まろうど

おとうと

「着いたよ!」
1時間も遅いけど。心配してたんよ?
「強風で電車がストップしてしまって!ねえちゃん!ご飯はキチンと摂らにゃきゃダメだよ」
無口で、おとなしい我が弟、言う事だけはしっかり言うて…切った!

b0289649_20335994.jpg


二つ違いの弟が東京(八王子)から、五泊六日で来ていた。

この水曜日、五時ごろには着く便で帰って行った。
糖尿病で視力が衰え、義妹の付添なくしては、来られないような状態の弟です。

終戦間近の生まれで、小さく生まれ、母乳もなく、姉の私とは似ても似つかぬひ弱な子でした。
近所の小母さんからの貰い乳で育ち、食も細く私より小さな、身長160㎝にも足りない弟です。
私達姉弟の下に、戦後妹が生まれましたが、この子は168㎝もある大きな妹です。
もっとも、弟の嫁(義妹)も、同じくらい、長身ですが。

生れは倉敷・児島です。
両親も兄も亡くなり、実家は在って無いような姉弟です。こうして年に一度の来福なんです。

目の不自由な弟を、昨年末胃癌が襲ったのです。
一年ぶりに会った弟は、さらに痩せてやつれていました。胃が無くなっていました。
食べる楽しみは糖尿病で、すでに奪われていましたが、それを加速するような病に侵されるなんて!

晴れの続いた一日
高速道に乗って、鳥取の境港まで出かけることになりました。
2時間も走らないうちに中国地方の高峰・大山が見えてきました。富士山そっくり!
この時期、雪の怖さで行くこともなく、冬の大山を見たこと有りません。雪を頂く山の美しいこと!

b0289649_20451870.jpg


生れて初めて見る義妹は、とっても喜びました。それなのに
弟には、見えないのです!どこ、どこって妻に聞いてます。ぼんやりかなぁ~!
「とし君と、スキーに来たなぁ」学生時代に幼馴染と滑りに来たそうです。
どこか、声が寂しそうです。あんなに大きな山が見えないのかなあ。

こちらから、上り線のサービスエリア・蒜山三山と大山(左端)を撮りました。
蒜山は、上り車線エリアの方がしっかり録れますが、こちらからの眺めも晴れ渡っていて良かった!

b0289649_2153548.jpg


体調が快くないので、皆生温泉の日帰り風呂でゆっくりすることになりました。
ここの温泉からの眺めは格別でした。
目の前は弓ヶ浜からの日本海、南に大山がニョッキリと^^♪

b0289649_21104495.jpg


レストランから撮りました。

健康であるってこと、頭にこびりついて、ずっと自分の元気に感謝してばっかりのアタシでした。
なんで、母親に似て、こんな病を受け継ぐなんてと、腹が立ったよ。

次の日、八王寺に帰っていきました。
風速30m近くの強風で電車が遅れ、車内で1時間も待たされたなんて!それなのに
私(姉)の不規則な食事を気遣ってくれる優しさ。 ああ、おとうとよ!
これからも、機会を作って、しっかり会いたいなぁ~と思いました。
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-03-15 21:25 | Comments(26)

Commented by agsmatters05 at 2013-03-16 06:31
marri さん、
しんみりと読ませてもらいました。
そして、お山、大山がなんときれいなこと。
空の透明感が目に沁みます。
弟さん、糖尿病から快復されたのは
たしか、マリさんのところへ来られて、奇跡的にお変わりになったんですよね。
血を分けた兄弟は、それだけで心が通いやすいですよね。しょっちゅう会えないからよけい肉親のお交わりが大事な時間でしたね。
弟さんのご健康がどうか守られますように・・・。
Commented by 山小屋 at 2013-03-16 06:53 x
しばらくブログ更新がないと思っていたら、弟さんが
こられていたのですね。
以前、車椅子で八王子まで連れて行ったという記事が
目に浮かびました。
糖尿病を患うと別人のように痩せてしまうそうです。
八王子の駅前には立派なビルも建ったそうです。
私の山仲間も住んでいます。
私のところから電車で1時間以内で行けます。
今度はお孫さん、弟さんを訪ねてmarriさんが上京して
ください。

大山、きれいです。
見る角度によっては富士山のように見えますね。
堺港は魚も美味しいところです。
鳥取大学に知り合いがいて何度か行ったことがあります。
夏の大山や蒜山三山の縦走も楽しかったです。
Commented by konatum at 2013-03-16 08:53
年を取るごとに、やっぱり、兄弟だ!と思うことが多くなりました。
別々に暮らした方の年数が長いのに、不思議と食べ物の好みが似ていたり、考え方が似ていたりと。

弟さんとの貴重な楽しい時間を過ごされて、良かったですねぇ。
これからも、こういう時間をもっと持たれますように、私もここから、弟さんの体に、フレフレと応援させてくださいね。
Commented by mebaru-papa at 2013-03-16 10:00
おはようございます
弟さんとの絆を感じます
いつまでも仲良くしていただけたら
私も弟がいます・・・仲良くしてますよ
Commented by hsrolay理恵 at 2013-03-16 20:47 x
こんばんわ
感動しました、兄弟の絆は固いです。
これからも機会を作りあってください。
お互いにお元気で!!
Commented by miyakeoriibu at 2013-03-16 21:35
以前弟さんのことを書かれていたのを思い出しました。
私の妹も終戦直前に生まれ、子どもの頃から弱弱しく、
今も命こそありますが患い続けています。
marriさんの弟さん思いに感動しました。
義妹さんが優しい方でよかったですね。
Commented by 8chantomei at 2013-03-16 23:19
やさしいお姉さんに弟さん。
そして、奥さんもよい方なのですね。
しっかり、弟さんを支えておられるのですね。
弟さんのお姉さん思い、maarriさんの弟さん思い、にかんどうしました。
兄弟がいらしてうらやましいです。
Commented by ひーちゃん at 2013-03-17 08:25 x
雪をかぶった大山が涙でかすんで見えますよ
marriさんに また 泣かされました
ああ をとうとよ 君を泣く 君死にたまふ ことなかれ
与謝野晶子の詩 思い出しました
商家の跡継ぎとして 大切に育てられたおとうとさん
生きて帰られたとききました
marriさんの願い きっとかないます
いつまでも仲良く 絆を確かめ合って
お互い 元気で いましょうね
Commented by marri at 2013-03-17 14:08 x
ミチさん
感傷的になりました。分から他直後で、湿っぽい話になりました。
この時期、山陰へは、余りで掛けません!
思いっきり、晴れ渡った空は、本当に美しかったです!
高速道からは、すそ野までしっかり山容が見えますが、運転手なので^^;;
写真に収めたかったなぁ~♪
Commented by ayame4011 at 2013-03-17 14:55
弟さんがいらしてたんですね。
目が不自由とは辛いでしょう・・・。
でも奥様がしっかりサポートの様子、いつまでも
仲良くと願いつつ拝見させていただきました。
姉弟愛にジーンとして。
私も義弟のことがあって他人事では無いのです。
Commented by yokkosan3 at 2013-03-17 15:54
弟さんどんなにか嬉しかったことでしょうね。
自分のことよりもお姉さんを気遣ってくれる弟さん、なかなかできないことです。
何時も優しく接してくれるお姉さんにどんなにか感謝していることでしょうね。
お天気が良くてよかったですね。
弓が浜の波の音に耳を傾けていたのでしょうね。
昔、皆生温泉へ泊ったことありました。
Commented by marri at 2013-03-17 19:57 x
山小屋さん
ありがとうございます。
こんなお話して、皆さんに励まされる事、行けない私です。
そうですね。もう、2~3年上京してないようです。遊びで・・・
はとバスに乗ったりはしているのに、弟宅、孫たちに会いにも行ってないし^^;;
皆に会いに行こうかな!
冬の大山!素敵でした。この時期見る事珍しいです^^♪
Commented by marri at 2013-03-17 19:59 x
小夏さん
貴女の一言、ひと言が、温かいです。
じわぁ~と、しみこむようです。一日ずつ、さみしさが薄れていくので
今日はもう、ガハハの世界です!単純なアタシ^^;;
Commented by marri at 2013-03-17 20:01 x
mebaru-papaさん
コメントありがとうございます。
こんな記事書いて・・・。後からそう思いました。でも皆さんの優しいことばに
書いてよかったと思いました。ありがとう(ぺこり)
Commented by marri at 2013-03-17 20:06 x
hsrolayさん
遠く離れていても、長い空白があっても!
姉弟っていいものですね。姉・49歳、兄65歳(平成元年と平成19年)に。
気が付けば、一番上になってました。頼りない長子してます。
しっかりしなくっちゃぁ~!
Commented by marri at 2013-03-17 20:10 x
miyakeoriibuさん
東京暮らしが50年の弟。女姉妹のように行き来も少なく・・・
お互い、子育ても終わり、気が付けば、老いの二人^^;;
もっと、早くに仲良くしておけばよかったのに^^;;
こうして、後なんかいうえるのかなぁ~!
出来るだけ時間を作って、会いたいと思いました。
Commented by marri at 2013-03-17 20:14 x
8chantomeiさん
きょうだいの間に、何事もなく・・・・なんてことないです。
全ては、月日が流してくれたと思っています。両親亡き後
このようにお付き合いしていること、何よりの親孝行と思える私です。
今までの私って、もっと大人になってればと、悔い多い事です^^;;
Commented by marri at 2013-03-17 20:17 x
ひーちゃん
何時もながら、ツーと言えばカーですね^^♪
貴女の思う通り・・・なんです。そのとおり!!与謝野晶子さんって、あの当時に、あのようにはっきりと言えたのね。
私は、病名を現すことさえかなり勇気がいったのに^^;;
でも、皆様の優しいことばに頑張りを頂きました。ありがとうね!
Commented by marri at 2013-03-17 20:21 x
ayameさん
PCの調子、如何ですか!
そうね。弟って、人生が終わりかけた今、下手に生きてきた様だといえます。
このままだとあまりにかわいそうで、見ていられません。俯いてボソボソと
何を言ってるのかと思うと「見えなくなるのは怖いよ!」って^^;;
自分だったら、どんなでしょう!こんなに笑ってられるかなぁ~と!
これからの人生、今よりもっと、仲良くしていきたいなと思いました。
どこの家にも、よく似たお話有るのですよね。暗い話しました。ごめんね!
Commented by marri at 2013-03-17 20:25 x
yokkkosanさん
別れてからも、一週間、ひと月と余韻が残り
笑って、思い出の中に過ごすことが多い私です。まして弟ならば
一年後の、今度会える日まで、思い出しては、生きていけるのかなぁ~と。
また、頑張って迎えてやれるような生活をしたいなぁと思いました。
暖かいお言葉、嬉しかったです。暗い話聞かせてごめんなさいね!
Commented by akera_s at 2013-03-18 18:08
弟さんとの温かな時間を過ごされお互い良い思いでが
また一つ増えましたね。
これからも沢山の良い思いでつくりが出来ると思います。
だってmarriさんの温かな心が弟さん御夫婦を包み込んで
いらっしゃるのですから。
Commented by marri at 2013-03-18 21:04 x
akeraさん
貴女に思われてるほど良い姉じゃないのよ!
幼い時から、男っぽい私に、弱弱しい弟、男女逆転(きょうだい)姉弟でした^^;;
人生の週っ薬液近くなると、兄弟愛が濃くなりますね。
弟嫁の看護ぶりには頭が下がります。感謝してもし足りない。年に一度
こうして会える喜び。シアワセな6日間でした。来年も来てほしいなぁ~♪
Commented by うさこちゃん at 2013-03-19 17:59 x
こんにちは いつもホロリとさせられながら読みました。
私の知った人も糖尿病でmarriさんが書いていると
同じようになっています。marriさんは兄弟想いでよく
されておられますね。感激しました。
Commented by nao♪ at 2013-03-19 23:08 x
皆生温泉に泊まった事はありますが、あの時「大山」は見えませんでした。
雪の大山、美しいお山ですね。
弟さんもスキーの思い出がある大山・・・
きっと昔の姿で見えていましたよ。

marriさんの弟さんを思う気持ち、弟さんのmarriさんを思う気持ち、両方の思いやりにシンミリさせられました。
それに付き合う義妹さんもできた方ですね。

私にも弟が居ますが、marriさんのような優しい姉かしら?と、反省していますよ。
Commented by marri at 2013-03-20 08:55 x
うさこちゃん
ありがとうございます。
聞けば、もう20年以上この病と付き合っているそうです。
インシュリンを打つ時、朝昼晩の薬の投与、健康管理、サポートする義妹のかいがいしさ。とてもまねができません。
たった、6日間ですが・・・ギブアップのアタシ^^;;
いくつになっても、可愛い弟です!
Commented by marri at 2013-03-20 09:06 x
nao♪さん
ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
わけあって、没交渉数十年、5年ほど前再開して知った多くのことども。
その空白を埋めるかの如くに、最近は時間を作っています。
会うほどに、可愛くて愛おしい病む弟です。どんなにかしてやりたい^^;;
皆生温泉へは何度も行きますが、こうして建物越しから、見えるなんて、それもこんなにしっかり、はっきりと!いつもは国道から、高速道からしか見たこともなく、感動しました。

雪を抱いた大山は、本当に美しかったです!
雪道が怖くて、この時期の山陰・大山を見ることもなく!大感動^^♪