高松の苔

清水宗治(宇梶剛士)

  「浮き世をば 今こそ渡れもののふの 名を高松の苔に残して」     清水宗治

  意味
 つらい世の中だが、男ならば今こそ進むべきだ。そして名を高松の地に残そう


NHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」を毎週見ています。
この日曜日は「本能寺の変」でした。天正10年、今から五百年も昔のことです。

本能寺の変と時を同じくして、備中岡山の高松城の藩主「清水宗治」も6月4日切腹した。

b0289649_13333013.jpg


天正10年(1582年)、統一政策を進める織田信長の家臣・羽柴秀吉が中国攻めを行うと、
宗治は高松城に籠城して抗戦する。
秀吉は降伏すれば備中国を与えるという条件を出したが、宗治は応じなかったと言われている。

高松城址に立って眺めると確かに沼地も多く、平地にあるお城です。

b0289649_205356.jpg


テレビ放映の影響か、これまでにない車の台数でした。
案内の看板の中に官兵衛を探しました。これまで気が付かなかったけど
羽柴秀吉のそば近くに当然のごとく控えていました。

b0289649_2011350.jpg


黒田孝高が策した水攻めにあって城は落城寸前に追い込まれる。この水攻めの最中の
6月2日に京都で本能寺の変が起こって信長が死去す。
その報を知った秀吉は宗治の命を条件に城兵を助命する講和を呼びかけた。

宗治は信長の死を知らぬまま、その2日後に
兄の月清入道や家臣2人らとともに水上の舟において切腹した。享年46


b0289649_20173528.jpg


何度か訪れた公園です。今年もテレビに先駆けて7月1日に行きました。
半夏生の白い花(葉)が優しく迎えてくれました。

秀吉軍によって高松城は水攻めにされており、城の周囲は湖のようでしたので、
清水宗治は小舟の上で切腹しています。

b0289649_20283492.jpg


1582年6月4日午前、清水宗治は兄の月清入道、弟の難波伝兵衛を乗せて、
高松城大門から舟を秀吉本陣近くの蛙ヶ鼻に漕ぎ出します。

辞世の句を詠み、家臣の国府市正(こくぶいちまさ)の介錯により切腹して果て、
そして市正は宗治の首を首桶に納めます。続いて月清入道と難波伝兵衛も切腹して果てます。


b0289649_20231413.jpg

                         清水宗治の首塚

秀吉はすぐにでも陣を撤収して京に向かいたかったのですが
「武士の鑑である宗治の最後を見届ける」といって、検分が終了するまで陣を引かなかったという。


b0289649_2048461.jpg


私の大好きな俳優、宇梶剛士さんが宗治を演じています~♪
46歳だったのですね!(若いなぁ~。うちの倅も年齢的には近いけど!)

忠義に篤く、毛利家に義を貫くあたりもののふの気骨を覚えます。


                  ★ ★ ★ ~~~ ★ ★ ★~~~★ ★ ★


タローの子

 「お宅の坊やは幸せね!毎日みんなに見守られて」と、嫌みな連れにいわれた!
 そのくせ「今の所6本、ぶらさがっているよ!」と報告す!

b0289649_1913072.jpg


はい。この子がタローの子供で、アタシの大切な「孫ちゃん・1号君」なんです・
こんなに大きくなりました。15センチぐらいかな!しかも6本も!

まぁ~、なんといっても養育係が素晴らしいのです。肥やしに水やり。毎日せっせと~♪
なんといっても、このやせた土地、この30数年間、足踏み鳴らしての通行路、路地なんです。

b0289649_19162743.jpg


お蔭様で、やっと、洗面所の窓の柵に達しました。窓の柵にクルクル巻き付いて!

楽しいね! 嬉しいね! こんなにも沢山の夢と希望が有るんだね~♪

b0289649_19202740.jpg


「サラダかな? 炒める?」
「食べないで、飾っておこうかな!」

5~6号君とは違って、ことさらな思いを抱かせながら、「1号君」は今の所風に揺られてブーラブラ!
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-07-15 19:31 | Comments(22)

Commented by konatum at 2014-07-15 19:41
見事に育ちましたよねぇ。
よしっ!食べましょう。さっとお湯を通して、鰹節かけて、ぽんず!
これ、簡単で美味しいよ(⌒▽⌒)
Commented by アヤメ at 2014-07-15 21:05 x
私も官兵衛は毎週、見ています。
高松城の水攻めを成功した後に私の家の
近くにある忍城を秀吉の命で三成が
水攻めしました。
のぼうの城の舞台です。
歴史は面白いですね。

ゴーヤの成長、凄いですね。
料理が楽しくなりそう??
Commented by miyakeoriibu at 2014-07-15 21:50
高松城址公園 ずっと以前に行ったきりです。
最近はきれいに整備されていますね。
ゴーヤ 我が家ではジュースにしています。
Commented by 山小屋 at 2014-07-16 06:36 x
古代ハスが咲きましたね。
私も先日上野に不忍池で見てきました。

ゴーヤは苦いので苦手ですが、最近炒め物にして
何とか食べられるようになりました。
健康によいそうです。
Commented by akera_s at 2014-07-16 18:49
ハスの花は本当に美しいですね。
ゴーヤが沢山実り
これからどのような食べ方をされるのでしょうか。
Commented by うさこちゃん at 2014-07-17 00:18 x
こんばんは 高松城の水攻めは本当に歴史の上で
巡り合わせを感じます。信長が明地光秀に殺されなければ・・・・
いろいろなことが思いめぐらされます。
ゴーヤが大きく育ちましたね。
Commented by hirokoxhirokox at 2014-07-17 07:04
おはようございます。歴史を深く勉強していなかったことの付けが今・・・です。時代の流れがこの頃よくわかります。いつも感心して勉強させてもらっています。それにしても、きれいに撮れていますよ。
Commented by marri at 2014-07-17 09:02 x
小夏さん
早速、ゆがいて…食べたいなぁ~! ですが
今のところは眺めています。昨日買ってきて食べました^^;;
よぉ~し、いつの日か?
Commented by marri at 2014-07-17 09:07 x
ayameさん
はい。「のぼうの城」見ました。
映画の初め、いきなり高松城水攻めのシーンがアップされます。
覚えています。
城跡に立ち、そのシーンを重ねてみます。平地のだだっひろい台地は
余りに美しく、蓮の花が咲き穏やかな風が吹き渡るだけでした。
Commented by marri at 2014-07-17 09:10 x
miyakeoriibuさん
時々、休みの日お稲荷さんのお風呂に出かけます。
そのときにここに立つのが好きなんです。
サクラの頃も、蓮の花も、寒い沼地の写真も、いつも楽しませてもらってます。
ゴーヤ、ジュース試してみますね^^♪
Commented by marri at 2014-07-17 09:14 x
山小屋さん
そうそう!古代ハスっていつか読んだことあります。さすがぁ!
木道を歩いて、近くから撮ればいいのに。遠くから撮りました。
こうして、歩くことを拒否している、いけない足です。
ゴーヤ、なかなか食べられない!
Commented by marri at 2014-07-17 09:16 x
akeraさん
昨日、大きなゴーヤを買いました。
トマト、ハムでサラダにしました。みんなに笑われました。
なかなか、我が家のゴーヤ、食べられそうにありません^^;;
Commented by mebaru-papa at 2014-07-17 20:10
こんばんわ・・・!(^^)!
私も毎回見てますよ
ここの水攻めの
宇梶さん・・かっこ良いでいすね・・男!ですね
やはり・・ゴーヤチャンプルでいただくのが
一番かと・・・!(^^)!
Commented by marri at 2014-07-17 20:33 x
うさこちゃん
惜しい人(織田信長)を失くしたような!
いやいや、彼は余りにも非道な面が有りすぎるようなって?
世界に向けた芽がチャン義られたことは確かです。
時代劇は楽しいですね。大好きなんですよ^^♪
Commented by marri at 2014-07-17 20:39 x
hirokoちゃん
私社会科が好きでした。歴史も地理も!
旅行に行っても、他人より2倍欲張って行動します^^♪
この歴史なんかは、受け売りです^^;; 調べて写しました^^;;
知ったかぶりでごめんなさいね^^;;
Commented by marri at 2014-07-17 20:45 x
mebaru-papaさん
貴方も宇梶さん好きですか。柔和な笑顔が大好きです。
高松城主は毛利家に忠義を立て、住民の命と引き換えに舟上で切腹します。
それまで、敵に頭(かしら)を召されることはあっても自ら腹を切るといった風習は無かった
この時から千利休も秀吉から切腹を言い渡された。
Commented by ひーちゃん at 2014-07-17 22:23 x
高松城主 清水宗治 物語に出てくる彼は
潔く 武士の鑑のような いい男ですね。
私もとても好きな男です。
ゴーヤ三兄弟 大きくなりましたね
実の生る植物は 花も実も楽しめるけれど
ゴーヤの苦味だけは 苦手です(/_・、)
でもmarriさんのゴーヤ日記はとても楽しみにしています。
Commented by marri at 2014-07-18 11:40 x
ひーちゃん
岡山県生まれの私、清水宗治の事誇らしく思います。大好きな
宇梶剛士が演じているので、ウチに来いっていう秀吉に断るところの対話が小気味いいです。スッキリ!
お友達のおかげで立派に成長した、ひ弱な路地育ちのタロウたち!
いよいよ、私の腹の中に突撃だぁ~^^;;
Commented by agsmatters05 at 2014-07-21 03:27
marri さん、遅れコメでごめんね。
大河ドラマは朝ドラ、Marri さんの記事を通して、間接的に想像するだけの私。残念です。たぶん、インターネットを上手に使えば、ちょっとの時差で私も鑑賞できるはずなんだけど、まだそれができてないです。だから、marri さんの記事はとっても貴重なのです。ありがとう。いつの日か、同じタイミングで語り会えるようになりたいです。清水宗治、立派な最後だったのですね。感銘をうけました。
Commented by agsmatters05 at 2014-07-21 03:33
そうして、ゴーヤ。
うっふっふ、家で採れたのを食べなくて、買ってきたのを食べるmarri さんって、ちょっと分かるような気もしますが。でも、採れたても味わってみてくださいな。大地のビタミンがそのままmarri さんのお体に入ってくるかもよ、とかなんとかね。私もゴーヤ、買ってこようっと。(笑)
Commented by marri at 2014-07-21 06:49 x
ミチさん
こちらまでお越しいただき恐縮です。
毎朝「山梨弁」で開けます。・・・しるし、コピット頑張るしとか。
朝ドラの主人公は「赤毛のアン」の翻訳家女史さんで。貴女と重なります。
農家の長女に生まれ、父親は彼女に教育をしっかり身に着けさすのです。
次女ー女工(後に女給)三女ー北海道に嫁ぐ。三姉妹と長男さんの生き方が楽しい。
そして今ドラマは柳原白蓮の駆け落ちで朝ドラにないお話しに進んでいます。
「軍師・官兵衛」も中国大返しと、明智光秀の最期にむけて。
Commented by marri at 2014-07-21 06:53 x
いつも通る我が家の窓の下の路地。
ここにいきなり、ゴーヤを3本植えたのです。育つはずないでしょ???
彼女は我が家から「土」「こやし」「ついたて棒」・・・を持参。あっという間に育ち
これまでに8本も実が付きました。ここにある、もう一本なんて
外野の連中が見物しては…やかましく報告!
で・・・もって、一回、食べてしまったわたしなんです^^;; エヘッ^^♪