yamanbaの挑戦・3

前へ一歩、また一歩!

♪~必ず、着くからね~♪

この日一番のリフト客になりました。リュックは前にだっこです。「
1420mの「見ノ越」駅から山頂の「西島駅・1750m」まで15分です!歩けば50分とか!

b0289649_2105643.jpg


流石に降りてくる人はいない時間でした。
飛び降りられそうなところもあって。怖くはなかったです。ネットが張られていました。
足もとには、名も知らぬ花々が咲いていました。

b0289649_2153790.jpg


本当に来たんだ!こんなに高いところまで!
去年行った、伊吹山も、私でも登れたんだ!もしかしたら頂上まで登れるかも!いや、登ろう!

本当は、西島駅まででも・・・良かったんだけどなぁ~!あれこれと、思いを巡らせ・・・

b0289649_2111264.jpg


名も知らぬ花々の歓迎を受けると、もっともっと知りたい、見たいと心がはやる!

リフトを待つとき京都・丹後半島から来たおじさんが言うとった!

b0289649_21234423.jpg


日本中の山を歩いてきたが、足を痛めて以来、もう高い山は登れんと思うていたよ。
この山はスニーカーで登れるし、子供と一緒でも登れるらしいって^^♪
「今日は嬉しゅうて、うれしゅうて」と!

b0289649_2128489.jpg


リフトを降りた所で二人ずれのおばさんが脇をすり抜けていきました。この人たちの後を行こうっと^^♪
後から思うに、どうやら私の選んだのは「尾根道コース980m」だったようでした(地図を見てね)

讃岐弁が、楽しい二人連れの話声は近くで聞こえていたのに。あっという間に聞こえなくなり
ヒーハー、スーハーと吐く息も荒くヨタヨタ歩きの私は、一人ぼっちで歩いていました。

b0289649_21371611.jpg


刀掛け松という広場に出ました。ここまでもかなり急斜面の石段だったんです。
見上げると、まだまだ石段は続いています。涼しい風が通り抜けていきます。気持ち良い!

その時、「ケキョ・ケキョ・よぉ~来た!ケキョ!」という声がしました。上を見上げるとウグイス君
ジッと目を凝らすと枝から枝へと!そして見つけました!

b0289649_21443834.jpg


アチコチで歓迎の挨拶をしてくれます。そこで休むことにしました。

b0289649_21453683.jpg


綺麗な羽の蝶々や

b0289649_2146585.jpg


トンボが沢山寄ってきます。撮るのは苦手ですね^^;;

b0289649_21472327.jpg


なんだか、ここに座っているだけど、沢山の力を頂いたような気がしました。ヨッコラしょっと!
(一人歩きだから、こんなのんびり好き放題の歩きが出来るのね^^;;)

b0289649_21464132.jpg


また、歩き始めました。ゆっくりゆっくり歩いていきました。

「前へ一歩、一歩ずつ出せば良いんだよ。ゆっくりでいいから。一歩ずつ!必ず着くから」
追い抜きながら男性の方が肩越しに声をかけてくれました。

声に驚きました。危うい足取りの私が気になったのね。
次の瞬間、心の中で何かが弾ける様な思いがしました。活力が全身にみなぎりました!

b0289649_2211966.jpg


一緒にお喋りしながら歩ける健脚は無い^^;; あっという間に背中[彼)が原生林の中に消えた^^;;
頂上まで行かれるわ!一歩前へ…なんだよ!お日さまの下で、風に押されながら歩きました。

b0289649_22151100.jpg


でも、ヤッパリ、この風景はゴチソーだったわ!

b0289649_881957.jpg


頂上はこんな景色!

b0289649_22131042.jpg


剣山の頂上は「平家の馬場」という、緑の草原でした!
お話、一気に進めていくつもりだったのに。なかなか、進みません。ごめんなさい。欲張り過ぎて!

この週末は旅行なんです!帰ってきて、続けます。いよいよ山頂からの風景です。   つづく



山頂のヒュッテからリフ・ト西島駅を撮ってみました。
真ん中の白い部分、丸い穴が駅なんですよ。あそこから1時間以上掛けて登ってきたのね。

b0289649_22242511.jpg


「強力さん」かと思いましたが。彼らは
中腹にある「大剱神社」の人たちでした。明日の祭りのお準備で運んでいるとのこと。
重そう。凄いなぁ~!晴れてて良かったなぁ~♪ ガンバレ^^♪

b0289649_22244873.jpg


山頂のヒュッテです。
ここを目指して登ってきました。でも・・・頂上まではあと250mなんです!
ここに泊まって、星空を仰ぎ、明朝のご来光と雲海をみてみたいなぁ~!。いつかは、きっと!!!

b0289649_22252962.jpg


チョウチョさん!
あなたも、山の住人だったわね!どこのお国から来たの?剣山っていいところよね!

b0289649_22255573.jpg


ひとり歩きでも、おしゃべりyamanbaさんは、不自由しないのよ~♪
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-07-25 08:22 | Comments(24)

Commented by agsmatters05 at 2013-07-25 09:49
marriさん、すごい。本当に度胸と、勇気と、やる気と、行動力がすごい。すごすぎる。いい天気でよかったですね。やっぱり頂上の写真はご褒美みたい青空が最高!
Commented by ayame4011 at 2013-07-25 14:01
あらためて凄い!って感動しながら読ませて頂きました。
何だか目頭が熱くなってきて・・・・。
頂上の青空、まさしく最高のご褒美ですよ!!
お花や蝶々さんも歓迎してくれましたね。
Commented by akera_s at 2013-07-25 14:07
澄み切った青空と心地よい風、爽やかな空気に包まれながら
頂上に到達。
感動して涙がこぼれてしまうほどの草原の素晴らしい景色を
一緒に見せて頂き感謝です。
Commented by miyakeoriibu at 2013-07-25 15:38
頑張って登っている姿を想像しています。
よく 頑張りましたね。
澄み切った青空と美しい山並みが迎えてくれました。
それにユリやアザミ、フウロの花、蝶やトンボそれにウグイスまでが
歓迎しているようです。
さて 目的のお花には・・・・・・・。
続きを楽しみにしています。
Commented by marri at 2013-07-25 20:46 x
ミチさん
やればできるのね。とにかく、行動は素早いです。
行けなくなったところから引き返せばいい・・・と、行け薦めの性格です。
脚は下りで悲鳴を上げました。泣くようでした。でも
また、機会が有れば挑戦したい私です。
Commented by marri at 2013-07-25 20:49 x
ayameさん
帰ろうか・・・とは、思わなかったです。きつかったけど
それは一人だったからです。だから、誰にも声をかけなかったのです。
誰かと一緒だと、待つのも待たれるのもできない性格だから無理。
一人で休んだり、頑張ったりしながら1時間で登れた快挙。今もって不思議な行動でした!信じられない^^;;
Commented by marri at 2013-07-25 20:52 x
akeraさん
頂上で、自分の事写真に残しました。
人に頼んでシャッターを押してもらいました。良い笑顔が残されました。
それを見ながら、今もって1955mの頂上に立った事信じられない私です。ヤッター!
Commented by marri at 2013-07-25 20:55 x
miyakeoriiibuさん
ありがとうございます。自分でも未だ信じられない行動です。
「70歳にして2千メートルの山頂に立つ!」なんて。うふふ^^♪
キレンゲショウマはつぼみでした。
↓ 実際に見て、撮ったキレンゲショウマは2枚目なんです。感動!
Commented by まが~ at 2013-07-25 21:55 x
ずいぶん高い所まで頑張られましたね。山頂から西嶋駅があんなに遠くに見えますものね。それに原生林の道も細くて周りの景色も高さを感じられます。足が本当にいたいのでしょうか?一歩一歩の努力の積み重ねをきれいな景色や、鳥や蝶が歓迎してくれますね。
Commented by ひーちゃん at 2013-07-25 22:50 x
ロープウエイを使えば私にも登れるかな
さすがmarriさん剣山アザミにウラギンヒョウモンの雌
フウロはきっとイヨフウロでしょうね
黄色はキスゲかな?
山頂の空の色が 下界とはちがいますね
足の痛いのも忘れたでしょう
でも下りはきくのよね(/_・、)
marriさんの勇気に乾杯!!(ひーちゃんは完敗かな?)
Commented by marri at 2013-07-26 05:27 x
まが~さん
リフトの待合室では、随分言われたものです。
「写真を撮りたいのと、キレンゲショウマに会いに行くのよ」と濁しました。
実際、心の中では、ここまで来て無理かも・・・と、しょげてはいました。
思いっきり、座り込んで切り替えたから登れたのかも。私の中では大きな財産になりました。行って良かったです。
Commented by marri at 2013-07-26 05:33 x
ひーちゃん
「今度から絶対一人で登ったらいけんよ。一緒に行ったげるから」と
友達にきつく叱られました。心配してくれる友ありき!でも
一人で行動しかできない弱い足腰なんです。歩くのも痛いのよ^^;;
くだりは大変でした。ひとの2倍はかかったでしょうか?泣きたくなりました。
お風呂を探して飛び込みました。あれがよかったかな?
貴女も、絶対登れます。自信をもってお答えします^^♪
Commented by usatyu4 at 2013-07-26 12:34
こんにちは 文章を読んでいて、marriさんは足を痛める前は
山を歩いていたのですね。足を痛めたあとのmarriさんしか
知らなかったから、初めて知りました。無事帰られてよかったです。
Commented by konatum at 2013-07-27 08:58
ゴロゴロ、ダラダラの生活の私、カツを入れられたようの気がしました。
天空の花畑、この目で見たいものです。

Marriさん、スゲーっ!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
Commented by hirokoxhirokox at 2013-07-27 09:35
おはちょうございます。バイタリテイmarriさんに、脱帽です。
おかげで、四国の旅ご一緒させてもらったようなおもいに駆られました。
でも、ここで、同じ年齢だから、いえることば、「無理しないで、元気で、・・・がんばって・・・・(^^)」ね。
Commented at 2013-07-27 14:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marri at 2013-07-28 10:55 x
うさこちゃん
温かいコメントありがとう!
片方だけなら良いんだけど。両足とも激痛が走ります。
そんな足での下山はとってもきつかったです。でも、言葉にならない
充実感で一杯なんです。この足で頑張ろうと思っていますよ。アリガトね^^♪
Commented by marri at 2013-07-28 10:59 x
小夏さん
昨夜遅く帰ってkました。クタクタです。
年々、無理がきかなくなってきているようです^^;;なさけなや!
今秋、ハードな旅行を企画しています。体力を試しています。
この山も、思っていた位なものでしたが、
結果から言うとたいそうな挑戦になったような?でも楽しかったよ。
今回の旅行も山歩きになりました^^;;この夏は大変!
Commented by marri at 2013-07-28 11:03 x
hirokoちゃん
山頂近くまで行き、そこから1時間ほどの歩き。これは
いつかの伊吹山(滋賀)と同じこと。ただ2000mの山は登ったらしい!
今秋の旅行に向けて、トレーニング代わりになったようです。
無理のないよう、日ごろから貴女のように歩いてないと^^;;
Commented by marri at 2013-07-28 11:05 x
鍵コメさん
留守をしてました。早速伺わせていただきました。
感動しています。ひと月ずれていますが?今の時期なんでしょうか!
Commented by nao♪ at 2013-07-29 09:06 x
marriさん、頑張りましたね。
多くのハイカーの皆様に後押しされ、鳥や蝶やトンボ、そしてたくさんの花々が歓迎してくれました。
(私が信州で見たノアザミとツマグロヒョウモン蝶のショット、同じです)
空気も美味しくて、風景も雄大・・・
だから体力低下を痛感しても、山は中々やめられないでいます。

四国の山はまだ登ったことがありませんが、「剣山」はロープウェーを使えば何とか登れそうな気がしました。
ご紹介有難うございます。
頂上からの眺めも楽しいにしていますよ。
Commented at 2013-07-29 13:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by marri at 2013-07-31 08:35 x
nao♪さん
お返事遅くなりました。
当店の秋の旅行、剣山候補に挙がっていました。
この足で行かれるか、歩いてみました。石鎚山の様に険しくもなく、こんな足でも登るっことが出来ました。そのことが分かって良かったです。でも、
団体旅行ともなると、お天気と足回りは一番の問題点。諦めることになるかと。
貴女なら、訳もないトレッキングの山歩きかと!
キレンゲショウマ、今頃咲いている頃でしょうか!いつか、必ず来てくださいね!
Commented by marri at 2013-07-31 08:37 x
鍵コメさん
信州の方へ出かけていました。
疲れが激しいです。なかなか再開できません。ご丁寧にありがとうございました^^♪