美しい木

アルべロベッロ(南イタリア・5)

アキレス腱

アマルフィから半日かけて今夜の宿の在るアルべロベッロに着いたのは夜の7時を回っていた。
イタリア本土を人間の足にたとえると、アキレス腱のあたりに位置する町なんだって!
足の甲の町・アマルフィからアキレス腱の町まで移動したってこと。私流にいうと
我が町瀬戸内より、島根・松江の日本海まで走ったってことなんじゃなぁ~^^♪

町が近づくにつれ「このあたり、昼間通ると三角屋根のトウルッリが見えますよ」と添乗員さん
この暗闇の中に、おとぎ話に出てくるような三角屋根の屋根の家があるのか!
早く見たいなぁ~と心が躍るような気持ちの私でした。
b0289649_2012205.jpg

宿は町のど真ん中にありました。おとぎ話に出てくるような家々に隣接した所に有ります。

次の朝は、宿から歩いて町中散策です。カタカナにすると奇妙な名前に見えるが、
現代イタリア語では「美しい木」という意味の「アルべロベッロ!」
人々が住んでいる地区はアイアピッコラ地区
b0289649_20152131.jpg

17世紀にこの地方を治めていたジャンジローラモ・アックアヴィーヴァ領主はナポリ王に支払う住居税を何とか減らそうと画策。税金の査察使の目を免れるため、石を崩せば簡単に解体できるトゥルッリ以外の住居を作ることを禁じたのです。
b0289649_20171564.jpg

ガイドさんは、英語も日本語も堪能です。イタリア人らしい大きな人でした
まるで童話の世界から抜け出したようなとんがり屋根のかわいいトゥルッリ、
元々は税金対策だったのですね。
b0289649_20181233.jpg

トゥルッリが密集している地区は、土産物屋が軒を連ねるモンティ地区と、静かなアイア・ピッコラ地区とに分かれている。アイア・ピッコラ地区では、一般の人びとの日常生活に触れることができるのよ
b0289649_20204182.jpg

税金を逃れるために、いつでも簡単に壊せるような家にしたのだというのが・・・

それだけの事なら、こんな変わった形にするかな!
b0289649_20212651.jpg

建物の中に入ってみたら、ひんやりとして涼しかった!
暑くて乾燥した土地にマッチした建物だったのだ!
b0289649_2022448.jpg

現在では1000棟の三角屋根が残っている!
自由時間をたっぷり呉れたのでモンティ地区もまわることにした。
b0289649_2036323.jpg

トゥルッリは、強い日射しを防ぎ、雨水を有効に利用するために適した構造になっているのね!

国境が確固たるものではなかった時代には、中近東から、
そういった家を建てる技術をもった人びとが移住してきたに違いないと説明書きに書いてあった

モンティ地区

「家の中を見てみたいな」
そう言うと一軒の土産物屋さんに連れてってくださった。この店は店主が日本人!
b0289649_20404126.jpg

モンティ地区の家々はほとんどがおみやげやさん!
経営者は日本名陽子さん。「陽子の店」は良心的な値段だったような!
b0289649_20421334.jpg

キッチン以外にベッドルーム、それにこんな綺麗な部屋!
でも
b0289649_20424484.jpg

どの部屋も開放していて、おそらく展示用になっているのだろうか!

その時坂道の上から、リン・ロンと教会の鐘が鳴った。これからミサが始まるのかな!
b0289649_20433758.jpgb0289649_2044759.jpg












とんがり帽子の様な三角屋根!その先っちょを内部からと、外からと撮ってみました!
b0289649_205018100.jpg

まるでモデルハウスのようでしたが、きっと使って(住んで)ないのよね!と思った!
b0289649_20454191.jpg

私も、ここではしっかり買い物をさせていただきました。ご主人はイタリアの方でした。
b0289649_20463372.jpg

壁に飾ってある、世界遺産になる前の、古びた写真を撮らせてもらいました。
白黒写真が、とっても何かを訴えているように感じられた私です。



小高い丘の上に教会が有りました。
澄んだカラン・コロンの鐘の音はここからだったのね^^♪
b0289649_21303573.jpg

いつまでもずっと聞いていたいような音色でした。

おとぎ話に出てくるようなおばあちゃんは、買い物帰り!
このお店から出てこられました。喜んでモデルさんに!ありがとう^^♪
b0289649_21323464.jpg


冬は牧草地帯になってるけど。いつもは何が植えてあるのかな!
b0289649_9505376.jpg

バスで走っていると、そこここで見かけました。休耕田の中にニョッキリ!
「三角屋根のトウルッリさん」
さようなら^^♪ 会いたかったのよ!お会いできてよかった!バイ・バァ~イ^^♪
[PR]

by kazumi1171713 | 2013-01-31 09:54 | Comments(20)

Commented by 8chantomei at 2013-01-31 11:57
まっていましたあ~・。アルべろベッロ。
ほんと、童話にででくるような家ですね。
そうか。。。税金対策ね。
でも、イタリアを快適に過ごせる工夫もあるのですね。
行ってみたいですう。。。。
Commented by ayame4011 at 2013-01-31 14:02
楽しみにしていた甲斐がありました。
本当に素敵!
御伽噺のような可愛い町並み・・。
たっぷり取れた自由時間、じっとしてなんか
いられなかったでしょうね^^
三角屋根、私もいつかこの目で~♪
Commented by akera_s at 2013-01-31 16:00
三角屋根がとても愛らしく楽しい街並みですね。
Commented by hsrolay理恵 at 2013-01-31 20:44 x
こんばんわ
本当にここは地球ですか?まるで小人さんのおうちみたい・・
とんがり屋根がかわいいです。すんでみたいなぁ・・・
中はどんな?
Commented by marri at 2013-01-31 20:57 x
8ghantomeiさん
こんなに沢山の三角屋根にあえるなんて
思ってもなかったです。白川郷とは姉妹都市だって。
でも、合掌造りは30個足らずだったような?こんなに数百も並んでいるなんて。
レストランも三角屋根なんです。そこでディナーしましたよ!
Commented by marri at 2013-01-31 21:00 x
ayameさん
カソリックは1月7日がクリスマス。だから、煙突とか屋根にサンタさんが
お話したいことが一杯なのに、こんな掲載しかできなくって!
長年の夢だったんです。この町を歩けるなんて!良かったわぁ~♪
Commented by marri at 2013-01-31 21:02 x
akeraさん
年末旅行は高くつきます^^;;でも
アルべロベッロに2泊もするといったスケジュールを見たとき「決めたっと!」
ホテルから歩いて散策できるところ、時間いっぱい、目いっぱい歩きました。撮りました。買い物しました^^♪
長年の夢がかないましたよ!
Commented by marri at 2013-01-31 21:04 x
hsrolayさん
合掌村みたいに数十戸の三角屋根を想像していました。どっこい!
こんなに数百戸も固まって有るなんて!嬉しくなっちゃって^^♪
世界遺産なんです。いつの日か小竹家くださいね~♪
Commented by まが~ at 2013-01-31 21:25 x
おとぎ話に出てきそうな三角屋根の家々。
日本では見たことがないので、写真を見てもやはり異国の感が強いです。
ずいぶんたくさんありますね。
いきいき三角屋根の間を回っていかれたmarriさんが、目に浮かびます。
Commented by hirokoxhirokox at 2013-01-31 23:16
ココは何処・ト言いたくなる、不思議な世界へ・・・でした。エネルギー満載ですね。ついて行けない世界へ連れて行ってもらった感じがします。
Commented by jyo-yama2 at 2013-01-31 23:17
アルベロベッロとはこういう町だったのね。名前だけはきいたことあったけど・・・よくわかりました。ありがとう!
面白い建物ね。
Commented by nao♪ at 2013-02-01 10:02 x
「アルべロベッロ!」のトウルッリ・・・
世界遺産になってからTVや写真で見る機会がありましたが、この何とも奇妙な三角屋根の建物は「税金対策」とは!
marriさんの説明でよく分かりました。
内部は涼しいのですね。今は殆どがお土産やさんですか・・・
日本の白川郷を思わず思い出してしまいました。
どちらもおとぎ話や昔話の世界のようですね。
Commented by marri at 2013-02-01 10:45 x
まが~さん
いつかは行きたい・・・
南のイタリアでした。トゥルリは見たかったです。テレビの旅番組で見た所
歩いている自分ンが信じられなかったです。道が切れる辺りまで住宅地の上まで歩きました。教会の鐘の音が心を満たしてくれました。
Commented by marri at 2013-02-01 10:47 x
hirokoちゃん
行きたいところはまだまだあります。
これからの人生、あとどれくらい実現できるだろう!
元気で毎日を送りたいと思っています^^♪
Commented by narri at 2013-02-01 10:50 x
jho-yamaさん
イタリアは2回目です!
歳を重ねるってことは、とっても力をつけてるってことですね。
思うように、したいように行動できる自分に驚いています。また行きたいです!
Commented by marri at 2013-02-01 10:58 x
naoママさん
白川の合掌村とは姉妹都市らしいです。
出稼ぎで雪深い白川では昔からの藁屋根を造りかえる力もなく残されたという!
ここは住みやすい利便性ということで、昔からの住居が残されたという。
中世の時代のものが世界遺産として残されているってことは共通してますね。
ずっとゆっめだったアルベロベッロの訪問夢がかないました^^♪
なんだか長旅の自信がつきましたよ~♪
Commented by 山小屋 at 2013-02-01 18:26 x
この家は石でできているのですか?
みなさんの服装をみるとかなり着込んでいるようです。
寒かったのでしょうか?
とんがり帽子の屋根、一見してトックリバチの巣を
連想しました。
内部はきれいですね。
あまり生活感が感じられませんでした。
Commented by marri at 2013-02-01 21:05 x
山小屋さん
石でできていました。積み重ねて隙間は漆喰で塗りつぶしているよう(?)でした。
服装は種種雑多です。午前中9時過ぎだったので着込んでいたのかしら?
私はいつも係争が多いです。そのためにシクジリも多いのよ^^;;
このうちはおそらく展示用かと!なんせ、言葉が通じないので聞き漏らしました。
Commented by LEE at 2013-02-04 10:09 x
この場所の写真良く見かけます。
実際にいらっしゃったmarri さんいいなぁ・・
絵葉書のような世界ですね。
Commented by marri at 2013-02-07 12:45 x
LEEさん
私もテレビ番組で知りました!
ずっと仰がれていました。絵ハガキか絵本の世界に入ったようでした!
こうして、お正月にこのコースがあったことに感謝しています。
年末しか行かれないので、高くつくのが難ですね^^;;