
櫛田田中の作にしては 繊細で緻密な線で表現されていますね。
大胆で力強い 鏡獅子とは作風がちがっていますね。
私もこのマップ どこかで見ました。
おなじサービスエリアかもしれませんね。
Commented by narri at 2014-08-12 06:13 x
山小屋さん
田中王は108歳まで生きました。100歳の時
20年分の材木(彫刻用)を買い込んだと聞いています。
70歳からでも40歳近くまで生きたのですね。すごい!
Commented by marri at 2014-08-12 06:16 x
小夏さん
あまり長く生きたいとは思いませんが、痛い所のない身体
簡単なようだけど、贅沢なこと考えるようになりました。
転ばないこと、このことはとっても大切なことなんよね^^;;
Commented by marri at 2014-08-12 06:22 x
ミチさん
岡倉天心が当時の芸術家たちを引き連れて移動しました。
今から10年ほど前、行きました。海べりに立つ六角堂を上から見下ろしながら見て帰りました。詳しいことは分かりませんが
今回の東北大震災で被害を受けたと聞いてます。
ここから巣立った偉才たちの多くは日本の芸術を高めた人々です。
土地と人名は読めなくても恥じゃないよね・・・と言ってる私です。
Commented by marri at 2014-08-12 06:25 x
まが~さん
田中翁が99歳の時の所です。
真贋は分かりませんが本物だとしたら、タイ背tなし騎士ですよね。大抵はコピー^^;;
かれは、書もたしなむ人なのです。ひらがなが気がほとんどです。
Commented by marri at 2014-08-12 06:28 x
ayameさん
若いころ(50代)聞いたことあったんです。
所が今、改めて聞いてみて
「60、70ははなたれこぞう」って。びっくり!
あっという間に過ごしてきた年齢だったのですよ。
アヤメさん、この世代、雪崩のように、滝のように流れていきますよ。
Commented by うさこちゃん at 2014-08-12 12:36 x
お久しぶりです。平櫛田中さんは福山市民でもあるのですか。
marriさんのところで知らないことをいろいろ学びました。
字も読めれませんでした。
Commented by miyakeoriibu at 2014-08-12 21:11
田中美術館には何度か行きましたが、平櫛田中氏が福山名誉市民とは知りませんでした。
そういえば福山駅南口に「五浦釣人」の像がありますね。
これは五浦の海岸で、釣りにでかける岡倉天心を撮影した写真をもとに制作したものだと思っていました。
いづらちょうじん  なかなか読めませんね。
Commented by yokkosan3 at 2014-08-17 18:30
大雨大丈夫でしたか?
名前を見た時に北茨城にある五浦の六角堂で釣りを楽しんだ岡倉天心を思い出しました。「いずらつりひと」なんて読んでしまい
ました。(笑)
又ひとつ学ばせていただきました。
高速で10kお近くにこんなに素晴らしいところがあるのですね。

Commented by marri at 2014-08-19 12:25 x
akeraさん
今から13年前、私も一回だけ五浦に行きました。茨城県を太平洋沿いにドライブ
この地名を見たときは嬉しくてすぐ立ち寄りました。
高い岬の上から海沿いに建つ六角堂を見て感動したものです。
東北大震災で被害を受けた事心配しています。
岡倉天心はここに多くの逸材を集め、沢山の偉人さんを育てられたのね!
Commented by 8chantomei at 2014-08-19 15:42
うわ~!嬉しい。私も未だ、はなたれ小僧なんだ。
元気になりましたよ~。
でも、ちょっと考えてみれば、そうかもしれない。人生も世の中の事も、未だ何にもわかっていないもの。。。。
Commented by marri at 2014-08-19 17:51 x
ひーちゃん
いつも通る道なのに、悪い癖!名前を覚えない私^^;;
8月6日、市民団体の慰霊祭に行きましたよ。貴女に会えたらなぁ~って!
そうして・・・あっという間に8月も終わろうとしています。
永いことご無沙汰」してしまいました。また、よろしくお願いいたします。
Commented by marri at 2014-08-19 17:54 x
うさこちゃん
福山の「平櫛家」に養子に入りました。
その後大阪に方向に上がりわずかの間の生活でしたが。
こうして福山駅に作品の銅像が建ってるなんてとっても名誉なことと誇りに思っている一市民です~♪
Commented by marri at 2014-08-19 17:58 x
miyakeoriibuさん
永いこと勝手してしまいました。お返事が遅れた事…ごめんね^^;;
井原の人々って、当地にお勤めの方も少なくないです。
あのころは、大変に遠い所だったかも(8里も離れているもんね)
と言うわけで田中翁の作品や書を所有している人も結構いるようです。
今では、値段もかなり上がっていることでしょうか?
Commented by marri at 2014-08-19 18:02 x
yokkosanさん
孫たちが来て忙しくしていました。お返事遅くなっちゃって^^;;
二回の生活が難しくなりました。狭い階下を工夫して住めるように考えていると
水屋も大きいし、中身もい要らないし・・・暑い中忙しい事。
少し片付きました。パソコンの前にすわれるようになりました。
また、頑張って続けられたらなぁ~とおもっています。
Commented by marri at 2014-08-19 18:07 x
8chantomeiさん
新盆(?)でしたね。段々にお寂しゅうございますね。
田中翁は109歳まで生きました。百歳の時20年分の材木(木彫用)を買いました。
この様に前向きの生き方から、弱気の私はハッパを頂いています^^;;
60歳から50ねんもいきるなんて!洟垂れ小僧みたいよね~♪