天比登都柱

壱岐の島

「壱岐・対馬」って唐津の沖、玄界灘に浮かぶ島なのに長崎県なんよね!
行きたかった島の一つなんです。

旅行の日程は、旅行社に合わせます。自分の休みに合った日なんてないです。
仕事を休んで、無理に無理を重ねて出かけます。
今回の旅は対馬が入って無くて^^;; でも、そんなこと言ってられない!

b0289649_2084351.jpg


でも、勝手に休んで、出かけて良かった!花々は咲き乱れ、青い海の美しい島だった!

b0289649_7104468.jpg


前夜、唐津のホテルに泊まりました。7時過ぎに宿を出てフェリー乗り場へ。

b0289649_20115084.jpg


壱岐まで100分(唐津ー印通寺港)、お喋りしてる間に着きました。
足に自信がないので、いつも一行23名さんの最後尾を行く私!
(男性6人グループ、夫婦連れー3組、女性二人ー2組、女性4人連れ、一人参加3名さん)

b0289649_2016618.jpg


小豆島と同じくらいの壱岐島内をバスで回ります。いくつかを紹介しましょう!

最初に訪れたのは「左京岬」
江戸時代、陰陽師後藤左京が雨乞いの祈祷を行った場所。高い断崖の上にある広場です。
満願の日、雨は降らず。あわや飛ばんとす・・・いよいよの時 降ったのです!

b0289649_99138.jpg


あの先っちょの「赤い鳥居」まで、皆さんは行かれますが、私は立ってるだけでもヨロヨロ^^;;
身体が傾いた瞬間誰かに援けられました。歩行の弱い私のこと心配してくれてた人がいたのです

b0289649_20255675.jpg


「ありがとうね」
「わしの母親も嫁も、奥さんと同じじゃ。心配いらんでぇ~!」ごっつい顔で笑いながら^^♪

よろけた私の足がきっかけで、急に6人グループさんと距離が近づいたような。
仲間内に身体の弱い人がいると、カバーしようって気持ちが強くなるのね。
足腰が弱くなってからの初めての旅です。甘えてはいけないと思いました。

b0289649_7124622.jpg


左京岬近くでは小舟がチラホラ。ガイドさんが説明!
「今、海女さんが飛び降りたの、みえるでしょ!ムラサキウニの採れどき
一日15000円にもなるから海女さん、頑張ってるよ」・・・って!お昼はうに丼でした。

b0289649_20503869.jpg

                           はらあほげ地蔵

満潮に近い水位、潮の引いたところも見たかったな~♪

b0289649_20515818.jpg

                               猿岩

こうしてみると大きな岩の芸術品のような!でもね・・・

b0289649_075088.jpg

                            横から見ると!


「黒崎砲台跡」

いつの時代でしょうか!こんな大きな砲台が設置されていたのですね。
調べてみました(ガイドさんのお話し、すぐ忘れてしまうのよ)

b0289649_20343933.jpg


第一次大戦後、山をくりぬいて戦艦土佐の主砲を設置した場所。砲身約20m、
口径約40cmの2砲式が海をにらみ、対馬海峡を通過する艦船を射程におさめていたという。

b0289649_23564326.jpg


以前は、下の門からくぐって真下の所まで行き見学できたのですが、今は上から覗き込むだけ。
実際の設定は80年真前の写真から!転載します。

b0289649_23591046.jpg


国の守りは、こんな遠くの島でさえも強固なものだったのですね。


「天比登都柱」 (あまの ヒトツ はしら)

「壱岐」のこと、またの名を「天比登都柱」というそうです。
大和朝廷の全身邪馬台国の時代、海の大国、壱岐海人国という説があるそうです。
古事記の中に壱岐は「天比登都柱」と記されています。

大和朝廷が建ち、神代からその正当性を記すとき
「わが祖先は天より降りて一つ柱を立て、柱を中心に国造りを始めた」としました。
その一つ柱の地が壱岐です。



原の辻遺跡

原の辻遺跡(はるのつじいせき)は弥生時代の環濠集落で、
『魏志』倭人伝に記された「一支国(いきこく)」の王都に特定された遺跡です


b0289649_20511983.jpg


国の特別史跡で、そのほか
 登呂遺跡(静岡県)、吉野ヶ里遺跡(佐賀県)2か所があります。

b0289649_91664.jpg


史跡が一杯、古い神社も沢山、私たちは短い滞在を済ませ、その日のうちに
フェリー(博多港行)に乗って帰ってきました。
次回は「対馬」へも、わたってみたいなぁ~とおもいました。



夜に入る前の七時前、友達からメールが届きました。
「綺麗な虹がでているよ!」

さっき、帰ったばかりのMちゃんからのメール^^♪
「それっ!!!」
居合わせた4人全員、外へ駈けだしました!キャァー♪ ♪ ♪

b0289649_19565456.jpg


暮れなずむ夕方、七時前の東の空に「虹」が!
じっと見ると、二重にかかっているではありませんか!何年ぶりかの虹!
台風騒動の最中、不謹慎ながら6時前の夕立ちに感謝した私です。
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-07-10 14:25 | Comments(27)

Commented by nao♪ at 2014-07-11 01:32 x
まだ行ったことのない玄界灘に浮かぶ壱岐の島を堪能させていただきました。
そこは花々は咲き乱れ、青い海の美しい島だった!
弥生時代の古い歴史の遺跡もあるのですね。

それにしても目指す赤い鳥居のお宮さんは断崖絶壁の凄いところにあるのですね。
marriさん、手の骨折後足腰が弱ったのですか?
でも仕事を休んでまで「旅」に出かける気力があるなら大丈夫かと思います。
砲台跡は横須賀にも何カ所かありますが、こちらは東京湾を守った太平洋戦争時代の物・・・
壱岐のは、日露戦争時代の物でしょうか?


Commented by ayame4011 at 2014-07-11 20:34
島って凄いですね。
岸壁や壮大な海、海、海。
「天比登都柱」って言うことも初めて知りました。
はらあほげ地蔵さんも不思議~。

旅で得るものっていっぱいですね。
人の心も~。
虹まで見られて最高でしたね。
Commented by agsmatters05 at 2014-07-12 05:32
貴重な旅行記、ありがとうございました。
長崎県に15年間住んでいたというだけで、何となく親しみがわいてしまう私でした。といっても、昔々ちょっと行ったことがある(たしか、高校訪問のためだったような???)だけで、何にも覚えてないのですが。絶壁の写真は見ているだけで足がすくみました。お猿さんの岩はおもわず微笑まずにはいられない。そして最後の虹の写真がなんとも憎いですねえ。さすがmarriさんだわ!
Commented by usatyu4 at 2014-07-12 07:54
おはようございます。 隠岐の島は何も知らない島です。
marriさんにこうして見せてもらえてよくわかりました。
このような島にも砲台があったり、遺跡があったり・・・
驚きました。島のことがよくわかりました。 
私はこの1週間は台風に振り回されました。
Commented by mebaru-papa at 2014-07-12 15:35
こんにちわ・・・・!(^^)!
長崎市内は見ましたが壱岐・対馬までは
足を延ばせませんでした
とっても楽しめました・・・・・!(^^)!
Commented by ひーちゃん at 2014-07-12 17:18 x
壱岐 行ったことがありません
こんな南海の孤島に古代文明が栄えていたとは
驚きでした。
魏志倭人伝に登場する国がここにあったとは
いい旅でしたね
足は大丈夫ですか?
Commented by hsrolay at 2014-07-12 22:09
玄界灘は名前しか知らないです。
柱状節理には驚きです。自然はすごい・・・
行きたいけど遠いです
Commented by 山小屋 at 2014-07-13 06:27 x
壱岐の島、たくさんの歴史が残っているようです。
海がみえるところはいいですね。

いつか佐渡もお訪ねください。
大きな島で見所がいっぱいです。
Commented by yokkosan3 at 2014-07-13 15:52
二重の虹を見た人は幸せになるそうですよ。

長崎観光したことありましたが・・・壱岐の方までは行きませんでした。行ってみたかったです。
おかげさまで観光した気分になりました。
有難うございました。
Commented by hirokoxhirokox at 2014-07-14 07:45
o!
おはようございます。なんと、いい旅してますね。スバラシイ景色に感動です。旅はスバラシイ活力のもと。marriさんのおかげで、壱岐対馬観光させていただきました。
Commented by marri at 2014-07-14 08:20 x
nao♪さん
はい。どういうことでしょうか?歩行が困難になりました。
詳しいことは省きますが、この歩みに慣れるしかないので頑張っています。
そんな私が、友達に助けられることなく、(知らない所で)みんなと同じ行動が出来るかなそう言った試行を兼ねての旅でした。まぁまぁ~でした。
見ず知らずの仲間たちと行動しても、他人は弱い者に対してどんなに優しいか。
隠してもばれるこの弱い部分に最低限の甘えを許されながらの2日間でした。
この、行こう行きたいの心には日ごろの訓練が大切ということを痛いほど知らされました。
Commented by marri at 2014-07-14 08:27 x
ayameさん
思ってもいなかった、明るい島でした。
蒼い海、玄界灘なんて、これまで訪れた沖縄の島とは区別してました。
ガイドさんの島への愛情が、すっかり乗り移るほど自信を持ってのご案内!
「こんな仕事してるのに、毎日仕事に追われてますがどこよりも島が好き、もっと年取って時間が出来た時旅行(島を出て)に行こうかな」
胸張って、設備の不十分な島の事誇りに語ってくれました。
南北17キロ、東西15キロの小さな島が素敵に響きましたよ!
Commented by marri at 2014-07-14 08:34 x
ミチさん
出来る事なら、もう一日多く。島内に一泊して対馬も行きたかった。
島の観光はこんなにも沢山あって、立派な歴史の島であったこと
帰ってから、改めて吃驚している私です。
頭痛と弱い足腰を抱えて、このたった一泊が爆弾を抱えているような不安な旅でした。
次のステップに向けての足掛かりの旅になりました。頑張ります。
Commented by marri at 2014-07-14 08:37 x
うさこちゃん
楽しい人たちと、楽しい2日間を旅しました。
どなたも懸命に作った2日間の時間を、目いっぱい楽しんだ様に思います。
こうした旅、機会が有ったらまた行きたいです。
Commented by marri at 2014-07-14 08:41 x
mebaru-papaさん
楽しい旅でした。いつも…頑張って掲載しますが
あと少しの所で手が停まります。でも今回は短い間にしっかりできました。
暗いイメージを持っていましたが、とんでもない!また行きたくなる島でした!
Commented by marri at 2014-07-14 08:46 x
ひーちゃん
この歴史、大八島(矢じりの滴を落としてできた島々)よりも早くにできた島
とんでもなく古き歴史を持つ島なんだという説明書きが有りました。
原の辻遺跡は、とても気に入った私でした。
ひとり旅[参加)は難しいかな・・・・と弱気に感じた旅でした。頑張ります。
Commented by marri at 2014-07-14 08:49 x
hsrolayさん
えぇ、とっても充実の旅でした。この先
何回旅行できるかなって考えた時、その回数は限られてきています。
しっかり、行かれる間に行ってみようと思う区切りの旅になりました。
Commented by marri at 2014-07-14 08:52 x
山小屋さん
いま、「越佐(えっさ)海峡」という楽曲が歌われています。
モニター画面には、佐渡の島やたらい舟が美しく、毎回映し出されます。
いつの日か、行かれたらいいな!行ってみないと分からないことが一杯なんよね!
Commented by marri at 2014-07-14 08:54 x
yokkosanさん
そうなんですか!二重の虹って・・・!
写すことにおわれて(いつものこと)出来上がった写真見て驚き!
この写真、皆さんに好評なんです。上手く撮れてて良かった^^♪
Commented by marri at 2014-07-14 08:57 x
hirokoちゃん
貴女って本当に、今をしっかり生きていますね。
このバイタリティあふれる原動力は、それらの積み重ねから生まれたものと思い知らされます。これからもよろしくね~♪
Commented by akera_s at 2014-07-14 16:49
一面の花にうっとりとし、お地蔵さんに手を合わせ
暮れなずむ夕方の二重の虹に見とれ
どうして何時も素敵な物語があるのでしょうか。
marriさんのブログ大好きです。
Commented by まが~ at 2014-07-14 19:03 x
壱岐の島、歴史あるのですね。
国堺に近いから守りも強固なのでしょうか?
いい所を一緒に見せていただきました。
良い旅をされましたね。
虹も印象的ですね。
Commented by LEE at 2014-07-14 21:06 x
ご無沙汰していました。
壱岐の島にいらっしゃったんですね。
行動派の marri さん、我慢我慢の旅、再開おめでとうございます。
歴史のある良いところですね。
Commented by marri at 2014-07-15 07:17 x
akeraさん
有りがたいお言葉、嬉しいです~♪
カメラを手にすると、皆さんより行動が遅れがちになります。
家に帰ってから、写真を見て、改めて知るところが多いんですよ!
旅行って、良いですね^^♪
Commented by marri at 2014-07-15 07:21 x
まが~さん
思っていた以上に素晴らしい島でした。
唐津から1時間半、博多からでも2時間少々、また行けそうです。
私って、根っから海が好きみたいです。生まれも育ちも瀬戸内だからかな!
Commented by marri at 2014-07-15 07:24 x
LEEさん
いつも写真、楽しませてもらってます。
こうしてコメントいただけるなんてうれしいです。
以前の私のようではありません。いう事を効かない足腰になり
気が弱くなっていることに驚いています。しっかり体鍛えようと思っています。
Commented by 吉野 at 2016-05-05 21:51 x
突然のコメント失礼致します。
私は、壱岐で神職を勤めております吉野と申します。今回、天比登都柱についてネット検索をしていたらヒット致しましてコメントさせて頂きました。
実は天比登都柱をお祀りしついる神社は全国でも一社しかないのですが、そのお社の宮司を勤めさせて頂いております。
今後、天比登都柱や月読宮の由緒もあることから、全国に発信していきたいと思っております。
もしまた壱岐に来られるご機会が有れば是非、ご参拝頂ければと思います。ご案内致しますのでお声をかけ頂ければと思います。
突然のコメント大変失礼致しました。