タダじゃぁ、起きねぇ~!

私は傍観者~♪♪♪

「近江商人の歩いた後には、草一本生えねぇよ」
大阪商人が、そういって、近江商人の土性骨を、怖さ半分、尊敬半分で言うとった・・・と。

備前の国、倉敷(児島地区)に生まれ育った私は、母からしょっちゅうこの様に聞かされてきた。

「その近江商人を泣かすのが「児島の商売人よ」と、母は話を締めくくった!

江戸時代、金毘羅・瑜伽神社(児島) 「両参り」で、児島の真田紐が栄え、戦後は学生服の街
ユニフォームはあっという間に「ジーンズ」に切り替わるという時代の先ゆく商人の町が児島でした。


b0289649_14274635.jpg



日本には3機しかないという「豊田織機設置」の紡績工場は朝から晩まで、夜通し機械の音を響かせ
紡織機は止まることなく、6時ー2時 2時-10時 10時ー6時と一日中、三交代制で働いていました。

さらに・・・
学生服は全国生産量7割だったと聞いています。とにかく女性の仕事が一杯あって逞しかった^^♪
母も小さなミシン工場をもっていて、何人かの縫いこさんもいて、賑やかな子供時代を送りました。

全国から働きに来た女子工員さんで、町は活気であふれていた。
トラックの荷台一杯の女性に対し、男性一人、男の人は仕事も少なく、良く持てたそうです。
隣町の玉野市は日比製錬所、玉野造船所、製鉄所など・・・・・・と。男性の街なんですが^^;;
器量よしからバンバン売れていき、ブスの私は売れ口が少なく、嫁ぐまで「ヒヤヒヤ」されたもんです。

貰い手の無い私は、国を離れて他国へ嫁ぎましたとさ^^;;


                     
                     ★★★~~~★★★~~~ ★★★



連休前は、足の踏み場もなかった、小さな小さな花壇に「隙間」が生まれた!倅のお手柄!
「あそこへ、何か植えてもいいかい?」
そこへ、狙いを付けたのがAとBのふたり、一人は働いてないので実力行使。早速に作業(?)開始

その1
ひまわりを植えた。種をまいた。かれこれひと月近くになるかな!
固い土を掘り起こし、近くの枝を切り落とし、水をやった上からおそっておく。
みごと! 立派! まいた種からこのようにスックと立っているではないか!可愛らしいな~♪

b0289649_152397.jpg


その2
菊の花の接ぎ木
数年前、ほかの所へ2か所植えてくれた、毎秋お墓参りに手折って持っていくことが出来るようになった。
この日ばかりは、嬉しくって得意になって、鼻の穴が膨らむ♪♪♪

b0289649_15172589.jpg


「ど・どこだって、いいのかい?」 ド素人の私は、無事についていることが不思議!
2m以上もありそうな、大きな金木犀の樹の下に3月ごろ、ずらずらと挿し木してくれたけど。
あな、恐ろしきかな、どの木も、枯れることなく全部付いているようだ!

b0289649_1526365.jpg


この調子だと、今秋のお墓参り、もっともっと楽しくなりそうです(笑)
毎日口は出るけど、水も、手入れもしない私。Aちゃんんは楽しそうです!


その3
「緑のカーテン」っていうの?
今夏は、いっちょ前にそれらしきものが出来そうなんだ!

お風呂の窓の下にAさんが植えてくれたのは・・・コレッ!

b0289649_19205847.jpg


「ホントは、アサガオが欲しかったんだ!」
てなこと言って、叱られそうなんだけど、ゴーヤを3本植えました。付きました。着きました。
「うれしいな~♪ 嬉しいな~♪」

毎朝、晩、ようもないのに見に行きます。夕方「水当番」のAさんが溝を作ってしっかり水をやってます。

b0289649_19245013.jpg


花つくりも、水やりも、挿し木も・・・・お花の名前さえ知らないアタシが
最近、庭に、しょっちゅう立ちます^^♪ しっかりお喋りします。みんなすごいよ!枯れないよ!
いっぱしの「庭師」のように、成長ぶりを語っている最近のアタシなんです!

b0289649_19271347.jpg


Aさんの毎日の様子、こっそり追跡して、報告しますね。
こんなに楽しい趣味が在ったんですね。でもでも、アタシは見る人!「傍観者」
[PR]

by kazumi1171713 | 2014-05-25 19:34 | Comments(24)

Commented by miyakeoriibu at 2014-05-25 21:36
こんばんは!
この頃、味野に住んでいました。
街は女工さんでにぎやかでしたね。
敷島紡績 知っていますよ。
優しい方々が次々寄ってくる・marriさんのお人柄です。
カソワバアジサイ もうきれいに咲いていますね。
今日もしんみりと読ませていただきました。
Commented by konatum at 2014-05-25 22:24
今年の夏は、ゴーヤ屋さんができそうだな(⌒▽⌒)

みーんなが、お世話してくれる、幸せ者だね、嬉しいね??
Commented by agsmatters05 at 2014-05-26 02:51
Marriさん、記事3回分じゃん。(笑)
しっかりと読ませてもらいましたよ。
お母さん、セガレさん、Aさん、みんなMarriさんと守り、守られの仲でしょう。
ひまわり、菊、ゴーヤ、また写真を楽しみにしていまーす。
Commented by marri at 2014-05-26 10:13 x
miyakeoriibuさん
半島の先っちょの、小さな町。人口3万人ぐらいだったかな?
活気が在ったなぁ~! みんな働いていたよ!
子供たちも仕事をもっていて、夕ご飯づくり、お風呂番、子守り・・・と。
小学生のころから自分の持ち場で働いていたような気がします。
味野ですか!私の街からは大都会でした。映画館が有って自転車で見に行ってました。成長して2キロと知り、遠いところだったことが重なりませんでしたよ。
このころの話、一緒にしてみたいですね^^♪
Commented by marri at 2014-05-26 10:16 x
小夏さん
Aさんにとって、空いてる土地は・・・おいしさ一入!
毎日楽しそうに頑張ってくれてます。
収穫のゴーヤは、誰の手に?
まてよ! 無事育ってくれるかなぁ~?
Commented by marrri at 2014-05-26 10:19 x
ミチさん
3回分ですか! ウフフ~♪
永い事休んだら、迷い道から大通りへ、ポンと放り出されたような!なにから、どうやって・・・
ブログ迷子になりました。こんなところから入って行ってみます^^♪
私って、ホント、みんなにめぐまれていますヨ!ありがたいです。
Commented by akera_s at 2014-05-26 11:35
ひまわりもゴーヤも菊も元気に育っていて嬉しいですね。
皆さんの愛情たっぷりなお庭を眺めてmarriさんご機嫌と
言う所ですね。
Commented by ayame4011 at 2014-05-26 17:41
こんにちは~。
今年の夏は楽しみですね。
ヒマワリが咲いてるところを今から想像しています。
他にもいろいろ~。
ゴーヤもいっぱい食べられそう^^

Commented by mebaru-papa at 2014-05-26 20:31
こんばんわ・・・!(^^)!
ひまわり・ゴーヤどう育つか
楽しみはまだまだ有りますね・・・!(^^)!
Commented by usatyu4 at 2014-05-26 22:41
こんばんは 街ぷらで児島へ行くとボランティアガイドさんが
必ず児島が紡績で栄えたころの話を聞かせてくれます。
私も、まだ下津井電鉄が走っていたころ、茶屋町から乗り換えて
こじまえいったことがあります。懐かしいです。いま瀬戸大橋線が出来て児島もすっかり変わりましたね。
またAさんのお話を楽しみにしています。
Commented by LEE at 2014-05-27 09:31 x
AさんBさんの手を借りて、鑑賞だけのmarrri さん!
なんと良い御身分ですこと!(笑)
でもそのうち、育てていることが楽しくなってくるかもですよ。
Commented by marri at 2014-05-27 09:38 x
akeraさん
昨日の雨が嬉しい私です。今までの私とは・・・?
今朝も、お話ししてきたところです。大きくなったね!
ゴーヤは、何かにすがろうと、先っちょが私を睨んだような!
Commented by marri at 2014-05-27 09:40 x
ayameさん
私より外野(悪友たち)がうるさいんです^^;;
私の代わりにのぞきに行ったりするんです。
でも、まぁ、なんて可愛いんでしょう!成長を見守るってこと!
はい、タダ見ているだけの私なんです。
Commented by marri at 2014-05-27 09:43 x
mabaru-papaさん
育てる・・・ってこと、苦手な私なんです。
毎日の、お花の水の入れ替えさえも忘れがち。
皆さんに護られている毎日です。タイヘンな性格です^^;;
Commented by marri at 2014-05-27 09:45 x
うさこさん
わずか60キロほど離れた所に住んでいます。
月に2回のお墓参りしか行くことのないふる里児島は、私の中では
家族との思い出の混ざった、誇りの我が町のようです。
この先も、自慢に語れるようでありたいと思います。
Commented by marri at 2014-05-27 09:56 x
LEEさん
面白いでしょ。ただ見てるだけなんです。
壺の花も、鉢植えの小花も、高価な蘭の花も・・・・私って
「枯らし屋さん」って言われてます。苦手なんです。できないんです。
からからに乾ききった土地へ、我が家から砂と肥料を持ってきて、毎日水をやり
Aさんって、家から11キロも北の人なんです。すごいでしょ!
Commented by まが~ at 2014-05-27 18:36 x
休みに息子さんが帰省して下さって親子充実した時間を過されたようで本当によかったですね。その時だけ昔に戻れますよね。
私も時々戻れないぬ息子と過した昔を思いだして寂しくなる時があります。きっと自分自身がとしをとったからでしょうか?
いろいろ植物を植えて成長が楽しみですね。秋にはお母さまのお墓に持っていくお花がきっときれいにさくことでしょう。そしてきっとお母さまがお喜びになられることでしょう。咲いたら報告して下さいね。


Commented by marri at 2014-05-27 19:35 x
まが~さん
充実の河口湖一泊旅行、読ませていただきました。
亡きお母様が結ばれた「絆」をおもいました。良かったですね!

今日、ゴーヤに緑の棒・支柱がたてられました。嬉しくって!
外野でワイワイ言ってる私の姿、見えませんか!
そうなんよ!黄色い菊の花、いっぱい咲いてほしいな!母はきっと信じてくれません。あの・・・私が育てた花なんて^^;;
Commented by ひーちゃん at 2014-05-28 21:36 x
息子さんがつくってくれた スペースに
今度はお友達がみなさんで
ひまわり 菊 ゴーヤ 植えたり挿したりしてくれたのですね
やっぱりmarriさんは幸せ者です
いいひとにかこまれていますね
おひさまに向かって 大きなヒマワリ
木陰もつくってくれるビタミンいっぱいのゴーヤ
お墓参りに 両手いっぱいの菊
私も楽しみにしていますよ。
Commented by 山小屋 at 2014-05-29 06:59 x
そうでしたか?
児島は学生服生産の街でしたか?
私も学生時代(小・中・高)は学生服でした。
夏になると帽子に白い布を被せていました。
小学生はランドセルでしたが、中学生になると白い
布製のカバンを肩から斜めにかけて通学していました。
確か、学ランは大学生になってからも着ていたように
思います。
カバンを持たず、教科書やノートを数冊そのまま小脇
に抱えて通学するのが流行でした。

ひまわりは夏の花です。
きっときれいな花を咲かせてくれることと思います。
Commented by nao♪ at 2014-05-30 08:19 x
昔、父が水島コンビナートの工場に2年いましたから、倉敷の借り上げ社宅に何度か幼い息子を抱いて里帰りしました。
その時に学生服で有名な児島の町の話を聞いた覚えがありますよ。

連休中に4泊5日で来てくれた息子さんが草刈りをしてくれたところに、ご友人がひまわりの種をまいてくれたのね。
骨折をしたのは大変でしたでしょうが、息子さん始めたくさんの人々の善意に支えられ生きていることを知る機会となりましたね。
ゴーヤもひまわりも菊も支えあいの産物で・・・
夏が楽しみ!楽しみ!

Commented by marri at 2014-05-30 15:21 x
ひーちゃん
お花の好きな人って、空いてる土地があったらどこにでも
無かったらプランタンにでも、植えて育てたいのね~♪
私は、片っ端から枯らしていく人なんです。見るだけなんです^^;;
皆の愛情篭った花々が、今年は咲くことでしょう!
私はグリーンカーテンが楽しみです!
Commented by marri at 2014-05-30 16:17 x
山小屋さん
学生服がブレザーに代わって久しいです!
初心者は部分縫いに始まって、ズボンを縫い始め、上着が縫える頃はベテランさん。
覚えるとミシンを買って、我が家で縫うことが出来ます。家事の傍ら
子育てしながら働けるので、児島の街はいつも賑わいが在りました。それもこれも
懐かしい話です。今頃はジーンズでにぎわっています。
こんな話をしているのは私達ばかりでしょうか!
Commented by marri at 2014-05-30 17:50 x
nao♪さん
嬉しいコメントありがとうございます。
息子がしてくれたことって…些細なことなんです。それでも、なんと嬉しいことでしょう。階段を上がりながら
このスベラーゼ張ってくれたのよ、とか、庭の煉瓦の仕切りが嬉しくて。
この年になるまで、こうしてみると、なんてまぁ~、親子の交流の少ない事でしたか!
この先、何度もとは願うべくもなく。楽しい休暇規制になりました。
この夏は楽しめそうです^^♪