マテーラ

サッシ・洞窟住まい(南イタリア・6)

アルべロベッロに2連泊

サッシSassiと呼ばれる洞窟住居エリアで知られるマテーラ
足で言うならくるぶしのあたり、マテーラへは宿を起点に日帰り旅行となりました。

洞窟を掘ってつくられた教会や現代の洞窟暮らしなどで、世界遺産となっている町なんです!
何年か前トルコのカッパドキアだったかなぁ~!洞窟の住まいの、奥深く見学したことがあったっけ!

アルべロベッロから1時間ほどで着きました!
b0289649_20104556.jpg

13世紀にたてられたという立派なドォーモが見えますね。マテーラの中心街を撮りました!

バスを降りて、狭い小路の階段を下り、レストランへ向かいます。
b0289649_12344156.jpg

そのレストランは岩を削った、洞窟レストランなんです。
b0289649_12285564.jpg

店内も通路は狭く、石段を下ったり、登ったりして、迷路のような部屋へ案内されました。
b0289649_12391117.jpg

当然、隣の人とくっつき合うスペースの、椅子間隔でした。
早速ワインで乾杯です。イタリアでは美味しいワインを幾度か味わうことができました。
b0289649_1240145.jpg

すし詰めって言葉が似合うかな、天井の低い、狭い店内で大勢の人々と食事しました。
日本人客のツアーの人たちも入ってきましたよ。トイレも少なく、忙しいランチとなりました。
b0289649_11101232.jpg

1952年、衛生面や経済的な理由からサッシエリアの住民は一斉退去を余儀なくされた。
無人となったサッシは寂しい歴史を背負った廃墟群と化したそうです

1993年、ユネスコ世界遺産に登録されるやその景観から世界的な観光地としても注目!
住めば、結構快適らしく、わざわざ移住する人もいるみたいです。
b0289649_12521683.jpg

洞窟住まいを見せていただくこととなりました。洞窟住宅は住居だけではなく
レストラン、ホテル、美容院・・・といろいろあって私の見学したのは昔の人の住んでた家でした。

ベッドが背の高さという、高い位置にセットされていて、壁面は無駄なく利用されています。
b0289649_13234685.jpgb0289649_1325211.jpg












 
馬も一緒に住んでいたと聞いてましたが!馬(ロバ)が居ましたよ!
b0289649_13424654.jpg

見学者が後を絶たないので、カメラに収めると早々に出ました。


ムルジア平原

石段が尽きる辺りから車の通れる道路へ出た。いきなり 視界が開け
そこは深い峡谷となっていた!その果てしなく広だ対岸の大地はムルジア平原!
b0289649_129524.jpg

同じ地質であり、古くから使われてきた洞窟もありながら、ムルジア平原はサッシのような町には発展しなかった。採光や換気を洞窟の入口ひとつに頼るしかない昔の洞窟暮らしい。

渓谷を挟んだこちら側では岩壁が西向きになるため、太陽の光を十分に
取り込めなかったことが原因ではないかと考えられている

誰か人が立っているような!ズームしてとらえてみました。
b0289649_12115990.jpg

「展望台が有って、クルマで登れるによ。こちらの景色を見ているんだわ」とガイドさん!

映画『パッション』でイエス・キリストが磔刑に処せられる場面が撮影されたという。
今私たちのたってる石畳は十字架を背負ったキリストが上った道に撮影!
大きな深呼吸をなんどもしました!さぁ、明日はいよいよ「ローマの休日」です!



バスの車窓から
b0289649_18371947.jpg

農閑期だから、緑が一杯かなぁ~!
いつもは、何を植えてるのかしら?
b0289649_18375185.jpg

飽かず、眺めていました。眠っている人にはシャッター音がやかましかったかも^^;;
b0289649_18394278.jpg

おじいちゃんとクリスマスの買い物かなぁ~!何処も同じ風景かな!
b0289649_1838538.jpg

夜はアルべロベッロのレストランでディナーでした。
またまた、人々の輪が膨らんでいきました。ツアーっていいなぁ~!
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-02-04 12:32 | Comments(20)

Commented by agsmatters05 at 2013-02-05 11:39
洞窟、山、田畑、人、そして青空、めいっぱい楽しめる旅、だったようですね。あと、足りないのはイタリアの味事情・・・・・かな。待ってまああああす。(笑)
Commented by ayame4011 at 2013-02-05 13:32
洞窟で暮らしてる人達、レストラン、ホテル、美容院まであるなんて・・・。
そういう場所のことは全く知りませんでした。
ムルジア平原も凄いですね。
Commented by nao♪ at 2013-02-06 02:35 x
洞窟の家に、ムルジア平原お風景・・・
南イタリアって、普通みんなが持っているイタリアのイメージとかなり違いますね。
北イタリアはとにかくルネッサンスの芸術ばかりが思い出されますが、それに反してのこの素朴さが何ともユニークです。
marriさんの解説も面白くて、行って見たくなりますね。
Commented by 8chantomei at 2013-02-06 10:36
洞窟に好んでくらしているのですね。
住めば都なのでしょう。
それにしても、いっぱい見せていただいて、イタリア旅行楽しんでいます。
ワインおいしいでしょうね。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Commented by hirokoxhirokox at 2013-02-06 17:11
なんと、イタリアの知らない世界ばかり。スゴイ旅をしましたね、リョコウガイドサントシテ、プロ並みですなあ(^^)
Commented by ひーちゃん at 2013-02-07 08:17 x
Sassiは洞窟住居群 なのですね
東斜面は住居として発展し 西斜面はムルジア平原として残った
marriさんよく勉強してますね
立派なガイドさんです
こちらも楽しんで拝見させていただいてます
イタリアも日本と同じくらい狭い国土ですから
庶民は色々苦労して生きてきたのでしょう
日本の段々畑の暮らしに似ていませんか?
Commented by marri at 2013-02-07 12:18 x
ミチさん
貴女の大長編を読ませていただき驚いています。
私は、やる気がなくて。ここへ来るまで、休んでばかりです。食事ですか?
私、好き嫌いが多く、旅に出ると苦労します。何を見ても食べたいとか、美味しいとか感じないのです。もっぱら
朝のバイキングで職をつないでいます。スパゲティなんか一回くらいしか口にしてないのです^^;;早く帰りたかったです。
Commented by marri at 2013-02-07 12:21 x
ayameさん
深い大きな谷が、こちらとの距離を阻んでいました。
遠い大地に人影げ見えました。ひとり旅だったら言ってたでしょうね!
ツアー旅は多くをあきらめるシーンンが何度もあります。
車を飛ばせば行かれるところまで来て、ちょっと残念でした^^;;
Commented by marri at 2013-02-07 12:30 x
nao♪さん
毎日忙しくしてます。ご無沙汰してばかり^^;;
また、時間を作って旅行できるなら、イタリアにしたいなぁ~と思います。
北も南もほんの一掴みしか見て回れなかったような。シシリアもマルタも、地中海の島々も~♪行きたいな^^
ヨーロッパの世界遺産の四分の一が集まってるという国!
次回は友達と、喋りながら歩きたい^^♪
そういった魅力のいっぱいある国なんですね!良かったなぁ~♪
Commented by marri at 2013-02-07 12:33 x
(chantomeiさん
なんだか、どことなく日本と似ているような日飛び地たちでした。
私の性格は楽観的でケセラセラなんで、何となく会います。
言葉が通じなくってもなんとt無く分かり合えるような人々が!好きです。
また行きたいです。しっかりっ貯金しよ~っと!
Commented by marri at 2013-02-07 12:37 x
hirokoちゃん
とにかく、やたら写真を撮って(残して)置きます。
帰って、資料を見ながら、その写真の持つ重大なことに改めて驚いたり、感心したりしてまとめます。自分の知ってる事なんて…ほとんどないに等しいです。
間違って掲載している場合もあるかも?その時はごめんね^^;;
Commented by marri at 2013-02-07 12:41 x
ひーちゃん
ほとんど、知らないことばかりっですよ^^;;
ガイドさんの好みで回ります。必ずしも私好みではなくって。
大の苦手の階段、坂道ばかり歩きます。遅れないように、写真もしっかり
そんなで、残された写真の許せる範囲何の私の記憶です。
こうして、ブロ国足跡を残し私の記憶としています。あと少しになりました。
これまで訪問頂感謝です。ありがとう!
Commented by usatyu4 at 2013-02-07 22:27
こんばんは さすが南イタリアはテレビでは世界遺産
などの番組で見たことがあるような気がします。
↓のブログと一緒に見せてもらいましたが、
この場所にmarriさんがいらしたなんて夢のようです。
洞窟がほてるになったりとか・・・・見たことがありました。
いい経験をされた旅行でしたね。
Commented by marri at 2013-02-08 08:18 x
usatyuさん
やっぱり、日本の世界遺産とはまた違った感覚で歩きました。
時にはブルブルッとするほどの感動も頂いて!
1月1日の元旦のローマ散策の時は声が出てきそうなくらい興奮しながら歩きました。これまた・・・サイコーでしたよ!
そんなな話も伝えられたらなぁ~と思っています。コメンンとありがとう!
Commented by 山小屋 at 2013-02-09 07:06 x
洞窟の中の生活は冷たそうですが、意外と快適な
ようですね。
やはり住めば都でしょうか?

日本の農家も昔は馬やヤギと一緒に生活していました。
それだけ家畜を大事にしていたようです。
時間があればあの遠くの展望台まで歩いて見たかったです。
天気がよくてよかったですね。
marriさんは晴れ女でしょうか?
Commented by mamarinn at 2013-02-09 09:27 x
読み逃げでごめんなさい。
やっと、心が落ち着きかけてきました。
イタリア旅行記楽しく読ませてもらいました、いやまだ続くのね・・・・・
Commented by akera_s at 2013-02-09 10:58
marriさん随分ブログ更新されてないな~~~なんて
勝手に勘違い1月分を見ていました。
洞窟の生活チョッと憧れます。
広い畑の写真雄大で気持がスッキリしました。
ローマ楽しみです。
Commented by kazumi1171713 at 2013-02-09 21:47
山小屋さん
ご無沙汰してます。ごめんなさい^^;;
香港からお帰りでしょうか!私はまだ年末旅行でもたもたしているんですよ。
えぇ、割と晴天に恵まれています。個人旅行でないので^^;;
見残しが一杯できました。もう一度で掛けなくっちゃ~です!
Commented by kazumi1171713 at 2013-02-09 21:48
mamarinnさん
元気になりましたか!
一度離れると、それって、癖になりますね。ゆっくりしてください!
時々来てね!
Commented by kazumi1171713 at 2013-02-09 21:52
akeraさん
はい、ぼつぼつ更新しています。そういうわけで
二月だってのに、年末旅行が続いています^^;;来てくださって感謝です。
も少しまっててね。