背を頼みに

たからもの


私のカメラは働き者です!
旅に出て、一日に撮る枚数は・・・おっと、お恥ずかしくて明かせないなぁ~^^;;
100枚以上なんてざらなんですよ。なんて^^;;お喋りさんね(笑)

撮り放題で帰ってきます。そこから・・・とっても忙しくなります。
見るのは好きです!でも、整理が下手なんです。これで、前に進めなくなっちゃう!

でも、なんといっても最近のカメラは性能が良いです!
動く車内からでも、歩きながらでも、構図も何もありゃぁしない。パシャ・パシャと~♪
こうして、UPすると、「それなりに」なんです!
だから、私の「たからもの」なんです~♪

ブログ掲載ともなると、写真に添える言葉が欲しい!いくら欲しくても出てこない。
いい加減なこと紹介すると(いつもいい加減だけど)駄目なんよね^^;;
そうこうしていると、ひと月なんて、飛んでっちゃう!ブログ掲載って、なかなか・・・ 
とまぁ、前置きが長くなったけど~~~★黄龍のお話し続けましょうね!

「人間瑤池(この世の仙境)」

 「友の背は、遠くて近く、冷たくて温かく」

b0289649_9334073.jpg


3650mの山頂駅から2時間ほどかけて歩いてきたところに、こんなにも美しい池が。
麓駅から歩いてくると、3~4キロあたりになるかなぁ~?

さし当たって、天空の湖って言いたいような!でも、こちらの言葉では「仙境」なんですね。
転ばぬように、下す足に気を付けて、もう、ほとほと嫌になってた歩みも
ここでは、しばしとまってしまった。思わず片膝ついて、座っていました。視線を落としてパチリ!
立ち上がるときになって、あぁ~、しまった!痛てて・・・と!

こちらの若人さんたちは感情表現が、はっきりしてますね。人前なんて気にしません。
大胆なポーズで写真に収めているのですが、この池でも、水の中に平気で入っていましたよ!

b0289649_9265178.jpg


黄龍のこの日の歩みをのせますね!

左側のロープウェイで7分間の空の散歩、桟道を横切って分かれ道で私は右の下り坂
友達は左折して更に上の「五彩池」へ。歩みの遅い私は友達より40分は短縮できるのです(泣)
ここまで来て「五彩池」に行かれないことは辛いけど、軽い高山病の症状もあるし^^;;

b0289649_9282952.jpg


五彩池に背を向け黄龍古寺あたりの紅葉の木木を撮る。
時折、陽が陰るが、とてもよいお天気にめぐまれていますね^^♪

全部、下り坂。桟道は階段状になってます^^;; どのあたりまで降りるのかしら?見えないなぁ~?

b0289649_9292074.jpg


どうして黄龍なのか・・・・わかりました

足もとの池の模様は、まるで鱗のようなのです。下から見上げると、それは
大きな龍が谷の奥の山へ駈け上っているようにみえるのでしょう!そういうことだったんだわ!

知らないってことは^^;;
しかも、元気な人じゃないと、ロープウェイで登ってきても、自分の足でしか降りられないんだわ!

ここまで来て、事の重大さを思いました。中国ってところは・・・なんて、勝手にブツブツ^^;;

b0289649_1585478.jpg


先を歩く人を撮りました。みんな、早いんよ。
お喋りしながら、楽しそうに歩いていきます。背中越しの声があっという間に追い抜いて行くのです^^;;

中国の人々は軽装で、高い靴やらツッカケの人もいます。健脚っていいなぁ!

b0289649_1592247.jpg


私は「杖」を2段先(下)につき、、イチ・二・サン、イチ・ニ・サンと数えながら進みます^^;;
そのうち、後ろから、唱和する声が聞こえてきました。アレッ?

「私、五彩池上るの止めて、こちらへ来たのよ」
振り返ると、Nちゃんが私の後を付いて歩いていました。嬉しぃ~ぃ^^♪
言葉の通じない所、危ない階段を・・・一人で歩いていたのがどこかで心細かったのよ!

b0289649_9295556.jpg


その時から、二人は一緒に歩きました。友の背中を頼りに歩いた私です。

Nちゃんは、左手には「簡易酸素ボンベ」を握りしめています。立ち止まって
シュッ、シュッと口の中に吹き込みます。私も真似をして、シュッ・シュッ!

気が付けば、中国の人々が私たちを囲んでみています。中には写真を撮る人も^^♪
私達はその日の朝、一人一本ずつ手渡されていた酸素ボンベ、みんなには珍しいものだったのね。

「私ね、高山病が酷いようなのよ。無理をしないように思って、登るの止めて降りてきたんよ」
ホントかな…って思った。私のこと気づかってそういってるのかなって。でも、なんでもいいや!

b0289649_9343427.jpg

                           蓮台池

こうして、一緒に歩けることが気丈夫だった。でも
羊を追う犬のようにイチニ、イチニとNちゃんの声は、急に忙しく聞こえてくるような。さらに、
「ここは、奇麗よ!撮って!」「こちらも綺麗!」とやたら撮ることを進めるのよ。素敵な景色なんです。

彼女カメラを持ってない。もう一人の友に貸してあげたという事でした。
集合時間も有るので、時間調整をひそかにしているらしいナ・・・と思い従った。

b0289649_9362898.jpg

                         金沙舗池(入口より1338m)

気が付けば、平地で、広場になったところに立っていた。 あぁ、入口に近いのかなぁ~と微かに思った。
(降りてくる私達には出口だけど、麓駅は入口になるのね)

14人ツアーで、登らない人が一人いた。最近手術をしたとか言ってたが。
この景色、見せてあげたかったなぁ~!それはすごい景色だったよ!

b0289649_9372080.jpg

                          飛爆流輝(入口より857m)

気を使いながらの下山になったけど、一人だったらもっと遅くなっていたように思う!
Nちゃんは、私の事、誰よりもよく知ってくれているので、言いたいことを言って甘えられる。
これまでも、一緒に旅に出ることは多い。決して自分本位な行動はしない。

それに引き替え、一人暮らしのわがまま人生、自分本位の勝手な私
一人だと、この時間に降りることが出来たかどうか?危うい!まず無理かと^^;;

b0289649_9382783.jpg

                            洗身洞

更に少し、上がったり下りたりは有ったけど。無事
ロープウェイ乗り場にたどり着いた。ここから集合場所まではさらに500m位。その距離が
今の私には、地獄の三丁目、いや心臓破りの丘(坂道じゃないけど)に思えた。もうボロボロ^^;;

でも、こんな性格の自分自身が嫌だった!しかし
良く頑張ったなぁ~って、心で褒めてやった。まだ、頑張れそうだって自信も湧いてきたよ!

b0289649_9375524.jpg


言葉にならない美しい棚田。3000以上も池が連なっているこの世の仙境!

あぁ、私は行ったのです!見たのです!歩いたのです!きつかったけど忘れられない旅になりました!

危うい足取りの私を、見守り、引っ張り、先導してくださったお友達、ツアーのなかまの皆さんに
感謝します。そして心からお礼申し上げます。

                          ★★★ ★★★ ★★★


★ 4200mに立つ

 旅の4日目、九寨溝から黄龍へ向う途中4000mを超える峠に立ちました!
 朝、10時過ぎだった!
 昨夜降った雪の中、峠は霧の海の中に在った!

b0289649_1344773.jpg


晴れていたら、雪宝頂(5558m)を見ることが出来ると聞いていました。

霧の中、何一つ見ることはできなく、しかも寒かったよ。
でも、その山も黄龍の展望台から見ることが出来て幸せな私でした~♪

b0289649_13443764.jpg


 「雪山梁子」と書いてあります。4200mの峠の事です!

 私の人生でこんなに高いところへ立つことは・・・・今後ないかもしれないですね。

b0289649_13471729.jpg


前日、3500mの「川主寺」という部落を通った時、夕陽に赤い山並みを。
走る車内から、撮りました。

車内から、無差別に押すだけで、撮れるものですね!



九寨溝の中を走っているときも、バスで移動中も、沢山のハラハラ揺れる旗を見た!
一枚ずつにお経が書いてあるという、「タロット」とか聞きました。

極彩色の、華やかな・・・・ひらひらです。

b0289649_20303651.jpg


降りて寄らなかったですけど。
レストラン、お土産売り場なんか、結構観光客の人が出入りしてました。
ふと、北海道のアイヌ部落を思い出しました。こうして、少数民族になっていくのね。

b0289649_2031298.jpg


蔵族の遊牧民族の織物、スカーフを記念に買いました。
この頃、寒い日、襟元に巻きます。あったかいです!

あの、高い山岳地帯に暮らすチベットの人々の事思い出させる「パシミナ」の織物です!

b0289649_20313290.jpg


酸素ボンベ
 バスの窓際にこうして立ててみました。ガラスクリーナーのように見えませんか?
 ふたにしている部分をひっくり返して、おちょこのように設置します。それから
 スプレーの要領で、シュッ、シュッと押します。

一本で何分持つかしら。結構長い時間使用できます。私はしょっちゅう使ってましたが
下山してもまだ、半分以上残っていました。

b0289649_2033388.jpg


「持っては、帰れません」
というわけで、未使用の人は捨てて帰ったとのことです。私は添乗員さんに返しました。
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-11-17 19:58 | Comments(18)

Commented by agsmatters05 at 2013-11-18 03:23
marri さん、
写真もすごい光景ばっかりだけど、お話もすごい。
大変な旅だったのですね。
痛い足(?)と、驚くような景色が、結び付かないです。よって、よくぞ、よくぞ・・・。「楽」して見てるだけの私です。生きてる間にここへ行くことが、はたしてできるのかなあ、っていう思いがちらつきました。むりっぽいのですよ、わたしなどは。
Commented by ひーちゃん at 2013-11-18 08:30 x
marriさんのカメラ すばらしい相棒ですね
ほんと 宝物ですね
きっと私など見ることもないようなすばらしい景色
何度も↑↓して 見いせていただきました
痛い足をいたわりながら(いや むちうちながら)
いいいいお友達をお持ちですね
Commented by ayame4011 at 2013-11-18 10:52
「あぁ、私は行ったのです!見たのです!歩いたのです!」
これにmarri さんの思いが全部伝わりましたよ。
立派です。
富士山よりも高い高いところ、よく頑張りました!
カメラは本当に宝物ですよね。
思い出いっぱいこうして残せるんですから♪
素晴らしい写真ですよ。
Commented by tenpousen6 at 2013-11-18 17:44
すごい景色を見せていただきありがとうございました、苦労をして撮ってきてくれたおかげで見ることが出来ました。
Commented by marri at 2013-11-18 20:50 x
ミチさん
中国って国は凄いわ!デッカイわ!
未だ行きたいところいっぱいあります。近い隣国なので
何回かに分けていきたいと思っています。動ける間に!
段々[年々)体力的に難しいものが有ります。行ったが勝ってとこ!
これからは、一人参加は難しくなるかも。介護のいるような私です^^;;
Commented by marri at 2013-11-18 20:53 x
ひーちゃん
今回は3人の友達と一緒でした。いつも、どこでも
温かい見守る目と手と言葉に幸せでした。そしてそれが必要となっている
自分の弱った体を思い知らせれたものです。友って有りがたいね!
この先、これまでのような一人参加は減っていくことでしょうね^^;;
Commented by hsrolay理恵 at 2013-11-18 22:36 x
んばんわ
写真も文章もすばらしいと思います。
謙遜しないでください。
私なんて国内だってまともにいけないです。
ここで旅気分を楽しませてもらいました。
感謝です。本当に旅しているようです。
Commented by 山小屋 at 2013-11-19 07:38 x
黄龍はロープウェーを使ったのですか?
私は入口から花を見ながら一番上のお寺まで
登りました。
一緒に行った仲間には途中で降りた人もいました。
やはり無理しない方がいいですね。
具合が悪くてホテルで休んでいた人がいて、その人
のカメラを預かり、同じような写真を撮ってあげました。
よい土産ができたと喜んでくれました。
高山病は酸素不足で起きる現象です。
低いところに降りれば自然に治ります。

4200mの峠でバスから降りて高山植物の写真を
撮りました。
ほとんどの人はバスの中で待機していました。
素晴らしい天気でよかったと思います。
Commented by marri at 2013-11-19 22:40 x
ayameさん
ありがとう!すんごく私の気持ちわかってくださって嬉しいです。
どちらかというとオーバーにとられるかもしれない私の表現
剣山の上ったのも、戸隠も、伊吹山も、全てはこの九寨溝を目的としていたのです。お蔭で少しずつ自信が付きました。
この頃、坂道、石段をほんの少し歩いても痛む足を抱え、あの中国旅行が嘘のようで信じられない私なんです。読んでくださってありがとうね!
Commented by marri at 2013-11-19 22:43 x
tenpousenさん
コメントありがとうございます。
今日は休みでした。一日紅葉を楽しんできました。ヤッパリ日本の秋は良いですね。
赤や黄色の葉っぱを見ながらしみじみそう思った私です。
Commented by marri at 2013-11-19 22:47 x
hsrolai理恵さん
今日は休みでした。去りゆく秋を楽しんできました。
高速道のエリアによったら、菊花展が開かれていました。貴女のブログ思い出しました。驚きのタイミング!
長い旅はもう、いかれないかもしれない?でも、中国の世界遺産はたくさん!
だから、これからも時間を作っていきたいと思っています。
遊ぶために働いているのよ!まだまだ、働きますよ^^♪
Commented by marri at 2013-11-19 22:54 x
山小屋さん
行かれてたんですね。上り下り、全体で4時間ぐらいかかりましたか!
写真を撮りながら、友だちの分まで・・貴方らしいです。
4000mの峠はザンネン。あそこに立って高い山々が見られたら最高だったでしょうね。寒かったし何も見えなかったよ!
徐々に高い山に向かっていった(一日がかり)ので、高山病にはなりにくく
帰りも途中のホテルに(1500mー上高地位)一泊して、身体ならし。
お蔭で帰ってからも体調の不良もなく元気いっぱいです。また、次の計画を立てている名間たちなんです^^♪」
Commented at 2013-11-21 22:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mebaru-papa at 2013-11-23 08:49
おはようございます
本当に素晴らしい行動力です
遊ぶために働く・・・
人生り楽しみ方ですね・・・・!(^^)!
Commented by akera at 2013-11-23 10:09 x
御無沙汰しておりました。
やっと落着いてパソコンの前に座ることが出来ました。
素晴らしい旅をされてそしてまた旅に出る計画
いい仲間がいて最高ですね。
Commented by marri at 2013-11-25 17:16 x
鍵コメさん
心配してました。お互い
健康には、十二分に気を付けましょうね。ご連絡ありがとうございました。
Commented by marri at 2013-11-25 17:52 x
mebaru-papaさん
年末年始、ここ20年くらい家にいたことありません。
正月から旅行三昧の私って、遊ぶための人生のようだと^^;;
元気な間にしっかり、見ておきたいです。
Commented by marri at 2013-11-25 18:02 x
akeraさん
お返事遅くなりました。
なかなか、この前に座るってこと、難しいですよね。
こうして、頑張って、交信できるようにしますね。コメントありがとう^^♪