互いに認め合う仲

携帯電話

バラの花の美しい公園が在る。行ってきました。
「五月の薔薇」っていう曲があるけど、ほんと、五月晴れのそよ風の中、薫る美しい花々たち。

公園に入って、どこから携帯の音が!
忘れてきたことに気付く。あんなに、みんなに注意されるのに。不携帯のアタシ^^;;

b0289649_20103450.jpg


あの日、あの時も、持っていなかった。階段の上から下まで落ちた年末の あの日(悲)
両手に抱えていた小テーブルが、足を踏み外した途端手から離れた!
アッと思ったとき、身体はふわりと浮いたような。まるで橋から川へ飛び込むような。
そんな経験がないけど、後から考えるとそんな感じしか覚えてない。

その日、年末を控え、部屋の模様替えをしていた。
不要になったテーブルを抱えて、用心して一歩を踏んだつもり・・・つもりだったんですね。

次の瞬間、私はテーブルと階段に挟まれて、小さく座っていました。
いくら考えても入れるような隙間(すきま)ではなかったです。瞬時にして折りたたまれたような(泣)
私の胸の前をテーブルの脚が斜めに挟み込んでいた。

だれかぁ~!
蚊の哭くような声で、外に向かって・・・声を出してみました。今度はも少し大きな声で!
言いながら、私の体を斜交いに絡め取っている机の脚を力一杯押してみました。
その時、右の手がふにゃりと力なく揺れていることに気が付いたのです。

「折れてる」 思いました。判りました。使ってはいけないと!

b0289649_20391057.jpg


10分か15分くらいだったような(?)そんなに長い時間ではなかったかも?
誰も来ない午前中、9時の時間帯。私ってこのまま4時間以上も発見されないのでは。

「生ごみを捨てに行くときも、トイレに行くときも。いつもいつも携帯を離しちゃだめよ」


あぁ~!あんなにいつも、友達が言ってくれてたのに。アタシって!
ポケットに、携帯電話さえ入れていれば。

このまま・・・・? なんて、よからぬこと思い嘆き。そのくせ
「年末の旅行と1月の旅はキャンセルじゃなぁ~^^;;とか、なんて、色々瞬時に思うものですね。

                       ~~~~~~~~~~~~~



ジタバタドタバタと、動かせる左手と全身をゆすっていました。そんなに時間はかからなかったような
その時、思ってもなかったことが起きました。
私の体がテーブルの檻に嵌ったまま前に滑り落ちたのです。一瞬で自由になったのです。。

私は、階段の下から3段目に立てかけてあった掃除機、その上に座った状態になっていたようです。
掃除機の車輪が体の重さでコロコロとテーブルごと3段下の台所までまで飛び出してくれたのです。

救急車は私が呼びました。幸いなことに手だったので、家中を歩き回ってお出かけの手配をしました。
この時ほど携帯電話の有りがたさを感じたことはありません。

いいえ、この時から入院中、退院後も 「携帯電話さま」は偉大な力を発揮してくださいました。
みなさん
いつ、いかなる時も、肌身離さず携帯電話を携行することお勧めいたします!


                     ★★★~~~ ★★★~~~ ★★★


緑のトンネル

公園では、沢山の花々に迎えられました。
歩く人って、多いですね。夫婦連れ、グループで、乳母車を押して親子で、数人で、私のように一人で!

そばまで小鳥が飛んできて、肩にチョウチョが舞って!翠がまぶしい!

写真を撮りながら、歩いていくと「おいで」って、誘われるようなトンネルが!

b0289649_20555719.jpg


先っちょがすぐそこに見えました。ズンズン~♪ 秋の薔薇の頃には紅葉が美しいかな~♪
他愛ない事考えながら歩いてきました。!

いま、通ってきた道を、振り返ってみました。
人の人生もこんなんかなぁ。この道は人生と同じじゃなぁ~!ふと自分の人生と重ねてみた。

こんなにまっすぐな道じゃ無かった様な? ジグザグ、曲がりくねった道じゃったなぁ~!
人っ子一人いない道じゃ無し、沢山、人や、物が飛び出してきたっけ!
真ん中あたりじゃ、息子と肩並べて、競争して走ったかも。

道中の、何一つ見えないから、まっすぐ先へ向かって歩いて来られた様な。
途中から、多くの登場人物に巡り合ったっけ。健康はそこそこ恵まれてきたし。

も一回、歩けと言われても、歩めないのが人生なんだよね!一回こっきり^^♪

何かの本で読んだけど!
 「人の、一生の価値を容易には測りきれないけど
  互いに認め合う人物が、どれだけいたかということに価値が有る」

今回の突然の事故で、私は多くの皆様に援けていただきました。
ベッドの傍らに、心から気遣ってくれる友人たちのいた事、認め合える仲の人々がいた事
そんな人々のいたことに感謝と喜びの念でいっぱいです。
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-05-30 10:42 | Comments(24)

Commented at 2014-05-30 20:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marri at 2014-05-30 21:11 x
鍵コメさん
温かいお言葉、感謝します。ありがとう。
瞬きの瞬間ですね。その後治るには4か月もかかりました。
今も、不自由しています。今後は十二分の注意です。
Commented by hirokoxhirokox at 2014-05-31 15:00
涙なしには読めませんでした。オオオオオオ!たいへん、おおごとな出来事だったんですね。他人ごとではない思いをして読ませていただき、あなたの無事を胸をなで下ろしています。お疲れ様。そして、おめでとう、全快。今後はおたがいに、無理せず、といいきかせながら、・・・ね。ちょっと、上京してきます。気をつけて行ってきます。それまで、ごきげんよう。
Commented by ayame4011 at 2014-05-31 16:42
まあまあ、本当に大変だったんですね。
まるでドラマを見るように場面が目に浮かんで・・・。
治って良かったです。
私もよく転ぶので気をつけなきゃ~。

今は携帯、無くては生きて行けません。
お風呂に入る時以外はずっと身に付けてますよ。
Commented by yokkosan3 at 2014-05-31 22:30
身につまされてドキドキしながら一気に読ませていただきました。
本当に良かった~ 
大変なことが起こったのですね。
もしわたしだったら・・・と考えると
私携帯電話は身に着けていないから・・・・どうなっていたかしら。
でも沢山のお仲間がいらっして幸せですね。
人生いろいろありますね。
山あり谷ありです。
Commented by agsmatters05 at 2014-06-01 02:24
あんれまあ、marri さん、
ひええええ、びっくり、どっきり、した。
うーん、大変でしたねえ。

もう、marri さんったら!・・・ようやくこれだけ書けるまでに落ち着かれたのですね。ブログどころの話じゃなかったのがよおくわかります。あああ、marri さああああん。何も知らずに、ごめんなさいね。(ぺこりX5)。そしてよくぞここまで御快復なされましたね。まだまだもう少し全快祝いパーティーを続けてもよさそうですね。座布団X10枚!!
Commented by agsmatters05 at 2014-06-01 02:26
http://item.rakuten.co.jp/shirayuki/f-z-f-omk12/ 座布団の写真を探してみました。心をこめて。 
Commented by mebaru-papa at 2014-06-01 07:59
おはようございます
そうでしたか・・階段から

健康が一番ですね
これからは確実に一歩一歩
ですね・・・・・!(^^)!
Commented by marri at 2014-06-01 13:37 x
hirokoちゃん
大げさな表現になったかも^^;; ごめんなさい。
これくらいで済んだこと・・・信じられません。後からあとからぞっとしています。
以来、階段が怖くなった私です。気を付けています。
東京ですか!お気をつけて!
Commented by marri at 2014-06-01 13:42 x
ayameさん
携帯携行!いくらいわれても~@@;;
ポケットのある服、考えています。でも・・・忘れがち^^;;
たった一歩のことが・・・。以来4か月、今も不自由な右手です。
幸い、良い医師との出会いが有って、幸いな私です。
その後、トイレ、階段の手すり、ユニットのお風呂にリフォーム
毎日忙しくなりました。いまは、落ち着いています~♪
Commented by marri at 2014-06-01 13:46 x
yokkosanさん
右手がじゆうってこと、当たり前だったことに反省。
身体のどの部分が使えなくなっても、不自由だってこと思い知らされました。
入院生活は、日頃のわがままな一人暮らしを思い知らされるきっかけに。
細心の注意を払って歩くようになりました。外出も減りました。
以前の私とは、がらりと変わって、控えめになったような^^;;
Commented by hsrolay理恵 at 2014-06-01 14:20 x
こんにちわ
私もドジだから気をつけたいです。
事故は怖いからです。

先月は仕事場の悩みで精神が不安定でした。今でも少しは続いています。気をつけたいです。
Commented by marri at 2014-06-01 15:25 x
ミチさん
そんな不自由ってことでもなかったです。
キチンとプレートの取り出しさえすんだら・・・と思っていましたが。
最初の掲載が早かったです。家の中がガタガタした上、客人を二組(わけあり老人・息子の帰省)などなど^^;;
いま、やっと落ち着きました。ごめんなさいね。
もっとひどいことになっていたらと、今になってぞっとしています。
Commented by marri at 2014-06-01 15:51 x
ミチさん
私、座布団に座れません。正座が出来ないのです^^;;
お通夜に行って和室に招かれると、膝経てます。だから
人の少ないうちに弔問に行きます。情けない老人です。
Commented by marri at 2014-06-01 15:57 x
mebaru-papaさん
白い薔薇の花、頂いてます。
私も撮りに行きましたが、気に入ったバラに撮れなかったです。
Commented by marri at 2014-06-01 16:06 x
hslrolue理恵さん
人間、いつ、いかなる時にくるやら^^;;
経った一瞬のことで5か月たった今も、何かと不自由しています。
それに、高齢者は」回復が遅く、余病を引き起こします。
貴女は若いですから、信じられないでしょうけど、私の歳になったら理解できると思います。健康には十分に気を付けてくださいね。
Commented by 山小屋 at 2014-06-01 18:14 x
不幸中の幸いです。
まだ怪我が手でよかったです。
足なら歩けなくなるので、もっと不自由です。

私も思いがけないアクシデントで昨年の5月連休に
足の筋肉を怪我しました。
その月に予定していた「韓国の山」をキャンセルしました。
全治6週間と告げられましたが、約3週間で歩けるようになりました。

携帯はいつも持っています。
但し、山で電波が通じないところでは電源を切っています。

バラの花、きれいです。
marriさんには真っ赤なバラがお似合いのようです。
Commented by 8chantomei at 2014-06-02 19:26
marriさんの事故、こんなだったのですね。大変でしたね。
頭でも打ったら大変でした。
災難はある日突然やってくるんですね。
自分の体力を過信してはいけませんね。
もう半年にもなりますね。まだどうしても、かばってしまうことでしょう。
無理をせず大切にしてください。
ばら、きれいです。うっとりです。
Commented by うさこちゃん at 2014-06-03 14:21 x
こんにちは 去年の暮れからお正月にかけて
いつもなら海外に行かれているmarriさんが、
様子がおかしいと思っていました。
その時の様子がいま初めてわかりました。
元気になられてよかったです。
Commented by marri at 2014-06-04 08:01 x
山小屋さん
ありがとうございます。
けが自体は、日にちさえ過ぎれば元通りになるような
そんななか、無謀にも当たり前に開店しました。手伝う人がいて
座って、お喋りするだけの営業振りでした。ところが
何気に話していた改装が、あそこもここもと実現化して
そんななか、来なくてもいいのにわけあり老人とセガレの宿泊客あり^^;;
アッと気が付けば4か月。ご心配をかけました。コメントありがとう!
Commented by marri at 2014-06-04 08:11 x
8chantomeiさん
ご心配をおかけしました。ブログ、休んでいると癖になりますね。

年末30日に抜糸してすぐ退院しました。その日に↓ ブログ休載の記事を入れました。
そのあと、プレートを取り出す手術が4月に在りました。それと
家のリフォーム、泊り客二組・・・・慣れぬことの連続
一番は、萎えた心のやり場のなさ^^;; 悔しさ不安。
あぁ~~~、私って弱虫です。ブログから逃げていました^^;;
また、頑張りますね。ありがとう。
Commented by marri at 2014-06-04 08:16 x
うさこちゃん
やさしいお言葉嬉しいです。ありがとう!
一度入れた金具をまた、取り出す。同じ傷口を開けて…取り出す^^;;
毎日右手を見てるとぞっとする思いでいっぱいです。また切るなんて。
先生も経験者も「痛くないよ」って言ってくれますが。
それで、取り出すまで何かとお休みしてしまいました。ごめんね。また仲良くしてね!
Commented by akera at 2014-06-05 20:30 x
バラの花がmarriさんの復活を喜んでいるのかな。
少しずつお出かけしているのですね。
心温かなお友達が傍においでで本当に良かったですね。
ただ無理をせず日々をお過ごしください。
Commented by marri at 2014-06-06 13:43 x
akeraさん
息子家族とは離れている分、お友達とは濃いお付き合いが続いていると思います。
貴女の文章からもいつも同じような雰囲気が伝わってきているように感じている私です~♪